仕事情報誌ドカント

阪本順治 阪本順治
89年、「どついたるねん」で赤井英和を主演に迎えて商業映画デビュー。その年の各映画賞を総なめにした、阪本順治監督。処女作後も、「新・仁義なき戦い」や「KT」など、骨太な男のドラマを世に送り出してきた。しかし、最新作「魂萌え!」では、ごく普通の主婦をリアルに描いた、女性主体の作品に挑戦! 本作にかける熱意や映画に関するこだわりを語ってもらった!!

INTERVIEW /内埜さくら PHOTO/HIROKAZ

---これまで阪本監督は「亡国のイージス」など、男性主体の映画を数多く手掛けられてますよね。ですが今回の「魂萌え!」は、59歳の主婦が主人公。今までとは毛色がまったく違うわけですが、監督することになった経緯を教えて下さい。
僕が映画を撮る時のテーマは、『前作とはいかに離れたモノを創るか』なんです。前作『亡国のイージス』は、人がたくさん死ぬからこそ、今回は 人間って素晴らしい 的な、性善説に挑戦しようかと。オリジナル作も考えていたのですが、本屋に行った時、原作のピンク色の表紙に目を奪われて。読んでみたら『映画化できるものならやってみろ』と作品自体が語っている気がしたんですよね。映画化を拒まれているかのような内容に衝撃を受けて、逆にやってみようという気持ちになったんです。

---恋愛モノを撮るという選択肢もあったと思いますが…?
確かに最近の日本映画は、若いコの恋愛作品がヒットする傾向にあるし、小説においては映像的な表現が多用されてますよね。映像化を視野に含めた小説が多いというか。でも、そういうのは自分が映画にしなくても、他の誰かがやってくれるかな、と(笑)。それに僕自身が今まで、ごく普通の主婦や家庭の話を避けてきた部分があるんです。だから一度は基本的なものにチャレンジして、未知なる世界を知っておきたかったんです。

---監督ご自身は独身だとお伺いしてますが、主婦を描くとなると、リアリティーを出すために苦心したのでは?
正直言うと、59歳の女性の感覚が分からないところがあって。原作者の桐野夏生さんに、小説に書いてない部分を質問を重ねてヒントにしました。『この小説を書いて何を表現したかったのか』っていう、自分が聞かれたら一番困ることも含めて(笑)。本作では3ヶ月間、自宅にこもって脚本を書いたんですけど、玄関に入ったらどこに鍵を置いて、荷物を置く場所はどこっていう、いわゆる ト書き にこだわりました。いかに自然な動きを演出するかが、苦心したポイントかも知れませんね。

---ト書きがしっかり書かれているから、観客がスムーズに感情移入できる撮影場所ばかりなんですね。
ロケ地は原作に書かれていたので、忠実に再現したつもりです。ただ、家の佇まいや中の造りで経済環境やその家族の暮らしぶりが分かるので、風吹さんが演じた主人公・関口敏子の家を決める時は粘りました。実は、家の正面は製作のプロダクション事務所なんです。中は引っ越した後、潰すだけの家をぶち抜いて造り直しました。前に住んでいたご家族が染みつけた雰囲気や、キッチンの汚れをお借りした感じです。


---だから風吹ジュンさん演じる敏子が、本当に住んでいるかのような仕上がりになっているんですね。
もちろん、僕だけの力じゃなくて、スタッフのチームワークも大きかったです。僕の中では、撮影期間が短くても、全員で創っているという意識は忘れたくないんです。映画を創る人間って、個性が強い人ばかりだから、結束力を高めるためには、約束ごとという軸が必要になってくるんですけどね。

---監督が今、言われた約束ごとの軸というのはどんなものですか?
僕は『映画は俳優のものである』という基本理念を持っていて。俳優がいかに輝くか、色気を出せるかで映画の面白さが決まると思ってるんです。そのためには、俳優には芝居に集中できる環境を提供したい。だからスタッフには毎回必ず『パート主義に走るな』と伝えています。たとえば各スタッフが自分のパートだけに従事してしまうと、仕事が終わったら現場を離れてしまうという事態も起こりえるんです。でも、それじゃ、俳優にとってのいい環境を作れない。 俳優ありきの映画創り だからこそ、『明日も頑張ろう』というテンションを保ち続けてほしいんですよね。

---なるほど。監督は俳優を輝かせる雰囲気作りに長けていますが、ご自身も好きなことを仕事にして輝いてますよね。なぜ監督という職業を選ばれたのでしょうか?
高校生の頃から自主映画を撮っていたんです。幼い時、自宅近くに映画館があるという環境が大きいかも知れませんが。でも、成績が下がってだらだらとした日々を過ごしているうちに、家に引きこもるようになってしまって。今の引きこもりとは少し違いますよ。仮病を使ってズル休みはしても、たまには学校へ行きますから。で、一人で家にこもっている時に『まっとうな人間になるためにはどうしたら良いか』って、何度も自問自答し続けたんですよね(笑)。自分が人より何が得意なのか、何が好きなのかを深く掘り下げて考えました。他人からの指示や助言には拒否してしまう性格なので、自分で目的を決めなければ駄目だろうと。結果、10〜15年後には監督になっていようと決めたんです。決めてからは、コネもないのに『監督になる!』と周りに言い続けたし(笑)、映画に関わる仕事なら何でもやりましたよ。


