【緊急寄稿】コロナショックで客足激減!風俗店が閑散期を乗り越えるために!!

■風俗業界・コロナウイルス関連ニュースを随時更新!

3月13日に本稿をアップした後、4月1日、遂に新宿区“歌舞伎町”で、キャバクラ女性従業員や風俗店関係者らから十数人の“感染者”が確認された、との報道があった。(読売新聞オンライン

この日より、都知事や各自治体の長から、接客を伴う“夜のお店”の利用“自粛”要請が出される。.

本稿冒頭では、風俗業界に関わるコロナウイルス関連情報を随時追記していきたい。

■4月3日:「夜の社交場」クラスター、店名公表対応分かれる(読売新聞オンライン
■4月3日:子育て世代への新型コロナ支援、夜の街で働く人には不支給?(BuzzFeed
■4月7日:風俗業も8330円上限の休業補償対象…厚労相方針(読売新聞オンライン
■4月8日:ホスト&風俗嬢“コロナ疎開”の危機(東スポWEB
■4月12日:安倍晋三首相「接客を伴う飲食店は、全国すべてで出入りを控えていただくよう要請する」(スポーツ報知
■4月19日:キャバクラやホストなど歌舞伎町の風俗で感染者多数。新宿区の感染者の4分の1(テレ朝news
■4月21日:「風俗はダメ」融資拒否され、がけっぷちのデリヘル経営者「休業協力金だけじゃ無理」(弁護士ドットコムニュース
■5月3日:「無店舗型事業者」は東京都の休業補償の対象外という不条理(NEWSポストセブン
■5月11日「性風俗業の対象外に『差別』 持続化給付金の見直し要求」(朝日新聞デジタル
■5月13日「デリヘル 融資も補助金もなく四面楚歌【特集】コロナで変わる夜の世界#3-1」(Yahoo!ニュース
■5月15日「中国人が消えた 風俗街『吉原』がコロナ禍で存亡の危機」(AERAdot.アエラドット
■5月20日「中洲の女帝『夜の街は死なん』“一流”を見た50年…コロナで感じた情」(西日本新聞
■5月22日「大阪・北新地がコロナで一変 休業続く歓楽街“新しい生活”は成り立つのか…接客も“2m離れてマスク姿で”?」(MBSテレビ Newsミント!
■5月28日「もう待てない!都内ナイトクラブ見切り発車で営業再開」(東スポWEB
■5月29日「政府にはしごを外されたラブホテル【特集】コロナで変わる夜の世界#4」(Yahoo!ニュース
■6月3日「コロナ再拡大で東京アラート発動 原因は飲食店クラスター」(日刊ゲンダイDIGITAL
■6月7日「新宿のホストクラブ関係者に複数のコロナ感染者が出た背景」(NEWSポストセブン
■6月15日「なぜ、風俗業は持続化給付金の対象外? 中小企業庁『過去の政策との整合性がとれない』」(Buzz Feed
■6月18日「聞き取り難航…感染続く“夜の街”対策店も ホストクラブ“独自”対策とは」(日テレNEWS24
■6月24日「『ホスト狩り』の惨劇で治安最悪…クラスター集中の歌舞伎町は自粛警察も行かない」(PRESIDENT Online
■6月28日「花街『吉原』140店のうち3割が閉店も、『チャットレディー』鞍替えも模索」(デイリー新潮
■7月3日「休業要請しても『闇営業で無力』 感染者100人超、東京都医師会長に聞く『都内の課題』」(JCASTニュース
■7月6日「地方の風俗はどう変わったか? コロナ前・最中・後とで…現場リポート」(デイリー新潮
■7月16日「『夜の街』陽性率3割、会社員らの8倍…新宿区PCR」(読売新聞オンライン
■7月18日「吉原では1日6~7万稼げていたのに蒲田では2万円…“夜の街”で働く人々の言い分と懐事情」(文春オンライン
■7月25日「官邸主導?『風俗警察』がコロナ拡大防止で新宿・歌舞伎町に投入されたワケ」(AERAdot. アエラドット
■7月31日「厚労相『一部地域で感染スピード増し憂慮』…風営法による立ち入り調査や店名公表」(読売新聞オンライン
■8月3日「『夜の街』連呼でやり玉に コロナ禍で再燃する『セックスワーク』への差別意識」(文春オンライン
■8月9日「『不要不急に殺される』夜の街・歌舞伎町に生きるホストたちの心の叫び」(BuzzFeed
■8月18日「小池百合子が壊滅させた歌舞伎町にいま、中国資本が大量流入している…『小さな店は限界だ』」(PRESIDENT Online
■8月21日「第4次韓流ブームで大盛況の新大久保と小池百合子が殴り殺した隣の新宿歌舞伎町」(PRESIDENT Online
■8月27日「性風俗店が国を提訴へ 『持続化給付金』など除外は『職業差別』…クラウドファンディングで支援呼びかけ」(JCASTニュース
■8月27日「『夜の街』は悪ですか」ラウンジ経営者『休んだ方が楽』クラスター発生の誤情報広がり電話から罵声」(沖縄タイムス
■9月2日「収入激減も持続化給付金の申請ができない、しづらい…風俗店で働く女性と支援者に聞く、コロナ禍の風俗業界」(ABEMA TIMES
■9月7日「国内で新たに451人の感染確認…東京『夜の街』関連は3ヵ月ぶりゼロ」(読売新聞オンライン
■9月9日「『夜の街だけが悪いのか』店内全員を毎日PCR検査する銀座ママの意地。医師常駐、車内でPCR検査」(PRESIDENT Online
■9月14日「『性風俗業は仕事であり、職業です』経営者の女性が国を訴えるまで」(BuzzFeed
■9月15日「性風俗経営者による『セックスワーカーの安全を守るための訴訟』への強烈な違和感」(YAHOO!ニュース
■9月25日「キャバクラ地帯の売上は9割減…沖縄『感染爆発』の現場は蘇るのか?」(文春オンライン
■10月3日「『夜の街』神戸・福原も苦境『エイズ騒動以上』 売り上げ半減、廃業も 新型コロナ」(神戸新聞NEXT
■10月15日「歌舞伎町・中州・ミナミ・栄・すすきの コロナ対応『夜の街』で明暗…西村担当相」(THE PAGE
■10月21日「『新型コロナ』50人感染 接待伴う飲食店従業員やクラスターのキャバクラ利用者 集まり合った家族ら」(埼玉新聞
■10月25日「札幌市 新たに32人感染 半数が20代、ススキノのスナックで新たなクラスターも…夜の街関連13人増加」(北海道ニュースUHB
■11月23日「クラスター多発 札幌『ススキノ』で感染拡大の元凶と言われる“メンパブ”って何?」(デイリー新潮

