風俗店の「店長・幹部候補」で高収入を掴む。

風俗店の「店長・幹部候補」で高収入を掴む。

何とか高収入をゲットしたい。
そうはいっても、目立った経歴や才能もない男達にとっては、
その手掛かりすらなく、夢物語と思いがちだろう。
しかし今の時代、『男性 高収入』のキーワードでググってみれば、
男性向けの高収入求人情報を網羅した求人サイトがずらりと並ぶ。

そんな男性向け高収入求人サイトを覗いてみると、様々な業種の求人情報が並んでいる。
よく見ると、それら求人情報の多くを、“ある業種”が占めていることが分かる。

■“風俗業界”の男性スタッフを募集する求人情報が満載!

そこには“風俗業界”の男性スタッフを募集する求人がたくさん出ているのだ。
さらにそれらの求人情報には、ほぼすべてと言っていいほどに『未経験者大歓迎』、『経験不問』、『年齢不問』といったキャッチコピーが踊っている。

そう、風俗業界は経験や年齢に縛られず、誰にでも高収入を得るチャンスが転がっている世界なのだ。

■店舗スタッフでも月給30万円以上、店長・幹部候補になると?

それでは、風俗店で働いた場合の収入や待遇などは具体的にどのようなものなのか。
ドカント編集部が以下のように調査してみた。

風俗店の募集条件:都内・デリヘルグループ店の場合

[正社員]店長候補・幹部候補:月給:500,000円以上~
※年収1000万円以上も可能!
[正社員]店舗スタッフ:月給:300,000円~
・売上に対するインセンティブ(歩合給)あり
・役職手当、家族手当、住宅手当等、各種手当あり
・社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)
・勤務時間:10時間~12時間勤務(シフト制)
・休日:月6日
・資格:未経験大歓迎・学歴不問・年齢不問

このお店のケースでも分かるように、風俗店の求人募集は、“店長候補・幹部候補”の求人と“店舗スタッフ”の求人に分かれていることが多い。
また、業界未経験の人でも店舗スタッフとして“月給30万円スタート”が可能であり、他業種と比べて高収入であることが分かる。
勤務時間は10~12時間と長く、休日も若干少なめだが、最初からこれだけの給料が貰えるのだから、まあ我慢できる範囲ともいえるだろう。
また、店舗によっては『週休2日制』を採用しているところも増えてきている。

そして、今では大手グループを中心に、法人として運営され『社会保険』が完備されているお店も多い。
以前は、何かと“ブラック”なイメージで見られがちだった風俗業界だが、少なくとも条件的には、一般の企業と何ら変わらない。

しかし、この募集内容で最も特筆すべきなのは、何といっても“店長候補・幹部候補”の給料だろう。

店舗スタッフの給料から20万円も跳ね上がり、月給50万円以上、そして年収1千万円以上も可能、という高収入だ。

というのも、“店長職”となるとインセンティブ(歩合給)の額が特に高く、お店の売上次第では月給100万円以上で年収1千万円越えも夢ではないのだ。

■未経験からのスタートは“店舗スタッフ”!から!

このような風俗店の求人情報を見れば、誰もが「店長候補や幹部候補の採用で月給50万円、年収1千万円を稼ごう」と目論むだろう。

だが、考えてみてほしい。
どこの世界に、業界未経験の者を入社した瞬間に幹部社員、ましてや店長候補として採用するだろうか? 
高収入へのチャンスが転がっている風俗業界でも、さすがにそのような事はない。

というわけで、実際には同業他店で相当のキャリアを積んでいる、といったアドバンテージがない限り、店長候補や幹部候補を目指す人も、まずは“店舗スタッフ”として風俗店の仕事をスタートすることになる。

ただし、面接時や入社時には、店長や幹部候補になりたい旨をはっきりとお店側に伝えておこう。
それによって「幹部に昇進する意欲がある」スタッフとしてお店側に判断されて、仕事の任され方一つでも将来の店長や幹部候補を想定したものとなるからである。

■“入店ハードル”が低い…。結果、出世のスピードは非常に早い!

