経験者が語る男の高時給バイト【引っ越し・運転代行・モーニングコール】

「即日勤務OK」のバイトとは?データ入力&ホストの業界をリポート! 高収入求人ドカント

■ミッション→時給が高い男のバイトを探せ!

ミッション→時給が高い男のバイトを探せ! 高収入求人ドカント 相変わらず競馬で大惨敗を続けている底辺ライターの私、橘美琴に救世主が現れた。
それが毎度お世話になります!な求人情報サイト「ドカント」編集部の三田ちゃんだ。

「求人レポートを1本お願いします。お題は『男が出来る時給の高いバイト』で…」

時給の高いバイトか…私なんて今月のギャラを時給換算してみたら、80円だったぞ!マジで知りたい!転職したい!!
全国の最低賃金も改定され、東京都も令和元年10月より最低時給も1,013円となった。
働く側にとっては良い環境になってきているのか?
ということで調査報告いたします。

■引っ越しスタッフのお仕事解説⇒

引っ越しスタッフのお仕事解説⇒ 高収入求人ドカント

  • 基本業務は、引っ越し会社の社員アシスタントとして荷物の搬入や搬出を行う。 荷物の梱包から移動、配置までひと通りすべての作業を行うのが一般的だが、移動だけ、梱包だけの仕事もある。
  • 運搬は家具や荷物を家から運び出したり新居に運び入れたりする仕事。 複数人数でチームを組んで作業する場合もある。 荷物の搬入・搬出の際には、部屋やエレベーター、床などを傷つけないように保護用シート貼りなど運搬担当のサポートも行う。
  • 転勤や進学、就職で移動の多くなる引っ越しシーズンの2月~3月は募集が増え、「日払いOK」「1日勤務OK」といった短期バイトも多くなる。
  • 研修で様々な梱包方法や重たい家具を運ぶコツなどを教わるので、未経験の人でも問題なく働く事ができる。

【どのくらい稼げる?】
都心部では、時給1200円~1500円と高時給での募集が多い。
日給換算すると8000円~12000円で、日給1万円以上稼ぐこともできる。
引っ越しシーズンともなると、時給1800円以上日給1万5千円以上で求人募集されることもある。
勤務時間は基本、実働6~8時間程度で、作業の状況次第では早く終わることもある。
もちろん早上がりの場合も、1日分の日給は保証される。
繁忙期は一日に複数の現場を掛け持ちすることも珍しくない。

【注意点は?】
派遣の場合は、現場で解散が多いため場所が遠方だと帰宅にかかる運賃が思わぬ出費となることもある。
引っ越しバイトのキツさ度合は、その会社の担当社員が命運を握っているといっても過言ではない。
担当者との関係性を良くすることで働きやすさが変わることも多い。
仕事の際は、「初対面時には挨拶する」「返事はしっかり大きな声で」「笑顔を心掛ける」これらを肝に銘じておこう。

≪経験者が語る「引っ越し」バイト≫

●実松さん(29歳男性)
引っ越し業者の社員をサポートする仕事です。
2月~3月の引っ越しシーズンだったので1500円の高時給でした。
仕事の流れは、梱包資材(ダンボールなど)が積まれたトラックの荷台で作業着に着替えて現場へ出発。
現場に到着したら、梱包されたパッキンの搬出を行い、積み込みが完了したら搬入先となる新居への移動。
ドアや手すりにキズ、汚れを付けないように“養生”を行い、家具や荷物を運び入れたら作業終了。
派遣だとその場で給料をもらって(日払い)、現地解散がほとんどです。 
エレベーターがないマンションだったり、体力が続かず休んでいたら怒鳴られるとかキツくて大変なことも多いけど、作業終了時にご祝儀がもらえたり、作業がスムーズに進み午前中に終わることもあります。 一番すごかったのは、朝9時から昼12時迄の3時間で9000円もらえた時もありましたよ。
それでも時間給は保証されるので得した気分になりますね。
明るくて社交的な人、力仕事が得意な人、丁寧に作業ができる人向きなバイトです。

■運転代行ドライバーのお仕事解説⇒

運転代行ドライバーのお仕事解説⇒ 高収入求人ドカント

  • お酒を飲んで運転ができないお客さんに代わってクルマを運転し、自宅まで送り届ける仕事。 飲酒運転に関する取締りが厳しくなっている近年、運転代行を頼む人が増えていて注目度は高い。 夜の繁華街などで飲食をしている人が顧客となるため、夜中から早朝にかけての勤務となる。
  • 仕事は通常、2人体制で行う。ドライバー2人が会社の車で顧客を迎えに行き、運転代行者は顧客のクルマを運転する。 会社の車は随伴車として追尾、もしくは誘導役として先導する。 
  • 指定された自宅などの目的地に到着後は再び、行きで乗ってきた車に乗り2人で会社に戻るという流れ。 代行でお客さんの車を運転する場合、“第二種運転免許”が必要となるが、会社のクルマだけなら第一種運転免許のみでOKだ。
  • 多くの人が夜の街に繰り出す週末の金、土曜日が稼ぎ時である。
    車社会の地方は都市部よりも需要が高まり、副業で運転代行をする人が増えている。 運転が得意な人、地元の地理に精通している人は週末、繁華街にあふれ出た酔客を安全に自宅までお送りする運転代行のエキスパートになれる可能性大。

