ホントに知ってる? 風俗店の業種について徹底解説!

「家でエロサイト見てたらムラムラしちゃて、“デリヘル”呼んじゃってさ~」
「友達と飲んでたら盛り上がっちゃって、“ヘルス”に行っちゃったよ~」

男同士の気兼ねない集まりで飛び出すこんなトーク。
風俗店で一通り遊んだことのある男性ならば、ここで登場する風俗の“業種”がどういった内容のお店なのか、そのシチュエーションが思い浮かぶはずだ。
しかし、風俗店に一度も足を運んだことがない人にとっては何のことやら分からないだろう。

まぁ、そんな一時の会話のためなら風俗の業種など分からくても問題はない。
しかし、もしもアナタが風俗業界への転職を考えているならば話は別だ。

何故なら、風俗店の店舗スタッフの仕事は、業種によってその仕事内容がかなり異なってくるからである。
風俗の業種に対する最低限の知識がないと、自分に合った仕事を探すことは難しい。
そこで今回は、風俗業界の基礎知識とも言える“風俗店の業種”について解説をしたい。

1.風俗店は大きく分けて“店舗型”と“派遣型”の2つ!

風俗店には様々な業種があるが、それらは“店舗型”風俗店と、“派遣型(無店舗型)”風俗店の2つに大きく分類される。
店舗型の風俗店とは、女の子が接客するプレイルームを備えた実店舗を構え、お客さんがそこへ来店するスタイルの風俗店だ。
一方、派遣型(無店舗型)の風俗店は、プレイルームを持たず、お客さんの待つ自宅やホテルに女の子を派遣するスタイルのお店となる。

このように、店舗型と派遣型では営業スタイルに大きな違いがあるが、それ以外にも異なる点が見られる。

まず異なるのは“営業時間”だ。
店舗型の風俗店は、“風営法”(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)により営業時間が“24時まで”(エリアにより翌1時まで)と定められておりそれ以降の営業は出来ない。
対して、派遣型の風俗店は“深夜営業”“24時間営業”も可能となる。

また“新規出店”に関しても、店舗型は出店可能なエリアが限定されているので“ほぼ不可能”なのに対して、派遣型は比較的容易に新規出店できる。
そのため、現在では派遣型の風俗店の方が圧倒的に店舗数が多くなっている。

そして、店舗型と派遣型の風俗店はそれぞれ様々な業種に分類される。

2.“店舗型”風俗店に分類される業種

・ソープランド

数ある風俗の業種の中でも、最も歴史のある風俗がソープランドである。
“ソープ”と略される他、“特殊浴場”“個室サウナ”といった名称で呼ばれる場合もある。
浴室の付いた個室で女の子がマットプレイなどのサービスを行うお店。
そのサービス内容や料金によって、“高級店・大衆店・格安店”といった格付けがあり、高級店はしばしば“風俗の王様”と称される。
営業可能なエリアが限られているため、“すすきの・吉原・堀之内・福原・中洲”など、“ソープ街”と呼ばれる場所がある。

・ファッションヘルス

女の子が接客する“個室”と、“シャワー設備”が完備されているお店。
“ヘルス”“箱ヘル”などと略して呼ばれる場合が多い。
※九州地区では“トクヨク”と呼ばれる。
シャワーは店内、もしくは個室内に設置されており、お客さんはシャワーを浴びてからサービスを受け、終了後に再度シャワーを浴びるのが一般的なプレイの流れとなる。
ソープランドと同様に営業可能なエリアが限られているため、許可された場所でのみ営業をしている。
東京都では、新宿・池袋・渋谷・上野などにある歓楽街に多い。

・ピンクサロン

キャバクラのような店内フロアに、パーテーションなどで仕切られたボックスシートがあり、そこで女の子が接客をするお店。
“ピンサロ”と略して呼ばれることが多い。
※東海エリアでは“キャンパスパブ(キャンパブ)”と呼ばれる。
厳密に言うと、ピンクサロンは風俗店ではなく、建前上は飲食店であるため、シャワー等の設備はないが料金が安いこともあり根強い人気を誇っている。

・セクシーキャバクラ

店内の造りはキャバクラに近く、背もたれの高いソファーシートなどでお酒を飲みながら接客する女の子のボディーにタッチすることができるお店。
“セクキャバ”“セクシーパブ”“おっぱいパブ(おっパブ)”“いちゃキャバ”“ハッスルパブ”などの呼び名もある。
※関西エリアでは“ツーショットキャバクラ”と呼ばれる。
※北海道や東北地方では“キャバクラ”と言うと“セクキャバ”のことを指し、お触りのないお店のことは“ニ
ュークラブ”
“ラウンジ”と呼ぶ。
いわゆる“ヌキ”のような性的サービスはないが、風俗店の一ジャンルとして扱われることが多い。

3.“派遣型”風俗店に分類される業種

・デリバリーヘルス

事務所でお客さんからの電話を受けて、ホテルやお客さんの自宅に派遣された女の子がサービスを行うお店。
略して“デリヘル”と呼ばれることが多い。
女性は事務所や待機所に待機しており、お客さんの元への送迎は“ドライバー”スタッフが行う。
デリバリーヘルスは店舗型風俗店に比べて新規出店が容易なことから、今では風俗業種の中で最も多い店舗数を誇っている。

・ホテルヘルス

デリバリーヘルスと違って、街のテナントビルなどに“受付所”を構え、お客さんは受付でコースの選択や女の子の指名を行い、周辺のホテルやレンタルルームでサービスを受けるお店となる。
略して“ホテヘル”と呼ばれている。

4.その他の業種・カテゴリー

風俗店の中には、ここまで挙げてきた店舗型・派遣型の各業種として届けを出しながら、以下のような特色のあるサービスを行っているお店が数多くあり、その結果として業種やカテゴリーとして認知されるようになっている。