■コロナショックで客足激減!風俗店が閑散期を乗り越えるために!!

2020年3月、“新型コロナウイルス”の大旋風が日本中で吹き荒れている。
政府はウイルスの感染拡大防止に向けて、イベント開催の自粛や学校の休校などを要請し、国内は一気に自粛ムードが加速、株価も乱高下するなど日本経済にも大打撃を与え始めている。

この“コロナショック”が、旅行業界や飲食業界を始めとする様々な業界に与えた影響は大きい。
3月24日、ついに“東京オリンピックの開催延期”が正式に発表された。
未だ先の見えない不安感が列島に渦巻いている…。

一方、中々マスコミには取り上げられないが、“風俗店”“キャバクラ”などの“ナイトレジャー業界”もその例外ではなく、コロナショックの大激震に襲われている。

■“濃厚接触”がサービスの根幹
『新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離で2メートル程度)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境は感染を拡大させるリスクが高いとされています』
これは“濃厚接触”について、厚生労働省が定義づけ注意喚起した文章である。

この‟濃厚接触”を回避するためには、キャバクラ店ではキャバ嬢がお客様から“2メートル以上離れて接客”しなければならないし、風俗サービスに至ってはそもそも“濃厚すぎる接触”をしなければサービスが成り立たない仕事なのである。
営業内容そのものがウイルスの脅威に晒されているといっていい。

