キャバクラとセクキャバの男性スタッフ(黒服・ボーイ)~接客や仕事内容を徹底比較!

キャバクラとセクキャバの男性スタッフ(黒服・ボーイ)~仕事内容を徹底比較!前編
「ライターはBARにいる」

■ここは都心の繁華街。とある雑居ビルでひっそりと営業するBAR。

時間は午前2時。
またいつものBARに向かってしまう。

カウンターには数人の客。その中の見知った顔がこちらに向かって手を上げた。
「久しぶりっすね、ライターさん。調子はどうっすか?」

男はそう言いながら、隣の席を私に勧めた。
「いやあ、何とか生きてるよ」

この男の名はえっと…、確かセイヤ君だったか…。
年の頃は30歳ぐらい。この街にあるセクキャバ(セクシーキャバクラ)で働いていたはずだ。
しかし何だろう、前とは少し雰囲気が変わったような…。
スーツ姿なのは相変わらずであったが、今日は何というか、いつもより“パリッ”としている気がする。

「少し雰囲気が変わったね?」

私がセイヤ君に問いかけると、あらぬ方向から声が上がった。

「セイヤは“セクキャバ”から“高級キャバクラ”の黒服に鞍替えしたんだよ!」

振り向くとマスターが私たちの前に来ていて、いつものバーボンロックを私の前に置いた。

■セイヤ君は、セクキャバからキャバクラのボーイ(黒服)になっていた。

「そのまま働いてりゃあ、若い女の子のオッパイが毎日拝めたのよぉ…」

マスターが心底もったいなさそうに言うと、セイヤ君は思わず苦笑いした。

「そう言えば、最近オッパイ見てねぇなぁ…」

遠い目をしてそうつぶやくセイヤ君に私は聞いてみた。

「何でキャバクラに転職したの?」

「それはですね、俺はこれからも“水商売”一本で生きていこうと思ってるんすよ。だから一度はキャバクラ、それも高級店で“接客”ってヤツを身に付けたいと思ったんすよ!」

「へぇ、なるほどね…」

とは言ったものの、彼が何を言っているのかイマイチ理解出来なかった。
“接客”なんてセクキャバにもあるだろうに…。キャバクラと大した差はないのでは?

「キャバクラとセクキャバのボーイって、そこまで違う仕事なの?」

するとセイヤ君は答えた。
「セクキャバもキャバクラの一種なんですけど…。ちょっと、いや、かなり違うかなぁ…」

へー、そうなんだ。ちょうどいい、今夜の酒のツマミはセイヤ君の話にしよう。

■キャバクラとセクキャバのボーイ、仕事内容に違いはある?

セイヤ君は澄ました顔で言った。
「一番の違いは、オッパイが拝めるかどうかってことですよ(笑)」

「そりゃ分かってるよ!」

するとセイヤ君は、ハイボールをグイっと飲んでから仕事内容について語った。

「まあまあ聞いて下さいよ。黒服の仕事って、まずは“開店準備”に“女の子の出勤確認”。オープンした後は“お客さんの案内”に“ウエイター業務”。後は“女の子の管理やケア”、そんな感じですよね。
それでマネージャーとかに昇進したら“付け回し”をしたり…。付け回しって分かりますよね?女の子をどこに席に付けるのか決める仕事っすね。この辺はキャバクラもセクキャバも同じなんですよ」

■キャバクラのボーイは“大人の社交場”の一員としての接客。

「キャバクラって、オープンな店内にソファーがズラーッと並んでいて、綺麗なドレスで着飾った女の子達がお客さんと席を共にする、“大人の社交場”って感じですよね。俺ら黒服は、そんな店内をお客さんの案内やウエイター業務をしながら回るんですけど、その際の身のこなしや話し方、服装に至るまで、“大人の社交場”の一員として、ふさわしい振る舞いをしなきゃダメなんですよ。俺はそんな“接客”を身に付けたくて、今のお店に移ったんすよ!」

「なるほど、“大人の社交場”の一員か、格好いいね~」

「もちろんキャバクラの主役は女の子(キャバ嬢)ですけど、明るくオープンな場所で高級なお酒やフルーツを提供したりもするので、黒服の身なりもキチンとしていないといけないですよね。お客さんは高いお金を払って来店しているのに、黒服が汚い格好していたら台無しっすからね」

「そりゃそうだ。気分が悪くなるかもね」

「高級な店になればなるほど、女の子を指名するお客さんも多いので、失礼がないように気を配らないといけないですしね。女の子から『○○さんのボトルを~』なんて言われる前にテーブルまで持って行く…みたいな」

「おー、そりゃ大変だわ」

「後は、キャバクラの方が、お客さんとの付き合いが多くなりますね。キャバクラは女の子との会話を楽しむお店だから、お客さんとのトークを盛り上げるためには、黒服も協力したり、アフターとかに呼ばれたりもしますからね。やっぱ大切な常連さんだと断れないっすから」

「へー、そんなお付き合いもあるんだ…」

「でもセクキャバだと、そこまでの接客は求められないっすね…」

セイヤ君は言葉を切り、少し考えてから言った。
「キャバクラとセクキャバでは、お客さんの“目的”が違いますから…」

■キャバクラとセクキャバでは、来店する客の“目的”が違う。

「キャバクラに来るお客さんは“大人の社交場”で女の子とお酒とトークを楽しむ、って感じだけど、セクキャバに来るお客さんはモチロン、セクシーなサービスを求めて来店しますからね。セクキャバの別名は“おっぱいパブ”とか“お触りパブ”ですから…」

セイヤ君が“おっぱい”と言う度にマスターがピクピク反応しているのは無視しながら…。
「そういった客層の違いが、接客の違いにも現れると?」

「セクキャバでも、キャバクラのお客さんみたいにヘビーな指名客もいますけど、たいていのお客さんはライトなノリの人が多いですね。会社の仲間や友人と飲み会の後に来店する、みたいな感じで刹那的っすね」

「キープボトルを覚える必要もないと…」

「そうっすね。キャバクラのお客さんは周りを見る余裕があるから、俺らの姿も目に入ってるんですよ。だけどセクキャバのお客さんは、女の子の体やオッパイに目を奪われてるから、黒服なんて“ノー眼中”なんですよ(笑)。俺らもお客さんの視界に入らないようにしますしね」

なるほど、と私は大きく頷く。
「でしょ?それにセクキャバは店の構造なんかも違いますからね」

「店の構造?」

私が首を傾げると、セイヤ君はこちらを覗き込むようにして言う。

「ライターさんって、セクキャバに行ったことありますよね?」

「うん、だいぶ前だけど…」

「その時のセクキャバの店内って、どんな感じでした?」

「ウーン…、確か暗かったような…、ユーロビートがうるさかったような…」

セイヤ君は続けた。
「キャバクラは、オープンで店内を見渡せるような造りが多いんですが、セクキャバは照明を暗くしたり、各席に敷居を立てて“ボックス状”にしてるお店が多いんですよ」

「あーそうだったかも…」

セイヤ君は笑いながら続ける。

「やっぱり女の子をアレやコレやと撫でたり触ったりするのを、黒服や他のお客さんには見られたくないですからね、そのための配慮ですよ」

なるほどー、と私はさっきよりも大きく頷く。

「実は黒服からは、しっかり見えてるんですけどね(笑)」