風俗店の店長・幹部候補の仕事とは?給料や必要なスキルを公開!

風俗店の店長・幹部候補の仕事とは?給料や必要なスキルを公開!

“急募!店長・幹部候補”
男性向け高収入求人サイトで風俗店の求人情報をチェックすると、ほぼすべてのお店で“店長・幹部候補”といった職種で募集をしているのが分かる。

店長…、というのは文字通りその店舗の“運営責任者”のことである。
幹部候補…、というは将来的に店長を目指す“幹部スタッフ”、といった意味合いである。

しかし、残念ながら未経験の男性がすぐにその職種に就ける訳ではない。
まずは“店舗スタッフ”として入店後、昇格(出世)することによってこれらのポジションにたどり着くことが出来るのである。

それでは、店長や幹部候補(幹部スタッフ)は、一体どんな仕事をしているのだろうか?

1.店長・幹部候補の仕事は、風俗店の“司令塔”。

店長や幹部スタッフといっても、決して店の奥でふんぞり返っている訳ではない。

多くの場合、店長や幹部スタッフは、部下である店舗スタッフに運営の指示を出しつつ、自らも同様に現場の仕事をこなしている。
その上で、店長や幹部スタッフは、以下のような業務も併せて行っている。

2.店長・幹部候補の仕事内容

2-1.店長・幹部候補の仕事【男性スタッフ・女性キャストの管理】

店長や幹部スタッフは、自ら現場仕事を行いながら、男性スタッフや女性キャストをまとめていかなければならない。
男女スタッフの心がバラバラだと、お店のムードは決して盛り上がらない。
そのためには、男性スタッフや女性キャストとしっかりコミュニケーションを取ることが必要になる。

また、時には女性キャストの愚痴を聞く、といったケアも必要となってくる。
ことに女性キャストのモチベーションの管理は重要な仕事である。

風俗店のサービスは、お客様と女性キャストが“一対一”で提供されるビジネスである。
極限すると、サービス内容のクオリティは、女性キャストに一任されていると言える。
ゆえに、女性キャストの意識やモチベーションが低下していると、サービス内容の質が劣化し、お店にとっても大打撃となってしまう。

また、風俗店のサービスは、女性キャストにとって心身ともにハードな仕事である。
彼女たちの体調面や精神面の変化(不調)について、些細なことにも気に掛けて早い段階でケアをしていかなければならない。
一人でも多くの女性キャストに気持ちよく出勤してもらうのが、店舗責任者の努めである。

“デキる”店長や幹部スタッフは、各自の仕事の質を高め、やる気を引き出しながら、売上アップに繋げているのだ。

2-2.店長・幹部候補の仕事【新人スタッフの募集・面接】

男性スタッフ、女性キャストを募集する求人手配全般、及び面接業務も店長や幹部スタッフの仕事である。

特に女性キャストは風俗店の大事な“商品”であり、なかでも新人の入店はお店にとって大きな“売り”となる。
様々な求人サイトを使って常に募集をかける場合がほとんどで、その求人情報の掲載を広告代理店の営業マン等を通して行う。

そして電話やLINE、メール応募への返信を経て面接日が決まれば、そこからが腕の見せ所。
女性キャストの面接は大事な商品の“仕入れ”とも言うべき場である。
店長や幹部スタッフの最重要任務ともいえる。

女性キャストの面接が失敗に終われば、ライバル店に売上が流れてしまう事にもなりかねない。
また、お店に合わないタイプの女性の面接だったとしても、おざなりな態度で接してはいけない。
今や口コミサイトなどで、無礼な対応などは直ぐに晒されてしまうので要注意である。

女性のタイプに合わせてアプローチ方法を変えたりしながら、無事入店へと運ぶのが“デキる”店長や幹部スタッフの仕事である。

このように、店長や幹部スタッフは、煩雑な日常業務の中での急な面接にも丁寧に対応しなければならない。
男女共に、“人材が命”の業界なのだ。

2-3.店長・幹部候補の仕事【新人スタッフの教育】

新人男性スタッフ、新人女性キャストの教育も、店長や幹部候補の大事な仕事だ。

風俗店の男性スタッフは、“学歴・職歴・年齢等一切不問”で募集している場合がほとんどなので、採用のハードルが低い分、有象無象の雑多な人材が入店してくる。

そんな新人スタッフたちを、1日も早くお店の戦力として育て上げなければならない。

男性スタッフが育つ→スタッフにお店の基本運営を任せられる→店長や幹部スタッフはお店全体の業務や新規出店に集中できる→売上アップにつながる

男性スタッフの成長は、このような経営の好循環を生む事になるのだ。

また新人女性キャスト、なかでも風俗業界未経験の女性が抱えるストレスや不安感は相当なものだ。
親身になって彼女たちと接しながら、その不安を取り除いて仕事に集中してもらう環境作りも店長や幹部スタッフの大切な仕事となる。

2-4.店長・幹部候補の仕事【新企画の考案・情報発信】

群雄割拠の風俗業界で業績を伸ばしていくのは容易いことではない。

他店との差別化を図るため、新たなコースなどの発案やタイムリーなキャンペーンの企画を行い、ホームページやSNS、メルマガ等で情報発信をしていかなければならない。

また、それらの情報をより有効にリリースするためにも、風俗ポータルサイトや広告代理店の営業マンと折衝を行うことも重要な業務だ。

現在のインターネット社会では、いくら魅力的なお店でも、それがホームページでうまく表現されていなければ集客アップは難しい。
どのようにすればユーザーの目を引けるか、営業マンと打ち合わせを行い探っていく。
そうしていく中で、彼らから最新の業界動向など重要なヒントを得られるようになってくる。
そうした人脈の形成にも店長や幹部スタッフの実力が問われるのである。

3.店長・幹部候補はどれくらい稼げる?

