【男性向け】ナイトワークとは?メリットから3つの業種まで紹介!

【男性向け】ナイトワークとは?メリットから3つの業種まで紹介!

効率的にお金を稼ぎたい人にとっては魅力的なナイトワーク。一般的なアルバイトと比べても時給が高いにもかかわらず、お客さんとの会話を盛り上げるなどの接客が中心のため、比較的ハードルが低いお仕事でもあります。

しかし、「不規則な生活になりやすい」「怪しい仕事なんじゃないだろうか」などと、不安に思う方も多いかと思います。今回は男性のナイトワークの仕事内容や給料事情、ナイトワークの求人の探し方、メリット・デメリットから男性ができるナイトワーク3選をご紹介します。

1.ナイトワークとは?

ナイトワークとは、主にスナックやキャバクラなどお酒を提供するお店で、接客や調理補助、店長業務、接客するスタッフのヘアメイクなど、夜に営業するお店をサポートする仕事の総称です。
夜間に働くため、比較的お給料も高く、仕事によってはインセンティブなども給付されます。

1-1.ナイトワークとはどんな仕事か

一般的にナイトワークは女性の求人が多いですが、男性向けのナイトワーク求人もあります。求人にあるジャンルの中でも特に多いのは、バーテンダーやキャバクラ、さらに風俗店スタッフやボーイ、調理補助が挙げられます。
また、お客さんと一緒に飲酒する機会もありますが、ナイトワークには18歳以上の求人も多いため、お酒が飲めない方でも安心して応募することができます。

さらにナイトワークは、接客スタッフのサポートやお客さんへの対応がメインとなるため、やりがいを持って、働けます
風俗店スタッフは求人サイトにも掲載されているため、風俗店スタッフとして働きたい場合は、男性向けの風俗求人サイトを探してみましょう。

1-2.ナイトワークの気になる給料は

ナイトワークは夜の出勤が多いため、昼間に働く一般的なアルバイトよりも時給が高く設定されています。
また、ナイトワークも他のアルバイトと同じように、多くがシフト制を採用しており、自由度が高いため、働きやすい仕事といえるでしょう。基本的には午後以降からの出勤となるため、朝が弱い方にもおすすめです。

ナイトワークと一口に言っても、さまざまな種類があります。種類によって給料相場は大きく異なるため、自分に合ったナイトワークを選ぶと良いでしょう。

男性に人気のナイトワークの種類と給料
ホストクラブ時給:約2500円
キャバクラボーイ時給:約2000円
風俗店スタッフ時給:約1800円
風俗ドライバー時給:約1500円

勤務時間や時給によっては、1日だけで2万円以上近く稼げるナイトワークもあります。慣れれば、10日で20万円近くを稼ぐことも可能です。通常のアルバイトよりも1.5倍~2倍近く稼げるため、お金が必要な期限や使い道に応じて、ナイトワークを選ぶと良いでしょう。

1-3.男性向けのナイトワーク求人を探す方法

高収入のナイトワークの男性求人を探す方法は、インターネットが最もおすすめです。
一般的なアルバイト求人募集とともに、男性向けナイトワークの求人も多数掲載されています。
また、インターネットの求人サイトであれば、出勤する地域や時給、仕事内容に絞って、最適なナイトワークを見つけ出せます。

2.ナイトワークで働くメリット・デメリット

ナイトワークは時給も高く、効率的に稼ぐことができるため、まとまったお金が必要な方やダブルワークをしたい方にもおすすめです。また、お金以外にも対人スキルも身につき、社会で必要な能力も磨けます。一方で、ナイトワークならではのデメリットも存在します

そのため、ナイトワークのメリットとデメリットをしっかりと把握して、応募するようにしましょう。

2-1.ナイトワークで働くメリット

ナイトワークの大きなメリットは、やはり高い時給が挙げられます。一般的なアルバイトと比べて、1.5倍~2倍近くの時給になることも珍しくありません。そのため、時間に制限がある方や短期間でまとまったお金が必要な方にはおすすめの仕事です。

一方で、接客業やサポート業務が中心のため、会社での営業や社内調整に必要なコミュニケーション能力や調整力が身に付きます。

また、ナイトワークには幅広い年齢層のお客さんが来店します。そのため、各年代の方にあった人付き合いも学べ、人脈形成にもつながります。
そのほか、顧客満足度の向上や効率的なお店の運営方法など、小規模ではありますが、ビジネスの基本を学べるため、就職活動にも役立てます。

ナイトワークは業界的にも成果主義が色濃い業界に多いため、昇進や昇給も可能です。昇進すると裁量権も得られるナイトワークもあるため、自分の成長に従って、マネジメントや現場での課題解決能力なども身につきます。

