大阪の風俗店で働きたい男性に大阪風俗の基本情報を教えます!未経験でも大丈夫!!【1】

大阪の風俗店で働きたい男性に大阪風俗の基本情報を教えます!未経験でも大丈夫!!【1】 男性高収入求人ドカント

■男の夜職=ナイトワーク専門のQ&Aサイト。

男性向け高収入求人サイト「ドカント」編集部では、「男の“夜職”相談室」という窓口をオープンして、風俗業界やキャバクラ業界、またホスト業界といった「夜職=ナイトワーク」についての質問や相談を受け付けて来た。※現在受付終了

様々な境遇におかれている男性達から日々届く、夜の業界に対する質問相談を、このコーナーでドカンター(読者)の皆様と共有していきたい。 求人活動の参考になれば幸いである。

夜職についての質問や相談に答えるスタッフ、相談員はこの2名…。

ドカント編集部:水谷(30歳男性・東京都出身)
フリーライター:サンチェ松嶋(48歳男性・広島県出身)

編集部員水谷は夜職経験もなく、風俗業界やキャバクラ業界などの知識は乏しいが、サンチェ松嶋は裏社会歓楽街などの怪しい(?)業界に精通した本企画ではとても頼りになる相談員である。
ちなみにサンチェの肩書きは「ライター」となっているが、彼の書いた文章を読んだ者は未だにいない…。

それでは、男性達から届いた“夜職”(ナイトワーク)への質問や相談に対して、業界素人の水谷と業界のセミプロ(?)サンチェの会話形式で進めていこう。

■大阪在住の男性からの相談とは?

水谷「今回は関西の大阪在住の男性からのご相談でっけど答えられまっか?」
サンチェ「・・・」

「どないでっしゃろ?」
「大阪からの相談事だからって君がそんなエセ関西弁使う必要はないじゃろ」

「サンチェさん、大阪の風俗事情はご存知なんですか?」
「モチのロンじゃ! 北海道から沖縄まで風俗業界の事なら何でも答えられるわい」

■ご質問・ご相談

【タイトル】
大阪の風俗店で働こうと思ってます。未経験でも大丈夫でしょうか?
お名前:立山やすし様
年 齢:25歳
住 所:大阪府
【内容】
僕は和歌山の田舎の出身なんですが、都会に憧れて高校卒業後、大阪に出てきました。
それからずっと居酒屋など飲食店の厨房で働いてきたのですが、仕事量の割に給料が安く、また基本的には黙々と行う仕事なので、しゃべり好きの僕には息が詰まることも多くて…、
なんか向いてないかな?と思い、転職を決意しました。

それで友達に相談したところ、「そんな喋りたいんやったら営業の仕事でもやれや。お前愛想もええから向いとるで」と言われたんですが、今までずっと厨房で働いてきたので、“スーツ着て外回り”とかピンと来なくて…。

どうしようかとネットで求人情報を探していたら、男性向けの高収入求人サイトで風俗店の男性スタッフの募集を初めて見ました。
そこに載っている男性スタッフの給料は、これまで自分がやってきた居酒屋と比べてかなり高額です。
また、仕事内容を見るとメイン業務の一つに「接客業務」というのもあって、自分に向いているような気がします。
でも、僕はこれまで風俗店で遊んだことが一度もなく、風俗店の男性スタッフが具体的にどのような仕事をするのか、全くイメージが湧きません。
求人情報の多くに「未経験大歓迎」と書かれていますが正直言って不安です。
風俗業界「素人」の僕でも、安全に風俗店で働く事は可能でしょうか?
騙されたり怖い思いをしたり…なんてことはないでしょうか?

やっぱりある程度、風俗業界の知識を学んだ方が良いのでしょうか?
風俗店と言ってもいくつかの業種に分かれていることは分かっているつもりなのですが…。
大阪ではどのような業種が多いのでしょうか?
またどのエリアに風俗店が多いのか?
そういった基本情報も併せて教えて貰えると嬉しいです。

ご質問・ご相談 男性高収入求人ドカント

■大阪の風俗業界事情…エリア編

相談内容をまとめてみると…こんな感じである。
●大阪の風俗業界の、エリアや業種についてなどの基本的な情報を知りたい。
●風俗店の男性スタッフは業界未経験でも安全に働けるのか?