---今の若い世代には、なりたい職業を決められない人も増えていますが…。
僕の言葉じゃないんですけど、『嫌なことをするから好きなこともできるのがプロ。嫌なことを避けて好きなこともできないのがアマチュア』というのがあって。それって真理かなと思うんです。あとは、なりたい職業を見つけると『決める』こと。『見つけたい』という淡い希望形だと、見つからなかった時にストレスが溜まるし、挫折を味わいますから。決めてしまえば、その状態になるまでやりますから、突き進むことができますしね。

---本作の主人公・敏子も、夫の死後に彼の不倫が発覚して、自分を変えると『決めた』人間の一人ですよね。
そうなんです。男性は何かあっても逃げ切れるだろうと考えるけど、女性は強くて、その場に踏みとどまって生きようとするんですよね。最後に残るのは女性なのかなと。だから観る人には、少しでいいから自分を『変える』という意識を持ってもらえたら嬉しいですね。若い人には、未来の自分像や自分の母親を重ねてもらっても良いし、60歳前後の人には、映画館に戻ってきてほしいという願いもあるんです。恋愛作品ではない本作が、多少なりとも映画界に風穴を開けてくれることを期待してます。


---------------
-filmography-
---------------

◆「亡国のイージス」(05)
監督・脚本 配給/角川ヘラルド・松竹
出演/真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一 勝地涼 他
福井晴敏原作のベストセラー小説を映画化。首都・東京を人質に、最新鋭の防空システムを持つイージス艦“いそかぜ”が乗っ取られた。特殊兵器を東京に向けられ、残された時間は10時間という中で、国家最大の危機に立ち向かう男の姿を描くスペクタクル・エンタテインメント大作。
◆「この世の外へ クラブ進駐軍」(04)
監督・脚本 配給/松竹
出演/萩原聖人 オダギリジョー 松岡俊介 MITCH、村上淳 他
かつての敵国アメリカ進駐軍を相手に演奏する希望に満ちた5人の若きジャズメンが、様々な問題に直面しながらも、米兵との交流や音楽を通して成長していく姿を、リアルな戦後風景の中に力強くエネルギッシュに描く。
◆「ぼくんち」(03)
監督 配給/ミコット、アスミック・エースエンターテインメント
出演/観月ありさ 鳳蘭 矢本悠馬 田中優貴 真木蔵人 他
関西のうらぶれた港、水平島に暮らす一太と二太の兄弟。お母ちゃんは半年前に買い物に出たきり戻ってこない。ある日お母ちゃんが離れて暮らしていた姉ちゃん、かの子を連れて帰ってきた。
◆「KT」(02)
監督 配給/シネカノン
出演/佐藤浩市 原田芳雄 キム・ガプス チェ・イルファ ヤン・ウニョン 他
韓国大統領に就任した朴正煕は、僅かの差で敗れた金大中の存在を恐れ、戒厳令を出し、自らの政権に反するものを弾圧。一方、金大中は日本とアメリカを行き来して亡命を続け、反朴政権の民主運動を続けていた。
◆「新・仁義なき戦い」(00)
監督 配給/東映
出演者/豊川悦司 布袋寅泰 佐藤浩市 村上淳 岸部一徳 他
西大阪育ちの少年・甲子男と在日韓国人の昌龍は、11歳の時、昌龍の父親に借金を取り立てるために暴行を加えた仕返しに、ヤクザを殺していた。30年後、甲子男は日本最大の暴力団、左橋組傘下粟野組の幹部となっていた。
◆「顔」(00)
監督 配給/東京テアトル
出演者/藤山直美 豊川悦司 牧瀬里穂 大楠道代 佐藤浩市 他
孤独感や美しい妹への劣等感で鬱屈した人生を送ってきた中年女性。ある日、妹を殺してしまい、警察に追われるが、別人として生きる逃亡生活は今までの人生よりも充実したものだった。
◆「愚か者・傷だらけの天使」(98)
監督・脚本 配給/東京テアトル
出演者/真木蔵人 鈴木一真 豊川悦司  大杉漣 大楠道代 他
「傷だらけの天使」の番外編。真木蔵人が相棒の豊川悦司に出会うまでの前日談を描く。学校をドロップアウトした久は万引常習者のおばさんと知り合い、行方不明の息子を捜してくれるよう持ちかけられる。
◆「傷だらけの天使」(97)
監督 配給/シネマジャパネスク
出演/豊川悦司 真木蔵人 原田知世 余貴美子 三浦友和 他
ひょんなことから、ヤクザの子供を母親のいる青森まで送り届けることになった探偵の木田満。いつもツルんでいる弟分の石井久も加わり、男3人のみちのく珍道中が始まった。
◆「ビリケン」(96)
監督・脚本 配給/シネカノン
通天閣に封印されていた神・ビリケンが蘇った。復権を目指して、ビリケンは次々と小さな奇跡を起こしていく。やがて彼は、教師の月乃に心惹かれるようになるが、彼女の教え子が誘拐事件に巻き込まれてしまう…。
◆「BOXER JOE」(95)
監督・脚本・構成 配給/シネセゾン
出演/辰  一郎 宇崎竜童 黒谷友香 國村隼 薬師寺保栄 他
辰吉の熱烈なファンである大阪のお好み焼き屋ガンさんと、その店に集まる人々が辰吉を応援するために奮闘するファン心理を面白おかしく描いた浪花人情ドラマ。監督による辰吉インタビューもあるセミドキュメンタリー。
◆「トカレフ」(94)
監督・脚本 配給/ヘラルド・エース
出演/大和武士 佐藤浩市 西山由海 芹沢正和 類家大地 他
幼稚園バスの運転手、西村道夫は妻あや子と息子タカシと平和な生活を営んでいた。ある日、バスを覆面の男が襲い、タカシを連れて逃走する。そこには犯人にバイクを奪われ負傷した松村の姿があった。
◆「王手」(91)
監督・脚本 配給/荒戸源次郎事務所
出演/赤井英和 加藤雅也 広田玲央名 仁藤優子 若山富三郎 他
将棋アマプロ戦では連戦連勝、大阪・新世界に住む真剣師の飛田歩。借金取りをやり過ごし、目指すは名人打倒! そんなある日、伝説の老真剣師・三田村早苗が現れる。
◆「鉄拳」(90)
監督・脚本 配給/松竹
出演/大和武士 菅原文太 桐島かれん 藤田敏八 原田芳雄 他
高知でボクシングジムのオーナーをしている中本は、少年院あがりの明夫に才能を見出す。期待通り快進撃を続ける明夫だったが、ある日交通事故で右手を潰してしまう。
◆「どついたるねん」(89)
監督・脚本 配給/荒戸源次郎事務所
出演/赤井英和 相楽晴子 麿赤兒 大和武士 原田芳雄 他
「浪花のロッキー」と呼ばれた元ボクサーの赤井英和が俳優の道を歩む原点となった鮮烈なデビュー作。怪我で復帰を絶望視されていたボクサーが再起するまでを描いた熱く爽快な傑作。
INFORMATION
------------
魂萌え!
魂萌え!
魂萌え!

