風俗店・男性スタッフの勤務体系(労働時間・休日)について

■男の夜職=ナイトワーク専門のQ&Aサイト。

男性向け高収入求人サイト「ドカント」編集部では、「男の“夜職”相談室」という窓口をオープンして、風俗業界やキャバクラ業界、またホスト業界といった「夜職=ナイトワーク」についての質問や相談を受け付けて来た。※現在受付終了

様々な境遇におかれている男性達から日々届く、夜の業界に対する質問相談を、このコーナーでドカンター(読者)の皆様と共有していきたい。
求人活動の参考になれば幸いである。

夜職についての質問や相談に答えるスタッフ、相談員はこの2名…。

ドカント編集部:水谷(30歳男性・東京都出身)
フリーライター:サンチェ松嶋(48歳男性・広島県出身)

編集部員水谷は夜職経験もなく、風俗業界やキャバクラ業界などの知識は乏しいが、サンチェ松嶋は裏社会歓楽街などの怪しい(?)業界に精通した本企画ではとても頼りになる相談員である。
ちなみにサンチェの肩書きは「ライター」となっているが、彼の書いた文章を読んだ者は未だにいない…。

それでは、男性達から届いた“夜職”(ナイトワーク)への質問や相談に対して、業界素人の水谷と業界のセミプロ(?)サンチェの会話形式で進めていこう。

今回の相談内容は以下のようなものである。

■ご質問・ご相談

【タイトル】
勤務時間8時間、週休2日で働ける風俗店の仕事ってありますか?
お名前:さとし様
年 齢:28歳
住 所:東京都
【内容】
初めまして。 僕は最近まで製造業の会社で働いていたのですが、給料が安くサービス残業が多いのに嫌気が差して退職しました。
そして今転職をしようと就職活動中なのですが、求人サイトで風俗店の男性スタッフの求人を見て、給料が「初任給28万円」や、高額な店では「月給30万円スタート」など、とても高収入なことに目を奪われました。しかしそれら風俗店の求人情報を見ると、勤務時間が「1日12時間」と長く、休日も「週休1日」と少ないことがわかりました。

また、掲示板や質問サイトを覗いてみると、風俗店では求人情報に記された勤務時間に加えて「サービス残業」が課される場合も多く、1日16~18時間労働で、休みが月に2、3日、みたいな書き込みもあり、すっかり尻込みしてしまいました。

“高収入”なのはとても魅力的なんですが、それと同じくらいに仕事以外の時間、「自分のための時間」を大切にしたいと思っています。

という訳で、風俗店の中にも、勤務時間(実働時間)8時間週休2日制、といった勤務体系で働けるお店があるのか教えてもらいたいです。

サンチェ「これは“ワーク・ライフ・バランス”重視の若者からの相談だな」
水谷「ワーク・ライフ?何ですかそれ?」「そんな事も知らんのか? “ワーク・ライフ・バランス”とは“仕事と生活の調和”のこと。 要するに、“仕事が生活を犠牲にしてはならない”という考え方とでも言えばいいかな。 我が国においては、長時間労働の是正とともに語られることが多いなぁ…」
「ほえー」

「ほら、政府が最近よく“働き方改革”とか言っとるじゃろ…」
「ああ、働き方改革…それぐらいは…」

「最近の若者は“出世欲が無い”って言うからなぁ。 その理由もまた、ワーク・ライフ・バランスらしいんだよ。 それに出世して“責任が増える”のも嫌なんだってなぁ。時代も変わるもんじゃのう」
「そうですよね、僕も“出世欲”なんてこれっぽっちもないです…。 そっか僕も知らない間にワーク・ライフ・バランスを実践していたってことか…」

「水谷君も最近の若者か…しかし君の場合は“仕事と生活の調和”というよりも、休みは競馬ばかりしてるし、ただ自堕落に楽をして生きたいだけじゃろ?」

■風俗店の男性スタッフはホントに高収入?

「図星…。閑話休題! 今回の相談の大前提である“風俗店の男性スタッフは高収入”って言うのは間違いないですよね? ドカントなどの求人サイトを見ると、月給28万円とか30万円スタートになっているお店が多いみたいですけど」

「ああ、それは間違いない。だいたい風俗店のスタッフの初任給はそれぐらいだな。中でも東京を始めとする大都市圏はもともと給料が高めだし、今は業界全体で深刻な人手不足だから、店側は給料を上げてでも良い人材を確保しようとしてるのー」
「風俗業界は人手不足なんですか?」

「今時は風俗業界に限らず、どの業界でも人手不足で頭を悩ませとるわな…」
「ほえー」

「風俗業界には、そこかしこに“一獲千金”のチャンスが転がってるんだがなー。 一昔前はそんなチャンスを掴もうとハングリー精神溢れた活きのいい若者が飛び込んで来たもんだが…最近はすっかり大人しい子が増えてしまって、募集をかけてもなかなか集まらないんだなー」

■幹部候補は月給50万円以上!店長は年収1千万円!?

