AV男優になる方法は?AV男優という超絶階級社会!

“AV男優”とは、言わずもがな「アダルトビデオに主に性行為をするものとして出演している男優のこと」である。(Wikipedia『AV男優』より)
要は、AVに出演して女優と“絡む”(セックスする)ことにより報酬を得ている男優のことである。

実を言うと、私(ドカント編集部スタッフ)は元風俗ライターとしてウン十年程仕事をしていた経験があり、AV(=アダルトビデオ)の撮影現場でも数多く取材をした経験がある。

その際に感じたのは「AV男優とは何と大変な仕事なんだ!」ということだ。

世の男性諸君はこう考えているだろう。
『可愛い女の子と絡んでギャラを貰えるなんて羨ましい』
『気持ちいいことをして金を貰えるなんて美味しい』
『俺めっちゃ性欲強いし男優ぐらい出来るよ』

いや、全く反対なのである。
想像してほしい。Imagine there’s no Heaven.

女優や監督、カメラマン、ADなどスタッフが何人もいる緊張感漂う撮影現場。
「ハイ、スタート!!」の掛け声で貴男は“勃つ”ことが出来るだろうか?

百歩譲ろう。
衆人環視の中、無事“勃起”することが出来たとして…監督が求めるタイミングで“イク”ことが出来る男性が何人いるだろうか…。

“勃たせる”ことが出来ずに監督から怒号を浴び他の男優と交代させられた方…。
“発射”するタイミングを誤り監督や女優から「台無しだよ」と嫌味を言われていた方…。
不機嫌な女優から「ちょっと痛いんだけど…」など難癖を付けられてクビになった方…。

そんな男優達を見てきた私から言わせると、AV男優は精神力と体力、ある種の才能に恵まれた男性ではないと務まらない“選ばれた”職業なのである。
今回は、このAV男優という職業を、ひとつの仕事として捉え、AV男優になる方法を解説していこう。

1.AV男優という超絶的階級社会

雑誌やネットなどで目にしたことがある方も多いと思われるが、ここで簡単にAV男優の階級(ヒエラルキー)について触れておこう。

参考:Youtube「年収チャンネル」しみ○ん登場!男優の仕事について

1-1.トップ男優

AV男優界をピラミットに例えると、その頂点に位置するのが“トップ男優”だ。
AV業界のみならずTVなど一般メディアにも度々その名が登場する、“しみけん”氏や“森林原人”氏、“南佳也”氏など、カリスマ的存在である彼らは、有名単体女優から共演男優として“指名”されることも多い。

そして当然のことながら、トップ男優は“1回5万円”といった高収入を得ることが出来る。
しかし、その数は国内でも“10名程”という、ごく少数の限られた存在だ。

1-2.印紙男優

AV女優と“絡み”撮影を行い、1回の仕事で“3万円以上”のギャラを貰える男優のことを“印紙男優”という。
平成26年までは、3万円以上の領収書には“収入印紙”が必要だったことに由来した呼称である(現在は収入印紙が必要な額は5万円以上)。

1-3.男優

このクラスから上位は女優と“絡む”ことが出来る。言わば一般的に“AV男優”と呼ばれるのはこの階層より上位の男優のことである。
1回の撮影で“2万円程”のギャラを手にすることが出来る。

ここまでの1-1トップ男優、1-2印紙男優、1-3男優の総数は“70名程”である。
換言するならば「女優と絡めるAV男優は約70名」ということになる。

後に挙げる、汁男優やフェラ男優という下積みの境遇からこの“男優”のポジションに這い上がるまでには、平均3年~5年を要する。

我々が目にするAVの中で女優と絡んでいる男優達は、この過酷な生存競争を生き残った強者達なのである。

1-4.フェラ男優

この階層より下に位置する男優からは女優との絡みは“ない”
ひらすら射精する物体となる役割である。
“フェラ男優”とはその名の通り、女優に一切触れることなくフェラや手コキ、脚コキなどで発射を行う男優のことである。
ギャラは1回“1万5千円程”である。

1-5.汁男優

“汁男優”というのは、ひたすら自慰行為を行いタイミングが来たら女優の元に駆け寄って“発射”する男優たちの呼び名だ。
もちろん女優との絡みはなく、作品に顔が映し出されることも少ない。
ご想像の通り“1発(射精1回につき)3千円~5千円”とギャラは低いが、興味本位で出演する者も多い。

