【夜の仕事人インタビュー】大阪の風俗店・男性店長の仕事・高校中退マンヘルブーム!編

大阪の風俗店・男性店長の仕事
【夜の仕事人インタビュー】

■岩田徹也氏(43歳)の場合。

『やっぱりイカつい人じゃないか…』
待ち合わせの店に入ってきたその男性を見て、まず思ったのはそれだ。
知人の風俗ライターから、「大阪風俗の生き字引(じびき)みたいな人」といって紹介を受けた男性、岩田徹也氏、43歳。待ち合わせ場所は、大阪“ミナミ”宗右衛門町の片隅にあるチェーン店の焼鳥屋である。
岩田氏は、鮮やかなブルーとイエローが織り込まれた派手なセーターに、ツータックの黒スラックスという出で立ちでやって来た。
体型は小太り、髪型は“アイパー”というのだろうか、細かいウェーブのかかったオールバックスタイル。
口髭を生やしたその姿は堂々としたもので、道ですれ違ったら間違いなく避けて通るタイプの方だ。「全然ヤバくないよ、メッチャ面白い人だから」
知人ライターはそう言っていたが、まるで“カタギ”には見えないじゃないか…。
私が大変な取材になる予感に身を強ばらせていると…。

「スンマヘ~ン、お待たせしました?岩田ですぅ~」
その猛々しい風体からは想像できない、カン高い猫なで声で挨拶をされた。

「しかし、ボクの身の上話を聞きたいなんて、兄さんも酔狂な人でんな~」
「は、はぁ、ヨ、よろしくねがいシャス…」
一人称は“ボク”なんだ…。あまりのギャップに肩すかしを喰らい上手く返事ができないでいると…。

「ココの払いは兄さん持ちで、ええんでっか~?」
人懐っこい満面の笑みで岩田氏は続けた。

もとより、取材のギャラも満足に払えない身上である。この店の支払いはこちらで持つつもりでいたのだが、さすが関西人、しっかりしてるな~と妙に感心しながら、首を縦に何度も振った。
すると岩田氏は、今度は目がなくなるほどにニカッっと笑い「お願いしま~す!」と高音ボイスで店員を呼ぶ。

「ええっとなあ、まず枝豆やろ、それにネギま、砂ズリ、ハツに軟骨、それに月見つくね、あっ、このサラダもな、それとメガハイボール。ホレ、兄さんも遠慮するなや、ってソッチの奢りか!ハッハッハツ」

コッテコテの関西人といったところか…。
こう(?)見えても、彼は大阪市内を中心に複数の店舗を運営しているデリバリーヘルスのグループで店長職に就いている。

「あっ、メガハイボール、おかわりね~♪」

いやいや、そのイカつい風貌に人懐っこい笑顔、時折見せる押しの強さにハイトーンな猫なで声…。
なかなか一筋縄ではいかない男と見た。

■札付きの“ワル”だった少年時代…。15の夜ならぬ、19の夏。

岩田氏は大阪生まれの大阪育ち、ではなくお隣の兵庫県尼崎市の出身である。
まあしかし、隣の県とはいっても阪神尼崎駅から大阪・キタの梅田駅までは淀川を跨いで電車で10分足らず、“ほぼ”大阪のようなものだ。
岩田少年はその地ですくすくと育ち、地元の工業高校に進学する。
その当時、巷では映画の『ビー・バップ・ハイスクール』が大人気、流行に乗り遅れまいと岩田少年もリーゼント、短ランにボンタンで決めて街を練り歩き、タイマン、カツアゲを繰り返す毎日を送り、入学から1年余りの間に何度かの補導を経た後、晴れて退学と相成った。

「いやぁ、あの頃は我ながら悪かったねぇ…。まあ、それは周りも同じで、学校にもマトモな恰好しとる奴なんかおらんかった。仲間とつるんで街を肩で風切って歩いて、他校の奴と鉢合わせしたら『何メンチ切っとんじゃあ!』ってケンカが始まるんですわ。ホンマにひどいもんやったわ」

三杯目のメガハイボールをグイグイ煽りながら当時を回顧する岩田氏。
高校中退後は、時を前後して同じく中退した仲間とつるみながら、地元で怠惰な日々を送ったという。

「バイトなんかする気もないし、カツアゲやら家の金を盗んだりやらで小銭をせしめては、パチンコやゲーム喫茶なんかに入り浸ってね…。そんな暮らしを2年も続けると、さすがに金も尽きるし退屈してきてね」
※注…ゲーム喫茶はゲームセンターではない。非合法な大人のゲームセンターのこと。

そして今から24年前、19歳の夏に転機が訪れる。

「あの日は暑い日やったから、朝から仲間と喫茶店に入り浸っててなぁ。何しろヒマやから置いてあるスポーツ新聞を片っ端から開いてなぁ。それもやり尽くしてもうて、最後にこれまで見てなかったページ、求人広告やらが入った広告ページをぼんやり眺めてたら、見つけたんや…」

そこで目にしたのは風俗店が男性スタッフを募集する三行広告だったという。

■『高給・日払い可・大国町・風俗店・男性従業員急募』

「内容はこのぐらいのもんやったなぁ。なんせ三行広告やから」

しかし岩田氏は“ピィーンと来た”という。

「風俗店での仕事やから土方よりは楽やろうし、その頃の風俗店なんて今よりもっとウサン臭い場所やと思われとったから、その分給料はええやろう。いわゆるハイリスク・ハイリターンってやつやな」

