【夜の仕事人インタビュー】借金300万から年収900万へ逆転!風俗店勤務 川島氏の場合

風俗店勤務 川島氏の場合

一見、不動産屋の営業マンのような風体だと思った。根拠はない。
キレイに刈り上げた七・三分け。今時の細身のスーツを身にまとっている。
細く仕上げた眉毛と鋭い眼光に一瞬たじろぐ。

34歳だという。
行きつけの飲み屋の知人の紹介で話を聞かせてもらうこととなった。
川島秀人(仮名)氏。

面と向かうと礼儀正しく身支度を整えようとする。
体にフィットし過ぎたジャケットのボタンがしまるのか心配になる。
そんな視線に気付いたのか

「最近太っちゃったんですよ、仕事が楽になったからかな」

と笑う。
笑うと急に子供っぽい顔になる。

──えっ、仕事って楽なんですか?
「いやいや(笑)全然楽じゃないです。むしろ大変になってます。 ただ前より肉体的な負担は少なくなりましたね。 お店に入ったばかりの頃は、長時間労働や店舗間を走り回ったりとか、掃除に階段の上り下り。ずっと筋肉痛でしたよ。 今は従業員の管理とか女の子に対する気づかいとか…、どちらかというと心労が多いですね。 だからどうしても仕事終わりに一杯飲んじゃう(笑)みたいな」

彼は現在、横浜にある某店舗型ヘルスの従業員である。
店長クラスのポジションに就いている。

──「店長」って結構偉いポジションですよね?
「いやいや、店長なんて名ばかりですよ。 まあイチ店舗の男子従業員のリーダー的役割ですね。 売上管理からシフトの調整なんかを担当してます…。 ウチはグループ店ですから、もちろんオーナーや何店舗かを統括する上司もいます。完全な中間管理職です」

──働いてどのくらいで店長に?
「ちょうどこの会社(お店)に入って5年目ですけど、店長になったのは3年過ぎた頃だったかな。 ウチのグループでは全然出世は遅いです(笑)。 出来る奴は1年から2年位で店長ですから。 自分、仕事覚えるのが遅いんで…」

「イヤ、自分ホント、ロクなモンじゃなかったから…」

彼はそう呟くと昔話を語ってくれた…。

「あー底辺だなぁ…」って真剣に思いましたね。

川島さんは岩手県の某工業高校を卒業後、上京する。
西東京市の激安アパートに居を構え、夢の東京生活をスタートした。
フリーターとして昼夜を問わず数々のバイトを掛け持ちし食いつないだ。
居酒屋厨房、食品メーカーのライン工、飲み屋のティッシュ配り…。

「誰も知り合いがいなかったから、必死でしたね」
その後、バイト先で知り合った友人と中野区で同居を始める。
派遣でバイトを始めた。
その頃TVでは派遣会社のCMが常に流れていた。

さしたる資格や経験を持たない彼が選べた仕事は、土方仕事引っ越し屋倉庫作業など…、いわゆる体力系の仕事である。

中でも「ピッキング」といわれる倉庫でのバイトはきつかった。
仕事内容は、荷物の仕分けや指定の場所へ荷物を詰め込むだけ。
それだけなのだが、ベルトコンベアから荷物がガンガン流れてくる。
取り損ねたり付いていけないと厳しく怒られるので必死に作業をする。

求人誌には「軽作業」なんて書いてあるが全然軽くない
立ちっぱなしで運びっぱなし。
時給1,000円9時間労働、20分休憩が3回。ヘトヘトになっても一日の収入は日給1万円にも満たない。
しかも日雇いバイトには交通費すら支給されない
夜勤でもフル回転で頑張っても、手取りの給与は17万から18万円程度。
家賃と食費でそのほとんどは消えていく。