・人妻・熟女風俗

風俗店では若い女の子が大人気、というのは昔の話…。
90年代初頭、バブル経済が崩壊した頃から“人妻や熟女を専門”とするお店が急増し、近年では“人妻ヘルス”“熟女デリヘル”など風俗業種の一大ジャンルとして分類されている。
その魅力は何といっても若い女性にはない包容力と濃厚なプレイで、世代を問わず男性たちの支持を得ている。在籍女性の年齢は30代から40代が多いが、50代から60代、中には70代といった女性もいる。

・イメージクラブ

コスプレをした女の子と、学校の教室や満員電車、病院といったシチュエーションでのプレイを楽しめるお店。
通称は略して“イメクラ”。“イメージヘルス”や“コスプレヘルス”などとも呼ばれる。
プレイ内容はファッションヘルスやデリバリーヘルスと同様になるが、シチュエーションの演出次第でお客さんの満足度が変わってくるので、そのためのマニュアルや女の子の演技力も必要となる。

・SMクラブ

その名の通りSMプレイが楽しめるお店。
お客さんがS(サディズム)を堪能するために“M嬢”を揃えているお店、M(マゾヒズム)を堪能するために“女王様”を揃えたお店、またその両方を兼ね揃えたお店もある。
SMの世界は奥が深く、お客さんの嗜好は千差万別となるので、それに合わせてお店側も様々なタイプの女の子や数多くのオプションを揃えている。
営業スタイルは派遣型であることが多く、プレイ料金が高額な高級店や“完全会員制”といったお店も多い。

・M性感

男性がMの立場で女の子が“責め手”となり、言葉攻めや羞恥プレイ、痴女プレイや“前立腺マッサージ”などのサービスを行なうお店。
一見、そのサービスはSMクラブに似ているが、内容はかなりライトなものとなっている。
最終的には“手コキ”のサービスで終わる場合が多い。

・風俗エステ

女性エステシャンがアロマオイルを使って“全身マッサージ”などを行った後、最終的に睾丸マッサージや前立腺マッサージ、手コキなどのサービスを行うお店となる。
マッサージのみの純粋なエステと区別するために、“風俗”という名を業種名に冠している。
性的サービスとしてはライトな内容だが、全身のマッサージも堪能できることもあり、中高年を中心に人気を誇っている。

・オナクラ

オナクラは“オナニークラブ”の略称。
女の子が見ている前で、お客さんが自慰行為をするお店で、女の子による手コキがセットになっている場合が多い。
女の子は着衣のままでお触りも禁止になっていることが多く、そのソフトなサービスから風俗業界慣れしていない“素人女性”が多いのが特徴となっている。

・外国人風俗

風俗店の中には、“在籍女性が外国人”であることを“売り”にするお店が存在する。
以前には韓国人専門のデリバリーヘルス“韓国出張”が大ブームとなった。
現在も白人系や中南米系、韓国や中国といったアジア系の風俗嬢を専門としたお店があり、異国情緒を求める男性たちを惹きつけている。

・ニューハーフ風俗

風俗店でサービスを行うのは女性だけとは限らない。
ニューハーフのみが在籍する専門店も存在している。
そのサービス内容は女性が在籍する風俗店と基本的には変わらないが、“AF(アナルプレイ)”がオプションで可能となっていることが多い。
近年では“男の娘ブーム”といった現象もあり、単に好奇心からというお客さんから愛好者まで様々な男たちで賑わっている。

5.男性スタッフの仕事内容は“業種”によって大きな違いがある。

ここまで記してきたように、風俗店は多くの業種やカテゴリーに分類される。
風俗店の男性スタッフの仕事は、その業種やカテゴリーにより仕事内容が異なってくる。
その違いが最も現れるのが、“店舗型”と“派遣型”の風俗店における仕事内容だ。

まず“店舗型”風俗店の場合は、お客さんが直接お店にやって来るので、受付や案内といった接客業務は男性スタッフが“対面”して行う。
また、プレイルームや待合室の清掃業務も店舗スタッフの仕事になる。

対して、“派遣型”風俗店の場合は、基本的にお客さんからの電話を事務所などで受ける“電話接客”となり、対面による接客はない(受付所のあるホテルヘルスを除く)。
また、プレイルームや待合室が存在しないので、その清掃業務もない。
ただし、女の子をお客さんの元に送迎する“ドライバー”という派遣型特有の職種があり、ドライバーに送迎の指示を適宜出すのは店舗スタッフの重要な仕事となる。

また、店舗型や派遣型の違いにとどまらず、各業種やカテゴリーの中でもそれぞれ仕事内容に特色が見られる。

例えば、店舗型のピンクサロンやセクシーキャバクラは“個室”がないため、店内フロアで接客する女性の座席を移動させる“付け回し”という、他の店舗型風俗店にはない特有の仕事がある。

また、ソープランドの“高級店”ともなれば、言葉遣いや身だしなみなどを含め高い接客能力が求められるし、外国人風俗店ならば日本語が話せない女性ともコミュニケーションを取らなければならない、そんな具合である。

6.まとめ

風俗店には大きく分けて店舗型と派遣型の風俗店があり、さらに様々な業種・カテゴリーに分類される。
店舗型と派遣型ではその営業スタイルの違いから、接客の方法やドライバー管理の有無など男性スタッフの仕事内容も大きく異なっている。
また、業種やカテゴリーの違いよっても仕事内容にそれぞれの特色がみられる。
これから風俗業界で転職しようと考えている男性諸君は、少しでも自分に合った仕事が見つかるように、求人募集しているお店がどの業種やカテゴリーに属しているか、しっかり確認した上で応募してほしい。