目に見えぬ貧困“現代のホームレス”ネットカフェ難民の体験談・後編「寮完備の仕事」

■勇二さんはいかにしてネットカフェ難民から脱出したのか?

前編に続き、平成30年1月に東京都から発表された、“住居が無くインターネットカフェや漫画喫茶などを寝泊まりのために利用している人”いわゆる「ネットカフェ難民」に対するアンケート調査結果について、更に考察を進めたい。
※東京都「住居喪失不安定就労者等の実態に関する調査報告書」

2年以上の期間をネットカフェ難民として過ごした経験を持つ、34歳の男性勇二さん(仮名)の体験談を続けよう。

■とにかく長く働ける仕事…そして、家賃無料の“寮”があること。

「希望条件は、1週間とか2週間とかの期間工日雇いの仕事ではなく、長期で働ける仕事を探しました。少なくとも半年先や1年先も続けられる仕事を…。 そして“寮”があること、もちろん“家賃無料”でね。 贅沢ですかね? 確かに何の資格も大した学歴も無い30歳越えた男で…しかもネカフェ暮らしの住所不定ときてますからね…。 住み込みパチンコスタッフや、新聞配達員の仕事も断られました…」

「やっぱり日雇いバイトに戻るしかないか…って思ってた時に、ネットカフェのホームページの広告に出てた、“ドカント”で今働いているお店の求人を見つけました(笑)」

・費完備(家賃無料)
・家具家電付き個室寮
・即入居可
・年齢経歴不問
・日払い可
・食事代補助
・体ひとつでお仕事スタート

その店舗の求人情報には、沈んでいた勇二さんの心を躍らせる、このような待遇が記載されていたという。

「これだ!って思いましたよ。風俗の仕事は全く頭になかったので盲点でした。 深夜の12時近くだったけど、あせってたから速攻でお店に電話しました(笑)」

こうして勇二さんは今現在働いている、吉原のソープランドA店(仮名)へとたどり着いた。

「その電話で面接の予約をしたんですけど、よくよく考えたらソープランドの男子スタッフの仕事って全く分からない。キャバクラなんかは行ったことあったけど、風俗はあまり経験がなかったから…。そもそも“吉原ってどうやって行くんだ?”とか(笑)」

「だけど“面接に行けば1,000円プレゼント”ってドカントに出てたから、面接だけでも行ってみるかって(笑)」

■吉原・ソープランドA店の男性スタッフ募集条件とは…。

勇二さんが働き始めたA店の募集要項は以下の通りであった。

資格:20歳以上※普通運転免許必要
給与:月給28万円スタート
時間:午前10時から翌1時の間、実働10時間勤務
休日:週1日※3ヵ月目から月7日の休日
待遇:お店の近くの家具家電付きワンルームマンション寮に無料で入居可能。
   日払い希望者には日額5千円まで支給。残りは給料日に支払。

「実働時間が10時間で週休1日、一見きつそうな仕事に見えますけど、家賃無料に入れることや日払いで給料がもらえるとこなんかは、当時は本当に有り難かった」

風俗業界に不慣れで、“吉原”の場所さえ分からなかった勇二さん。
ソープランドの男性従業員といえば、パンチパーマダブルのスーツ、強面のイカつい人が出てくるのでは?と勝手に想像していたところ、面接には40代半ばの一般企業の部長さん然とした落ち着いた方が現れて逆に驚いたという。

「男子の面接なのに、応接室に通されておしぼりやコーヒーに御菓子まで出てくるし…。 面接担当の方がすごく丁寧に業界の説明をしてくれたので『これならやれるかも』って安心できました。 昔働いてた不動産屋のがよっぽどヤバかったですよ(笑)」

「嬉しかったのは、面接で色々詮索されなかったことですね。 『今ネットカフェで生活しているので寮に入りたい』と言っても、『大丈夫ですよ』って即答してもらえましたから」

それまで勇二さんが求職活動をしていた会社では、“現住所を書けない”時点で、‟不採用”になるケースも多かったという。
勇二さんはA店での面接時に、これまでの自分の境遇や長く働きたいという希望、目標とする貯金額まで自分の気持ちを正直に伝えた。

そして、無事その場で採用が決まった

「最初の出勤日に『新しい布団セットを買いに行こう』って、お店の先輩の方が寮に買い出し(布団はスタッフが入寮する度に買い替える)の手伝いに来てくれて…。あの時の救われた気持ちは今でも忘れられないですね。 ずっとネカフェ暮らしで日雇いバイトの生活だったから、そういった‟気遣い”が嬉しかったですね」

■そして勇二さんは、吉原ソープの従業員となった。

何とかネットカフェ難民を脱出できたとはいえ、仕事が続かなければ元の木阿弥である。実際にソープランドの仕事はどのようなものなのだろうか?

