キャバクラ黒服“旅ガラス”と語る全国キャバ事情。ライターはBARにいる

キャバクラ黒服“旅ガラス”と語る全国キャバ事情
ライターはBARにいる。

■ここは都心の繁華街。とある雑居ビルで…

ひっそりと営業しているいつものBAR。
千鳥足で店に辿り着いたのは深夜2時。昔馴染みと酒を酌み交わした後だった。
店内は、カウンターの奥にキャバクラのアフターとおぼしき男女二人連れ、
そして手前の方に男性の一人客が座っているだけだった。

■全国の歓楽街を飛び回る“旅ガラス”が登場。

座した私のことなど気付かぬ様子で、マスターは横を向きじっと何かを見つめている。
何かと思ったら、その視線の先は奥にいるアフター中のキャバ嬢だった。
さすが元カリスマホストにして、無類の女好きのマスター。
だが、そのキャバ嬢はマスターの視線を釘付けにするのも納得の“いい女”だった。
思わず私もその華やいだ容姿に見とれてしまった。

すると、不意に反対側の耳元で囁き声が聞こえた。
「東京のキャバ嬢はレベルが高いわ~。ありゃあ指名トップクラスですね~」

驚いてそちらを向くと、カウンターの手前に座っていた男性客が、
知らぬ間に私の隣に座っていた。
年の頃は30代半ばあたり、長めの髪にソフトパーマをかけたオシャレな感じ。
マジメな勤め人という雰囲気ではないが、ちゃんとスーツを着こなしている。

「ま、まあ、そうだね・・・」
適当に相槌を打っていると、マスターがすかさず声を掛けてきた。
「ああ、会ったことなかったっけ?彼はキヨシっていうんだよ。
全国の歓楽街を飛び回って仕事をしている“旅ガラス”稼業なんだよね。
んで、東京に来た時はウチの店に寄ってくれるんだ」

■そんなキヨシの職業は・・・?

旅ガラス?全国の歓楽街を回ってる?いったい何の仕事をしてるの?
まさか全国の芝居小屋を回っている旅役者とか? 
私が問うと、キヨシは笑いながら否定した。

「いやいや、こんな顔してるのに役者に見えます?(笑) ただブラッと寄った街々で、仕事を探して働くだけの根無し草ですよ~」

「そうなんだ、どんな仕事をしてるの?」

「前はパチンコ屋の店員や風俗店の従業員とか、色々とやってましたけどね。
ここ2~3年は、ずっとキャバクラの黒服ですね」

■キャバクラの黒服(ボーイ)、仕事を選んだ理由は?

なるほど、キャバクラの黒服か、どうりでスーツ姿が板についている訳だ。
シャレたな身なりも水商売の世界に身を置いているからだろう。

旅“ガラス”だけに黒服ってか。
それにしても、なぜ全国の歓楽街を渡り歩いてキャバクラの黒服を?
それについて質問すると、キヨシは頭を掻きながら言った。

「なぜキャバクラの黒服かというと、
“年齢・学歴・経歴不問”で、正社員だと給料が25万円~30万円貰えることですね。
まあ、これまで色んな店で働いてるんで経験は充分なんですが、それ言っちゃうと怪しまれるんで、面接の時は“業界未経験”ってことにしてます(笑)」

「それだけ渡り歩いているのを知られるとイメージ的にマイナスかもね。採用のハードルが低くて給料が良いから…。他にも理由はあるの?」

「キャバクラは夜にオープンするじゃないっすか、勤務時間が夕方から深夜とかで。オレめっちゃ“夜型”なんすよね~」

そして最大の理由は…、とキヨシは続けた。
「“寮完備”の店が多いこと。だから移動した先でも“宿代ナシ”ですぐに稼げるんすよ」

「日本各地を転々としている身じゃ、部屋を借りるのも大変だもんね」

それでは、なぜ全国の歓楽街を回っているのか、そう問うてみた。
「なんか同じ土地に長期間、留まっていられないんすよね。少し落ち着いてくると、すぐどっかに移りたくなっちゃう。
これはもう人間性の問題っすね(笑)」

「なるほど、生来の放浪気質ってとこかな。そうやって“旅ガラス”しながら仕事をするんだったら、スタートから給料が高くて寮もあるキャバクラの仕事って合ってるよね」

■黒服(ボーイ)の求人情報はどこで探す?

