キャバクラとセクキャバのボーイ(黒服)の仕事~女の子管理・トラブル・給料を徹底比較!

キャバクラとセクキャバの男性スタッフ(黒服・ボーイ)~仕事内容を徹底比較!後編
「ライターはBARにいる」

■セクキャバの黒服は、実はピンサロのボーイに近いかも…。

セイヤ君の言わんとする、キャバクラとセクキャバの接客の違いが何となく分かってきた。

「セクキャバのお客さんにとっては、黒服なんて眼中にないし、むしろ顔を合わせたくない存在ってことだね」
「そういうことです。だから何というか…」

セイヤ君は一度そこで思いを巡らせるように黙ってから、再び口を開いた。
「セクキャバの黒服って、実はキャバクラよりも“ピンサロ”のボーイに近いような気がしますね」
「えっ、ピンサロってあの“ピンクサロン”のこと?」

私が声を上げると、セイヤ君は「もちろんセクキャバには風俗店のような“ヌキ”はないですよ」と前置きをした上で言った。
「でもセクキャバって、店の雰囲気がピンサロに似てるんですよ。黒服の仕事も同じような感じだと思います」

そう言われて、私は以前にマスターと酔った勢いでなだれ込んだピンサロについて思い返してみる。
「そういえばピンサロも店内は薄暗くて、仕切りで席が区切られてたな。それもセクキャバと同様、ボーイや他のお客さんに見られないようにするためなのか…」

と、その時、私の頭の中にピンとくるものがあった。
「そういえばさぁ、セクキャバって付け回しの男子スタッフが、マイクで女の子に指示を出すじゃん。
『え~愛ちゃん、7番テーブル~7番テーブルへ~♪』みたいな店内放送で。あれってピンサロと同じだね」

するとセイヤ君は笑いながら言った。
「さすが詳しいっすね!あれもにお客さんに対する配慮だと思いますね」」
「えっ、どういうこと?」

「キャバクラの場合、女の子が席を移る時は、席まで黒服が呼びに行きますけど、あれだとお客さんと黒服が顔を合わせちゃうじゃないですか。それを避けるためにマイクで女の子を遠隔操作しているんだと思います」

■セクキャバの“黒服”は“黒子”

「セクキャバの黒服の仕事って、裏方っていうか、もう完全に“黒子”なんだね」
セイヤ君は大きく頷いた。
「そうそう、黒子っすね!それに比べると、キャバクラの黒服は、もちろんお店の主役はキャバ嬢ですけど、黒服も重要な接客をしますからね。そこが違いですよ!」

「確かに、セクキャバとかピンサロのボーイさんって、全然記憶に残ってないもんな~。キャバクラの場合は何度か行けば、馴染みのボーイさんが出来たりするけど…」

■キャバクラとセクキャバ…、お客さんとのトラブルが多いのは?

キャバクラとセクキャバ、その接客の違いはよく分った。その他にはどんな違いがあるのだろうか? 

「セクキャバはキャバクラに比べると、お客さんとのトラブルが多いかな…」

「トラブル? それってどんな?」
私が問うと、「あくまで俺の経験上ですよ…」とセイヤ君は前置きをして続けた。

「セクキャバはその名の通り、セクシーなサービスが“売り”なんですけど、もちろん風俗店じゃないから、やれる事とやれない事があるんですよ。ほとんどのお客さんはそれを理解して遊んでくれますけど、たまに勘違いしちゃってる野郎がいるんですよ…」

「いるだろうね~。止まんなくなっちゃう奴が(笑)。酔っ払って来る奴も多いだろうからね~」

「そうっすね、セクキャバのサービスはあくまで“寸止め”なんで、気持ちは分らんでもないですが(笑)。女の子を守るのも黒服の大事な仕事なんで、トラブル処理に動かないといけない訳で…。そこがキャバクラとちょっと違う部分かも知れないっすね」
「さすがに今の世の中、キャバクラでガツガツ触りに来る猛者なんて、そうはいないだろうからね」

「例えば、キャバクラは女の子が1人で3人のお客さんを接客する事も可能ですけど、セクキャバは女の子がマンツーマンで接客するのが基本ですよね」
「そりゃそうだよ、上司と同じ女の子を共有して…ってのも絶対イヤだし!」

「そういった都合上、女の子のセッティングが遅れたりすると、怒り出すお客さんもいるんですよ!」
「俺の女がまだ来ない!みたいな」

「そんなのはしょっちゅうですね。そんな時はボーイがひたすら謝るんですけど、俺がセクキャバの仕事で学んだのは、ボーイの100の謝罪よりも3分のおっぱいタイムなんですよ!」
「どんなに文句を言う奴も、オッパイに埋もれたら静かになる(笑)」

「さっきまで鬼の形相で怒ってたオジサンが、テカテカ満面の笑みで『ありがとう』って帰って行きますから」

■キャバクラとセクキャバ…、女の子の管理が大変なのは?

