こんなお店で働いてはダメ!違法・悪質風俗店の見分け方!!

こんなお店で働いてはダメ!違法・悪質風俗店の見分け方!! 男性高収入求人ドカント

■違法風俗店・悪質風俗店は存在します!!

高収入の代表的な仕事の一つ、風俗店の男性スタッフは未経験でも月給30万円スタート、店長になれば年収1千万円を稼ぐことも夢ではありません。

しかし中には少ないながらも、違法行為を働いていたり、悪質な風俗店も存在しており、そのような店舗を仕事先として選んでしまうと劣悪な条件で働かされたり、場合によっては警察の取り調べを受けるといった事にもなりかねません。

そこで、今回は“こんなお店で働いてはダメ!”という主旨で、“違法・悪質”風俗店の見分け方を紹介します。

■「風営法」の届出を行っていない!

デリバリーヘルス、ソープランド、ファッションヘルス、etc…。
風俗店は、「風営法」(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の規制下にあり、それぞれ各都道府県の公安委員会に「届出」(性風俗関連特殊営業の届出)を行っています。

その届出を行っていないお店は「無届店」として摘発の対象となり、経営者はもちろんですが、従業員も逮捕や取り調べの憂き目に合います。

そんな違法無届店を見分ける方法は…、店舗で「届出確認書」を確認することです。
何故なら、風営法により届出確認書は営業所内の見やすい場所に掲示されることが義務付けられているからです。

届出確認書を探しても見つからない場合は、例え店長がどのように言い繕おうが違法無届店である可能性が非常に高くなりますので、しっかりチェックしましょう。
「風営法」の届出を行っていない! 男性高収入求人ドカント


■違法行為を行っている!

風営法の元で届出を行っている風俗店でも、違法行為を行っていればいずれ摘発されることになります。
そのようなお店で従業員として働くことは絶対に避けなければなりません。
違法行為の代表例は以下のようなものです。

●18歳未満の未成年を働かせている!

風俗店は18歳未満の未成年が利用することは出来ません。
また、店舗が18歳未満の女性や男性スタッフを雇用することも禁じられています。

たとえ風営法の届出店であっても、そのような原則に従わないお店はもちろん摘発の対象になります。
また雇用の際にしっかりとした「年齢チェック」を行わず、結果的に18歳未満の人材を雇用していた店舗についても違法行為と見なされます。

●客引き(キャッチ)をしている!

風俗店において、客引き行為(キャッチとも呼ばれる)は風営法や迷惑防止条例で禁止されています。
よって、店先や路上で客引きを行っているお店は違法店に他なりません。

そのような店舗に勤務して店長や上司の指示のもと客引き行為を行っていると、お店だけでなく客引きを行っていた従業員も逮捕されてしまいます。

ではどこまでが客引き行為に該当するのか?と疑問に思われる方もいるでしょう。
客引き行為とは…簡単に説明すると以下のような行いです。
“道路などの公共の場で、特定の人に対して、立ちふさがったり付きまとったりして、お店に誘う行為”

したがって、店先などで『いらっしゃいませ』などと不特定の人に対して声掛けをするような「呼び込み」は、客引き行為に該当しません。

また、公共の場で女性に風俗業の仕事に勧誘する「スカウト行為」も禁じられています。
客引き(キャッチ)をしている! 男性高収入求人ドカント

●「ぼったくり」を行っている!

男性客に不当な高額料金を請求する「ぼったくり」行為を行っているお店も、いわゆる「ぼったくり防止条例」などにより摘発の対象となります。

そんな行為を行っているお店では、当然のことながら店側と男性利用者側で不穏なやり取りが常に起きています。そのような違法店は避けなければなりません。

例えば、基本料金を安く設定しているが、風俗嬢が服を脱ぐ、マッサージをする、等々細かな行為で都度1万円などの高額な追加料金を請求する、いわゆる「タケノコ剥ぎ」の手口は有名である。

また最近では、先述した客引き(キャッチ)が道行く男性に『AV女優と遊べる』などと声を掛けレンタルルームに誘い込み、実際には似ても似つかぬ女性を派遣し『キャンセルするなら10万円払え』などと脅迫するような悪質な手口も増えているという。
「ぼったくり」を行っている! 男性高収入求人ドカント

●違法労働を強要される!

従業員に労働基準法に反した違法で過酷な労働を課す風俗店も避けるべき悪質店の一つです。
例えば、労働基準法では以下のように定めています。
“雇用主は最低でも毎週1日、もしくは4週間を通じて4日以上の休日を従業員に与える義務がある”

したがって、週に1日も休みがなく、ましてや休日手当といった割増手当もないようなお店は明らかに違法・悪質店です。
そんな店舗で休日もなく長時間働いていると、風俗店における「高収入」というメリットも失われてしまいます。
違法労働を強要される! 男性高収入求人ドカント


■違法・悪質風俗店を避けるためには!

高収入を夢見て風俗店で働き始めてみたものの、そこが違法な行為を行う悪質店であった場合、過酷な条件での労働を強いられたり、警察からの摘発対象になってしまう…なんて事態になりかねません。

よって仕事を探す際には、そんな違法・悪質店を選ばないことが何より重要となります。

その一番の方法は、「ドカント」などの求人情報サイトで仕事を探すことです。

ドカントでは、風俗店の求人情報を掲載する際に「届出済確認書」の提出を必須としています。
※「届出済確認書」とは、性風俗関連特殊営業の届出を行った店舗に公安委員会より交付される書類。

そのため、違法な無届店はその時点で排除されることになります。
また、応募先の店舗が違法営業を行っていたり、掲載されていた内容と実際の勤務条件が違っていた場合は、ユーザーの通報によって該当店舗に勧告が行われ、問題があれば掲載を停止するといったチェック機能もあります。

■それでも悪質風俗店で働いてしまった時の対処法!

しかし、それでも不幸なことに働き始めた風俗店が違法行為を行う悪質店だったら…。

その時の対処法、それはズバリ、すぐに辞めることです。

通常、仕事を辞める際には、その旨を意地表示する予告期間が法律上定められており、契約期間が定められていない場合は2週間前と定められています。
また会社側が就業規則で予告期間を定めていることもあり、その場合は1~3カ月前といったケースが多くなっています。

しかし、運悪く予告期間の間にその悪質店が摘発され、従業員にも被害が及ぶかもしれません。
また、その期間に過酷な労働で体を壊してしまうかもしれません。

店側から、あの手この手で引き止められることも多いですが、相手は違法・悪質店ですから、気に病む必要は全くありません。速やかに退職しましょう。

最後に、ほとんどの風俗店は法律順守の上、健全に運営されています。
一部の違法・悪質店に関わることなく、高収入ライフを満喫して下さい!