そんなキャバクラ従業員の仕事は、どうやって見つけているのだろうか。

「行った先々の土地で、高収入求人サイトやキャバクラサイトの求人で探しますね。今のキャバクラ業界は、女性キャストも黒服も不足気味なんで、仕事はすぐ見つかりますよ」

しかし、キャバクラの黒服の仕事をしながら全国の歓楽街を回っているというのは、やはり珍しい。

具体的にどのような街を“旅ガラス”しているのか、それについて問う。

「基本的には各地方の主要都市ですね。具体的には、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡とか。それぐらいの大きい街だとキャバクラも多いから仕事も探しやすいんですよ」

「そうやって飛び回ってたら、それぞれの街の水商売事情には詳しいだろうね」

「モチのロンっすよ」
キヨシは各都市の歓楽街の事情や、キャバクラ事情について語ってくれた。

■全国各都市の歓楽街・キャバクラ事情

【北海道>>札幌】
北海道の道都、札幌の歓楽街と言えば“すすきの”
実際には“すすきの”という住所は存在していないが、地下鉄南北線“すすきの駅”を中心とした中央区にある繁華街の通称で、“ススキノ”とも“薄野”とも表記される。

日本三大歓楽街の一つにも数えられるこの街は、飲食店やキャバクラ、風俗店など様々な業種の店舗が密集しており、ビルによってそれらの業種がフロアごとに混在するなど、カオス的にひしめきあっているのが特徴となっている。

そんな“すすきの”で注意しないといけないのは“キャバクラ”という業種名。
えっ、キャバクラはキャバクラでしょ?と思われるかもしれないが、そんな人が“すすきの”のキャバクラに行くと・・・。
あらビックリ、女の子がいきなり膝の上に跨ってきて…、
ええっ、キスやボディタッチもOKってどういうこと!?ということになる。

そう、“すすきの”では“キャバクラ”というと、
他エリアでいう“セクシーパブ(セクパブ)・おっパブ”と呼ばれるタイプのお店を指すのだ。
そして他エリアで“キャバクラ”と呼ばれるお店は、“ニュークラブ”という業種名で呼ばれている。

ちょと紛らわしいが、それもすすきのルール。
そんな“ニュークラブ”は、(すすきのルールの)キャバクラと共に盛り上がりを見せており、その業界規模は東京以北では最大となっている。

【関東>>東京】
言わずと知れた日本の首都、東京。数多くの繁華街や歓楽街があり、それぞれが、各地方の代表的な歓楽街並みの規模を持つといっても過言ではない。
それら東京の各歓楽街についてはすでによくご存じだと思うが、ここでは“キャバクラ街”という視点で、3つの歓楽街を説明しておきたい。
① 新宿・歌舞伎町
日本三大歓楽街に数えられる、新宿区の“歌舞伎町”。
東は明治通り、西はJR中央線、南は靖国通り、北は職安通りに囲まれたエリア。
キャバクラ、セクシーパブなどをはじめ、風俗店やホストクラブなど、あらゆるナイトレジャー産業が集結している。
かつては、“アジア最大の歓楽街”や “眠らない街”などと謳われた。
2000年代以降は、大規模な摘発や浄化作戦が行われて往時の勢いは影をひそめたが、キャバクラについては今も高級店から格安店まで様々なジャンルの店が数多く揃い、その知名度や店舗数から“日本一”のキャバクラ街といっても過言ではない。
② 六本木
芸能人やスポーツ選手といった有名人が数多く遊ぶことで知られている“六本木”。
当然キャバクラもハイクラスなお店が揃っている。
そこで在籍するキャバ嬢は、モデルやレースクイーン、女優の卵なんてのも居るほどで女の子のレベルは非常に高く、東京随一と言ってもいいだろう。
また、六本木交差点を中心とした盛り場には外国人も多く、朝まで踊れるナイトクラブも多数営業している。
③ 銀座
“銀座”って高級クラブの街じゃないの? そう、今も銀座は“座って5万円は当たり前”の高級クラブの街なのだが、バブル崩壊以降は“高級クラブ”と名乗っても、実質的には普通のキャバクラに近い店が増えている。
これらの店舗は高級クラブに比べると比較的料金がリーズナブルで、なおかつ銀座の雰囲気も味わえると注目を集めている。

