ホストの仕事内容や給料ってどうなってるの?その実態に迫る!

ホストの仕事内容や収入ってどうなってるの?その実態に迫る!

■ホストの仕事内容や収入ってどうなってるの?

男子が憧れる仕事といえば…。 
スポーツ選手にIT会社の社長、今時だとゲームクリエイターやユーチューバー…。
「小学生の将来なりたい職業ランキング」なんかで度々登場する、こんな仕事を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。

しかし、世の中にはそんな由緒正しい“表”のランキングには登場しないが、多くの青年男子を惹きつけて止まない職業が存在する。

夜の世界の“モテ男”、ホストの仕事だ。

女性たちの間を華麗に立ち回り、シャンパングラスを傾けながら大金を稼ぎ出す。
ホスト界の聖地、新宿歌舞伎町を始め、歓楽街を歩けばオシャレなファッションに身を包み、高級腕時計やアクセサリーを纏ったホスト達が、颯爽と通りを闊歩する姿を目にするはずだ。
女性にモテて高収入が手に入る…。
こんな男冥利に尽きる仕事が他にあるだろうか。

今回は、そんな「ホスト」という仕事に、焦点を当ててみたい。

■ホストクラブってどんなところ?

ホストの仕事場は言うまでもなく“ホストクラブ”だ。
そこでホストたちは女性客のためにお酒を作り、トークで楽しませる。

女性客は決して安くはないセット料金を支払い、気に入ったホストと時間を過ごす。
セット料金には、テーブルチャージ代、指名料、飲み物代、サービス料、税金(50%の店もある)が含まれる。

そのサービス内容からすれば、キャバクラの“男女”が入れ替わったバージョン、とでも言えるかもしれない。
法律(風営法)の面から見ても、ホストクラブとキャバクラは同じ許可で営業しており営業時間などの類似点も多い。

また、ホスト業界独特のシステムもある。
それは“永久指名制”というシステムだろう。

・永久指名制度
多くのホストクラブでは“永久指名”の制度が導入されている。
これは女性客がホストを一度指名すると、そのホストがそれ以降ずっと“担当”となり、指名のホストを変更することはNG、という制度だ。

ちなみに“担当”以外のホストが女性客に連絡を取ったり、関係を持ったりする行為は“爆弾”“つぶし”と呼ばれ、多額の罰金や強制退店といった処罰を受けることになる。

この永久指名制度は、指名を巡ってホスト同士がトラブルを起こすことを防ぐためにルール化されている。
というのも、ホストクラブでは指名客の売上金額から、ホストの給料が計算されるからだ。
ホストは、いかに自分が担当する永久指名の客数を増やしていくかが、給料アップの鍵となる。
※ 関西のホストクラブでは、永久指名制度を採用していない店舗も多い。

・一部営業と二部営業
ホストクラブは、その営業時間から“一部”営業“二部”営業に分類される。

一部営業・・・19時前後オープン~24時(エリアによっては翌1時)
二部営業・・・早朝(日の出)~昼頃 ※早朝から午前中まで

これをキャバクラに当てはめると、さしづめ一部が“夜キャバ”、二部が“朝キャバ・昼キャバ”ということになる。

このようにホストとキャバクラは風営法を遵守する形で、似通った営業時間となっているが、それぞれメインの営業時間帯は、少々異なっていた。

キャバクラが圧倒的に“夜キャバ”(ホストでいうと一部)がメインなのに対し、ホストクラブはむしろ“二部”の方が営業的にコアタイムだったからだ。

その理由は、ホストクラブのメイン客層となる、キャバクラや風俗店などナイトワークで働く女性たちの事情による。

キャバ嬢や風俗嬢たちは、深夜24時~翌1時頃に仕事を終えるケースが多い。
昔、と言ってもほんの10数年前まで、ホストクラブは風営法の規制などお構いなしに夜通しで営業していたため、彼女たちは仕事が終わり次第、ホストクラブに向かえば良かった。

しかし、2006年後半、ホストの聖地ともいえる歌舞伎町で、風営法に定められた時間外営業によるホストクラブの摘発が相次いだ。
これによりホスト業界は法律を遵守することとなり、深夜から日の出までの営業を止め、現在の一部・二部という営業スタイルになった。

このようにして営業時間が2つに分割されると、“一部”の時間帯は、ナイトワークで働く女性の多くにとって、自らの勤務時間と重なってしまう。
よって彼女たちは必然的に“二部”へと向かうようになる。
しかもホストクラブにとって、キャバ嬢や風俗嬢などナイトワークでバリバリ稼ぐ彼女たちは、多額のお金を使ってくれる“太客”のため、二部が大いに盛り上がったワケだ。