「あー、底辺だなぁ、田舎帰ろうかなぁって真剣に思いましたね」

その頃、同居していた友人は、キャバクラで働き始める。
いわゆるボーイの仕事である。
川島さんは朝から晩まで仕事をし、部屋に帰る頃に友人が出勤をする日々が続く。

「ソイツとは結構一緒にいたから何となく分かるんスよね、 あっコイツ結構稼いでるなって」
夜の世界で働く友人はボーイとはいえ、日に日に生活が変わってくる。
ワイシャツ、ジャケット、ネクタイ、時計にピアス…。
洋服や靴は増え、見たことのない装飾品を身につけている。
仕事終わりにはお店の先輩に「勉強」と称してキャバクラに連れて行ってもらったりしている。

「あー、やっぱ水商売って儲かるんだなぁと思いましたね。 もちろんボーイの仕事も本当にキツいと思いますよ、身も心も。 だけどこっちは、9時から夜6時まで立ちっぱなしで荷物運んで、月収18万円ですよ。 3ヶ月位経つとソイツの給与は月給28万円とかになってるんですよ。 夕方4時から深夜1時まで働いて、俺と労働時間変わらないのに!」

その友人から「一緒に働こう」と誘われていた。
しかしキャバクラに行ったことなどなかった川島氏、ましてや酔客への対応だとか、女の子と一緒に働くイメージが全く湧かず、その世界には中々踏み込めなかった。

「そしたらソイツが『デリヘルだったら大丈夫じゃね?』って」

友人曰く「デリヘルは基本的にお客と直接会うわけではない」また「女の子とのカラミも店舗型よりは少ない」からお前にも出来るだろ、と。
そして友人の働くキャバクラの常連客である、デリヘル店の経営者を紹介してもらった。
そのお店、新宿のデリヘルで川島氏の風俗店勤務はスタートする。
25歳だった。
風俗遊びといえば、地方の激安ソープに行ったことがあるくらいである。

デリヘルで垣間見た社会…。

──そのデリヘルはどんなお店でしたか?
「その店は有名ではなかったけど、割とデカい規模の店でしたね。 男子(従業員)も17、18人程いたし。 ひとつの集合マンションに事務所電話受付部屋女子待機部屋が5、6部屋あって、
店名も30~40コくらいあったと思う。 働いてる女の子は、ほとんど自分より年上でした、いわゆる人妻系みたいな。 まぁ、大きな声では言えないけど、ちょっと怪しげな雰囲気でしたね(笑)」

──仕事の内容はどんな感じでしたか?
「友人が言っていたように基本的には電話応対が主な仕事だし、(自宅出張ではなく)ホテル出張をメインで回してたから、女の子の送り(送迎)とかも少なかったし、割と楽でしたね。 いや、ピッキングと比べたら天国でしたよ。これぞ軽作業みたいな(笑)。 給料も日払いでもらえたし、昼から翌朝までの営業だったんで、労働時間が長いのが大変だった位ですね。 夜勤だ残業なんて関係なく12時間労働とかはザラでしたから」

──給料の方は?
半年程でそこそこ電話応対とかがサマになって来ると、給料も上がります。月給30万円とか40万円程とか」

──じゃあ生活は全然楽になりますね。
「いや(笑)そうなると、遊びを覚えちゃうんですよねぇ…。 悪い仲間っていうか、店で働いてる先輩達がまたイケない人ばっかで…。 毎日飲みに行っちゃいましたねぇ。 キャバクラとかガールズバーとか夜遊び覚えちゃって、賭け事とかもね…。 もう、日払い分をその日に全額使う生活に突入してましたね」

──飲む、打つ、買う、ですか?
「そうそう(笑)、ギャンブル好きなオッサンも多かったので、ソッチにも結構突っ込みましたね。 競馬、パチンコ、パチスロ…。中でもパチスロにドはまりしちゃって、暇さえあればスロ通いしてましたね」