「それでは大阪の風俗事情について教えてください」
「まず大阪風俗エリアについての説明からやな…。 大阪いうたら“キタ”“ミナミ”という二大繁華街があんねんけど、それぐらいは知ってるやろ?」

「サンチェさん、関西弁じゃなくてもいいっすよ…」
「なんじゃ水谷君。ノリの悪い奴じゃな」

「はい。“キタ”と“ミナミ”ってのは知ってます。漫画『ミナミの帝王』とか…」
「大阪の二大歓楽街で、キタとは梅田周辺、ミナミ心斎橋・難波周辺を差すんじゃ。 両エリアとも商業施設や飲食店が所狭しと立ち並んで大層賑わってるからな。クラブやキャバクラも有名だが、風俗店も数多く営業しとる」

「あの“グリコの看板”の場所はミナミですよね?」
「そうそう。グリコの看板は心斎橋と難波の間、道頓堀にあるんじゃ。そこの道頓堀川に架かる橋“えびす橋”から看板がよーく見えるわ」

「キタとミナミ以外に風俗エリアは?」
「大阪市内だけでも、ミナミに隣接する日本橋、そして谷九(谷町九丁目)、昔ながらの歓楽街の雰囲気が残る京橋、そして十三。それと新幹線の新大阪駅に程近い西中島。それに大阪市内ではなく兵庫県になるんじゃが、梅田から電車で10分程度で行ける尼崎。そんなエリアでも多くの風俗店が営業中じゃ。それぞれ複数路線からアクセスできるから、相談者に都合のいいエリアがきっとあるじゃろ」

「東京都同じように多くのエリアに風俗店があるんですね」
「実をいうと大阪には、こういったエリア以外にも、飛田新地松島新地などといった『新地』という名の付く独特の風俗街があるんじゃが…。 これは“裏風俗”になるんで今回は省いておくか…」

「めちゃくちゃ興味はありますけど“裏”はちょっと止めときましょう」

現在は「壁に耳あり障子に目あり」どころじゃすまないネット社会である。
下手なことを書いて『男の夜職相談室が裏風俗に仕事を斡旋』なんて話でも広まってしまったら目も当てられない。

■大阪の風俗業界事情…業種編

「それでは大阪風俗の“業種”について教えてください。大阪ならではの特徴とかありますか?」
「大阪は風俗業界の規模が大きいから、店舗型ヘルス、デリヘル、ホテルヘルス、ピンサロ、性感エステ…だいたいの風俗業種は揃っとるわの」

「アレ? ソープランドは?」
「そう、大阪にはソープランドがないんじゃ!

「なんでですか? ‟風俗の王様”、ソープがない?」
「昔はソープもあったが、1990年に大阪で開催された‟国際花と緑の博覧会”を契機とする当局の‟浄化作戦”で、ソープランド全店が閉鎖に追い込まれたんじゃ」

「ええっ!そんなことが…」
「それから大阪のソープ好きな男達は滋賀県雄琴か、兵庫県神戸市福原に行くしかなくなったんじゃ」

「でもソープがないって…大阪の風俗盛り上がってるんですか?」
「バイタリティ溢れる大阪人はそんなことではヘコたれんよ。 ソープランドが潰され、店舗型ヘルスの規制も厳しくなったら、マンションを受付やプレイルームにした‟マンションヘルス”(マンヘル)が生まれるんじゃ」

「マ、マンヘル?」
「そう、マンヘルが一大ブームを巻き起こしたんじゃ。 そして今度はマンヘルも摘発され始めて、‟ホテルヘルス”(ホテヘル)が生まれたんじゃ。 今や東京を始め各地方で広まっているホテヘルは大阪が発祥なんじゃな。だから今でも大阪ではホテヘルの店が多いんじゃ」

大阪の風俗業界事情…業種編 男性高収入求人ドカント

■大阪発、ホテルヘルスの営業スタイルとは?

「ところで、水谷君はホテヘルの営業形態は知っとるの?」

「ホテヘルってのは、ホテルで女の子からサービスを受けるという…」
「それはデリヘルも一緒じゃろ、その2つの業種の違いは?」

「えっと…デリヘルは家にも呼べるというかぁ…」
「‟夜職相談室”のスタッフのくせにホテヘルも知らないとは…。 ホテヘルには、店の‟受付”があるんじゃ。 ただし、そこには‟プレイルーム”がなくて、お客さんは受付を済ませた後にホテルへ移動して、その部屋に女の子を派遣するというシステムなんじゃ。 大阪の場合は、受付の後にお客さんと女の子が‟待ち合わせ”をして一緒にホテルに移動することが多いな…」

「そうだった、受付があるんだ」
「ホテヘルもデリヘルと同じ‟派遣型風俗”なんだが、電話での接客になるデリヘルと違って、ホテヘルの場合は受付でお客さんとの直接向き合う‟対面接客”になるんじゃ」

「そうなりますね」
「今回の相談者は話好きで愛想が良いときたら、お客さんと対面して接客するホテヘルは向いとるんじゃないかのう…」

【2】へ続く