【ナイトワークで副業】40代・50代の中高年男性でも可能!キャバクラ送りドライバー【体験談】

【ナイトワークで副業】
40代・50代の中高年男性でも可能!
キャバクラ送りドライバー【体験談】

■副業元年から1年経過…。

政府は、少子高齢化による労働力人口の減少対策などのため“働き方改革”を提唱し、“副業”を推奨している。
近年では副業を解禁する企業も増加し、2018年は“副業元年”などと呼ばれた。

そのような流れから1年余りが経過した2019年、投資やアルバイトなど自身の周りにも“副業”をしている人が増えた、なんて方も多いのではないだろうか。
しかしこの政府や企業が副業を推進する動きの背後には、“終身雇用制度の崩壊”という問題も隠されている。
20代や30代の若手世代には、“副業解禁”で一つの会社に縛られず自分の能力を発揮できる世の中、というのは魅力的に映るかもしれない。
だが、“40代・50代を迎えた中高年”にとっては、「今さら副業と言われても…」と中々前向きに考えることが出来ない方々も多いのではないだろうか。

■勤続25年のサラリーマン、布川氏(48歳)の副業。

今回インタビューに応じていただいたのは、都内の中堅企業で勤続25年を迎えた布川さん(48歳)。

約半年前から“夜の業界”で、とある副業をしているという…。

某タワーマンションに奥様と中学生の娘さんの3人で暮らしているという布川さん。
シルバーグレイの頭髪にダークブラウンのジャケットを着こなし、“渋いおじさま”といった雰囲気である。
とてもじゃないが“夜の世界”と接点のある方には見えない…。

■電子部品メーカーの管理職で働くも受注先が業績悪化…。

――一般企業に勤務されているとのことですが、具体的にはどんなお仕事なんですか?
電子部品メーカーの総務部で働いています。いわゆる“管理職”ですね。

――今のIT時代、電子部品業界って結構儲かっているのでは?
いやいや、それが競争の激しい業界で…。最近、会社のメインの受注先が業績ダウンしましてね…。そのあおりでウチも“リストラ”が始まりました。営業職ではないので“給料減額”されたり酷いもんですよ。

――それで“副業”することに決めたんですか。
えぇ、まだ家のローンも残っているし、子供は中学生でこれからお金がかかるし…。そんな中で給料がカットされてボーナスもありませんから。“働き方改革”だか何だかで“残業もNG”ですから残業代で稼ぐことも出来ない。

――なんとも厳しい現実ですね。
私にも資金に余裕があったら“投資”なんかの副業でもやってみたいですけどね…。
背に腹は代えられないですから、少しでも収入を増やさないと…。

ため息をつきながらそう話す布川さん。
しかし、何故、電子部品とは縁もゆかりもない“ナイトワーク”業界で副業のアルバイトをすることにしたのだろう。

■48歳の布川さんが選んだナイトワークの副業は?

――ナイトワークで副業のバイトをしていると聞きましたが、どんな仕事なんですか?
“キャバクラの送迎ドライバー”です。

―― キャバクラですか!その副業に決めた理由は?
まずは時間的な事情です。私の本業は残業がないので、“夜間~深夜”にかけて可能なバイトを探していました。
“飲食店”や“ビル清掃”のバイトもやりましたが、体力的にきつくて続きませんでした…。
それで何か、もっと短時間で体の負担が少なく、“効率よく”副収入が得られる仕事を探していた時にこの求人雑誌(フリーペーパー版ドカント)で見つけたんです。

――本業が終わった後の夜間帯で可能な効率の良いバイトですか。
そうです。勤務時間はお店(キャバクラ)の営業が終わってからの“深夜スタート”です。
お店の閉店は“深夜24時”なので、だいたい終電がなくなる頃から待機をします。ですから本業が終わって一旦家に帰ってからでも間に合います。

――なるほど、時間的にこの仕事がピッタリ合っていたと。
(本業の)仕事が終わるのが18時で、それから帰っても23時頃まで家にいられますからね。家族と食事をしたり仮眠も出来ます。また私はお酒も飲まないし、自家用車も持っていて運転も好きだから、条件が合っていました。

――深夜から働いて、翌日の本業には影響が出ませんか?
ドライバーの仕事は、送迎する人数や行き先によって変わりますが、平日は人数が少ないこともあります。
そんな時は“1往復の送迎”“2~3時間で終了”しますから、次の日も問題ありません。
どうせ家にいても夜中の2時3時まで起きてますからね(笑)。
週末や休日前とか、イベントの日なんかは女の子の数も多いので、“2~3往復の送迎”もありますけど、それでも大体“4~5時間”で終わります。それで本業の方は週末が休みなんで大丈夫ですね。

■キャバクラの送迎ドライバーの副業、その収入は?