「そう言われてみると、自分の周りにも、そんなガツガツした奴っていないかも…。でも風俗業界って、そんなに一獲千金のチャンスがあるんですか?」

「風俗業界ってのは男性スタッフの入れ替わりが早いから。 早ければ、入店して3ヵ月で“主任”の役職が付いて給料が3万円ベースアップする。 その後“幹部候補”になれば、基本給50万円売上歩合、そして“店長”ともなれば、歩合率も高くなるから月収100万円超えたりするから、年収1千万円も現実的じゃ!」
「ほえー年収1千万」

「年齢や学歴、職歴なんかも一切不問でこれだけ高収入を稼げる仕事は中々ないだろう…。 まあ、もちろん店長まで成り上がるには相応に頑張らなきゃならんし、スタッフをまとめる統率力人望も必要だがな」

■勤務時間8時間、週休2日の風俗ワークはホントにある?

「相談者が希望してる、勤務時間8時間で週休2日で働ける風俗店ってホントにあるんですか?」
「水谷君、これを見てくれ…」

サンチェは水谷のデスクのパソコンを操作し、ある風俗店の求人情報が表示させた。

【都内・某デリヘルグループの男性スタッフ求人情報】
<職種>
正社員:店舗スタッフ
<給料>
月給28万円~
<勤務時間>
9時~翌9時の間で3交代制(1日実働8時間)
<休日>
完全週休2日制

「あるじゃないですか、8時間労働&週休2日」

「最近ではこういった勤務体系が風俗業界でも増えてきてるんだわ」
「それって働く側からすると良いことだけど、お店側は負担が増えるんじゃないですか? スタッフの労働時間が減るのに給料が減らないんだったら…」

「そりゃそうなんだけど、風俗業界の人手不足は深刻じゃからなー。 女性キャストがたくさん居ても男性スタッフが居ないと実際に店は回らんから、店にとっては多少負担が増しても、それで男性スタッフが集まって定着してくれるなら、長い目で見るとプラスになるというワケだなー」

■“ブラック”風俗店ってあるの…!?

「相談者が質問サイトで見つけたような、サービス残業を課されて長時間労働、みたいな“ブラック”な風俗店もあるんですか?」

「う~ん、そんな待遇の店もあるだろうが…しかし今時そんな事をしていたらすぐに男性スタッフも逃げ出すから、少なくなってきてるとは思うが…」
「そんな“ブラック風俗店”を見分ける方法ってあるんですか?」

「面接で“勤務時間”“休日”“残業の有無”など、条件面をしっかり確認すること。それでも入社して条件が違っていたら、そんな店はすぐに辞めるべし!

「そんな乱暴な…」
「いやいや、ちゃんとしている店の方がずっと多いんじゃから迷わず次の店に行くべし!」

■社会保険完備の風俗店もあり!

「さっき見た都内デリヘルグループの求人情報ですけど、その待遇欄も充実してますね」

<待遇>
・交通費全額支給
・日払い制度あり
・社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)完備
・ワンルームマンション寮完備・即入居可能
・インセンティブ制度あり
・各種手当あり(住宅手当・家族手当)
・独立支援制度あり

「まあ、充実はしてるけど今はこれぐらい普通だわ」
「そうなんですか?風俗店でも社会保険に加入できるんですね」

「そうそう、大手を中心に社会保険完備のところも増えとるね」
「しかし、こうなるとブラックどころか“ホワイト企業”ですね」

「男性スタッフに長く働いてもらいたいからな…。 風俗業界って何かとブラックで、いわくつきの業界だと思われている節があるから、それを払拭するためにもクリーンな労働環境を作らないといけないんだ」
「この中にある、インセンティブ制度って何ですか?」

「店の売上目標が達成された時に貰えるボーナスのこと。ええと、この店は、月間の売上目標が達成されたら3万円支給しとるわ…」
「目標達成で月給28万円と合わせて合計31万円か。 こりゃあチャレンジしてみようかな…」

「いやいや、君は編集部の仕事があるじゃろ」

■ご質問・ご相談に対する回答

【 タイトル】
勤務時間8時間、週休2日で働ける風俗店の仕事ってありますか?
お名前:さとし様
年 齢:28歳
住 所:東京都
【回答】
この度ご質問を頂きました件、さとし様がご指摘の通り、男性スタッフの募集条件で、勤務時間12時間・週休1日といった風俗店がまだまだ多いのも事実ですが、近年では、勤務時間(実働)8時間・週休2日制で勤務可能な風俗店も増えてきていますので、求人情報サイトで探してみてください。

また、残業による長時間労働、サービス残業の強要に対する懸念についてですが、残念ながら風俗業界でも未だそのような“ブラック”な待遇の店舗が一部存在していることも事実です。

そのような店舗での勤務を未然に防ぐために、面接では勤務時間休日残業の有無などの条件面をしっかり確認するようにして下さい。

それでも不幸にも“ブラック風俗店”に入社してしまった場合は、すぐに辞めてください
今ではそのような“ブラック店”は少なくなっているので、すぐにご希望の職場が見つかるはずです。

近年の風俗業界では、勤務時間や休日以外でも、社会保険完備、インセンティブ・各種手当の支給など、待遇面が格段に向上しています。

その理由は、「ワーク・ライフ・バランス」(仕事と生活の調和)に重きを置く方が増えており、政府も「働き方改革」でその動きを後押ししているからです。

それでは、さとし様がご自身のワーク・ライフ・バランスに合った、理想の就職先に出会われることを願っております。
また何かご質問やご相談などございましたらお気軽にご連絡下さい。

男の夜職相談室・運営より