近年では、銀座の中でも一番格式が高いと言われている“銀座8丁目”にも、キャバクラや外国人系のパプクラブが増えているという。

※ここで挙げた3つの歓楽街の他にも、都心では池袋・渋谷・上野・新橋・五反田、郊外でも立川・町田、都内ではないが横浜・大宮など、数多くのキャバクラが営業している歓楽街は枚挙にいとまがない。
この店舗数の多さこそ、東京エリアの最大の特徴である。

【東海>>名古屋】
東海エリア最大の都市、名古屋には“栄(さかえ)”(名古屋市中区)という一大繁華街がある。
そんな“栄”の北部に位置する“錦(にしき)”は、多くのキャバクラや風俗店などが店を構える歓楽街となっている。
“錦”を有名にしたのは、高級クラブの存在が大きい。
中でも、錦三丁目では多くの高級クラブが営業しており、“錦三(きんさん)”という愛称で親しまれてきた。
だが、バブル崩壊後はこのエリアでも、リーズナブルで気軽に楽しめるキャバクラやガールズバーが増えた。このあたりの事情は銀座などと一緒だろう。

事情通の人は、名古屋のキャバクラと言えば、「名古屋のキャバ嬢は、髪型を“名古屋巻き”にしてるんでしょ?」と思うかも。
名古屋巻きとは、ロングヘアーに立て巻きのロールをつけたドリルのような髪型で、2000年代後半に“キャバブーム”を巻き起こした、キャバ嬢のバイブル女性誌「小悪魔ageha」にも取り上げられて一世を風靡した。
しかし今ではブームの終焉もあり、名古屋巻きの女性はほとんど見かけない…。

【関西>>大阪】
西日本最大の都市、大阪には、東京と同様に数多くの繁華街・歓楽街がある。
大阪“梅田駅”、そして北新地界隈の“キタ”
対して心斎橋・難波界隈の“ミナミ”、それに“十三”“京橋”etc・・・
中でも“キタ”と“ミナミ”が知名度や規模からいって、代表的な歓楽街である。

キタとミナミ、それぞれの“キャバクラ街”としての傾向は、
キタは“北新地”があることもあり、高級感のあるシックなイメージが強い。
北新地は東京の銀座にあたるエリアで、多くの高級クラブが軒を連ねていて、客層も社用族が多い。
だが、銀座と同様、バブル崩壊以降は北新地でもキャバクラに近いスタイルのクラブが増えてきている。

対してミナミは、キタよりも集まっている男性の年齢層が比較的若く、カジュアルに遊べるイメージである。
そんな客層に呼応するように、キャバ嬢たちの年齢もキタに比べると若く、上品な雰囲気を楽しむというよりも、賑やかに楽しめる店が多い。

そんな大阪のキャバクラ、働くキャバ嬢の特徴は、とにかくトーク上手な子が多いこと。
さすがお笑いの聖地、大阪である。
キャバ嬢たちはノリツッコミの基本をきちんと心得ている、といったところだろうか。

【九州>>福岡】
九州を代表する大都市、福岡。その中心の西鉄福岡駅周辺“天神”エリアは、デパートやファッションビル、飲食店が軒を連ねる一大繁華街となっている。
しかし福岡の“夜の顔”は、何といっても天神の川向かい、日本三大歓楽街の一つに数えられる“中洲”である。

中洲は、文字通り川に挟まれた中洲の上に作られた歓楽街で、
以前は多くの高級クラブが存在していたが、こちらもバブル崩壊後、高級クラブは減少傾向にある。
それを埋めるように、キャバクラや現地では“ハッスル”とも呼ばれるセクシーパブ、風俗店が数多く出店して賑わいを見せている。

そんな中洲のキャバ嬢は“九州男児”を支えてきただけあって情が深く優しい子が多い。
また、彼女たちが話す博多弁がカワイイと、出張や観光で来た男性からの評判は上々。

■料金面やキャバ嬢など、エリアによっての違いは?

