【夜の仕事人インタビュー】元ホスト 真也氏の場合

ホストクラブの仕事
【夜の仕事人インタビュー】

元ホスト 真也氏の場合

最初に気付くのは彼の歯の白さだ。
それは何というか清原のソレみたいな、
違和感のあるセラミック的な白さである。

「歯、キレイですね」というと
「気付きました?これメッチャ高かったんスよ」
と前歯をニッと剥き出し嬉しそうに言う。

「400万しましたよ、ガハハ」
年季が入ったしわがれ声。
いわゆる「酒灼け」声で笑う。

新宿歌舞伎町の区役所通りを真っ直ぐと職安通りの方へ向かう。
一角を左に折れると、お世辞にも綺麗とはいえない古びた雑居ビルがある。
「バー●●●」という黒地に白文字が浮き出た目立たない集合看板。
薄ボンヤリとした暖色照明の店内、
カウンター席10席、テーブル席が2つの小さな店舗がそこにある。

その店を経営しているのが今回お話しを聞く、真也氏(32歳)。
元ホストである。

真也氏は4年前、28歳までホストを生業としていた。
その後2年程知人のホストクラブの手伝いを続け、
このお店は2年前、30歳になってから始めたという。

真也氏とは今回が初対面である。
「ホスト」というと、年がら年中鏡で前髪をチェックしているような
自意識過剰のメンズをイメージしてしまう。
全くの曲解であるが、そんな心底苦手とするタイプの人が出てきたら
どうしようかと不安に思っていた。
だがその心配は杞憂に終わる。

「ホストの話っすよね」
と話し始めたら止まらないのだ。
サイボーグ009の島村ジョーみたいな髪型。
日焼けではないだろ?といった土気色の肌つや。
息継ぎも忘れたようにテンポ良くダミ声で捲し立てる。
こちらに質問する隙すら与えないように…。

「千葉県の工業高校を2年で中退してね。
地元の先輩の先輩が不良で、ホストの店をやっててさ、
まぁ今思うとホストクラブ『もどき』の店だったけどね」

「17歳の頃、そこで働き始めたんだよね」
もちろん17歳は違法であるが、そこから彼の水商売がスタートする。

「その頃地元だと、グレちゃった奴は金融屋やるかホストやるかだったから。
○○先輩は闇金で月ウン百万稼いでるとか、○○先輩はホストやってて景気がいいとか、
中坊の頃からそんな噂ばっかり聞いてたからさ、
お姉ちゃん好きの俺なんか迷いなくホストに入ったよね」

「その店は俗に言う『田舎ホスト』でさ、ナンバーワンでも売上100万とかだったよ。
地元のキャバ嬢、スナックのお姉さん、風俗嬢なんかがお客さんでさ。
いわゆる『太客』なんて全然いなかったよね。
若いし経験も無いから結構安月給で働かされてたしね」

「んで、まぁ若いからさ、そこそこ客も付いて来るわけじゃん。
17、18歳でチョットした金が貰えてたんで、それなりに楽しんでたよね」
「でもね、地元だと面倒なことも多いんだよね。田舎独特のトラブルみたいな…。
『誰ソレは誰ソレの知り合い』だとか『誰ソレは誰ソレの女』だとかさ」

「大概その『誰ソレ』は厄介な人だったりするわけよ」

19の夜、新宿歌舞伎町のホストクラブに向かう。

「そんな頃、歌舞伎町でホストやってて儲かってる奴の話なんかもよく聞いてたから、
19歳の時に歌舞伎町に出て来たんだよね」

そのお店は「club ●●●」という中々有名なホストクラブだった。
当時歌舞伎町で3店舗を経営しており、新規店のオープンも予定していた。

「色んなシガラミが嫌だからさ、その店は普通に求人広告を見て決めたよ。
当時のホスト業界っていうと『ホストグランプリ』とかやってたり、
ホストクラブの巨大な看板が街の中に置かれ始めた頃だったね。
マスコミにも取り上げられたりして、まだまだ良い時代だったよ。
夢を売る華やかな世界というかね…」

──ホストというとキャバクラの男版というか、
──若くてイケメンだったら結構な収入を得られるイメージがあるが。

「いやいや、その頃も今も変わってないけど、
ホストなんて独り立ちするまでは、悲惨なモンで延々と搾取され続ける世界だよね」

──搾取される?
「ホストなんてね、ほとんどはまともに稼げてない。
完全歩合の世界だから、客がいなければ0円だし」

「キャバ嬢みたいにとりあえず時給3,000円とか絶対にない。
月収ウン百万とかまともに稼げてるホストは10人に1人ぐらいだよ。
客が付かなければ単なるタダ働き。貴重な時間を搾取され続けるのよ」

ホストの給与システムとは?