バブル崩壊やリーマンショックなどといった“金融不況”とは違い、人との接触が危険視されるウイルスによる実体経済の危機なのである。
人との接触を提供するサービス業の風俗業界に悪影響が出ないわけがない。

■そもそもコロナショック以前から風俗業界では客数の減少に対する指摘はあった。
・団塊世代が風俗遊びを引退
・20代~30代の遊び盛りの若年層にお金がない
“パパ活”“ギャラ飲み”などSNSを使い個人で客引きをする女の子の増加

これに加えてのコロナショック、これではお店に閑古鳥が鳴くはずである…。
「新規のお客様が全く来ない」、「前月比で売上が60%~80%減」、「暇すぎて女の子が辞めてしまった」等々…。
悲痛な声が日々ドカント編集部にも届いている。

■今できる予防対策を行いながら、耐えるしかない…。
お店側としては、ウィルス感染対策として事務所やプレイルームの“清掃”“換気”“消毒”といった感染予防に努めること。

全スタッフは出勤時に必ず“体温”を測り“手洗い”を徹底する、店舗スタッフは接客時に“マスクを着用”するなど…。
今できることをやりながら耐えるしかない…といった状況なのである。

しかし、こういった突発的な閑散期は別としても、どんな商売でも繁忙期(忙しい時期)と閑散期(暇な時期)というものが必ず訪れる。
繁忙期・閑散期がいつ訪れるかは業界によって様々で、風俗業界にも特有のサイクルが存在している。
どんな人気のあるお店でも一年を通して絶好調なわけではない。

では風俗店において閑散期が訪れる時期はいつなのか、また店舗スタッフは来るべき繁忙期を前に、閑散期をどのように乗り越えれば良いのかを、こんなタイミングなので紹介してみよう。


■風俗店の繁忙期は年末年始・GW・夏期。閑散期はその後に…。

昔から“二八(ニッパチ)”と言われていたように、飲食業やイベント関連業など多くの業界では“2月と8月”が閑散期とされてきた。
しかし風俗店における繁忙期~閑散期のサイクルはこれとはやや異なっている。

【風俗店の繁忙期】
忘年会や新年会で歓楽街が華やぐ年末年始、それに長期の休暇があるゴールデンウィーク夏期となり、月で言うと1月・5月・7月・8月・12月が該当する。

このように、他では閑散期といわれる“二八(ニッパチ)”の8月は、風俗業界では逆に繁忙期となる。

一般的に8月が閑散期とされているのは、お盆の時期に多くの企業が夏期休業に入ることが大きな要因なのだが、逆に風俗店はこの時期も通常通り営業しており、“夏休み”でアクティブになっている男性たちがお店へと押し寄せるので“繁忙期”を迎えるのである。

【風俗店の閑散期】
先に述べた繁忙期が賑わった後、月で言うと2月・6月・9月となる。

2月は年末年始の賑わいも収まり、寒さで人の動きも鈍くなりがち、6月は楽しかったゴールデンウイークが終わった上に鬱陶しい梅雨空、9月は夏というアクティブなシーズンが終わって心身ともにすっかりお疲れ、このように閑散期は男性たちのマイナスモードが重なってやって来るのである。

■閑散期にやるべきことは?

勤務する風俗店が閑散期を迎えて客数が減り、売上がダウンすると、店舗スタッフが高収入を稼ぐために欠かせないインセンティブ(歩合給)も覚束なくなってくる…。

しかしここで「ヒマだな~給料も下がるかな~」とボンヤリしていてはいけない。

その時間的な余裕をどれだけ上手に使うか、それが閑散期による売上ダウンを最小限に抑え、次にやってくる繁忙期に対する“備え”にもなるからである。

閑散期にやっておきたいこと、それは以下の通りです。

【1】通常業務を見直してキメ細かく

接客や案内業務、清掃など通常行っている仕事を見直してみよう。
日常のバタバタで知らず知らずのうちに仕事が雑になっていないか?
ついつい明日へ廻してしまっていた仕事はないのか?
接客や電話応対のマニュアルの見直しなど、日頃の業務を自らチェックしてキメ細かく行うことで、お客様の店に対するイメージがアップし、再来店のきっかけにも繋がるのである。