そんな太客たちが遊ぶ特殊な世界、と思われていたホストクラブも、今では昼食のОLや女子大生などが気軽に遊ぶ時代となった。
そんなホストクラブのカジュアル化によって、一部営業にも多くの女性客が訪れるようになっている。
もちろん彼女たちの多くは、太客のようにシャンパンをポンポン開けたりはしない。
だが、最近では二部営業の客数を大きく凌ぐホストクラブも増え、一部営業をメインにして店舗展開をしているホストクラブも多い。

・“メンキャバ”や“出張ホスト”との違いは?
ホストクラブについて語られる時、“メンキャバ”“出張ホスト”といった業種が、併せて登場することがある。
皆さんはホストクラブとこれら業種の違いをご存じだろうか。

メンキャバとは“メンズキャバクラ”の略称で、基本的なサービス内容はとホストクラブと変わらない。
その意味ではホストクラブの一業態とも言えるが、そのシステムにはいくつかの違いが見られる。
その一つは料金システムだ。
メンキャバはキャバクラと同様、“1時間〇千円”といったように時間制になっている。
対して、ホストクラブの多くはフリータイム制だ。
ちなみに短時間遊ぶのであればメンキャバの方がリーズナブルとなるのが一般的となっている。

そしてもう一つの違い。
それは、ホストクラブで多く見られる永久指名制がないことだ。
よってメンキャバでは指名替えが可能となっている。
また、メンキャバには売掛(ツケで飲ませる)の制度もない。

このようなメンキャバとホストクラブの違いは、両者の給料システムの違いにも表れている。
ホストクラブは、担当する永久指名客の売上に応じた歩合制の給料システムとなっている。対して、時間制の料金システムを採用しているメンキャバは、時給や日給などの固定給がメインで、歩合給も付くがその割合はホストクラブに比べて低い。

両者の違いを比べると、メンキャバの方が固定給がある分、給料は安定していると言える。また売掛の制度がない分、女性客の支払いが焦げ付いた際の立て替えの心配もない。

一部の時間帯で営業している店舗も多いので、学生やフリーターが副業でアルバイトをしているケースも多い。

出張ホストとは、文字通りホストが女性客の元に出張してデートをするサービスだ。
そこではマッサージや性的なサービスを行う場合も多く、どちらかと言えばホストクラブの出張バージョンというよりも、デリバリーヘルスの男性出張バージョンに近い。
よってホストクラブとは完全に別業種と言える。

また、出張ホストは、登録制(完全歩合給)の場合が多い。
しかし、登録料やサイト掲載料などといった名目で多額の料金を取られ、結果的に全く女性客が付かない、などといった登録金目的の詐欺業者や、美人局まがいの賠償金を請求するような悪徳業者の存在が指摘されているため、働く際には注意が必要だ。

最近では“レンタル彼氏”などといった名称で営業をしているケースも見受けられる。

■ホストの仕事内容は?

女性客をお酒とトークでもてなすホストたち。
その仕事内容として、具体的に以下のような業務が挙げられる。

【営業前】
・開店準備

主に新人ホストの仕事。開店時間の1~2時間前に店に到着して、店内の清掃、グラスや灰皿等の汚れチェック、おしぼりの用意などを行う。
またオープンまでのこの時間帯に、ミーティングが行われることも多い。

【営業中】
・接客

言うまでもなく、ホストにとって最も重要な仕事である。
担当する女性客が来店すれば共にテーブルに付き、いないときは“ヘルプ”として他のホストのテーブルに付く。
担当する女性客が複数来店している場合は、他のホストと連携しながら不公平感なく席を移動することも重要となる。

・ドリンク作り
これは主にヘルプで付いたホストの仕事となる。
ホストクラブといえばシャンパンのイメージだが、カクテルなども注文されることが多いので、その作り方を覚える必要もある。
またドリンクを作る際の順番は、女性客、担当ホスト、先輩ホスト、自分、と決まっているので注意しておきたい。

・乾杯
ホストによる乾杯の音頭はホストクラブの華ともいえる儀式である。
これは女性客がシャンパンを注文した際に、店内のホストが集まり乾杯の音頭を上げる“シャンパンコール”が有名だが、店やホストによって特徴のある音頭があることも多い。しっかり声を出して盛り上げたい。
ちなみに、ホストクラブのシャンパンは1本15,000円~100,000円くらいで、100万円以上のものもある。
女性客は己の力を誇示するために、より高額なシャンパンを入れる場合もある。
なお乾杯の際には、お客のグラスの下部に合わせるのもマナーとなっている。