当然、そうなってくると持ち金では追い付かなくなる。
川島さんはその頃に消費者金融サラ金からの借金も始めてしまう。

闇スロ(非合法に営業をしているスロット店)にまで通ってましたね、絶対勝てないのに」

前職より倍以上も稼いでいるはずなのに、貯金どころか借金が増えていく。
28歳だった。
借金は300万円にふくれ上がる。
月々の返済額も10万円を超えていた。

借金、そして決断。

「とにかくギャンブルは辞めようと固く誓うんだけど仕事終わりに誘われると、あの興奮がブリ返してやっぱり打っちゃう」

──ちょっと中毒的な…。
「あーこりゃヤバイわって思うんスよね、いつも朝方に…。 その頃はもう家賃の支払いも滞るようになってきて、大家からアパートを『更新しません』みたいな書面が届いて…。こりゃもう3ヵ月後には住む家がなくなるわって…」

──結構どん底な状況ですね?
「こんな事言ったら本当に失礼なんですけど…。 そのデリヘル店の先輩で『村ちゃん』って呼ばれてたオッサンがいたんだけど、飲み仲間でスロ仲間だったから、自分の事情を知って『ウチに来てもいいよ』って言ってくれたんすよね。 でもその家が超汚いんすよ(笑)ゴミ屋敷一歩手前ってか…。 多分、当時40歳位だったと思うんですけど、ずーっと風俗店一筋で仕事をしてきた人で…、空いた時間があれば酒飲んでスロットばっかしてる人でしたね、もちろん独身。 で、この人も借金まみれ。 俺と同じくその日暮らしの生活をしてましたね。 何かそれ見てたら、ここで生活を変えないと俺もこんなになってしまうなって…」

──村ちゃんには失礼ですけど、転機になったと…。
「ホント失礼千万すけど…」

そして、そのデリヘル店を辞める決断をし、生活を立て直す決意をした。

ここでなら「リスタート」できるかも…。

──そこでまた仕事探しが始まる?
「ドカント」見ましたよ(笑)。 まずは『寮あり求人』ばかり探しましたね。 とにかく借金生活から脱出したかったので『寮あり』が最低条件でしたね。 もちろん風俗業で探しました、やっぱ収入がデカいんで」

そして現在働いている、店舗型ヘルスにたどり着く。

──イメージ通りのお店でしたか?
「っていうか、こんな言い方変ですけど、面接の時はホントに『普通の』会社みたいでびっくりしました。 普通のテナントビルに事務所を構えていて、受付には女の子が座っていて、男子スタッフもパリッとしたスーツにネクタイで…。 ヤベーなこりゃって」

──俺の来るトコじゃないぞと(笑)
「でもここでなら自分の生活も立て直せるかもって思いましたね」

──この環境に馴染めたら自分も変われる、みたいな。
「そうですね。給与的には、1ヵ月目は日給8,000円寮費は2万円
週休1日、日払いは5千円まで。皆勤手当、通し手当、交通費支給。 2ヵ月目以降は月給25万円スタート、3ヵ月ごとに給与査定ありといった条件でした。 スタートは結構厳しい条件に思われるけど風俗業の給料は最初は低くても、半年程頑張ればすぐ上がることは知っていたんで気にしなかったですね」

──実際、働いてみてどうでした?
「前に働いていたデリヘルのイメージが強かったからかも知れないですけど、その当時はマンションの一室で、ひたすら顔の見えないお客さんと電話で向かい合ってる仕事だったから、男子従業員も何となく『裏稼業』みたいな雰囲気があったっていうか…」

──店舗型は違いましたか?
「自分の見解なんでアレですけど、店舗型のお店だと働いているスタッフも明るい人が多いんすよね、 その辺のサラリーマンと見分けがつかないような。
見た目の悪い自分が言うのもナンですけど(笑)。 お客さんや女の子と直接に面と向かって応対しますからね、当然身なりにも気を使わなければいけないし」

──受付がジャージ姿ってわけにはいかないですからね。
「前のデリヘルはジャージ勤務OKでしたよ(笑)。 そのままキャバクラなんかに行くと、女の子から『オレオレの人?』とか言われて…。 これ普通の社会人には分からない感覚だと思いますけど、今自分はスーツを着て仕事が出来てるのってのが嬉しいんですよね。 まぁ、今でも『オレオレの人?』って言われますけど(笑)」

