仕事情報誌ドカント

山本政志×蒼井そら 山本政志×蒼井そら
「この映画は、最初からナメてかかってきてほしい。甘くみればみるほどハマるから。DVDならではの“シーンスイッチ機能”も必見!」(山本政志)
「“素”の蒼井そらが堪能できる作品です。エッチなシーンはあるけど、クドくない作り。女性でも腰が引けずに鑑賞できますよ」(蒼井そら)

●撮影/谷口達郎 ●取材・文/内埜さくら

---最初に、監督することになったきっかけを教えてください。

山本「この『聴かれた女』は俺にとって、“低予算シリーズ”第三弾(笑)。予算も時間もナシ。それを言い訳にせず、いかにクオリティの高いモノを創るか。それに、ホラーやエッチモノとか、苦手ジャンルを克服して、自分の引き出しを増やすってのを俺に対するテーマにして取り組んでみようと」


---蒼井さんの第一印象は?

山本「『可愛い』。会った瞬間『結婚を前提におつき合いしてください!』って思ったね(笑)」

蒼井「それはちょっと…ごめんなさい(笑)。私、リハーサルの段階で監督に台本を取り上げられちゃったんです。『本当に大丈夫なの!?』って心配で…。女優としての力を試されてると思うと、緊張しましたね」


---リハーサル段階で俳優から台本を取り上げてしまった…と。

山本「撮影前に1週間程リハーサル期間取ったんだけど、そらってソートーに、勘が良くて飲み込みが早く、もっと上のレベルを求めても大丈夫だろうって思って。リハーサル初日の前半から脚本を取り上げてみた。脚本のセリフに縛られるんじゃなくて、脚本の状況をよりリアルに捉えてもらう為にね。

だからといって、アドリブでセリフを喋ってるんじゃなくて最終的には、脚本通りに喋ってる。そういった経過を踏んでるんで、セリフに生っぽさが加わってるんだ。でも、こういった芝居は誰でもやれるわけじゃない。そらは、天性の芝居勘をもった貴重品だね」

蒼井「そこまで言われると照れますから(苦笑)。でも、おかげで言葉の癖や手の動きとか、自分自身が出せました。というより、出ちゃいましたね。ホントもう、何もかも。『自然にやって』という監督のアドバイスは守れたと思いますけど」




---印象に残った撮影エピソードを教えてください。

蒼井「部屋を2つ借りて撮影したんですけど、片方で撮ってる間は、片方が物置部屋。休憩場所がないんです。さすが低予算だなと。それから、ご飯がロケ弁じゃなくて炊き出しだったのはうれしかったです。『ご飯はいつ?』と、毎日楽しみで」

山本「弁当って、味気ないだろ?知人の飲み屋のマスターにコック担当で来てもらったんだ。現場で調理した食事をスタッフ&キャストが一緒に食べるってのは、現場に一体感が出るしね」


---蒼井さんファンとしては、濡れ場も楽しみです(笑)。

蒼井「裸が出てくるエロティックな作品って、女の人は手が出しにくいですよね。腰が引けるというか。でも、この映画は意外と見やすいはず。映画を見た女の子から『エッチだけど見やすかった』と太鼓判をもらえたんです。クドいベッドシーンではないから、映像に入り込みやすいですよ!」


---蒼井さん演じる皐月の部屋の内装も見応え十分ですよね。

山本「最初のロリポップな部屋は、盗聴している男の妄想上の部屋で実際の部屋の内装とは違う。そんな風に想像してしまう、盗聴男のアホなキャラクターを出そうと思ったんだ」

蒼井「そういう部分は『男ってバカだな』、『幼稚だな』と感情面でシンクロしつつ、女性に見てもらいたいですね」




---DVDならではの見どころは。

山本「男の視点と女の視点を見比べられる“シーンスイッチ機能”がついてる箇所かな。盗聴している男が想像している「幻実」と、実際の「現実」とのズレが、かなり楽しめるはず」


---では読者へメッセージを。

山本「観る人は、ナメてかかってきてほしい。ナメてかかればかかるほど、ハマることを約束するよ(笑)」

山本「私もその1人です。オールナイト上映会で、少し見るつもりが結局、最後まで見ちゃったんです。翌朝早起きだったから、トークショーを先にしてもらってすぐ帰るつもりだったのに…。ストーリーに引き込まれること間違いなしですよ」
INFORMATION
------------
聴かれた女
「聴かれた女」

CAST
蒼井そら・大野慶太・加藤裕人・小田敬・西野翔・吉岡睦雄・鳳ルミほか

STAFF
監督・脚本/山本政志 プロデューサー/石毛栄典 発売・販売/(株)トランスフォーマー

INFO
人気セクシー女優・蒼井そらのナチュラルでセクシーな魅力が満載。監督は「JUNK FOOD」「ロビンソンの庭」の山本政志。特典映像に同じストーリーを別の視点から描く「聴かれた女の見られた夜」を収録した豪華版で、他にも撮影風景をまとめたドキュメンタリーメイキングに、2人のインタビュー、公開時の初日舞台挨拶やトークイベントの模様まで収録している。また、DVD発売記念インストアイベントも開催が決定! 8/4(土)紀伊國屋新宿店、8/5(日)石丸電気秋葉原店ほか、詳細は「聴かれた女」公式サイトでチェック。
8月3日発売。

公式サイト


PROFILE
--------
山本政志

やまもと・まさし
1956年1月24日生まれ 大分県出身
主な監督作品に「闇のカーニバル」「ロビンソンの庭」「てなもんやコネクション」「ジャンクフード」「リムジンドライブ」「サイクル」などがある。

蒼井そら
あおい・そら
1983年11月11日生まれ 東京都出身
18歳でデビュー。グラビアを中心にテレビ、ラジオ、Vシネマ、グラビア、音楽活動、エッセイ本の執筆、雑誌コラム連載など多方面で大活躍中。映画は「援助交際撲滅運動 地獄変」「嫌われ松子の一生」などに出演。
公式サイト


→過去のインタビューを見る

高収入求人情報誌ドカント 男の稼げる求人・高収入仕事情報マガジン
戻る


許可無く複製、転載する事は法律に触れます。COPYRIGHT(c)2006 DigitalStyle co,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.