・テーブルマナー(タバコに火をつける・灰皿交換)
ホストたる者、テーブルマナーを身につけなければならない。
水滴がついたグラスの交換はもちろんのこと、女性客のタバコに火をつけるのはホストの役目、間違ってもお客自身が火をつけるようなことがあってはならない。
また、灰皿に吸い殻は残してないけない。灰皿は頻繁に交換して、お客が不快な思いをしないように気を配りたい。

【営業後】
・閉店作業

閉店作業も開店作業と同様、主に新人ホストの仕事で、店内の清掃、グラスや食器洗い等を行う。
その後お店の全体ミーティングが開かれて仕事が終わる。

・同伴、アフター
ホストクラブへの出勤前に女性客と食事などを共にして、その後一緒に出勤することを“同伴”という。
また営業終了後、女性客と別のお店などに出かけて時間を共にすることは“アフター”といわれ、どちらもホストにとって重要な仕事となる。
このような営業時間外の女性客との付き合いも、指名客を増やすためには欠かせない。

■ホストの給料システムは?

ホストの世界では実力次第でウン千万、いや、それ以上の大金も稼げる世界だ。
しかし、なぜそのようなことが可能なのか?
それはホスト業界の独特な給料システムに拠るところが大きい。

・歩合制&バック率スライド制
ホストの給料は、各々が担当した指名客からの売上金額に応じた歩合制となる。
売上金額のうち給料となる割合(バック率という)を各店が定めており、そのバック率を元に給料の金額が決定する。

例を示そう。
売上が100万円、お店のバック率が50%だとすると
100万円×50%→給料50万円となる。

ホストの給料とはこのようなものだ。
給料は売上次第、売上がアップすれば給料もその分アップするという、非常にシンプルなシステムであることがわかるだろう。

その上ホスト業界では、さらに給料が上がりやすい仕組みがある。
それは売上に応じてバック率が40%から最大80%といったように変動する、バック率のスライド制だ。

売上300万円以上はバック率70%、としてる店の場合。
300万円×50%→給料150万円ではなく、
300万円×70%→給料210万円となるのだ。

これを見れば、バック率のスライド制が給料アップを加速させることは明白だ。

このような歩合制&バック率スライド制、これがホストクラブの給料システムである。

これを踏まえて考えてみてほしい。
ホストの聖地・新宿歌舞伎町を歩くと必ず目に入るホストクラブの看板広告。
そこに踊る「○○○(ホスト名)、月間売上1億円達成!」という文字。

これをバック率80%で算定すると、どうなるだろうか…。
どれだけ夢のある世界であるか、分かるだろう。

・最低保証給もあり
しかし、お気づきの人も多いだろう。
「これだと、売上がなければ給料ゼロなんじゃないの?」
そう、このシステムで算定する限り、売上ゼロだと給料もゼロだ。
しかしご安心を、ホストクラブには“最低保証給”というシステムがある。

最低保証給とは、売上がなくても支払われる給料だ。
ホスト業界に初めて飛び込んだ新人に、担当する女性客などいる訳がない。
最低保証給は、そんな彼らを守るための制度となる。

高収入求人サイトなどでホストの求人情報を見ると、“日給1万円”といった記載が多く見られるが、これが最低保証給にあたり、売上による歩合給がこの金額を越えない限りは支給される。

しかし最低保証給は、店によって1ヵ月間や3ヵ月間、といったように期限が定められているケースが多い。
よって、その間に女性客を見つけなければならない訳だが、心配することなかれ。現在のホストクラブでは充実した研修制度を始め、初回料金を“1時間2,000円”など安く設定して新規客を増やし、新人ホストに指名客獲得のチャンスを与えるなど、店側のバックアップ体制は万全だ。

■ホストになるための必要条件はある?