2-2.ナイトワークで働くデメリット

ナイトワークは、主に競争が激しいお仕事のサポートが多い仕事でもあります。また、基本的には午後以降の仕事も多く、深夜から朝方までシフトが用意されていることも珍しくありません。その結果、夜型の生活になることも多く、勉学や昼間の仕事が疎かになる可能性があります

また、お酒を提供するお店での仕事が多いため、さまざまなトラブルに遭遇しやすい仕事でもあります。酔ったお客様から絡まれる、酔いつぶれたお客様への対応、仕事後のお付き合いなども発生しやすいため、相当な体力と精神力が必要です。

そのほか、男性中心のお客さんのため、卑猥な言葉や会話、また陰湿な愚痴や悪口の場面にも出くわす可能性があります。接客スタッフの多くが女性の方のため、女性特有の人間関係を目の当たりにし、人によっては女性に幻滅してしまうかもしれません。

3.男性が活躍できるナイトワーク3選

男性のナイトワークの中でも、特に人気が高い業種が「ボーイ」「風俗店スタッフ」「ホストクラブ」の3つです。
それぞれのナイトワークには、特徴があり、業務内容や出勤時間も異なります。
自分のライフスタイル合ったナイトワークを探すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.ナイトワークの登竜門!「ボーイ」

ナイトワークの登竜門として知られるのがボーイです。募集しているお店のジャンルも多く、キャバクラをはじめ、銀座の高級クラブでも働けます。未経験の方でも採用されることも多く、初めてナイトワークに挑戦する方にもおすすめです。

ボーイの主な仕事は、お店の営業準備(掃除やお客様の名刺コピー、接客スタッフの出勤状況のチェックなど)や営業中のサポート業務となります。

営業中はお客様の荷物の預かりや、ドリンク・食事の配膳のほか、接客スタッフの配置決定やトイレの状況チェック、さらには灰皿・氷の交換などきめ細やかな対応が求められます。
営業終了後はお店の片づけや掃除を行います。ナイトワークの中でも勤務時間が長い職業でもあります。

3-2.ナイトワークではややディープ!「風俗店スタッフ」

ナイトワークの中でも特殊でディープなナイトワークが「風俗店スタッフ」です。風俗店スタッフは、店舗での接客や女性キャストの管理なども担当します。基本的に明るく、場を盛り上げられるような接客スキルが求められます

風俗店スタッフの勤務時間は24時間いつでも勤務可能なため、自分のライフスタイルに沿ったシフトが組めます。風俗店スタッフの主な仕事は、電話対応やWeb関連の仕事(広報やサイト更新)、送迎ドライバーが挙げられます。

電話対応では、クレーム対応も行うため、お客様に丁寧な説明が必要です。また、普通自動車免許もあれば、優遇されます。

一方で送迎に使用する車は社用車でない可能性もあり、自分の車やガソリン代を負担する場合もあります。また、待機時間が多く、拘束時間も長いため、プライベートの自由がきかない場合もあります。

そのため、応募の段階で、条件はしっかりと確認しましょう。風俗店スタッフは拘束時間が長く、時給も高いことから、かなり高い給与が期待できます。

3-3.ナイトワークの花形!「ホストクラブ」

ナイトワークの花形として人気なナイトワークがホストクラブです。一般的にホストと呼ばれ、学歴や経験も不問です。主に来店する女性のお客さんとの会話を盛りあげる仕事を担います
ホストクラブも基本的にはシフト制となっており、時給もほかのアルバイトと比べて高く設定されています。

主な仕事内容は女性客の接客となります。また、担当したお客さんの会計が売上に換算されるため、働きによっては莫大なインセンティブを得られます。そのため、年収何千万がなることも夢ではありません。

一方で、お酒を飲めないと厳しい仕事でもあり、競争が激しい成果主義の職場でもあるため、強いストレス耐性と精神力が必要です。
ランキングや指名数などリアルな成果が提示されるため、慣れない人には厳しい仕事でもあります。また、勤務ルールも厳しく、無断欠勤や遅刻には罰金が科せられることもあります。

まとめ

ナイトワークはほかのアルバイトに比べて、時給も高く、効率的に稼げます。また、お金以外にもコミュニケーション能力やサービス精神、調整力、課題解決能力などビジネスに必要なスキルも得られます。

一方で、夜の時間帯に働く機会が多く、厳しい成果主義の職場環境でもあるため、体力や強い精神力が求められます。ナイトワークは人生に一度は体験しておきたい仕事としてもおすすめです。
ナイトワークに興味のある方は、ここまでの内容を参考にぜひ自分にできそうな仕事を探してみてください。