仕事情報誌ドカント

吉高由里子 吉高由里子
「いろいろな表情を持った作品になっていると思います。三木監督ならではの小ネタはもちろん弾けた演技の私もチェックしてください!!」
銀幕デビュー作「紀子の食卓」で第28回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞、08年も出演作品が続々公開される若手女優・吉高由里子。オダギリ ジョー、三浦友和、小泉今日子ら“大物俳優”を向こうに回し、どうキュートネスを炸裂させたのだろうか。

●撮影/谷口達郎 ●取材・文/立花みこと

---完成披露試写会の舞台挨拶で「『転々』と、オダギリさん、三浦さん、小泉さん、三木監督に出会えたことがすごく幸せだと思ってます」とお話しされてますが、改めて聞きます。吉高さんにとって映画「転々」とは。
優しくて、切なくて、ノホホンと温かく、可愛い映画ですね。


---作品はご覧になりました?
スタッフ、キャストが集まってみんなで見ました! 台本を頂いた時はギャグ満載でどんな風になるのかな、思いましたがキュンと切なくなるシーンがたくさんあって、それに三木監督ワールドがサラッと流れるような…。出来上がって改めてすごいなあって。


---監督からのアドバイスで印象に残っているのは。
『思いきりやったらいいんだよ!』ですかね。私なりの解釈で一回演じてみて、助言してくれる。監督にセリフについて相談すると、すごく面白く演じてみせてくれるんです。


---独特の空気感が“脱力系”と称される三木監督をオダギリさんは「厳しくて真面目な監督」と評してますが、吉高さんにとっては?
監督と一緒に仕事をするのは初めてで、穏やかな優しい空気が流れている方だと感じました。ただ、映画のことになると別人のようで緊張感がありましたね。





---麻紀子(小泉今日子)の姪ふふみ役を演じる上でのご苦労やポイントは。快活天然娘の摩訶不思議なキュートさも炸裂と紹介されてましたが。
すごい紹介ですね(笑)。ふふみという登場人物は原作にないんです。台本にも年齢がなければ、家族構成も不明…どんなコか分からない、読み取れない。ただ、真っ直ぐでピュアで思いきり生きている、楽しんでいるのが伝わってきたので、大事に演じさせていただきました。


---普段の吉高さんは?
大人数でいれば声やリアクションも大きくなるけれど、明るく元気な女の子は得意ではないかも(笑)。最初は不安ばかりだったけど、やれてよかった。後悔や反省も多いですけど、ね。明るい役は難しい…です。


---不安の解消法は!
開き直って流れるままにいってみようという感じですか。不安は感じるけど、とりあえず動こうという性格なので。


---共演者の方々を紹介していただけますか?
三浦さんは第一印象は怖かったんですが話しかけてくれて、話すと温かくて、愛されてもいないのに愛を感じていました。小泉さんは女同士、ジャガイモの剥き方を教わったり、オダギリさんは現場ではジョークを言って笑わせたり、安心できる人でしたね。和ませていただきました。みなさん面白い方々で、笑わされっぱなしでした。





---映画の後半は福原、文哉の東京散歩ロードムービーから一転、麻紀子、ふふみを含む4人の疑似家族シーンが続きますよね。
緊張感がありつつも優しい温かい雰囲気に包まれた撮影でした。情をいっぱい感じ、食卓のシーンではこのまま撮影が終わらなければいいのになあと…思ったほど。4人の絶妙なバランス…好きなシーンの1つですね。この作品と共演者の方々、監督との出会いに感謝しています。


---最後に今一度、作品のPRをお願いします。
文哉と福原、2人の距離感の移り変わりに注目してください。三木監督ならではの小ネタも満載で、見逃せないですよ。弾けた演技の私も是非(笑)。いろいろな表情を持った作品になっていると思います。




INFORMATION
------------
ちなみんのSWEET TRAP
映画「転々」

STORY
借金返済を迫られる大学生8年生の文哉(オダギリ ジョー)は、借金取りの福原(三浦友和)から「チャラにしてやる」ともちかけられる。しかも現金100万円もくれるという。その提案とは、福原の東京散歩に最後までつきあうこと。出発地点は井の頭公園、目的地は霞ヶ関。散歩の期限は、福原の気が済むまで…。

CAST
出演/オダギリ ジョー・三浦友和・小泉今日子・吉高由里子・岩松了・ふせえり・松重豊・岸部一徳・笹野高史・石原良純・鷲尾真知子・広田レオナほか

STAFF
監督・脚本/三木聡 原作/藤田宜永「転々」(新潮文庫刊)
製作/スタイルジャム・ジェネオンエンタテインメント・ザックコーポレーション・葵プロモーション
配給/スタイルジャム
公式HP
11月10日より、渋谷アミューズCQN、テアトル新宿ほか全国<和道(なごみち)>ロードショー!


PROFILE
--------
吉高由里子/よしたか・ゆりこ
吉高由里子
88年7月22日生まれ 東京都出身
映画は「紀子の食卓」「渋谷区円山町」「歌謡曲だよ、人生は」に出演。銀幕デビュー作「紀子の食卓」で第28回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞。公開待機作に「きみの友だち」(廣木隆一監督)、「僕の彼女はサイボーグ」(クァク・ジェヨン監督)がある。他に「メゾン・ド・ヒミコ」DVD特典ショートフィルム「懲戒免職」、WOWOW「チルドレン」テレビ朝日系「時効警察」、CMケンタッキーチキンフィレサンド「Let's フィレサンド」篇などに出演。

公式HP

→過去のインタビューを見る

高収入求人情報誌ドカント 男の稼げる求人・高収入仕事情報マガジン
戻る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.