──今のお給料っておいくら位なんですか?
「今は給与は月給60万~65万円位ですね。 店長クラスになると、売上歩合がつくので、その月の売上によって変動しますけど。 後は年二回賞与が支給されます。
これがだいたい月給よりちょい高い位ですかね」

──ってことは年収にすると?
年収800万~900万円とかっすかね。 すごい?いやまだまだです、もっと稼いでる奴いるんで(笑)」

とにかく「金を稼ぐ」と強く思うこと。

──順調にステップアップするコツは?
「やっぱこの業界ってお金は稼げるんですけど、仕事は大変なんで辞めてく奴は多いんですよ。 ぶっちゃけ人間関係とかも結構複雑だったりするんで(笑) 女の子からイジメられたりもしますから! だからまずは辞めないこと!覚悟を決めて3年勤めれば誰でも出世できます!」

──とにかく辞めるなと(笑)
「3年の間に上も下もポロポロと辞めてく人が多いんで…、残った者勝ち(笑)」

──借金は返せました?
「返しました、割とスグ。ハンパ無い利息でしたけど…。良い勉強になりました。 サラ金会社のカードは全部捨てましたけどね。 ギャンブルもキレイさっぱり辞めましたね。 そんなことしている時間がないってのもありますけど」

──働く会社選びにコツはある?
「こう言ったら『ドカント』的にアレですけど…。 自分もお店の広告を考えたりしてるんで思ってることは…、求人広告をデカく出してる会社を選ぶのが良いんじゃないですかね(笑)。 ぶっちゃけお金があるお店ってことですから。 モチロンそれだけ男子従業員を集めることに真剣ってことだと思いますしね」

──とにかくデカい求人広告に行けと(笑)
「でも会社選びに成功したところで稼げるとは限らないですね。 とにかく金を稼ぎたい!って強く思っている人は合っていると思います。 理不尽な仕事もお金に換算して生き残れますから。 休みが欲しい、楽して稼ぎたい、残業代欲しい…、とか考えてる人はやっぱり厳しいですね。続かないですよ。 最近では、すぐブラック企業やら何やら言われますけど、学歴や資格のない自分みたいな奴が、人並み以上に金を稼がせてもらおうと思ったら、違法な商売をするか、自分の時間を切り売りするしかないですよね」

──俺の時間をくれてやる!と。
「大卒で立派な資格を持ってる人と、自分みたいな奴に流れてる時間は平等じゃないですよ! 12時間労働がナンボのもんじゃい!って奴が成功する世界だと思います。 だからやっぱり体力勝負だし、2、3年間位の長期で働く意志がない人には向いてないですよ。 たまに『短期間だけ働きたい』なんて応募が来るけど、最初の給料は安いところが多いし、あまり意味がないですよね。 お店としても長期で使えるスタッフを幹部として育てたいと思ってやってますからね」

5年後の自分に向かって

──だいぶお金も貯まったのでは?
「貯金っすか?それは秘密でお願いします(笑)」

と、貯金額は教えてくれなかったが「この先の目標は?」の問いには…。

40歳までに2千万円貯金して、それを元手に地元で店でも開きたいですね、居酒屋とかダーツバーみたいな。 イヤ、女の子は使わないです、面倒なんで(笑)。 ウチの会社の上司だった人も、お店を辞めて居酒屋とか飲食店をオープンした人も結構いますし…。 やっぱ店は田舎に出したいですね、東京は疲れますよ。 だから後5年位は死ぬほど働かないと」

と饒舌に語ってくれた。
頭の中には自分の5年後の姿が具体的に描かれている様子である。
ついこの間までは将来に希望を見い出せず、破綻の一歩手前でうろついていた人間の顔つきには見えない。
何やら「自信」に満ちた顔つきと言ったら良いのだろうか…。

「それまでに嫁を見つけないといけないんで…」

と言い残して、川島さんはお気に入りの女性のいるカラオケスナックへと向かって行った。