──給与システムはどうなってるの?
「まず店の営業時間は6時間程度でしょ。
新人君の場合は清掃やビラ配りがあるから早く出勤するよね。
だいたいの労働時間は1日8時間くらい」

「客がゼロなら給与も0円。でも最近はホストも人材不足だから
最低保証日給を出す店も増えているけど、それも日給5,000円程度だよね。
まぁ売上がなけりゃ、その日給も3ヵ月とかで打ち切られるとかね」

──それは厳しい…。
「まぁそういうのは『底辺ホスト』『下流ホスト』とか呼ばれてるけどね」
「その保証日給を切られる位ならいいけど、何ヶ月か経つと『売上ノルマ』が設定されるから。
それがクリアできないと『ノルマ罰金』となって『マイナス給与』になっちゃう。

つまり店への借金になるわけよ」

底辺ホストの給与額は?

──給与なし、どころかマイナス…?
「(電卓を手に)細かく説明しよう、ガハハ。
労働時間が1日8時間、それが週6日。
保証日給が5,000円。自分の売上はナシ、0円。
1ヵ月24日出勤したとして、5,000円×24日で、月給120,000円。
時給換算すると625円。
ちなみに平成29年の東京都最低時給は932円だからね」

──何かの修行みたいな待遇だ…。
「修行修行、ガハハ。でもそれで終わりじゃないの!
遅刻罰金、これが30分1,000円。
当日欠勤は10,000円の罰金。
無断欠勤は30,000円の罰金!
寮費も引かれる。俺の時は5人共用部屋で一人20,000円。
旅行積立金もある。これは旅行に行かなくても、8,000円とか10,000円とか引かれる」

「トドメは『雑費』」

──雑費?
「店によっては『公債費』とも言うけど、
店の備品代や維持費に回されるお金のこと。
これは売上の10%とかを引かれることが多いかな」

──お店の維持費をホストが出す?
「そう、ホストは個人事業主みたいなモンだから。
店の維持費や備品代も少しは負担しろよってこと」

「一説には裏の世界に支払う金とも言われてるけど、ガハハ。
ホストも売上と共に色々なトラブルも増えるからさ、
それに応じた金を払っとけ、みたいな意味だと俺は思ってるけど、ガハハ」

──それにしてもお店が優位な立場ですね?
「だから店からしたらホストは何人抱えてもOKなわけ。
歩合制だから、働く人間が増えるのは店側にとってはメリットしかないでしょ。
タチの悪い店なんかは『マイナス給与』の借金をタテに店を辞めさせないとかするから。
飛ぶ(無断で退店)奴が後を絶たないよね」

「もっとヤバイ店なんて面接の時に『君の親は何してるの?』
とか聞いて実家の収入を調べたりしてね、
新人ホストを潰して借金を実家から回収するとかね、ガハハ」

──すごい、ここまで悪い話しかない(笑)
「だよね、だからこの最初の数ヶ月で辞める奴がほっとんどなの」

──話が違うじゃないかと?
「でもそのキツイ環境でも、そこから客を拾って来る奴が、まずは第一関門を突破するわけ」

貧困ホストからの脱却。

「街で客をキャッチする、ビラ配りしまくる、初回の客に喰らい付く、
先輩のヘルプの時に頑張るとか。
頑張るって飲みまくるってことね、先輩客のボトル空けること」

「そして何とかノルマをクリアして売上を上げていくと、
周りもね『コイツは伸びる』って見る目も変わってくるから。
そしたら先輩にも可愛がられたりしてチャンスも多くなってくるよね。
高級なスーツやアクセサリーを先輩からもらったり、いい客のアフターに呼んでもらえたりね」

──やっと良い循環に入って来ると…。
「ホストは売上に応じてバック率(歩合)が変わる。
スタートは売上の25%~35%バックが主流だね」
「客が10,000円を使ったら、2,500円とか3,500円がホストに入る。
そして売上が100万円を超えたあたりから、バック率が50%とかになるわけ」