そんな全国の有名歓楽街で働いてきたのキヨシに続けて聞いてみた。

「予算の目安というか、料金にエリア差ってあるの?例えば東京は高い、とか」

「どの街でも3,000円~5,000円で飲める格安店もあれば、座っただけで軽く1万円~2万円する高級店もあるし、比較が難しいんですよね。
まあ、それでも同じレベルのお店ってことで比べると、東京が高くて、次が大阪と名古屋、そして札幌、中洲、とリーズナブルになっていくかな」

「こりゃ次の旅行は福岡だな(笑) キャバ嬢のレベルはどう?東京はレベルが高いって言ってたけど、他の街はどうなの?」

私がそう言うと、少し離れたところでグラスを拭いていたマスターが素知らぬ顔で近づいてきた。
こと話が女の事に及ぶと、さすがのデビルイヤー、地獄耳である。

「そりゃあ東京は日本全国から女の子が集まってくるから、必然的にキャバ嬢のレベルも高くなりますよ。でも他の歓楽街も、その地方のキレイどころが集まってくる訳だから、レベルは負けず劣らずって感じですよね。方言も可愛いしな~」

「方言はよかね~(笑) それはポイントアップだね。」

■黒服(ボーイ)の仕事内容や給料にエリア差はある?


各歓楽街のキャバクラ事情や特徴はわかってきた。
それでは“黒服”(ボーイ)という仕事にもエリアの差はあるのだろうか。

「いや、特にないかな。キャバクラはどこに行ってもキャバクラだし。ただ、“すすきの”だとキャバクラは“おっパブ”なんで、ちょっと仕事内容が変わってくるかも(笑)」

「給料にエリアでの違いはあるの?」

「黒服の給料は、正社員だと月給25万~30万円。
アルバイトだと時給1,200円~1,500円ぐらい。
もちろん同じエリアでも給料の高い店、安い店があるから一概には言えないけど、イメージ的には東京が高めで、次が大阪と名古屋、札幌と福岡がそれに続くって感じ」

「それって、“料金”の高低と同じだね」

「そうすね、要は東京と各地方の物価や平均賃金の違いが、料金や給料に反映してるんだと思いますね。だから地方に行って多少給料が下がっても、寮費や飲食費などが同じく下がるんで、地方は給料が安い、とはあまり感じなかったですね」

どこに行っても“住めば都”ということか。

■早ければ3ヵ月で“役職付き”に!

ところで、今こうやってここに滞在しているということは、これからキヨシは東京で働くのだろうか?

「実は今日、歌舞伎町の店で面接を受けてきたんすよ。明日から速攻仕事っすね」

「この前はどこの街で働いてたの?」

「先週までは大阪の“キタ”、北新地で働いてました。居心地のいい店だったんすけど、その分仕事を頑張りすぎちゃって…。働き始めて3か月なのに“役職”が付くっていう話が出ちゃって…」

「えっ、いいじゃん。給料も上がるんでしょ?」

「いや、役職なんて付いちゃったら“責任”が出てくるじゃないっすか!
どうせすぐに辞めるのに、店に申し訳ないですからね…」

「さすが“旅ガラス”稼業が身についてる(笑)」

「キャバクラ業界って結構、従業員の回転が早いんです。
早ければ3か月とか半年で役職へ昇進、みたいな話がバンバン出てくるんすよ。そんな話が出た時が次の街へ移るタイミングになることが多いかな~」

その後、キヨシは各地方で付き合った女性の特徴を面白おかしく話し続け、夜が明けようとして来た。

「しばらくはこの店にも顔を出すんで、また飲みましょう!」

そう言い残して“旅ガラス”キヨシは巣に戻っていった。

しかし、昇進・出世の話が来たら仕事を辞めるなんて、何とも不思議な男だ。

・学歴、年齢、経験は不問
・給料:正社員・月給25万円~30万円
・アルバイト・時給1,200円~1,500円
・寮完備
・早ければ3ヵ月~半年で役職への昇進、給料アップもあり

んー、これはなかなか魅力的な仕事じゃないか。
私もちょっくら気分転換にこの街を飛び出して、
遠いどこかのキャバクラで黒服になってみようかなぁ~。

そんな事を考えていると、マスターが私の前に来てニヤリと笑いながら言った。
「中洲のキャバクラ、ロマンがあるねぇ。一緒に面接に行ってみる?」

どうやら考えていることは同じらしい。
オレは笑いながら酒のお代わりを頼んだ。