仕事情報誌ドカント

麒麟 麒麟
新人時代ギャラ450円のお笑いコンビが、今では会場を満席にする売れっ子に!その飛ぶ鳥を落とす勢いの「麒麟」の二人が、昨年8月のライブを収録したDVD「キリリン!」を引っさげてやってきた!!

INTERVIEW/佐々木竜太 PHOTO/谷口達郎

---DVD「キリリン!」が発売されました。前回の「キリン!キリン!キリン!」とはまた違ったアプローチをされていると思うのですが、苦労した点はなんでしょうか?
川島「一昨年の『キリン!キリン!キリン!』の時は初めてデッカイところでやるので、どうやって準備していいかも分からなくて、めっちゃしんどかったです。
今度の『キリリン!』はそんなことのないように、前回より1ヶ月早く打ち合わせをしてたんですけれども「今年はこんな早く始めてるから余裕やな」みたいな話しかしてなくて…。結局、気付いたら1ヶ月前とかになってまして」

---結局、前年と同じようにパンパンに(笑)。
川島「そう。パンパンになっちゃって。でも初めてじゃない分、余裕ができてやりたいこともすぐにできるようになりました」

---田村さんはいかがでしたか?
田村「漫才のときはいつもスーツを着てるんですけど、その商売道具のスーツを忘れるというですね、漫才師にあるまじき行為を…。たまたま場所がなんばHatchで家が近いんで、スタッフに取りに行ってもらって、ことなきを得ました(笑)」

---お2人ともドンドン売れてきて、仕事着も新調できるんじゃないですか?
田村「2人ともケチなんで(笑)。同じスーツずっと着てますよ」
川島「タダでもらったりとか」



---そういえば芸人さんは新人時代のギャラが相当安いとお聞きしますが。
2人「(口をそろえて)安いですね」

---新人時代というのは、どのくらいもらえるのでしょうか?
川島「一人頭450円ですね」

---450円ですか!?
田村「500円から源泉50円引かれて450円です」
川島「それのために、明細送ってくれはりますよ」

---それは何をしたら入る金額なんですか!?
川島「舞台立ったらですよ。1回」

---1回立って500円なんですか!
川島「で、月1回しかないんで。舞台は」
田村「カードでお金おろされへん」
川島「3ケタやし」
田村「2ヶ月分貯めてもお札にならんもんね」

---そうですね(笑)。どうやって生活してたんですか?
田村「基本的にはアルバイト。でも芸人は本業があるんで、すぐ休むのバレてるんですよ。関西では」
川島「なんで、バイトやいうても、そんな入れないですし。かなりの金額で乗り越えてきました」



---そんな苦しい時代を乗り越えてきたお2人に、頑張りのコツみたいなものをお伺いしたいのですが。
田村「普通の仕事しててもね。言われたことだけやるんだけじゃなくて、自分で意識持って、ちゃんと確実に一個一個積み上げていけばね、結果がついてくると思う。それをせずに文句言うてる人が多いんで。もっと意識を持って仕事したらいいのになぁとは思いますね」

---川島さんは?
川島「自分がしんどい時というのは、多分、他人もしんどい時なんで。そこを頑張ったらだいぶ差がつくんじゃないかなと。あの…休み過ぎじゃないかと思うんですよね。今の若者は」
田村「よう言うてるんですよ、タクシー乗りながら。別に休んでるわけでもないと思うんやけどね。街歩いてるだけの人やから」
川島「まぁまぁまぁ。僕ら朝方までラジオとかね、生放送とかあったりして。今日頑張ったなって帰ってる途中に、なんかぐでんぐでんになって寝てるヤツとか見るとね」

---いっぱいいますね。
川島「ええ、いっぱいいるんですけども。社会の歯車としていっこも機能してないし」
田村「いや、そういう人は月から金までしっかり働いてのアレやからな…」
川島「(流して)やっぱね、あの-、精子の段階から話すと、一億の中から選ばれたものを持っていながらね、なんやねんと。ちゃんとした使命忘れてるなというのがあるし。
で、働きもせんとね。『お金ないわ』って当たり前の話でね。不況のせいにしてるんよ、それを。それが、もうちょっと…情けない。…アホ!! ということですわ」

---じゃ、このあたり少しソフトな感じにして掲載しておきます。
田村「ハハハ」
川島「精子とか言うてるし(笑)」

INFORMATION
------------

「キリリン!」

緻密な笑いと多彩な魅力が詰まった人気単独ライブがDVD化!

【STORY】
 04年7月に大阪・MIDシアターで行われた単独ライブを収録した「キリン!キリン!キリン!」に続くライブDVD2作目。05年8月の大阪・なんばHatchでのライブを収録。漫才とコントで構成され、緻密に練られたネタとその場のアドリブとが説妙に入り交じった臨場感あふれる作品で、前作にも収録され人気を博した「嵯峨野川島流」も収録。
今作ではさらにハイレベルな作法を伝授、これさえ覚えれば川島流の門下生になれるかも!? また、メディア関係者に向けて送るCM登用を目指す下剋上企画「麒麟CMプレゼンテーション」や悪魔キャラの川島が商店街に出没する「シニちゃんの突撃昇天街」、“ブサイク”田村がイケてる男を目指す「田村はどこまでかっこよくなれるのか」にも注目。
卓越した話術で観客を沸かせる麒麟の魅力を再認識できる作品だ。

【CAST】
田村裕・川島明(麒麟)・本坊(ソラシド)・ノブ(千鳥)・中山功太・向(天津)


PROFILE
--------
麒麟(きりん)

田村裕(たむら・ひろし)
1979年9月3日生まれ/乙女座
大阪府吹田市出身
趣味/漫画・スポーツビリヤード・音楽鑑賞

川島明(かわしま・あきら)
1979年2月3日生まれ/水がめ座
京都府宇治市出身
趣味/映画を観る・絵や字を書く

 NSC20期生の同期で平成9年12月にコンビ結成、ネタはもちろんリポーターや番組MCとしても活躍。第40回上方漫才大賞新人賞、第3回MBS新世代漫才アワード優勝など受賞歴も多い若手実力派のコンビだ。


→過去のインタビューを見る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.