一般企業から風俗店ドライバーへ転職した44歳の男性が語るリアルなデリドラ実情!

ここは都心の繁華街。とある雑居ビルで営業するBAR

今夜も店には時間を持て余した酔客が数人座っていた。

私と待ち合わせしていた男性をカウンター席に見つけたが、何やらマスターが彼に熱く語りかけている。

「俺もね、デリヘルのホームページに載ってる“モザイク写真”の女が実在してるかどうかなんて青臭い事は言わないよ。でもさ、せめてタイプは合わせて欲しいよ。“スレンダー美女”の画像を載せといて“長州小力”がやって来りゃあ誰だって頭に来るって!」

■マスター、デリヘルの“振替”に怒る。

なんだよ、何を熱くなってるのかと思ったら、デリヘルの“振替”の話か。

“振替”とは風俗業界の用語で、WEBサイトなどで紹介されている写真とは全く違う“別人”の女の子が接客に現れる事を指す。 もちろん悪い方の“別人”だ。

デリヘルは女の子が眼前に到着するまでの高揚感、ドアを開けて女の子を一目見るまでのドキドキ感が遊びの醍醐味といっても過言ではないのだが、それ故に期待が裏切られた際の失望感もまた甚大である。

すると、文句を言われていた(私と待ち合わせしている)男性が頭を掻きながら言った。

「それはお気の毒でしたけど、ウチの店はちゃんと在籍してる女の子をホームページにアップしてますし…他の店の文句を言われても…」

おいおい、全然関係ない店の文句を言われていたのか、そりゃ気の毒だ。

「ちょっとマスター、その辺にしときなよ」

まだまだ振替店の文句を言い足りなそうなマスターを制し、その男性に挨拶をする。

「なんだかすいません…私がデリヘルで働いてるって話しちゃったから…」

今回お話しを聞くのは、この恐縮している男性、“植木さん”(仮名)。
年齢は45歳、グレーのジャケット姿が似合う“お堅い職業の勤め人”といった雰囲気のナイスミドルである。
植木さんのことは知り合いのライターから紹介してもらった。
実は“風俗店のドライバー”を職業にしている方なのだ。

「こう言ったらアレですけど…風俗で働いている人には見えないですね」

私が見たままの印象を伝えると微笑みながら答える。

「そうですよね、まだ風俗店で働いて1年経ってませんし…。 20年以上“食品の卸し会社”で働いてましたから。自分でも風俗店で働くなんて夢にも思ってなかったですよ(笑)」

「それがどうして“風俗ドライバー”に転職されたのですか?」

「まあ、その会社で色々とやらかしましてね…」

■風俗店のドライバー(デリヘルドライバー)になった事情とは?

ドカント読者の皆様はもうご存知であろうが、風俗店には女の子を送迎するドライバーの仕事がある。
出張型風俗・派遣型風俗・デリバリーヘルスなどの“無店舗型風俗店”は、プレイルームが店外(ホテルや男性客の自宅)になるため、女の子をそこまで車で送迎しなければならない。
それを行うのが、ドライバーの役目だ。私はこれまで何人か、風俗店で働く男達と話したことがある。
しかし彼らは“店長”や電話受付けの“店舗スタッフ”だったりで、風俗ドライバーの仕事をしている方と会うのは初めてである。
興味の向くままお話しを聞いてみよう。

■パチンコにハマり借金苦…遂に会社の金に…。

──どういった経緯で風俗ドライバーになったのですか?

「食品の卸しの会社で永らく働いてましてね、私の仕事は営業車を使って飲食店を回り色々な食材を届ける配送業務でした。 給料はそれほど良くはなかったですが、会社は堅実な経営をしていたので安定はしていましたし、30歳過ぎで結婚して子供2人にも恵まれて円満でした…」

──そこから何が…?

パチンコですよ、パチンコ(笑)。 最初は遊び程度だったのがすぐにのめり込んじゃって…後はお決まりのパターンですね、手持ちの金が尽きると“サラ金”に手を出して…今度はその返済のために会社の金に手を付けて…」

──あらぁ…。

「その後は自転車操業で何とか埋め合わせをしてたんですけど…それでもパチンコは止められずに状況はどんどん酷くなって…ついに会社に“使い込み”が発覚しましてね、“クビ”になりました…」

──ああぁ…それでご家庭などうなったんですか?

家庭崩壊ですよ。妻は激怒して子供を連れて実家に帰っちゃいましたね…。現在は離婚調停中です。 私の親も息子が横領で訴えられたりしたら世間体が悪いから仕方なく金を貸してくれましたが、その後は半絶縁状態です」

──それはきつい…金銭面はまだまだ大変な状況なのでは?

