仕事情報誌ドカント

足立梨花 足立梨花
第32回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞しデビューした、足立梨花ちゃん。現在は雑誌モデルの他にも、ドラマ出演やCM「進研ゼミ高校講座」など、多方面で活躍中だ。そして更に、彼女が主演したオムニバス映画「非女子図鑑」も公開! あだっちぃのどんな“非女子”ぶりが見られるか!?

撮影◎谷口達郎 取材・文◎内埜さくら

---足立さんが主演されたオムニバス映画「非女子図鑑」が公開になりますね。完成作は観ましたか?
観ました! コメディータッチな部分は、自分でも観ていて素直に笑えました。面白いことやってるな〜って。


---演じたのは“非女子”と呼ばれる高校生のタマエですが、役作りで苦労したことは。
照れたら演技として成立しないシーンが多かったので、照れずにできるかが不安でした。私、すっごい照れ屋なので。泣く場面も苦労したんです。撮影が1年前で、その頃は演技のことがまだよく分かっていなくて。結局、泣けない自分に泣けてきて上手くいったんですけど(笑)。豊島監督の細やかな指導にも助けられました。


---タマエとご自身で似ているところはありますか。
私もタマエに似て、非女子寄りかも(笑)。性格はサバサバしているし、落ち込んでも寝たらすぐ忘れちゃうんです。あとは、人に流されないところも似ています。


---では、同じように占いは信じるタイプですか?
う〜ん…私は、いいことだけ信じるタイプですね。でもタマエは占いを信じきっているから、そのへんは案外、女の子らしいですよね。非女子ってある意味“男前”なコを指すと思うんですけど、タマエは占いの結果通りにマジメに行動するし。神主さんが筆で書いた、適当な占いなのに(笑)。


---作品の見どころを教えて下さい。
非女子のタマエが神主さんに恋をするお話なんですけど、その恋がどうなるのか。実るのか実らないのか、楽しんで下さい! あと、オムニバス映画なので、一度に7本も観られます。個人的に私は、片桐はいりさんの『男の証明』と、仲里依紗さんの『死ねない女』の2本が好きです。




---プライベートについても教えて下さい。最近ハマッていることは。
1人カラオケです(笑)。まだ1〜2時間しか行ったことがないので、今度はフリータイムで歌いまくってみたいんです。


---1人でカラオケって…全然、照れ屋じゃないですよね(笑)。
あはは! 受付にいる時と、ドリンクを頼んで店員さんが持ってきた時は、恥ずかしいですよ。後から誰か来る感じを装ってみたりしますけど、受付で1人って書いちゃってますし(笑)。


---どんな曲を歌うんですか?
友だちとカラオケに行く前に練習しておきたい曲とかドラマの主題歌とか。みんなと一緒にいる時はしちゃいけない、連続曲入れもしています。楽しいですよ〜!。


---では、仕事以外で幸せを感じる時は?
寝ている時です。私、たくさん寝るんですよ。昨日も夜中の2時に寝て、起きたら昼の2時でした。二度寝するのが、たまらなく気持ちいいんですよね。


---最後に、今後の目標を!
今、モデルのお仕事もさせていただいているんですけど、いろんな洋服を着ることができて幸せなんですよね。でも目標は、事務所の先輩の和田アキ子さん! 少しでも近づきたいから、来たお仕事は全力で頑張り続けます。あとは基本的なこと、挨拶や気配り、周りに笑いを与えることを大切にしていきたいですね。
INFORMATION
映画「非女子図鑑」〜「占いタマエ!」〜

■映画「非女子図鑑」〜「占いタマエ!」〜

STORY&INFO
STORY&INFO
毎日学校へ行く前に神社でガチャガチャ占いをして、その占い通りに1日を過ごす女子高生タマエ(足立梨花)はクラスで浮いた存在。そんな彼女の興味を抱く留学生キャサリン(アナンダ・ジェイコブズ)と出会い、友情が芽生える。ある日、思いがけない占いが出たタマエは、密かに恋をしていた神社の神主(スネオヘアー)にデートを申し込む…。「女はこうあるべき」という世間の枠からはみ出した“非女子”たちを主人公に、現代の女性にとって本当のハッピーとは何かを問いかける!? 超ユニークなショートムービー集。「オープニング」(清水崇監督)「占いタマエ!」(豊島圭介監督)「魁!!みっちゃん」(山口雄大監督)「B[ビー]」(深川栄洋監督)「男の証明」(川野浩司監督)「混浴 heaven」(オースイユーカ監督)「死ねない女」(塚本連平監督)の7作からなる。

CAST&STAFF
出演/鳥居みゆき・足立梨花・山崎真実・月船さらら・片桐はいり・江口のりこ・仲里依紗ほか
製作/「非女子図鑑」製作委員会 配給/ニューシネマワークショップ グアパ・グアポ
公式HP
5月30日より渋谷シアターTSUTAYA他全国順次ロードショー

PROFILE
--------
足立梨花/あだち・りか
足立梨花
1992年10月16日生まれ 三重県出身
趣味/音楽を聴くこと・ご当地キティ集め
特技/ソフトテニス
07年、第32回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界入り。ドラマ「未来講師めぐる」「先生はエライっ!」「スクラップ・ティーチャー〜教師再生」やバラエティ、CM、PV出演などで活躍。映画は08年7月公開の初出演にして主演を務めた「愛流通センター」(土屋哲彦監督)に続く2作目。CM「進研ゼミ高校講座」オンエア中。6月11日スタートのNHKドラマ8「ふたつのスピカ」(木曜午後8時)に出演する。
公式HP
公式ブログ


→過去のインタビューを見る


高収入求人・仕事情報マガジン ドカント
戻る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.