岩田氏は喫茶店に居合わせた仲間たちに一緒に働こうと誘ってみた。が、彼らの反応は冷めたものだったという。

「『風俗店なんかどうせ裏ではヤクザが糸引いとる』とか『そんな所に入ったら一生抜けられへん』とか言うて腰が引けてもうててな。皆いつもは『ヒマやから強盗でもやったろか』なんて大層ガラ悪いこと言ってる癖に、根はビビリやってん。ボクは鼻で笑って喫茶店のピンク電話から、その風俗店に電話したったわ」

■大阪“大国町”の風俗店でアルバイトをスタート!短期バイトのつもりが…。

――その当時の大国町の風俗店というと、ひょっとして大阪で一世を風靡した“マンヘル”(マンションヘルスの略)ですか?
「そや、マンヘルや、よう知っとるね。あの頃は大国町や新大阪、日本橋あたりに仰山あったんや」
※注…マンヘルとは、マンションの一室を受付所にして、同じ建物内に借りている複数の部屋をプレイルームとして利用する風俗店のこと。

――何故大阪ではそんなにマンヘルが流行ったんですか?
「その時の社長から聞いたことがあんねんけど、バブルが弾けた後、大阪の中心地近くのマンションにも空き部屋が目立つようになってな、それを利用する形でマンヘルが増えたっちゅうこっちゃ。
いくら不景気になっても人間、性欲はなかなか抑えられへんからなぁ。
やけどその頃は、風営法に則って風俗店を新規オープンするのが難しかったのも要因やったと思うで。今でいうデリヘルも非合法やったからなぁ…」

――ってことはマンヘルって非合法だったんですか?
「非合法も非合法、完全(風営法)無届け営業やったで。
でもあの頃は、東京も無届けの性感ヘルスやイメージクラブが溢れとったんや。歌舞伎町や渋谷なんかの繁華街に堂々と立派な電飾看板まで掲げてな…。
それに比べりゃボクらなんてマンションでひっそりと看板も出さず営業しとってんから。奥ゆかしいもんやろ」

――奥ゆかしいかどうかはともかく、マンヘルの仕事内容ってどんな感じだったんですか?
「仕事内容は、今のホテヘル(ホテルヘルス)に似てるかな。
まずは受付でお客さんの電話応対。受付言うてもマンションの一室で看板も出してへんから、新規のお客は絶対に来られへんやろ。まずはお客を受付に誘導せなあかん。
で、お客が来たらその応対や。お店のシステムの説明、女の子の写真をデスクに並べて指名があるかの確認、料金の受け取り。それが終わったら、お客にマンションの部屋番号を伝えて、そこに行ってもらうと。
マンヘルの場合は受付同様、プレイルームも店が契約してるマンションの一室で、そこに女の子が待機しとるっちゅうスタイルやからな。そこは、お客と女の子が一緒にホテルへ行くホテヘルとの違いやな」

――なるほど、電話応対に接客ですね。それ以外の業務は?
「女の子のシフト管理に清掃、そんなもんかな。まあ今と比べたら呑気なもんやったで。
なんせ、まだインターネットが発達してへんかったからな。あの頃からホームページはあるにはあったけど、今みたいに専属のスタッフを付けるまでして情報や画像をアップせなアカン時代やあらへんかったからな」

――その仕事の内容で給料はどれくらい貰ってたんですか?
「最初は、アルバイトで日給1万円の取っ払い。日払いなのは嬉しかったね。
で、週に5~6日で働いてたから、月給20~25万円は貰ってたな。あの不景気の時代、高校中退で二十歳前のヤンキーには、なかなか稼げん金額やったわな」

――アルバイトとしては今でも高収入ですね。その後もずっとマンヘルでアルバイトを?
「短期バイトのつもりで始めた仕事やってんけどな。給料が良かったからそのまま続けてたら、途中から正社員みたいな待遇になった。
とはいえ、非合法な店だし保険なんかも一切なかったから、正社員に採用された、というより、待遇が良くなった、って感じやな。
まぁでも、それからは月給30万円は超えるようになったし、“マンヘルブーム”で店はずっと盛況やったからボーナスも貰えるようになってな。地元の仲間内では一番稼いどったんちゃうかな…。いや、ちゃうな、闇金の奴等の方が稼いどったか…」

――でもマンヘルのブームって、“摘発”で終わってしまうんですよね…。
「そうや、そらもう全部摘発や!マンヘルブームはあっさり終了してもうたわ…」

――摘発のきっかけとか何があったんですか?
「確か2000年頃から住民の反対運動やデモなんかが起こってな。警察もこれはマズイと動いたやろな」

――そこから浄化作戦が始まったと…。
「そうや。ボクはその頃、現場を任されるようになってて、月給50万円を越えとったからな。
なんで人の職場を奪おうとしとるんじゃ…なんて憤慨もしたけどな。
しかしマンヘル全盛期の頃は、大国町なんかだと、建物の部屋全部が風俗店の受付かプレイルームになってるマンションまであって、さすがにこれはヤバいやろと思っとったからな。あれはまぁ、しゃあないわ」

岩田氏が勤務していたマンヘルは摘発の嵐が吹き荒れる中、しぶとく持ちこたえたが2002年、ついに摘発される。そして店はそのまま廃業、岩田氏は失業の身と相成った。