1-6.エキストラ男優

“エキストラ”とは名の通り、絡みも発射もなくその現場に“いる”だけのスタッフのことで、痴漢モノで電車に乗り合わせた人の役だとか学園モノの男子生徒役、オフィスを舞台にしたAVでのサラリーマン役などをこなす。

1回“千円から3千円”のギャラが相場である。

2.新たなAV男優のジャンル

2-1.エロメン

皆様はAV男優の新たなジャンルといわれている“エロメン”をご存知だろうか。
そう、“女性向け”のAVに出演する“イケメン”男優のことである。

中でもテレビや女性誌などにも特集され熱狂的な女性ファンを抱えるエロメンの“一徹”氏はエロメン界のアイコンである。
また、ゲイビデオ業界からエロメンへと転身した“月野帯人”氏もその内の一人である。

1回数万円といった“フリー”の立場の男性向けAVに出演する男優(何だか分かりづらい言い方だが)と違い、エロメン男優はメーカーとの“専属契約”を結ぶ点も大きく異なる。
言わば彼らはAV女優と似たようなポジションなのである。

AV撮影だけではなく、ファンとの握手会やトークショー、販促イベントなどの仕事をこなしながら、“月給制”で安定した仕事ができる“選ばれた”男優ともいえるだろう。

エロメン男優の収入については、以前にドカントで一徹氏にインタビューした際も明らかにされなかったが、業界関係者からリサーチしたところによると、“月収50万円以上”はもらっているのではないかと推測される。

そして当然ながら、エロメンとなるためにはハイレベルな容姿基準をクリアしなければならない。
あくまでも“女性”に愉しんでもらうAVに出演する男優なので、“ジャニーズ系”“韓流アイドル系”など女性から『恋人にしたい』と思われるタイプに限定される。

男を興奮させるAVで見かける“マッチョマン”“中年親父”、ギトギトとした欲望をたぎらせたタイプの男優陣にはお声はかからないのだ。

2-2.ゲイビデオ男優

同じ男性向けAVのカテゴリーでも“性的嗜好”の異なるのが“ゲイビデオ”の世界。
最近では“BL系”とも呼ばれ“ボーイズラブ”好きな女性(腐女子)達からも支持されているジャンルである。

そして、ゲイや同性愛関連のAV事業は“LGBT”への理解が進んだことも追い風となり、市場が拡大され盛り上がりを見せてきている。

YoutubeやTwitterなどで人気の“いがけん”氏など、アイドル的人気を獲得しているゲイビデオ男優も増えている。
【いがけんTwitter】

“ゲイビデオ男優”の給与については、そのプレイ内容によって金額が変わってくる。
単体ヌードやオナニーなどソフトな撮影の場合は、1万円~3万円程度。
男性と絡むハードな撮影の場合は、“受け身”1回(1発射)5万円~“責め側”1回3万円~といった高額のギャラを手にすることも可能だ。

20代で、水泳やラグビーなど体育会系のスポーツ経験者でマッチョボディな人や、ジャニーズ系のイケメンならば割とソフトな内容でも高額なギャラをゲットできる。

逆に、40代を過ぎた中年太りのオジサン達にも、“デブ専・老け専”などそれ相応(?)の需要があるので諦めてはいけない。
深い世界なのである…。

3.AV男優になる方法は?

3-1.AV男優の求人募集に応募する

どうすればAV男優になれるのか?
一般的な方法は、ネットなどの“求人”に応募するやり方だ。

その求人情報は、AV制作会社(メーカー)のホームページに掲載されているほか、「ドカント」のような高収入求人サイトにも掲載されている。
また、検索サイトで『AV男優 募集』といったキーワードで検索してみればズラッと表示される。
そこには給与や待遇といった諸条件が記載されているのでチェックしてみよう。

また近年では、TwitterなどのSNS上で制作会社が『汁男優募集』『AVエキストラ募集』といったように告知して男優を募集している場合も多い。

当然だが、男優として面接を通過してもいきなり女優と絡める仕事はない。
まずは汁男優として、大人数物(男女が大人数出演するAV)やブッカケ物と呼ばれるAVで実力を試される。
撮影中に質量共に絶妙のタイミングで“ブッカケ”て、AV男優としての資質を示すことにより、フェラ男優として“頭角を現す”チャンスが訪れる。