「キャバクラでもセクキャバでも、キャリアを積んでいくと担当のキャストが増えてきて、彼女たちの管理やメンタルケアの仕事を任されるようになるんですが、その仕事はキャバクラの方が断然気を使いますね」

「そうなの? セクキャバの女の子の方が…、色々と触られたりするから、精神的なフォローとか、大変なんじゃないのかと思うんだけど?」
「それもありますけど、女の子もセクキャバで働くと決めた時点で、それはある程度覚悟してると思いますね」

「じゃあキャバクラの方が気を使う、その理由は?」
するとセイヤ君は逆に問いかけてきた。

「この街を歩いていると、キャバクラの店前に女の子の誕生日祝いの花が並んでるのを見たことあるでしょ?」
「もちろん、バースデーイベントだよね」

「ああいうイベントって、ただのお祝いじゃなくて、結構厳しいノルマがあるのって知ってます?」
「えっ? イベントをするからには、何十人のお客さんを呼べ、っていうような?」

「そうそう、だからバースデーイベントだからって、嬉しいよりもプレッシャーに感じてる子の方が多いと思いますよ」
「営業メールやラインとか来るもんな~」

■キャバクラのキャストには“営業ノルマ”のプレッシャーが・・・そのケアが大事!

セクキャバのキャストは基本“ノルマなし”その理由は!?

「そんなイベント以外にも、キャバクラには、同伴ノルマ、指名本数ノルマ、売上ノルマなどが店によって決められていて、ノルマが達成できない女の子は給料から罰金を引かれたり、時給を下げられたりするんですよ。彼女たちは日々、そんなプレッシャーに晒されてるんです。だから女の子同士もライバル関係になっていがみ合ったり、お客さんを取り合ったりするし。結構シビアな世界なんすよ…」
「ヒェ~、厳しい世界だね…」

「毎週毎月、一定のお客さんを来店させてお金を落としてもらうためには、お客さんと毎日電話やラインをしたり、食事に行ったりゴルフに付き合ったり…、お金にはならない努力も要求されるんですよね…。だから俺たちボーイは、そんなプレッシャーに女の子が負けないで、売上をしっかり立てられるように、常日頃から精神的なケアをするんですよ。女の子のモチベーションが上がることが重要になんすよね~」

「お店の売上アップにも繋がるもんな。ノルマによるプレッシャーって、セクキャバにはないの?」
「セクキャバのお店には、そういったノルマがほとんどないんですよね~」

「なんで?」
「セクキャバの店前にお誕生日の花が飾られてるのとか、見たことあります?」

「ウーン、そう言えば見たことないかも…」
「セクキャバで高級ブランデーをボトルキープしているお客さんとか、見たことあります?」

「いや…、そんな高いお酒を飲む必要ないだろうし…」
「でしょ、セクキャバでは売上ノルマや営業イベントを女の子に課さなくても、ちゃんと“オッパイがお客様を呼んでくれる”んですよ(笑)」

「出た、名言!」

■キャバクラ・セクキャバのボーイ:アルバイトの時給・正社員の月給は?

こうしてキャバクラとセクキャバのボーイの仕事の違いについて語ってくれたセイヤ君に、私は最後、一つの質問をした。
「キャバクラとセクキャバ、ボーイの給料とか待遇に違いはあるの?」

すると、セイヤ君はしばらく考えた後に言った。
「いや、特に違いはないかなぁ。どっちもアルバイトだと時給1,300円~1,500円スタート、正社員だと月給30万円~35万円スタート、そんなところが相場だと思います。待遇も同じような感じですね、まあ、お店によりますけど…」

「へぇ~そうなんだ。そこは変わらないんだね。どちらで働こうか迷った時は、仕事内容の違いを参考にして選べばいい訳だね」
「そうっすね。三度のメシよりオッパイが好きな人はセクキャバへ!しっかりした接客を身に付けたい人はキャバクラへ!そんな感じかな。もちろん冗談っすよ(笑)」

「オレ…もう一回人生やり直せるとしたら、絶対オッパブの店員になるけどなぁ…、見放題だぜ…」
セイヤ君が帰った後、グラスを磨きながら誰に言うでもなくマスターが呟く。

三度のメシよりオッパイが好きな奴がいたよ…、こんな近くに…。
私は苦笑いをしながら残りのバーボンを煽った。