──そこそこ稼げるホストってどの位の収入になるの?
「まずは売上50万円程度をクリアすること。
指名客が1日1人来てくれて、月20本。
同伴を月5回する。
この辺で『中級ホスト』だね

──そうすると給与は?
「(電卓を手に)説明しよう!
1・保証日給5,000円×月20日出勤(週休2日)で、合計100,000円。
2・売上が500,000円×バック率25%で、125,000円。
3・指名20本+同伴5本の計25本×1,000円で、25,000円。
1+2+3で合計250,000円の給与となる」

──そこから引かれて(笑)
「まあ奇跡的に遅刻もせず、寮でもなかったとして。
雑費(公債費)が25,000円に旅行積立金が8,000円で33,000円。
250,000円、マイナス33,000円で、217,000円」

「中流ホストで、月収217,000円!」

──ムムム、また微妙な(笑)
「いや、結構現実的な数字。
普通は50万円の売上を作るのも大変なんだけどね」

──確かに、自分と飲むために25,000円のお金を使ってもらう客を毎日呼ぶのは難しい。
「そう考えると厳しそうに思えちゃうけど、
一晩でウン百万も使う客がいるのも現実だからね
100万円使う客が毎月1回でも来てくれたら、
一気に『上流ホスト』に成り上がれるからね」

上流ホストへの道とは?

──ああ、なるほどそう考えると…。
「100万円の売上だとバック率が50%に上がるから、50万円のバック。
保証日給で10万円。
諸々バックはさっきと一緒で25,000円
合計625,000円の給与額。
そっから引かれても50ウン万円は貰えると」

──でもそんな太客とどうしたら出会えるのか?
「そりゃもう『運』しかない!
底辺ホストから中流ホストに上がるのは『努力』だとしたら、
中流ホストから上流ホストに上がるのは『運』だね」

「運良く一晩ウン百万使う客を何人もゲットしたホストが『1,000万プレイヤー』となるわけ」

「さらに1,000万円の売上だと70%とか80%のバック率になるから
700万円とか800万円以上の収入になる。
指名やモロモロのボーナス込みで900万以上の給料とかね」

「こうなるともう『カリスマホスト』の仲間入り。
今時ココ(歌舞伎町)でもそんな奴は10人もいないと思うけどね。
最近では看板とかで『売上5千万突破!』とかよく見かけるけど…ホントかよ?と思うよ」

稼げるホストになるコツとは?

「一晩ウン百万使う客を見つけるっていったらそりゃ雲を掴むような話だけど。
まず、月に30万円使ってくれる客を5人作るって考える。
それをベースに、毎月一人、月に30万円使ってくれる客を増やしていく。
すると誰か一人潰れても売上は安定してくる」

──何か営業会社の部長の訓示みたいだ(笑)
「よく言われるのが『店は商店街、ホストは各店舗の店主』だと。
だから客の支払方法もホスト自身が決められるわけ。
『売掛』って聞いたことがあると思うけど、客にツケで飲ませてもいいんだよね。
モチロン客が払わなければホストが被るんだけど。
売上を達成したかったり、ナンバー上げたいホストなんかは
無理して売掛で売上を増やしたりね…」

「まぁ店もそれを煽ったりするしね。『あと何十万円でナンバー入りだぞ』とかね。
だから実際売上1000万とかいっても、その中味は売掛500万だったりもするから」

──真也さんも売掛があった?
「あったあった、現金のみで売上作るなんてまず不可能」

「回収?そりゃ大変だよ、
たいていは売掛なんて普通に払ってくれるけど、
全然払わない女なんてもう『猛者』だからさ。
日本語なんて通じないわけよ、開き直ってるから!」

「『アイツの売掛飛んでやったわ!』
『あんな高い金で飲ます方が悪い!』
とか言って別のホストクラブで自慢してたりね。
歌舞伎町っつっても狭い村だからさ、聞こえてくるわけよ、そんな話が」

「『このヤロー』とか熱くなって電話すると
『出るとこ出ようか?』とか言ってくるしね」

「まぁ俺も他の店の売掛抱えてる女が客で来たら、
その売掛を払わせないで自分に使わせてたけどね、ガハハ」

「化かし合いだよ、化かし合い…」

──働くお店選びのコツとかってあるんですか?
「ホストは短期集中で稼ぐ仕事だから、店選びは重要だよね。
何が重要かっていうと『集客力』に尽きるよ。
店に集客力があれば、力の無いホストもオコボレにありつけたりするから。
ネットや雑誌とかでたくさん宣伝をしていたり、有名なホストが在籍していたりとかさ、
そういう店で一発勝負してみる方がいいと思うよ。しょっぱい店で若い時を腐らせるよりね…」

そんな真也さんの売上は?