ここまで読んで「なんだ、店長や幹部候補になるには、やっぱり時間がかかるのか…」と思った方は多いかもしれない。

しかし心配することなかれ。
風俗業界は他業種と比べて、出世するスピードが非常に早いのである。

これは風俗業界の募集条件、例えば『年齢不問・学歴不問・経験不問』で誰でも受け入れる“ゆるさ”に起因している。
この来る者を拒まない“ハードルの低さ”は、誰にでも高収入を手に入れるチャンスがある業界だという反面、“有象無象”な者たちが続々と流入して来る業界だということも意味している。

例えば、このようなスタッフも多い…。
・毎日のように遅刻してくる。
・「お疲れ様です」「おはようございます」といった、基本的な挨拶が出来ない。
・お客様に敬語が使えない。

また、こんな不届き者もいる…。
・お店の売上に手を付ける。
・お店の女の子に手を付ける。

※このような者には解雇も含め厳罰が待っているのだが…。

このように、正直言ってレベルの低い人材が採用されることも事実で、彼らは基本的な仕事をこなすことも出来ず、その多くが早々に脱落していくことになる。

「少しでも楽をして、それなりでいいから給料をもらいたい」というような、仕事に対する意識の低いスタッフもこの業界には多い。
そんな彼らには必然的に重要な仕事が任されることもなく、ずっと“ヒラ”の店舗スタッフのまま、というケースも多い。

しかし、それは言い換えると…。
・約束の時間は守る。
・挨拶や言葉遣いに気を付けて、お客様やスタッフ間のコミュニケーションを大切にする。
・お店の売上、また大事な“商品”である女の子に手を付けるような公私混同はしない。

このような、社会人一年生の大部分が常識として行っているような事をこなすだけでも、風俗業界では大きなアドバンテージを得ることが出来るといえるのだ。

そして、店長や幹部スタッフに“使える”スタッフだと認識されればこっちのものである。
これから記す風俗店での業務をそつなくこなしていけば、“店長候補・幹部候補”への道はグッと開けるはずだ。

■店舗スタッフと“店長候補・幹部候補”、仕事内容の違いは?

次は“店舗スタッフ”と“店長・幹部候補”という2つの職種について、具体的な仕事内容からその違いを解説していきたい。

風俗業界の登竜門、“店舗スタッフ”の仕事とは?
先ほども記したように“店長・幹部候補”を目指すにあたり、業界未経験の者は、まず店舗スタッフとして仕事をこなしていくことになる。
仕事内容は以下のようなものである。

【お客様の接客・受付】
風俗業界というと、何だか特殊な業界のように思われるかもしれないが、お客様へサービスを提供するという点では、他の客商売と何ら変わりはない。
お客様への応対は最も重要な仕事となる。

その具体的な接客業務は、ソープランドやファッションヘルスなどの“店舗型”風俗店と、デリバリーヘルスを中心とした“無店舗型”風俗店によって異なる。

“店舗型”は、プレイルームがあるのでお客様が直接来店してくる。
当然、対面での接客となる。
※“ホテル型ヘルス”は無店舗型の分類だが、受付があるので対面での接客がある。

“無店舗型”は、ホテルやお客様の自宅でのプレイとなるので、対面での接客はない
主に電話での受付、応対となる。

以上のように、業種によって仕事内容が異なって来るので、応募する際にはどのような業種なのか確認しておきたい。

【在籍する女の子の管理・コミュニケーション】
女の子はお店の“命”と言っても過言ではない、大切な“商品”である。
彼女達をどれだけ確保できるか、いかにモチベーションを上げられるかによって、お店の業績が左右されることは言うまでもない。

よって、女の子達とは出勤のチェックや催促だけでなく、日頃からマメにコミュニケーションを取ることが重要である。
そこで女の子の不安や悩みを聞けば、それを取り除くべくアドバイスなどを行い、やる気を出して気持ちよく出勤してもらえるように促す。

「もっと出勤してくれよー」なんて高飛車に言っても、決して女の子達はついてこない。
店長や幹部スタッフは、このあたりからも店舗スタッフの“コミュニケーション能力”をチェックしているのである。

【店舗ホームページ、ブログの更新】
現在のインターネット社会において、お店のホームページの情報更新は、集客面において最も重要な仕事とも言える。

お客様は色んなお店のサイトをチェックして、女の子の質やプレイ料金を比較しているので、情報の更新業務を怠ると他店との競争において命取りになりかねない。

新人の女の子が入店したら、すぐにその情報を店舗ページにアップ。
女の子の出勤スケジュールや、イベント情報などの詳細も随時アップしながら、どこよりも活気があるお店だと発信するのだ。

【女の子の写真や動画の撮影・加工】
ホームページなどの店舗情報に掲載する女の子の写真や動画を撮影し加工する仕事も重要である。

目の肥えたお客様に、どれだけ女の子の魅力をアピールできるかは、掲載される写真や動画にかかっている。
幸い、今のカメラや画像加工ソフトは非常に進歩している。
ただし、良いショットが撮れるかどうかは女の子の気分次第。
この点からも、普段から女の子とのコミュニケーションには気を配らなければならない。