【どのくらい稼げる?】
給与システムは大きく分けて2パターン。
ひとつは完全歩合制、もうひとつが最低保障付き歩合制
完全歩合の場合、数をこなして、かつ遠方のお客さんを捕まえれば歩合は伸び、売上の30~40%が収入の目安である。
これに対し最低保障付きの場合は、労働給が支払われるため安定した収入が見込める。
時給1200~1500円程度が相場。
顧客の車を運転できる“第二種運転免許”があれば、時給2000円以上の高時給に跳ね上がることもある。

【注意点は?】
乗り慣れない他人の車を扱うことでの事故のリスクには最大限の注意が必要である。
操作を誤って事故を起こしたとなると取り返しのつかない損害を生んでしまう可能性もあり、非常に神経を使う仕事である。
また、接客能力や細かい気配り、見た目の綺麗さも求められるため、仕事に慣れるまでに多少の時間がかかるバイト・副業でもある。

多くが深夜帯の勤務になるので、睡魔に襲われやすく、居眠り運転には注意が必要。
規則正しい生活を送ることを心掛け、就業前には必ず仮眠を取るようにしよう

≪経験者が語る「運転代行」バイト≫

●楠木さん(32歳男性)
運転代行業も近年では規制緩和によって新規参入する業者が増えているので競争が激化してます。
サービスの悪い業者はクレームの嵐ですぐ廃業に追い込まれてしまうほどです。
運転代行のバイトをやりたいと思ったら、まずは、働く会社の選択には注意を向けたいですね。
普段からよく代行業者を使っている“常連さん”に聞くとオススメの会社を教えてくれたりします。 
対応の良い業者にはリピーターが付きやすいので、指名が入ったりして割と早い段階で安定した収入を得ることも可能です。 
最低保証も時給1200円と高時給なので、やり方と本人の努力次第で短時間に効率良く稼ぐこともできて収入は大きく変わります。
酔客とのトラブル、会社との代金未払い罰金でのトラブルなどに襲われる可能性もあるので気を付けて下さい。 
短気を起こさず安全運転を心掛け、運転技術よりも接触事故回避のための眠気対策、接客や人柄がズバリ稼げるコツだと思います

■モーニングコールのお仕事解説⇒

モーニングコールのお仕事解説⇒ 高収入求人ドカント

  • 「朝早くから大事な仕事が入っているのに、起きられる自信がない」そんな人のためのサービスがこのモーニングコール。 文字通り、会社から指定された電話番号に連絡して相手を起こす仕事。 担当する方へ電話を掛けて、相手が出ることで1件の仕事が完了する。
  • 利用者の多くは都市部で働く、夜型の生活になりがちな1人暮らしの人。 早起きがツラく、目ざまし時計やスマホのアラームでは目が覚めないという人から特に支持されている。 機械的なアラーム音より、生の人の声は脳を刺激するため目が覚めやすいのである。
  • このモーニングコールスタッフに応募できるのは、特に女性に限られるというわけではない。 依頼者は男性が圧倒的に多いようなイメージがあるが、実際には男女半々程度だという。 容姿などは一切関係なく電話面接などで「声の質」などをもとに採用が決められる。

【どのくらい稼げる?】
勤務はほぼ平日の早朝限定で、1件あたりの報酬は50円から150円が平均的。
歩合制を採用している会社が多く、1回では大きな稼ぎにはならないが時間の都合が付きやすいため、地道に長く続ける人におススメ。
1人の担当件数は個人差があるものの、約1時間あたり10件~20件ほどで、1回のコールにかかる時間は1分程度。
換算すれば時給1000円~3000円といった高時給なバイトとなる。
通話料は基本的に会社負担。
継続的に仕事をする場合はスマホの貸し出しなどが行われ、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用することも増えている。
モーニングコール代行の仕事は、平日朝の1~2時間勤務で、自宅に居ながら仕事ができる(在宅ワーク)のがこのバイトの最大の利点。
本業に影響がない早朝にできるため、副業バイトとしても始めやすい。

【注意点は?】
これといった注意点はないが、指定された時間に遅れることは絶対に許されない。
モーニングコールの仕事中に、別の作業をする“ながら仕事”の人もいるが、時間管理と集中力が必要となるため要注意。

≪経験者が語る「モーニングコール」バイト≫
●清水ひとしさん(34歳)
サラリーマンの傍ら、早朝に時間がある時期だったので、遊び半分でバイトを始めました。
ネットで応募を見つけて履歴書を送り、電話で簡単な面接の後採用されました。
通話のためのスマホが貸し出され、前日までにお客さんの名前と電話番号をLINEで受信します。意外と女性のお客さんが多いです。
時間は5分刻み10分単位と細かく指定された時間に電話を掛け、お客さんに決められたメッセージを伝えたら完了します。
給料は月2回の振込でした。時給にすると1300円程度、月にしたら3万円ちょっとの収入。空いた時間の在宅ワークなので得した気分になりますね。
最近は経費削減でモーニングコールのサービスがない宿泊施設も増えているので、意外とニーズはあるんです。
テレアポなんかと違ってクレームやノルマがないのでストレスとは無縁です。
在宅で完結し、早朝の1~2時間で終わり、かつ比較的安定した収入があったので長く続けたいと思ってます。
(ライター橘美琴)