──真也さんも1000万円プレイヤーだった?
「無理無理、俺お笑い担当だから、ガハハ。
でも何回かはあるけどね、1000万超え。
26歳とかそのくらいの時期、まぁ全盛期だよね、ガハハ」

──実際どの位稼いでいたの?
「一番良いときでも年収2,000万円~2,500万円とかかな。
バースデー月に無理矢理頑張っても、翌月に揺り戻しが来たりするからね、
客が潰れたりとか…。年間で並べたらそんな感じだったと思うよ…」

「けど、25とか26歳の若い時に稼いだ金だからさ。
有り難みもなくバンバン使っちゃってたよね。
『ホストはイメージ商売だ』とかいって、イイトコに住んで車買って、
毎日後輩におごってさ…。
ホント今じゃ何も残ってないね、ガハハ」

──25、26歳頃が全盛期?
「そっからは緩やか~に落ちていくんだわ。
やっぱ20代後半になるとホストの鮮度も落ちるからね。
世の中上手く出来てるよ、接客の腕は上がるけど客からの需要がなくなる、みたいな。
仕事してると分かるんだよね、やっぱり若い奴らの勢いをね」

──年齢と共に需要がなくなるものなの?
「例えば(女性が働いている)キャバクラだとさ、男性客の層が幅広いわけじゃん。
お金持ちの社長さんから普通のサラリーマン、肉体労働系の人達とか、
会社で接待で使ったりとかさ。また怪しい世界の住人の方々も結構来たりとかさ…。
だから色んなタイプのキャバ嬢に稼げる可能性があるんだよね。
業界未経験の子でも、すれっからしみたいな元ヤン系でも、
30代のベテラン、ポッチャリ系の子にもさ」

「でもホストの場合は、そんな客層の広がりがないからね。
やっぱりキャバ嬢とか風俗嬢とかがメインのお客だから。
その子らの需要の大半はやっぱり若いイケメンなわけよ!」

「客で来る女の子達は、毎日30代40代のオッサン達の相手をして疲れてるからさ、
30歳に近づいたホストなんて見たくもないわけよ!」

「だから20代前半が勝負なんだよね。短命な世界」

──それで28歳の時に現役ホストを引退したと?
「そうそう、その頃から次の仕事を考えてたね。
だいたい10年も水商売やってると体もきつくなるからさ」

「二年ほど知り合いのホストクラブを手伝った後、
残った金を元手にホスト仲間だった奴と共同で今のこの店を始めたんだよね。
まぁその相方も半年で金持って逃げたけどね、ガハハ」

──バー経営の方はどんな感じ?
「いやー厳しいねー。ホールスタッフで元ホストの後輩を二人使ってるからさ。
俺一人で食ってくのがやっとってトコかな」

「俺の店は深夜帯(1時~朝方)だからさ。
早い時間帯(17時~24時頃)は別の人に又貸ししてんだよね。
そこではガールズバーをやってるよ、大家には内緒だけどね、ガハハ」

「やっぱお客はホスト時代絡みの人が多いよ。昔からのお客だった人とかね」

──ホストの後輩がお客を連れてきてくれたりとか?
「そうそう、Ⅰ部終わり(24時頃)のお客とか、
Ⅱ部に行く前(日の出5時頃)のお客を連れてきてくれたりしてくれるよ」

──ホストをやってて良かった?
「まぁ今の俺があるのはホスト時代のおかげだからね。やったことに後悔はしてないよ。
けど17の頃から水商売しかやってこなかったのは後悔してるかな。
肝臓が逝かれた終了、みたいな世界だから、ガハハ」

「やっぱりホストって輝けるのは一瞬だからさ。
華やかに見えるけど30歳迄現役ホストで生き残れる奴なんて数パーセントの世界でしょ。
その後の人生のが全然長いからね」