「魂萌え!」

【STORY】
定年を迎えた夫と平穏な生活を送っていた主婦・関口敏子(風吹ジュン)。だが、突然の夫の死で日常は一変する。
葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた敏子の知らない女性からの電話、長く隠されていた夫の秘密、8年ぶりに突然現れ強引に同居を迫る長男、生まれて初めて深い喪失を味わう敏子の前に現れる男たち…次々にやってくる人生の荒波を前に彼女の戸惑う心は何処へ?

【CAST】
出演/風吹ジュン・田中哲司・常磐貴子・加藤治子・豊川悦司・寺尾聰・三田佳子 ほか
監督・脚本/阪本順治
原作/桐野夏生(「魂萌え!」毎日新聞社から発売中)

【INFO】
配給/シネカノン
1月27日からシネカノン有楽町、渋谷シネ・アミューズほか
全国ロードショー公開
2007「魂萌え!」パートナーズ

公式HP:http://www.tamamoe.com


PROFILE

--------
阪本順治(さかもと・じゅんじ)
1958年10月1日生まれ
大阪府堺市出身

生家の向かいが映画館であったことから、幼少時より映画に親しむ。横浜国立大学在学中より石井聰亙、井筒和幸、川島透監督らの現場にスタッフとして参加。一方で16ミリ、35ミリの自作を手掛けて満を持す。

長編第一作となる赤井英和主演「どついたるねん」で監督デビュー。芸術選奨文部大臣新人賞、ブルーリボン賞最優秀作品賞、日本映画監督協会新人賞など、その年の各映画賞を総なめにし良質なエンターテインメントとして、日本映画界に大旋風を巻き起こす。

その後は「鉄拳」「王手」「トカレフ」(トロント国際映画祭出品、ヨコハマ映画祭作品賞・監督賞受賞)、「BOXER JOE」「ビリケン」(ソウル国際映画祭出品)などコンスタントに作品を撮り続け、99年1〜3月にはイタリア、ドイツ各主要都市にて国際交流基金主催による阪本順治特集が開催。

「顔」(トロント国際映画祭出品)では日本アカデミー賞最優秀監督賞、報知映画祭最優秀作品賞、日刊スポーツ映画大賞監督賞、ヨコハマ映画祭作品賞・監督賞受賞ほか多数、受賞。

さらに、深作欣二監督の名作シリーズを新たな味付けで再構築した「新・仁義なき戦い。」(日刊スポーツ映画大賞監督賞受賞)、ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式招待作で、73年の金大中拉致事件の謎に切り込んだ「KT」、太平洋戦争後の米軍基地クラブのバンドマンを描いた「この世の外へ クラブ進駐軍」、福井晴敏のベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した海洋アクション作品「亡国のイージス」、そして「魂萌え!」と常に新しい作品世界に挑戦し続けている。


→過去のインタビューを見る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.