「そうなんですよ、未だサラ金の借金は残ってますから。 すぐに稼がないと返済も出来ないし食ってもいけない。 でも私も44歳ですから、すぐに仕事なんて見つからないじゃないですか。 だから高収入求人サイトで仕事を探したんですよね」

──そこで風俗ドライバーの募集を見つけたと。

「これまでずっと車を使って仕事してたし、届けるものが“食材”から“女の子”に変わるだけなら、私にも出来るかなと思って(笑)。  それにドライバーの求人には『4人乗り以上の乗用車の持ち込みが出来る方優遇』って書いてあったんですよ。 幸い私は車を所有していたので有利かなと思って応募しました」

──その年齢で風俗業界に飛び込むのって勇気が必要だったのでは?抵抗感はありませんでした?

「正直ありました。風俗業界について全然知らなかったので…きっと“コワモテ”で恐ろし気な人達がいっぱい居るんだろうなって思っていたので電話をする時は緊張しましたね」

■初めての風俗店の面接。イメージを変えたスタッフの対応。

──実際の風俗店はどうでした?

「電話で応対してくれた男性がハキハキとして礼儀正しかったので拍子抜けしました。 そして翌日にマンションの一室にある事務所で“面接”を受けたんですが、パリッとスーツを着こなした“若い店長”が丁寧な対応で面接をしてくれたので、全然イメージとは違いましたね」

──昔は風俗店って“ヤ○ザ”みたいな連中がやってると思ってましたけど(笑)、いざ知り合ってみると全然そんなんじゃない、真面目で気の良い人が多いですよね。 それで面接はどうなりました?

「『風俗ドライバーの経験はありますか?』と聞かれて、未経験じゃマズイのかと動揺したんですが、食品配送のドライバーをしていたことを話すと『では車の運転には慣れているんですね』とその場で採用が決定しました」

■風俗ドライバーの給料や待遇は?

風俗(デリヘル)ドライバー募集要項[植木さんの勤務店]

【職種】風俗店・ドライバー(車持ち込み)
【給与】時給1,300円スタート
【待遇】日払い可・待機時間中も時給は発生・ガソリン代全額支給
【勤務時間】12:00~翌3:00の間で自由シフト制
【勤務日】自由シフト制
【資格】普通自動車運転免許
※4人乗り以上の乗用車(軽自動車可)を持ち込める方優遇

──“自由シフト制”ということは、頑張ればそれだけ多く稼げるってことですよね、しかも“日払い”だし。 今はどれくらいの勤務時間で働いていますか?

「お店は繁盛してるんですがドライバー不足ということもあって、昼14時~深夜2時までの12時間勤務で週6日入ってます」

──12時間勤務!それは頑張りますね。それだと給与は、えっと…。

「時給1,300円で12時間勤務=日給換算で15,600円。 日給15,600円で月25日勤務=月給換算で390,000円

──月給39万円!なかなかの高収入!

「これだけの収入を未経験ですぐに稼げるなんて他の業界では中々ないですからね。しかも40代のオッサンですから…この仕事を始めて良かったと思ってます」

■風俗店・ドライバーの仕事内容、研修制度は?

──風俗店のデリヘルドライバーの具体的な仕事内容というと?

「女の子を待機所からホテルやお客様の自宅へ送迎すること。 それ以外には深夜に仕事が終わった女の子を家まで送ったりします。 また男性スタッフを“出張面接”のために送迎したりもします。 細かい仕事だと、女の子がプレイ用に持ち歩く備品(ローションやイソジン、ローターなど)の準備をしたりとか…。 女の子と一緒にお客様の部屋まで行って“プレイ料金の受取り”を行うこともあります。 また送迎がない時は事務所の掃除とか雑務も手伝います。 そして仕事が終わったら事務所で業務報告して給料をもらう感じです」

──細かい仕事もあるんですね。やっぱりメインは女の子を送迎すること。それって未経験でも出来るものですか?

「ウチの店の場合は研修制度があって、最初は先輩ドライバーが助手席に座ってアレコレと教えます。だから未経験の人でも大丈夫です」

──研修制度があるんですね。どんな事を教えてもらえるのですか?

「女の子を“安全”かつ“迅速”に、そして“時間通り”に送迎するという基本的な心構えから、事務所の内勤スタッフとのやり取りなどの具体的な方法がレクチャーされます。 加えて、どのエリアのどのホテルがよく利用されるか、そこに向かうにはどの経路が早いかといった実地的なことも全部そこで教わりました」

──そうした研修があって、いよいよ一人で女の子を送迎すると。最初は緊張しました?

「やはり緊張しましたね。 何より常に“若い女の子と車内で二人きり”になるのが慣れてないので(笑)」

──“なんでこんな可愛い子が!?”ってのがいますよね!

「ホントにいますよ! こんなことならパチンコなんかハマらないで風俗にハマってれば良かったですよ」

──それはそれで身を滅ぼしそう(笑)。

■裏道や渋滞事情に精通していると仕事にメリットあり。

──風俗ドライバーという仕事を改めてどう思ってますか?