【プレイルームの清掃、ドライバーの管理、備品の確認、発注etc…】
先に挙げた業務に加え、“店舗型”風俗店は、プレイルームが店内にあるのでその清掃業務があり、“無店舗型”風俗店の場合は、女の子をお客様の待つホテルなどに送り届ける、ドライバーの配置や管理などの業務が発生する。
また、ローションなどの消耗品やプレイに必要な道具などの管理、事務所スペースの清掃といった細かい業務も随時行う。

このように“店舗スタッフ”の業務は多岐に渡っており、最初は戸惑うことも多いだろうが、基本的には日々同じ仕事の繰り返しとなるので数週間で慣れるはずである。
店長や幹部スタッフを目指すにあたっては、まずはこれらの仕事をスムーズに行えるようにしなければならない。

■目標の頂き“店長・幹部候補”の仕事とは?

ここまで、“店舗スタッフ”の仕事について解説してきた。
どの仕事もお店が日々営業を続けていくために重要な業務である。
“店長・幹部候補”の仕事は、こうした日常業務に加えて、以下のような1ランク上の業務も併せて行う。

【スタッフの教育・管理業務】
現場で業務を行う店舗スタッフ達が、効率よく働けるように教育、管理を行う。
さらに各スタッフの実力や力量を見極めながら、どのポジションに誰を就けるか、また誰を昇進させるか、などを店長や幹部候補が決定する。

また、店舗スタッフや女の子の心がバラバラでは業績は上がらない。
今後の売上アップのため、双方の心を掴んでお店をまとめ上げ、従業員全体が盛り上がっていくような環境を作っていくのも重要な業務である。

【イベント・企画の立案など、今後の営業戦略の決定】
新規客の開拓や既存客のリピート率アップを狙ったイベント、早朝など時間限定のキャンペーン等、お客様を惹きつけるための様々なイベントや企画を立ち上げてお店の売上アップを狙う。

風俗業界は元々店舗間の競争が激しく、特にデリヘルなどでは今でも新規業者の参入も多い。
何もせずに漫然と営業していると、競合店舗の陰でアッという間に埋もれてしまう可能性も高い。
そうした状況下で、今後を見据えた営業戦略を立案していくのは店長や幹部候補の重要な業務の一つとなる。

【女性キャスト・男性店舗スタッフの募集・面接】
女の子はお店の命運を握る大切な商品、どの店舗でも女の子の募集は常に行われている。
また、男性の店舗スタッフも入れ替わりが激しいため多くのお店で常に募集している。

そのための求人広告の掲載や面接などの業務も店長や幹部候補が行う。
なかでも重要な業務は、応募してきた女の子の面接である。
面接に訪れた女の子達が無事入店するか、はたまたライバル店に行ってしまうのか、その結果次第でお店の業績が左右されかねない。

【風俗サイト運営会社・広告代理店との打ち合わせ】
集客のために立案した様々なイベントや企画内容の掲載、また各種求人広告掲載のために、風俗サイトや求人サイトの運営会社、広告代理店などと打ち合わせを行う。

■お店の将来を見据えて業務を行うのが店長や幹部候補の仕事!

店長や幹部候補の主な業務について見てきたが、店舗スタッフの業務と比べて見ると大きな違いがあることが分かる。

店舗スタッフが行う仕事は、お店を日々営業させるための業務となるのに対して、店長や幹部候補の仕事は、それにプラスして、お店を今後も繁盛させる業務がメインとなっていることである。

だからお店が順調に繁盛し売上がアップした暁には、店長や幹部候補たちは高額なインセンティブ(歩合給)を得ることが出来るのである。

そして、その中のトップである“店長”には、最高額のインセンティブがプラスされるのである。

■“店長・幹部候補”への道のり。そこにかかる時間は?

それでは最後に、店舗スタッフから幹部候補、そして店長になるためには、どれくらいの期間が必要なのだろうか?

それは正直、各店の事情によってまちまちだが、一般的には“幹部候補”になるためには、入店から6ヵ月~1年程といったケースが多い。
昇格の早いお店では、入店から3ヵ月で副店長などの幹部職に就いた例もある。

そして“店長”に昇り詰めるには、ポストの空き状況にもよるが、入店から2年~3年で昇格する場合も多い。
例えば、デリヘルのグループ店などで新店を続々オープンしているような場合は、当然店長職への昇格もよりスピーディーである。
そうなれば、月給100万円以上、年収1千万円以上の収入も可能となるのだ。

あくまで、本人の努力次第ではあるが、これほどの短期間で高収入が可能な仕事も珍しい。

“男たるもの一念発起”ドカンと挑戦してみる価値は充分にあるだろう。