「ホストなんてイケメンじゃないと無理でしょ?」
酒が飲めないのでホストは出来ないな…」
学生がバイトでホストなんて無理だよね…」

なんて思っている人も多いだろう。

・イケメンじゃないとホストにはなれない?
確かに、イケメンホストが甘いセリフで女を酔わせる、というのがホストのイメージである。
容姿端麗なことがホストにとって有利な事は否定しない。

しかし、奥が深いホストの世界、それが全てな訳でもない。
ここではにホスト業界で広く知れ渡っている、キャラに応じた“営業スタイル”を紹介したい。

【色恋営業】
略して“色営”。甘いセリフや態度を使って女性客と恋愛関係にあるかのような雰囲気を醸し出す接客方法。
この色営の、もう一歩踏み込んだバージョンとして“本営”(本命彼女営業の略)があり、これは女性客に「自分が指名ホストの本命の彼女だ」と思わせる接客方法となる。

【友達営業】
略して“友営”。女性客の友達ノリでワイワイとお酒を飲みながらトークしたり、悩み相談に乗ったりする接客方法。
アフターの付き合いはもちろんのこと、普段からいかに親しみやすさを出すことが出来るかがポイントとなる。

【オラオラ営業】
略して“オラ営”。強気の姿勢を前面に出し、上から目線で女性を煽るような接客方法。 
「俺のために店に来いよ」なんて高圧的な営業トークで、Mっ気のある女性客には特に有効となる場合が多い。

これはあくまで筆者の持論だが、“色営”は確かにイケメンがかなり有利だと思う。
しかし“友営”は話しやすさや愛嬌といった部分が重要となってくる。
そして“オラ営”は何より男らしさ、性格の強さがウリだ。

このようにホストクラブでは様々なホストが、自らの長所に応じた営業スタイルで活躍している。
イケメンであることは大きな長所となるが、それが必要絶対条件ではない

・お酒を飲めないとホストになれない?
ホストクラブは女性客にお酒を提供する場所である。 
そして女性客からの勧めでホストも一緒にお酒を飲み、それがホストの売上に繋がることになるシステムである。
だからお酒を飲めなければホストは仕事にならない、というのがこれまでの認識であった。

しかし、今では“ネオホスト”という新たなスタイルのホストが出現するようになり、状況が変わっている。

ネオホストとは、デニムやTシャツなどのカジュアルなファッションに身を包んだオシャレなホスト達で、ブログやSNSで画像を見ると、もうファッション誌のモデルクラスだ。
またお酒ではなくソフトドリンクを飲みながら接客を行うなど、従来のスーツ姿でガンガンお酒を飲むホストの営業スタイルとは一線を画している。

そんなネオホスト達が集うホストクラブでは、必ずしも酒を飲む必要はなく、お酒を飲まなくても年間の売上金額が1億円を軽く超えるカリスマホストも誕生している。

お酒を飲めないとホストになれない時代は終わったということだ。

・ホストの仕事は大学生のアルバイトでも可能?
大学生がアルバイト勤務でホストの仕事に就くことは可能なのか?
結論から先に言えば、答えは『イエス』だ。

多くの店舗が、週1日から勤務OK、終電帰りOK、といった勤務を可能にして、学生を迎え入れている。

しかし中には、ホストでアルバイトなんて学生の本分に反する、と憤慨する人もいるかもしれない。
だが考えてみてほしい。
都道府県で定められた最低時給(東京都985円)に近いバイトに就いて、長時間拘束の末にやっと稼げる給料以上の金額を、ホストクラブなら最低保証だけで軽く稼ぐことが出来る。
その上、現在のホストは風営法で定められた営業時間を遵守しているため、夜通し勤務といった長時間労働もない。
また学生が酒浸りになるなんて…と思う方もいると思うが、ネオホストなら、ソフトドリンクメインでホストの仕事をすることも可能だ。

そう考えると、ホストクラブでのアルバイトは、むしろ効率よく稼いで多くの時間を学業に充てることが出来る、理想的な学生バイトの一つと言えるかもしれない。

■【まとめ】

ここまでホストの仕事の実態について記してきた。
それを読んで皆さんはどのように感じただろうか。

ホストの仕事は歩合制だと知って厳しいと思ったかもしれない。
確かに売上がなければ、ロクに給料も貰えないケースもあり得る厳しい仕事だ。

しかし、成功すれば一般のサラリーマンには想像もつかないほどの大金を一気に稼ぐことが出来る。
ハイリスク・ハイリターンの仕事とは、そういうものだ。

また、イケメンしかホストにはなれない、と世間では思われがちだが、実際にはトーク力や人柄など、外見以外の要素で女性たちの心を掴み、大金を稼いでるホストは数多く存在する。
誰にでも歓楽街の看板広告に「月間売上1億円達成!」といったキャッチコピーと共に収まる可能性があるということだ。

そうなりたいと思う方は、是非挑戦してほしい。