「基本的に運転することが好きなので、自分には向いてると思ってます。 都内の飲食店向けに配送の仕事をしていたので、繁華街周辺は裏道まで結構知ってるんですよ。 その頃から渋滞事情は頭に入れて動いてたんで、あそこに行くにはこの道の方がちょっと遠回りだけど時間的には早い、みたいな。 そういうのが今の仕事にも役立っていますね」

──確かに“スピーディーに運ぶ”という意味では、食品配送も女の子の送迎も同じ仕事ですからね。

「タクシーの運転手や配送業出身の人は、すぐに仕事を覚えられるからこの仕事に向いてるって店長も言ってました。 でもそういった仕事とデリヘルドライバーの仕事とでは、“決定的に”違う部分もありますけどね…」

■女の子のプレイ中は“待機”時間。その間は何を!?

──その違いっとは?

「タクシーの運転手や配送業者の場合は、人や物を指定の場所に届けたら終わりですけど、デリヘルのドライバーは、女の子がお客様とのプレイが終わるのを待って、そこからまた待機所や次のお客様のところに送り届けないといけないんです」

──女の子がプレイしている時間ってドライバーは何をしてるんですか?

「送迎したホテルや自宅の近くに車を止めて“待機”してます。 もし女の子に“トラブル”が起こった時には駆けつけなきゃならないんで…。 まだそんなトラブルは経験したことはないですけど…」

──2時間とか待ったりするんですか?

「そうです、その間は車の中で何をしていてもいいので“休憩時間”みたいなもんです。 カーナビでテレビ見たりスマホゲームしたり、雑誌や本を読み耽ったり…。 しかも、そんな待機時間中でも時給が発生するのが大きいです。 だから長時間労働でも意外に辛くないんですよ」

■車の持ち込みができなくも風俗ドライバーは可能?

──風俗店のドライバーって、自家用車持ち込みじゃないと出来ないんですか?

「いや、ウチの店は“社用車”があるので、車を持ち込まなくても仕事は出来ます」

──車を持っていない人でも可能なんですね?

「でも時給が変わって“時給1,050円”になります。 車を持ち込める人の場合は“時給1,300円”だから給料は少なくなります。 ただし、お店によっては“車持ち込める人限定”で募集しているところもありますから求人情報をチェックした方がいいですね」

■車内で女の子と二人きり…会話や距離感に気を使う…。

──デリヘルのドライバーって、女の子と車内で二人きりの時間が多いですよね。その間の距離感というか、女の子と仲良くなったりはしないんですか?

「基本的にドライバーは女の子と“私語禁止”です。 それは研修の時店長からしっかり釘を刺されます」

──私語厳禁、そりゃ厳しい(笑)。

「でも…女の子も色んなお客様の相手をするから、思わず“グチりたくなる”時もあるみたいで、そういう時は話を聞いて慰めたりはしますね…」

──女の子にとっては大変な仕事ですからね…。

「しかしドライバーが女の子の連絡先を聞いたり誘ったりしたのがお店に知られたら“厳罰”が待ってます。 そんなのはもちろん勘弁だし、私の場合まず働いている女の子とは親子ほど歳が離れてますから何も起こりませんよ(笑)」

■店長からは正社員勤務の話が!さてどうする?

このように“風俗ドライバー”とはいかなる仕事かを語ってくれた植木さん。
そんな彼に最後の質問をしてみた。

──“風俗ドライバー”という仕事、この先もずっとこの風俗業界で働いていくつもりですか?

「ウ~ン…実は店長から『バイトのドライバーじゃなくて正社員で店舗運営の仕事をしてみないか?』と誘われてるんですよね…」

──ドライバーとしての仕事が評価されたんですね、良いじゃないですか!

「確かに“風俗ドライバー”という仕事は独りで気ままな時間も多いし、自分に合ってると思ってます。 そうやってお店から評価をしてもらえるのは嬉しいですけど…この業界で社員として仕事を続けるかというとね…子供のこともあるし正直迷ってます…。 でも、せっかく自分を拾ってくれたお店なんで前向きに考えてみようと思ってます」

そう話した後、植木さんは…。
「車を運転する仕事だから深酒できないので…」
と言い残して帰っていった。

「明日は休みだから」と、このBARでの取材をOKしてくれた植木さん。
それでも決して飲み過ぎない…根は真面目な人なのだろう。

しかし、一度起こしてしまった失敗は消せない。
だが、捨てる神があれば拾う神もあり。

風俗の世界は“懐が深い”
良きにせよ悪しきにせよ、どんな人間でも飲み込んでいく。
やる気と忍耐力さえあれば、誰でも“経歴”や“年齢”に縛られずに“復活できる”業界なのである。

乾杯。

(ライター:JSR)