【体験談】『私はデリヘルの仕事で“マック難民”を脱出しました』(39歳男性)

【体験談】『私はデリヘルの仕事で“マック難民”を脱出しました』(39歳男性)

皆さんは、“マクドナルド難民”“マック難民”という言葉を耳にしたことがあるだろうか?
これは日本で生まれた呼び名で、マクドナルドなど24時間営業のファストフード店で寝泊まりする人々のことを指している。
2006年にマクドナルドが24時間営業を始め、コーヒー1杯で朝まで過ごす生活困窮者が急増し社会問題化したことにより世間の注目を集めた。
ひと昔前は、“ネットカフェ難民”などと呼ばれ、経済的事情で家を持てずにネットカフェや漫画喫茶で寝泊まりしていた人々が、より単価の安いファストフード店へその根城を移したのである。

ドカントでは、2002年の雑誌創刊以来、このネットカフェ難民などの“格差社会”についての問題を時に触れテーマにしてきた。

ドカントでは“ナイトワーク系の求人”を多数掲載している。
ナイトワーク業界は、このようなネットカフェ難民やマック難民と呼ばれる社会から見放された漂流者たち、身よりもなく救済されない人々の受け皿、“セーフティネット”としての役割を果たしているのだ。

■都内デリバリーヘルス店員、山里さん39歳。

今回取材に応じていただいたのは、都内のデリバリーヘルス店で勤務して2年目を迎える39歳の男性、山里さん。
「マック難民を経験した方にインタビューしたい」
と編集部が探している中、取材先の風俗店の店長に紹介していただいた方である。

「ネットカフェからマックまで、一通りの難民をやってましたよ(笑)。 今となっては思い出したくないキツい時期でしたね…」

山里さんはそう言いながらも、重い口を開き自らの経験を語ってくれた。

■倒産、ブラック企業を経てネットカフェ難民に、そして…。

山里さんは関東の高校卒業後に上京、数々のアルバイトを経て24歳で都内の小さな印刷会社に就職する。
主に旅行業界のパンフレットを印刷する会社の営業職であったが、折からの不況に加えてリーマンショックによる不況も重なり、印刷会社が倒産、31歳にして失業をした。

そこから再就職を目指すが、不況による就職難という時期もあって採用には至らず、短期のバイトで食い繋いだ。
1年後、全国で居酒屋をチェーン展開する会社に契約社員として入社をする。

だが、そこが凄まじい“ブラック企業”だったのである…。
連日連夜のサービス残業、休日出勤は当たり前、完全な休日といったら2、3ヵ月に1日あるかないか…。
それでも“正社員への道”をエサにされ、会社に都合良くコキ使われた。
そして約2年後、身も心もボロボロになった山里さんは、上司のデスクに辞表を置いて脱走した。

その後、せめて前職の経験を活かそうと、再び飲食関連の会社に就職するが、一度狂った歯車は上手く噛み合わない…。
その会社でもまた“人間関係”でつまずいてしまう。
山里さんは精神のバランスを崩して退社し、自宅アパートに引き籠りがちになってしまった。

そして、35歳を過ぎた頃、貯金が底を尽きアパートの家賃が払えなくなった。
上京の際に両親の経済的トラブルに巻き込まれたこともあり実家とは15年以上“没交渉”状態。
他に頼る親類や友人もいなく、ついに住まいを失い、ネットカフェ暮らしに流れ着く。

「もうこうなると悪循環に陥ります。 部屋を借りるために仕事を探すけれど、“住所がない”のでまともな会社は面接すらしてくれません。 自ずと派遣会社に登録して“日雇い”の仕事とかがメインになってきます」

部屋を借りるためには、敷金や礼金など家賃以外の現金も必要になる。
しかし現住所を失うと、正社員などの長期的に働ける就職口も中々見つからなくなってしまう。

「もうその頃は生きていくために、作業現場や建築関係の日雇いのアルバイトをやりました。 日給はだいたい8千円くらいだったなぁ…」

しかし精神的なバランスを崩したままでは、仕事に出られる日は週に2~3日が限界であった。
そのうち、“1時間あたり200円”を切るネットカフェの料金も払えなくなる。

そして、ついに深夜のマックに行きつき“1杯100円”のコーヒーで夜を明かすようになった…。

■マクドナルド難民から脱出した転機は?

――ネットカフェだと、一応個室になっていてプライベートは保てるし、フラットシートで横になれたりもするけど、マックで一夜を過ごすのはツラいでしょうね。
「ネットカフェだとシャワーもあるし、ドリンクが無料だったりするんですよ。 まず何より“横になれる”のが大きいです。 それに比べてマックは“マクドナルド難民”って言葉が有名になってから、店員のチェックが厳しくなっちゃいましたね…。 夜は着席出来ない店も増えたし、ちょっとでも横になるとすぐ店員が来て起こされます…。 だから“座ったまま”寝ないといけないんですよ、テーブルに突っ伏したまま(笑)。 これがツラいんですよ、腰とか関節とか痛くなって…。 だから僕の場合はお金が入ったらネカフェ、金が無い日はマックっていうスケジュールでしたね…」

