仕事情報誌ドカント

石井聰亙 石井聰亙
「空に流れる雲を見てふと感動するとか、普段忘れているような感情を思い出させてくれる作品集です。気分に合わせて鑑賞して下さい」
大学在学中から映画監督として脚光を浴び、独自の世界を築いてきた石井聰亙監督のDVD作品集第2弾の発売決定! 俳優やミュージシャンはじめ各界アーティストに影響を与えているビッグクリエイターが本誌に登場!

撮影◎大駅寿一 取材・文◎内埜さくら

---ファン待望のDVD-BOXには、代表作の「逆噴射家族」が収録されていますよね。
あの作品が上映されたのは、84年。当時、社会問題として話題になっていたのが家庭内暴力なんですよ。僕はそれをギャグとして表現したかったんです。


---原案と脚本は、漫画家の小林よしのり氏です。
漫画家として尊敬していたので話を持ちかけたら『面白いからぜひやろう』と言ってくれたんです。僕は“親子対決”を描こうと考えていました。でも彼が“家族戦争”にしようと。


---でも、お2人とも脚本は…。
そう。得意じゃない(笑)。苦労しましたね。完成するまでに2年もかかりました。


---倍賞美津子さんや小林克也さんなど豪華な顔ぶれ! 出演は監督自らがお願いを?
ええ。絶対に断られるわけにはいかなかったんです。有名だから出てほしいんじゃなく『どうしてもこの人でやりたい!』と考え抜いて決めたキャストでしたから。相手は迷惑だったかもしれませんが。


---なぜ「迷惑」だと?
水浸しになるわ、泥だらけになるわで、体力的に辛いんです。火も使いますし。それに、ただバトルしているだけでは説得力に欠けるので、相当な演技力も必要。その上、この作品は低予算。労働のわりにギャラも低かったですからね。出演した方たちは、災難ですよ(笑)。


---上映後の観客の反応はいかがでしたか?
海外の観客は、大爆笑してくれたんですよ。でも、国内での評価はイマイチ。意味が分からない人が多かったようで…。家庭内暴力というテーマが身近す ぎて、日本人には笑えないギャグだったのかもしれません。




---ところで石井監督。監督になられた動機を教えて下さい。
幼い頃から、なにかを表現したいなと考えていたんです。で、中学・高校と皆に倣ってバンドを結成。でも、才能がなかったんです。とにかく楽器が苦手で。いくら練習しても上達しないので、諦めました。


---そして監督に?
自分はなにが好きだったかな、と考えたんですよ。そうしたら、浴びるほど映画を観てることに気づいて。高校を卒業する頃には、映画を職業にしようと決めて猛奮起。なにをやってもダメだったという事実があるからこそ、僕は映画監督になれたのかもしれませんね。




---映画監督って、どうしたらなれるものなのでしょうか。
30年以上前は映画会社が募集していたんですよ。まずは助監督からスタートするために。狭き門でした。東大、京大、六大学といった高学歴な大学を出ていないと、まず受かりませんから。エリートだけが入れる世界でした。


---そして監督は、日本大学芸術学部に入学。
映画会社に就職することができないなら、創りながら学べばいいじゃないか、と発想を転換したんです。そのために、まずは技術を身につけたくて。


---それで、映画の世界ならイケるという確信を持った、と。
処女作なんて下手で当然ですし、人の真似事だったけど、とんでもない恍惚感を味わいました(笑)。しかも、映画を創ることで、生まれて初めて他人に褒められたんです。だから、続けていけばどうにかなるんじゃないか、と。褒めてもらえたことは大きかったですね。


---でも、映画製作には多額の費用がつきものですよね。
バイトの給料を製作費に注ぎ込んでました。映画を見たお客さんにお金を払ってもらわないと、食事すらできなかったんですよ。鍛えられましたね。