さらに清掃については、カーテンやエアコンのフィルターなど、日常業務ではなかなか行き届かない場所もキレイにしよう。
隅々までピカピカになると女の子やスタッフのモチベーションも上がり、店長や上司からの評価も変わってくるはずである。

【2】ホームページ・SNSによる情報発信・更新を活発に

今やお店の情報発信ツールとして、ホームページやSNS(TwitterやLINEなど)の活用は欠かせない。
客数の減る閑散期こそ、キャンペーン情報の発信や更新を活発にしよう。

例えば、閑散期の2月にも“バレンタインデー”という一大イベントがある。
限定価格や女の子からのプレゼントなど、魅力的なキャンペーンを考案してホームページや拡散力の強いTwitterなどで随時情報を発信することにより、お客様の興味を引くことが出来れば、売上ダウンに歯止めをかける一手になるかもしれない。

また、風俗店の大事な商品である“女の子情報”の更新作業もこの時期に積極的に行っておきたい。
ホームページのプロフィール画像やデータ、コメントを最新のものに更新する、女の子の動画やプレイムービーなどを撮影して公開する、風俗情報サイトの“写メ日記”といったコンテンツも随時更新をする、女の子に自分のアカウントのSNSからも情報を発信してもらうなど、忙しい時期に出来なかった集客ツールを活用した情報発信をこまめに行いたい。

なお、見落とされがちなものとして、“求人サイト”の更新がある。
求人情報は日々それほど内容が変わらないこともあり、下手をすると真冬に“夏の大募集”といった季節外れなキャッチコピーが残っている場合も見受けられる。
これでは仕事を探している女の子たちに、“この店は女子募集に力を入れていないんだな”と思われてしまう。

繁忙期に女の子や店舗スタッフの人材確保をしっかり行うためには、その前の閑散期に募集活動の準備を行わなければならない。しっかりとチェックしたいポイントである。

【3】他店の動向チェック、新サービス・コースの検討

閑散期で時間に余裕が出来たら、風俗情報サイトやSNSなどで他店がどのようなキャンペーンを行っているのか、また業界内で新しいサービスや人気のプレイなどが話題になっていないか、といった動向チェックも必要である。
その上で新たなキャンペーンやサービスを進言すれば、店長や上司から一目置かれることは間違いない。
その企画が採用されてヒット商品ともなれば、昇給・昇格がグッと近付くことになるはずだ。

【4】女の子とのコミュニケーションを密に

お客様の減る閑散期は、女の子にとっても収入の下がる厳しい期間となる。
そんな時こそ女の子へ積極的に声を掛けてコミュニケーションを取ることが大切である。

なかなかお客様が付かず、悩んだり不満を抱えている女の子たちをそのまま放っておいたら、最悪の場合、退店して別の店舗に移籍するといった選択をされかねない。

そうなればやっと訪れた次の繁忙期に女の子が足りない、といった最悪な事態になってしまうのだ。

「今日は暇ですいませんでした」「お客様が少なかったのは貴女のせいではない」「次の出勤の時は指名のお客様を用意しておきます」等々、しっかりと気配りしたコミュニケーションを取って女の子を繋ぎとめておきましょう。

閑散期の後には必ず繁忙期がやってきます。
その時に最大限のパフィーマンスが発揮できるように、閑散期からしっかりやるべきことを進めていきましょう!


ドカント変集長 キノシタ

水分補給は缶コーヒーで(´∇`)千葉県出身(ジェフ市原のお膝元)・アイドルとスポーツはかなりのオタク・深愛・邦画マンにもなる・仕事人・ジェフ応援人・野球好きなオッサン・ラーメンは味噌に限る・身体に鞭打ち戦う朝昼晩やります!!

ドカント変集長 キノシタをフォローする