ちなみに、トップ男優として有名な森林原人氏も、汁男優からスタートした叩き上げなのである。

3-2.AV制作会社に入社する

AV男優になる方法として、AV制作会社に入社、AD(アシスタントディレクター)として撮影現場に出入りしながら、AV男優の人手が足りない時などにヘルプとしてデビューを果たす、という道もある。

随分回りくどいように思われるかもしれないが、“1回○万円”というAV男優に比べて、制作会社の社員ということで“月給制”など一定の収入を得られるメリットは大きい。

また現場の監督やスタッフ、男優達と知り合いになれるので実力次第では一般の男優希望者よりも早くAV男優へと昇格できるかも知れない。

まずはAV男優がどのような仕事で自分に適性があるかを見極めてみたい、という方には良い方法といえる。

3-3.スカウトされる

AV男優のスカウトに声を掛けられてデビューを果たすという道もある。
昔から歌舞伎町や渋谷などの歓楽街を中心に、AV男優の“スカウト”が行われているが…。

近年ではスカウトといっても、街中で声を掛けられるだけではない。
TwitterやInstagram、LINE、YouTubeなどを活用してspan class=”bold-red”>“自分から”男優への道を切り拓くことも可能なのだ。

『AV男優になりたい』
といったキーワードと共に、自身の肉体やビジュアルなどのストロングポイントをアピールしてみよう。
それを目にしたスカウトマンやメーカーのスタッフが『一緒に仕事しませんか?』とメッセージを送ってくるケースも増えているのである。

20代前半でジャニーズ系の男子や、筋肉質でバランスの取れた肉体を持っている男性などこの手法を使ってみるのも良いのではないだろうか。

ちなみにメーカーからスカウトされ、ゲイビデオ男優として一本釣り(単体契約)された場合は、1回の撮影で10万円~20万円のギャラを手にすることも可能だ。

3-4.ゲイビデオ男優としてデビューする

ゲイビデオ男優の求人情報も、高収入求人サイトやゲイ向けのサイト等に掲載されている。

ゲイビデオ男優は、汁男優のような下積み期間が無く“即デビュー”が出来て、まとまったギャラが手に入ることが魅力である。

また、ゲイビデオを制作している会社は、同時に女優物も制作している場合が多いので、そこで良いパフォーマンスやキャラクターを見せられれば、今度はAV女優を相手にする男優として“一足飛び”にデビューする事例も増えている。

今やカリスマAVとして真っ先に名前の挙がる“しみけん”氏や、エロメンとして人気のある“月野帯人”氏なども、ゲイビデオ男優からそのキャリアをスタートしている。

また最近では、『セクメンワーク』といった“AV男優・男性モデル専門の求人サイト”なども話題になっている。
AV男優の求人・男性映像モデルの募集を特集!男性向けの高収入求人
AV男優の求人・男性映像モデルの募集を特集!撮影参加しませんか?男性向けの高収入求人

高収入求人サイトには通常のAV男優とゲイビデオ男優、両方の求人情報が掲載されていることが多いので、しっかり内容をチェックしよう。

3-5.自分でハメ撮る

汁男優としてスタートし女優と絡めるポジションに昇格する。
これがAV男優になる方法として“王道”であることは間違いないが、先に述べたように3年~5年といった時間がかかってしまう。

また、『はい出して!』だとか『まだ出すな!』だとか、監督の指示に従って射精人形になるのもゴメンだ…なんて人には“自分でAVを作る”という方法もあるにはある。

自ら“ハメ撮り”を行い動画サイトにアップして販売する方法である。

例えば、“FC2アダルトマーケット”では、人気の販売者の作品には“1ダウンロードあたり2千円”程の値段が付けられており、ダウンロード数が伸びればそれだけ稼げることになる。

ただし、どれだけ稼げるかはダウンロード数次第で未知数である。
また、動画に出演してもらう女性を自分で集めるのも至難の業であろう。
もちろん女性に無断で動画をアップすることは“犯罪行為”となるので注意が必要だ。

ドカント変集長 キノシタ

水分補給は缶コーヒーで(´∇`)千葉県出身(ジェフ市原のお膝元)・アイドルとスポーツはかなりのオタク・深愛・邦画マンにもなる・仕事人・ジェフ応援人・野球好きなオッサン・ラーメンは味噌に限る・身体に鞭打ち戦う朝昼晩やります!!

ドカント変集長 キノシタをフォローする