仕事情報誌ドカント

井川あゆこ 井川あゆこ
近年、女優としての成長が目ざましい井川あゆこちゃんが、11月公開予定の映画「ガール・スパークス」で主演に! しかもこの作品で彼女は「DoCoMo女優賞」を受賞!! 映画ファンをトリコにしそうな本作の魅力や撮影エピソード、女優魂などについて語ってもらいましょう!!

撮影◎大駅寿一 取材・文◎内埜さくら

---いきなりですが、以前より雰囲気がグッと大人びたような気が…。
この映画で演じた主人公、配島冴子の影響かもしれません。実は私、もとからテンションが高くはないほうなんです。周りに合わせていたんですよ。でも冴子を演じてから、やっと素の自分を出していいんだと気づいたんです。『これでいいんや』って。ある意味、自然体に戻れたんでしょうね。


---そこまで井川さんに影響を与えた配島冴子とは、どんな女の子なのでしょうか。
冷めた目で周りを見つめているコ。常に何に対してもイライラして爆発しちゃうんです。学校の友だちや父親相手に。私と冴子とは、性格が真逆ですけど。


---確かに。井川さんはホンワカしたムードですからね。
私のように“キレそうにないキャラ”がハジケるのを見たいということで、監督は私を主演に選んだそうです。だから撮影前は何度も『恥ずかしがらないで思いっきりやって!』と言われてました。


---そこまで自分とギャップのある役では、演じるのが難しそう!
一番悩んだのが、友だちを殴るシーン。もちろん私は友だちを殴ったことがないですし。監督もOKを出した後、納得してない表情をされてたんですよね。撮影後も心残りでした。でも、映像編集を始めた監督から『あの時は納得できなかったけど、面白かったよ』と連絡をいただきました。


---それはうれしい出来事ですね!
そうなんです! 演技に必要な“自分を捨てる作業”を繰り返してきた甲斐があったと実感しました。今まで人前でしたことのない変顔にもトライしたんです。この映画に出てから私、女を捨てられるようになったみたいです(笑)。『表情が豊かになった』と周りの方にも言われるんです。






---他の撮影エピソードなどは?
父親と取っ組み合う場面ですね。監督には『手加減しないで』と言われてました。それで本番が始まったら私、本気で地面に頭をぶつけてしまったんです。“ゴン”って音が響き渡るほど、思いきり。でも、カットがかかったら監督が『よかった!』と握手をしてくれたんですよ。演技に対するモヤモヤが吹っ切れました。


---女優魂が開花したんですね。
だけど撮影中に、体重が2〜3キロ増えましたけどね(笑)。ロケは一軒家を借りて泊り込みだったんです。制作のスタッフさんが料理上手で、食べすぎちゃったんですよ〜。


---普段から、食べることが好きだと伺ってます。
食べることは、趣味の1つですね。朝ご飯は必ず食べてます。摂らないとエネルギー補給ができないから、体が動きませんし。雑誌で行きたいカフェを見つけたら、実際に友だちと食事へ行ったりもしてるんですよ。


---役者は体力が命ですから、食事は大切。では、撮影で蓄えたパワーを活かして、映画のPRを!
この映画はコメディーなんです。私も自分の出ていないシーンでは撮影を見て大爆笑。必ずゲラゲラ笑えますよ。仕事や恋愛に疲れた方が見れば、ストレス発散できること間違いなしです。私が演じた冴子がなぜイライラするかにも注目して下さい!




INFORMATION
--------------
映画「ガール・スパークス」
映画「ガール・スパークス」
第3回シネアスト・オーガニゼーション大阪エキシビション「Panasonic技術賞」「DoCoMo女優賞」受賞作品

STORY
空に意味不明のロケットが飛び交う不穏な世界に「世界ちょーむかつく」と言い放つ女子高生・冴子(井川あゆこ)。彼女の周りには娘を想うあまり謎の行動に出る父親、彼女に近づきたいのに空回りばかりを繰り返す同級生の男子など一癖も二癖もある人間ばかり。どこにぶつけたらいいのか分からない怒りに、彼女は走る、叫ぶ。理不尽で青臭くて反骨的な女子高生の暴走と迷走−。

STAFF
監督・編集/石井裕也 脚本/石井裕也・登米裕一

CAST
井川あゆこ・猪股俊明・中村無何有・桂都んぼ・二宮瑠美・福岡佑美子・内堀義之・山下大輔・潮見諭・宮川浩明ほか

INFO
11月17日から23日まで横浜・黄金町のジャック&ベティでロードショー公開(17、18、23日にはトークショーとミニ・ライブが行われる)。
ジャック&ベティ公式HP


PROFILE
--------
井川あゆこ
井川あゆこ

1984年12月4日生まれ 大阪府出身
T158B84W57H86
趣味/大衆演劇を観ること・下町散策・沖縄研究
特技/ジェットスキー・指相撲・書道
女優として映画やテレビドラマ、舞台、バラエティー番組、CMなど幅広く活躍。雑誌の表紙やグラビアに登場することも多い。出演作品にテレビ朝日系ドラマ「黒い太陽」や「未来遊園地」、「ガチンコ視聴率バトル」、フジテレビ系「グラビアトーク・オーディション」、KBS京都「京都ちゃちゃちゃっ!月曜日」など。映画「パッチギ!LOVE&PEACE」「ばけもの模様」などがある。

公式ブログ


→過去のインタビューを見る


高収入求人情報誌ドカント 男の稼げる求人・高収入仕事情報マガジン
戻る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.