「正直、仕事は大変です、特に最初の頃は…。 自分は午後1時から翌1時迄の12時間勤務で、休憩2時間10時間労働です。 仕事内容は各部屋の掃除に始まり、色々な買い出しや雑用全般をこなします。 4階建ての店ですけど男子はエレベーター使用NGだから階段を走りっ放しでした」

「働き始めて3ヵ月位は本当にきつかった。部屋に帰ったらバタンキュー。 休日も疲れているので、ひたすら寝てましたよ。 おかげでパチンコへの興味もなくしましたね(笑)。毎日店と寮を往復するだけの生活でした」

それではネットカフェ難民時代と、あまり変わらないのではないか?と問う。

「いや、全然違います。疲れとストレスは溜まりますけど、周りの先輩スタッフ達が色々とフォローしてくれますから。 仕事も丁寧に教えてくれるし、たまに深夜仕事が終わった後に飲みに連れて行ってくれたりとか…。 最初は日払いで給料をもらってましたけど、1日2回の“まかない(食事)付き”だし、ネカフェと違って家賃もかからないから、お金も使わない(笑)」

そうした人間関係にも助けられ、一番大変な新人スタッフ時代の数ヶ月を乗り切れたという。

「3ヵ月程働くと、公休が月7日とか8日に増えたり、勤務時間も多少短くなります。 もちろんお金の部分(昇給)も早い業界ですから、やりがいは感じますね」

「それに、この街(吉原)は勉強になることが多いですからね。 自分はこの商売は“究極の接客業”だと思ってます。 お店がプロデュースした“女性”という“人間の魅力”を売る商売ですから、男子従業員も生半可な気持ちで仕事をするのは失礼なんです」

「新人時代にキツい仕事をさせられたのも『この商売を舐めたらダメだ』っていう教えだったと思ってます。 お客様はキャバクラやヘルスとか、他の風俗の店で遊ぶよりも高額の料金を払うわけですから、女性コンパニオンも満足してもらうために、誠心誠意のサービスを提供します。 当然、男子スタッフも、お客様を車で駅に迎えに行く時から送り出す間まで、少しの“隙”も見せてはいけない世界なんだと思ってます」

吉原のソープで働き始めて2年程…。勇二さんの発言にも説得力を感じる…。

「いやいや、自分なんてまだまだ小僧です。ウチの店は良い会社なんで、男性スタッフの皆勤続年数が長いんですよ。十年選手がザラにいますから、いまだに怒られてます(笑)」

■吉原ソープ・勤務歴2年…現在のお給料は?

「1年目で月給33万円、2年目に主任になって月給36万円です。 その他に賞与年3回支給されます。 後は“大入り手当”なんかも貰えます。その金額は…秘密です(笑)」

今もまだ“寮”に住んでいるのだろうか。
「いや、1年半位で寮からは出ました。2年目からは3万円の家賃が発生するので…。 店の紹介で敷金とか礼金を無料にしてもらってこの近所に自分で部屋を借りました

勇二さんは照れ笑いをしながら小指を立てる。
「コレも出来ちゃったんで(笑)」

「寮といえば…今は面接の手伝いもしていて、入寮希望の新人男子が入社した時に、新しい布団セットの買い出しは自分が手伝ってますよ」

このように、吉原のソープランドで活路を見いだし、無事ネットカフェ難民から脱却した勇二さん。
今のところはとても順調そうである。

吉原に限らず、風俗業界では“女性コンパニオン”に高待遇な条件を提示するのは当然だが、近年では“男性スタッフ”にも給与面から福利厚生面に至るまで、一般企業を比べても見劣りしないような好待遇で募集をしているお店(会社)も多い。
勇二さんのケースも、まさにその通りであろう。

ネットカフェ暮らしで住所も無く、日雇い仕事を転々としていた男性を、家賃無料社員寮に入居させてくれる企業がどれだけあるだろうか…。

ともすると色眼鏡で見られがちな風俗業界ではあるが、昔から複雑な事情やトラブルを抱えた女性達や、貧困に苦しむ男性達の“駆け込み寺”の役割を果たしてきたことも事実であろう。
例えそれが一時的なモノであったとしても、行き場を無くした人々を“来る者を拒まず”といった度量の大きさで受け入れてくれる場所があるということが、今の世の中では重要なのではないだろうか。

そして、勇二さん。これからの目標は何なのだろうか。

「一番の目標は子供に会うこと。今まで何もしてあげてないから、何か買ってあげたいですね。 後は40歳頃までには自分の店を持ちたい…かな。いや風俗じゃないです、居酒屋とかですね。 そのためには、まずは貯金ですね」

2年前、“お金がない”という現実が、どれだけ人を追いつめ気持ちを荒廃させるものか、身をもって経験したからこその言葉であろう。

「ネットカフェ難民から抜け出して良かったこと? 2、3年後のことが考えられるようになったことですね。 半年後にはいくら貯金して…とか、後輩スタッフを育てて出世してやろう…とか(笑)。 結局、日雇い派遣とか期間工なんかの仕事のままで部屋なんて借りてたらヤバかったと思います。 速攻で追いつめられてたんじゃないですかね…。 やっぱり安定した仕事が第一歩でした」