――送迎ドライバーの仕事の勤務日数はどのくらいですか?
“週3日シフト”です。だいたい“月12日~15日”は仕事をしてます。

――どのくらいの収入になりますか? 給与システムについて教えて下さい。
給料は“日給7千円”です。“日払い”でもらってます。
“ガソリン代”“高速代”はお店から“別途支給”されます。
他のドライバーさんに聞くと、ガソリン代が“自腹”(自費)のお店も結構多いみたいです。その分日給が高かったりするみたいですが…。
送り先が遠方の場合は、ガソリン代や高速代で“2~3千円以上”かかりますから、その差は大きいですね。
だいたい15日勤務だと、私の給料は“日給7千円×15日→10万5千円”になります。

――月に10万円の副収入ですか。
満足しています。基本的に“1日2便”ですけど、短い時は“1日1便の2時間”で仕事が終わります。
そうすると“時給3,500円”になりますから、勤務時間や日数の割には高収入だと思っています。
それに今の我が家にとって“10万円の収入アップ”は貴重ですから。

――確かに、今10万円の副収入を手に入れようとしたら大変ですからね。
それに“40歳を過ぎた”オッサンになると、途端にバイトで雇ってくれる会社も少なくなりますから(苦笑)。

――やっぱり40代50代だと厳しいですか…。
何か特別なスキルがあったら別ですけど、中高年を率先して雇ってくれる会社なんて全然ありませんよ。
以前、居酒屋でバイトをしたんですが、“時給1,100円”スタートで、夜の9時から翌1時まで(4時間)の忙しい時間帯の勤務でした。
“1日4,400円”の給料で体もヘトヘトだし、自分の娘みたいな年頃の子に文句言われたり、きつかったですねぇ…。

■キャバ嬢からの“プレッシャー”に晒されながらも奮闘中!

――送迎ドライバー仕事を始めてみて感想はありますか?
いやぁ、女の子は“怖い”って思いましたね…。

――キャバ嬢が“カワイイ”とか“キレイ”ではなくて“怖い”?
彼女達って車に乗ると、お店の“男性スタッフ”“お客”に対しての“文句”が凄いですから(苦笑)。
それだけだったらアレですけど、車に乗り合わせていない“お店の女の子の悪口”とかも延々と続きますからね。
可愛らしい見た目から聞いたこともない“罵詈雑言”が飛び出しますよ、恐ろしいです。

――あぁ、それは嫌な現実ですね…。
でも怒りの対象が他人ならいいんですが、送迎中に急停止したり道に迷ったりして、その矛先がこちらに向いてしまうと、もうヤバいですね。“チッ”て舌打ちしながら物凄い形相で睨みつけてくる女の子もいますよ…。

――それは怖い!
反抗期の我が娘が可愛く思えますよ(笑)。
でも、安全運転に徹してれば問題ありません。道路事情についてもナビがあれば大丈夫です。

――優しいキャバ嬢はいないんですか?
いやいや、優しい女の子の方が多いですよ(笑)、怖い子は一部だけです!
差し入れのコーヒーだとか、お客さんからもらったケーキとかくれる女の子もいますし…。

――それはそれで、お客さんが気の毒な気が…。
そうなんですよ(笑)。私に中学生の娘がいるって知っている子なんかは、お客さんからプレゼントされたリップだとかハンカチとかを『娘さんにどうぞ』なんて言って“転送”でプレゼントしてくれたり…。

――良い話ですねぇ…。仲良くなったキャバ嬢と飲みに行ったりとかは?
いやいや全くありません(笑)。基本的にドライバーは“女の子との会話は禁止”です。ましてや個人的なお付き合いなんてしたら“クビ”ですよ。

――ナイトワーク業界のルール、“風紀”は厳禁ってヤツですね。
それに20歳前後の女の子とか、もう子供にしか見えないですからね。
そういう事情か分かりませんが、他のドライバーさんも“40代とか50代の中高年男性”が多いですね。皆さん副業でアルバイトをしています。

――お店からすると“若い男”のドライバーよりは安心ですよね、色んな意味で…。
“既婚者”“中年”のドライバーを若者よりも優先的に雇っている、ってマネージャーさんも言ってましたね。そんなこと求人情報には書けないでしょうが(笑)。

■朝~夜~朝…。あと10年、60歳まで稼げるだけ稼ぎます!

――毎日ではないにせよ、朝9時から夜18時まで“本業”で、深夜から朝まで“副業”っていう生活は辛くないですか?
確かに辛い時はありますし、疲れて“居眠り運転”をするんじゃないかって恐怖もありますね。
だから副業のある日は特に“仮眠”を取るように心掛けています。

――そうですよ、睡眠時間が少な過ぎですよ!
でも、40代も後半になると、全然“寝なくても大丈夫”になるんですよ(苦笑)。
2~3時間眠ったら普通に目が覚めますから。
そういった意味でも、キャバクラの送迎ドライバーの仕事は“40代・50代の中高年向き”と言えるんじゃないですかね(笑)。

そして最後にこう言って布川氏は優しそうな笑顔を見せた。
“気合”と“ガッツ”で後10年位、60歳になるまでもうひと踏ん張り、娘が成人するまで稼がないと…。

■キャバクラ送迎ドライバーの副業アルバイト詳細

都内キャバクラグループで勤務中の布川さんの待遇
・日給7千円※全額日払い
・ガソリン代、高速利用代は別途支給
・自家用車持ち込み
・週2日からのシフト制
・23時30分頃から待機
・1日平均2便
・遅くても翌4時には帰宅※早ければ翌2時には終了