──スポーツ選手のその後みたいな感じ(笑)
「比べたらおこがましいけど、ホントそう思うよ。
例えばビジュアル系のバンドやってる奴とかも、
歌舞伎町でウチの店みたいな小さい飲み屋をやってたりするんだけどさ。
俺らホストと構造は一緒だよね。『小さな宇宙』ってかさ」

──小さな宇宙?
「しょせんホストの世界もバンドの世界も、小さなコミュニティの中の出来事ってこと。
一般社会ってか、世間的には全く有名でも何でもないから。
その世界にハマッてる数少ないファンが、必死で応援して支えてくれているだけじゃん。
まぁそんなニッチな世界だから、お金を払えば一緒に酒も飲めるし遊びにも行ける、
下手したら肉体関係にもなれちゃうわけだけど…。
いわゆる『触れられるアイドル』みたいな」

「ビジュアル系の男子も20代前半の全盛期までは、
毎月何度もライブをやって、チケットを捌いて、
女の子からは追っかけられて、ちょっとしたスター気分を味わっていけるよね。
『俺メジャーデビューすっから』なんて言って、女に生活費出させてブイブイ言わしてさ。
まぁホストだと『俺をナンバーワンにしろ』とか『リシャール入れろ』みたいな時期ってかさ」

「けど30歳近くにもなると自分で『この辺が限界だな』と気付くわけだ。
『これ以上は売れないな』と。
若い奴がドンドン出てくるし、同時に客もドンドン若くなるから。
女の客も30歳あたりで結婚とかしちゃうとパッタリ来なくなるしね。
ハッと気付いたその頃には、ギターとビジュアルメイクしか学んでないから、
サラリーマンへの転身も厳しいと。
変なプライドも出来上がってるから、今さらコンビニでバイト出来ないと」

「そうなったら、もう後輩バンドの前座でも何でもいいから、
月に1回はライブに出させてもらって、
『ビジュアル系バンドマン』という立場とプライドをギリギリでキープしつつ、
ビジュアル系ファンの客を食い止めながら、自分の店に金を落としてもらって
細々と食いつないでいく。
ファンとか知り合い関係でどうにか稼ごうっていうね。
そもそもが料理とか酒とか勉強して普通のお客さんに来店してもらうとかの意識は低いわけよ。
これが俺の言う『小さな宇宙』ってこと」

──なかなか手厳しい意見ですね…。
「まぁ全部俺のことなんだけどね、ガハハ」

──確かに小さな宇宙は増えているような気がする…。

「『地下アイドル』とかもさ、全く同じ構造でしょ。
端から見ると、アイドルも応援するファンの男も『何でそんなことやってるの?』
って思われるけど。アイドルもファンも『それしかない』からだよね。
『そこにしがみつくしかない』ってかさ」

──将来的には厳しい未来が…。
「だと思うよね、客がどこまで持つか?っていう世界だよね。
コッチは行けるとこまで行くぞって覚悟してるけどさ。
結婚してることを必死に隠しながら店をやってる元ホストの奴もいるしね」

「客がいなくなるか、肝臓がぶっ壊れるかだね、ガハハ」

と、最後の笑いには気のせいか元気がなかった気がしたが、
終始まるで芸人のように面白いエピソードを間に挟みながらのマシンガントークには圧倒された。
文章にしてしまうと、一見マジメな話になってしまっている感はあるが…。
未成年ホストの時代に、一晩10万円で60代の婆さんに買われた話…。
(婆さんの醜悪な容姿と性癖についての描写が素晴らしかった)
女絡みのトラブルで裏の世界の方々に丸二日間監禁された話…。
(闇の住人の方々の恐ろしさと何も助けてくれないお店の非情さが素晴らしかった)
売掛を回収しに行った先で、その女の母親が半裸with包丁で追いかけて来た話…。
(いかにおぞましい半裸姿だったかの描写が素晴らしかった)
しかし、ここでの主旨と大いに離れてしまうので泣く泣く割愛してしまったが、さすがの話術であった。

将来に対して半ば悲観的な思いを語っていた真也さんだが、
これだけの接客テクを持ち合わせても成功への道が厳しいというホストの世界に対して、
何だか一周回って感心してしまった。
水商売の難しさというか、奥深さというか…。

だが10年後、40歳になっても今日と同じようにカウンターの中で「ガハハ」
と豪快に笑っている真也さんも容易に想像ができてしまうのも事実だ。
少し皺が増え、年を取ってもその歯はやはり変に真っ白なんだろう…。