――どのようにしてマック難民を“脱出”することが出来たのですか?
「その日暮らしでマック難民をやっていると、ホントに体がキツくなるんですよ。 日雇いの現場仕事みたいな肉体労働がメインでしたから、シャワーも浴びずにマックで夜を明かして翌朝また現場に向かう、みたいな生活をしていると心底不安になりますよ。 僕の人生どうなるんだろうって…」

――聞いているだけでも身につまされます。
「とにかく生活を立て直すために“部屋を借りよう”と思いましたね。 そのためにはまず金を貯めなきゃならない。 そして、それまで仕事選びの選択肢に全く入っていなかった“水商売”はどうかと思い立ったたんです。
やっぱり水商売といえば、本当に困った人達の“最後の砦”みたいなイメージがあるじゃないですか」

――男性でも女性でも、最悪な事態を救ってくれる業界だと。
「こんな僕でも雇ってくれるんじゃないかと思って、男性向けの高収入求人サイトで検索して“キャバクラ”に何件が面接に行きました」

――キャバクラの黒服の仕事ですね?
「そうです。だけどやっぱり“住所がないから”採用になりませんでした」

――あぁ、やっぱりキャバクラも厳しかったですか…。
「まあ、当時36歳だったんで年齢的にもNGだったかも知れませんが…。 でもその時に面接をしてくれた店長さんが言ってくれた言葉で光が差しました…」

――店長さんは何と?
「“現住所がないなら、風俗店の面接を受けたら?”って教えてくれました。 まず風俗店の場合は“寮完備”で募集している会社が多いと…。 それも“家賃無料”とか“家具家電が備え付き”とかで…。 そして給料の“日払い”にも対応してくれるお店が多いと…」

――確かに風俗店のスタッフ募集でよく見かけるフレーズですよね。
「もうすぐ検索ですよ(笑)。 風俗業界とか全然知らなかったけど“寮完備・即入寮・寮費無料”それに“日払い可能”で探しました。 それで今働いているお店を見つけて、すぐに応募して面接に行きました」

■寮に入って…。そして人生の風向きが変わった!

――そして無事採用となったんですね。すぐに寮に入れました?
「ええ、店長が面接してくれたんですけど、僕の表情や振る舞いが相当に切羽詰まっていたみたいで(笑)。 翌日から寮に入れるように手配してくれました」

――それは良かった! 面接で聞いた勤務条件はどんな感じでした?
「働くスタイルが2パターンあって自分で選べるんです。 ガッツリ働きたい人は、“月給30万円スタート”で勤務時間は1日12時間、週休1日が基本です。 寮に入る場合はこちらの勤務スタイルになります。 もう一つは、“月給24万円スタート”で勤務時間は1日10時間、週休2日で残業なし。 僕の場合はとにかく“寮希望”だったんで迷わず“月給30万円”を選択しました」

――それで実際にお仕事されてどうでした?
「ブラック企業で働いた経験があったので、風俗業界もやっぱり嘘が多いんだろうな…なんて思っていたんですけど、意外と勤務条件が全部本当だったので正直ビックリしました(笑)。 勤務時間は12時間と長めですけど、ちゃんと休憩が取れるし、残業は一切ありません。そしてきちんと休みが取れますから。休日は月に6日取れます。 月給は30万円、加えて売上に応じたインセンティブが付くし、ボーナスまであるんですよ。最初はちょっと信じられなかったですね。これまでの苦労は何だったんだと」

――初めての風俗業界、デリヘルの仕事の感想は?
「デリヘルはお客様と顔を合わせない電話を使った接客なので、居酒屋の接客とは勝手は違いますけど、接客業務は慣れているのですぐに対応出来ました。 女の子の管理も、居酒屋時代にバイトの管理をしていたんで、その延長線上で何とかやってます。あのブラック時代の経験が少しは活きた感じかな…。 ドライバーさんの管理なんかも今ではお手の物です」

――ブラック時代の苦労が少しは報われましたね…。デリヘルへの就職は大成功?
「間違いないですね、デリヘルの仕事が私をマック難民から救ってくれたんですから。 この仕事はアラフォーで未経験、家もない人間をすぐに雇ってくれるんですよ! 社会から見捨てられてしまった僕みたいな人達を、 しかも高収入かつ高待遇で…。 まぁ“なりたい職業ランキング”とかには世間のイメージ的に絶対出てこないでしょうけど(笑)」

――苦労したことは何かありますか?
「やはり女の子への対応ですね…。 女の子が一番大変な仕事をしているので、細かい部分までフォローできるように気を付けてます。 もうオッサンなので若い女の子への接し方は気を使いますよ。“あのオッサン臭い”なんて言われたら最悪ですから(笑)」

――今後の目標などはありますか?
「今のお店で働いて2年目なんですけど、やっと自分で部屋を借りることも出来たんで、ひとまず貯金したいですね。 後はまぁ、お金を貯めて彼女でも作りたいかなぁ…(笑)」

“マック難民”として世間から切り離されたような生活を経験した山里さん。
ナイトワーク業界で働いたことにより、少しずつ人生の歯車も好転してきているようである。