ここまで、店長や幹部スタッフの仕事内容を読んで、皆さんはどう思われだろう?

日々の現場仕事に加えて、これらの仕事も行っていくことを考えると、
「なかなか大変な仕事だなぁ…」というのが、正直な感想ではないだろうか。

確かにその通り、店長や幹部スタッフはハードワークだ。
お店の業績に責任を持つ立場のため、時と場合によっては残業をしなければならないし、休日返上といったこともザラにある。
しかもデリヘルなどは、深夜から早朝にかけてまで営業をしている店舗も多い。
いつ何時、突発的にトラブルが起こっても店長や幹部スタッフは対応しなくてはならないのだ。

しかしその苦労は給料によって報われるのである。

まず、幹部スタッフの給料は、月給50万円以上
また売上に応じたインセンティブ(歩合給)の加算により、さらなる高収入も可能だ。

そして店長になると、インセンティブ(歩合給)の額はさらに増す。
月給100万円以上、年収1千万円以上を手に入れている人も珍しくない。

2店舗、3店舗を管轄する店長ともなると、その収入も2倍、3倍となるのである。
ハードな仕事である反面、一攫千金のチャンスでもあるのだ。

このように高収入を稼げる店長・幹部スタッフだが、そのポストに就くまで、店舗スタッフとして入店してから長い道のりがあるのかというと、決してそういう訳でもない。

店舗スタッフの入れ替わりは早く、業界的に年功序列といった制度も少ない。
いわゆる実力主義の世界なので、真面目に仕事をこなして“使える”スタッフと認められれば、トントン拍子で出世するケースは非常に多い。

その昇格するスピードは、お店や業種によって、また役職ポストの空きによっても変わってくるが、早ければ2~3年で店長や幹部スタッフになることも特別ではない。

ソープランドなど比較的長く営業をしている風俗店は、出世するスピードが緩やかであり、デリヘルなどの新規店は短期間で昇格しているような印象を筆者は持っている。

このように、店長・幹部スタッフの仕事は確かにハードだが、短期間で高収入を掴める可能性は高い。

4.店長・幹部候補に必要なものは?

風俗店は、個人対個人の身体的コミュニケーションを商品としているゆえに、“究極のサービス業”と言われている。
同じ水商売でも、キャバクラやガールズバーのように、お酒やトーク、お店の雰囲気などでごまかせない接客業なのである。

その究極のお店を仕切るためには…、
部下である男性スタッフや女性キャストに対して、またお客様に対しても、ニーズを読み取る“コミュニケーション能力”が絶対不可欠である。

●部下である男性スタッフに対して…。
お客様や女性キャストにとって、“リラックスできる清潔な環境”を作り、“お店での一時を気持ち良く過ごしてもらう”ことを心掛けるよう指導する
いくら美味しいラーメン屋さんでも、店内やトイレが汚かったら台無しなのである。

●商品である女性キャストに対して…。
“最善のモチベーション”をキープして気持ちよく仕事をしてもらえるように、日々のコミュニケーションを取っていくことが大切である。
一人でも多くの女性キャストに出勤してもらうように心掛ける。
女性キャストの“やる気”は、サービスの質に直結する。
心のこもったサービスはお客様に伝わり、リピーター(指名客)へとつながるのである。

●お客様に対して…。
お客様がお店に対して何を求めているかニーズを読み取る努力をすること。
例えば、お客様からのアンケートを回収する方法を考えてみる…。
男性スタッフが、プレイ後の慌ただしい中でお客様からアンケートを取るより、WEB上でアンケートに応じてもらったり(次回割引券を発行するなど)して、より正直な感想を引き出す工夫をしてみる…等々。

また、風俗サイトの広告営業マンなどとの情報交換からリサーチして流行を読み取ることも大切だ。
どんなお店のどのような企画が好評だったか、今はこんなお店に女性キャストが集まっている…等々。
自分のお店に活かせるならば、人材をフル活用して貪欲に吸収したい。

そして、こういった全方向へのコミュニケーション能力はもとより、店長や幹部スタッフに何よりも必要なモノは、“稼いでやる”というモチベーションであろう。

風俗店で働く男性スタッフも女性キャストも“稼ぎたい”ので働いているのである。
店長や幹部スタッフ自身が、日々誰よりも強く“稼ぎたい”という気持ちで動いていなければ、部下からも女性キャストからも信頼はされない。

また、他のお店よりも“稼いでやる”という気持ちがあれば、自ずとお客様の動向に敏感になれるというものである。

5.まとめ

“店長・幹部候補”は、業界未経験の男性がいきなり就けるポジションではなく、店舗スタッフとして経験を積み昇格して就くポストである。

その仕事内容は、現場の仕事もこなしながら、お店の“司令塔”として、店舗運営の高度かつ広範な業務も併せて行うことが多く、かなりハードなものとなる。

部下である男性スタッフや、お店の商品である女性キャスト、もちろんお客様に対しても最高な環境作りを心掛ける気配りやコミュニケーション能力が必要な仕事である。

しかしその分、収入は高額である。
幹部スタッフで月給50万円以上
店長に至ると月給100万円以上で年収1千万円以上を稼ぐことも可能である。

そして、そのポストに昇格するためには、必ずしも長い時間が必要な訳ではない。
ポストの空き次第では2~3年で幹部スタッフ、そして店長になっているケースも多く見られる。

学歴・職歴・年齢等一切不問からの叩き上げで、しかもこのように短期間で高額な収入が稼げる業界が、他にあるだろうか?
夢のある仕事であることは間違いない。