---それは大変!
でもね、仕事なんてなにをやっても大変なんですよ。楽なことなんてひとつもない! だったら僕は、好きなことを仕事にしたほうがいいと思いますよ。そのほうがいざという時、底力を発揮できますからね。


---貴重なお話、ありがとうございます。では、最後にPRを!
収録された全作品が、日常を舞台にしたサイケデリック。共通のキーワードは“祈り”なんです。普段は忘れているけど、心の奥にしまってある大切な感情を思い出せるはずですから。刺激や、充実した時間がほしい人にぜひ、オススメします。
INFORMATION
------------
石井聰亙作品集DVD-BOX〜PSYCHEDELIC YEARS
石井聰亙作品集DVD-BOX〜PSYCHEDELIC YEARS
暴力とパッションのPUNK YEARSから、実験とエモーションのPSYCHEDELIC YEARSヘ。80年〜90年代を中心に、映画監督の石井聰亙が新たな境地へと挑んだ珠玉の作品集「石井聰亙作品集DVD-BOX〜PSYCHEDELIC YEARS」が12月22日、トランスフォーマーから発売される。「逆噴射家族」「THE MASTER OF SHIATSU 指圧王者」「DUMB NUMB DVD LIVEFRICTION 1989」「TOKYO BLOOD」「水の中の八月」「鏡心<3DサウンドHD>完全版」の計6作を収録。また、石井作品誕生の裏側に迫る貴重なメイキング・ドキュメンタリーなどを収めた特典映像ディスクには「ロンリープラネット」「水の記憶」「LAND-Q」、俳優・スタッフ陣の特典インタビューを収録。「逆噴射家族」サントラ復刻版CD、計112Pの特製ブックレットもついてくる。
さらに、1月中旬には上映会やトークショーなど発売記念イベントを開催予定。24990円(税込み)

逆噴射家族
「逆噴射家族」から。出演は小林克也、倍賞美津子ほか

鏡心
「鏡心」から。出演は市川実和子、猪俣ユキ、町田康ほか

PROFILE
--------
石井聰亙/いしい・そうご
石井聰亙
1957年1月15日生まれ 福岡県出身
日本大学芸術学部入学後、8mm映画デビュー作「高校大パニック」を撮り、熱狂的な支持層を得る。大学卒業制作の「狂い咲きサンダーロード」でジャパニーズ・ニューウェイブの急先鋒に。その後も斬新で前衛的なアクションを撮り続け、82年に「爆裂都市/Burst City」を発表。「逆噴射家族」はイタリアの第8回サルソ映画祭でグランプリを受賞。「エンジェル・ダスト」「ユメノ銀河」は国内のみならず海外でも高い評価を受ける。またTVでは「私立探偵 濱マイク 第8話・時よ止まれ、君は美しい」等を監督。ミュージッククリップ、ビデオアート、写真、ライブ活動等、様々なメディアでも独自の作品世界を追求。神戸芸術大学では映画授業展開中。

公式HP

-filmography-
◆「鏡心・<3DサウンドHD>完全版」(05)
◆「DEAD END RUN」(02)
◆「ELECTRIC DRAGON 80000V」(01)
◆「五条霊戦記 GOJOE」(00)
◆「ユメノ銀河」(97)
◆「水の中の八月」(95)
◆「エンジェル・ダスト」(94)
◆「TOKYO BLOOD」(93)
◆「DUMB NUMB DVD LIVE FRICTION 1989」(89)
◆「THE MASTER OF SHIATSU 指圧王者」(89)
◆「半分人間」(85年)
◆「逆噴射家族」(84)
◆「アジア(亜字亜)の逆襲」(83)
◆「爆裂都市/BURST CITY」(82)
◆「シャッフル」(81)
◆「狂い咲きサンダーロード」(80)
◆「突撃!博多愚連隊」(78)
◆「1/880000の孤独」(77)
◆「高校大パニック」(76)

→過去のインタビューを見る

高収入求人情報誌ドカント 男の稼げる求人・高収入仕事情報マガジン
戻る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.