風俗店で働く男性スタッフの“寮”についてリポート!

■依然として風俗業界では男性スタッフが不足している…。

令和となった現在でも、風俗業界では慢性的な“人手不足”状態が続いています。
特に20代などの若年層の男性スタッフを集めるのに苦労している風俗店は多いようです。
そのため、各店舗は求人募集を行う際に、高額な給料はもとより、様々な“高待遇”を謳っています。

・入店お祝い金○万円支給
・ワンルームマンション寮完備
・食事2回つき
・スーツ代支給


このように、ドカントなどの高収入求人サイトでは、他の業界では見られない風俗業界独特の“高待遇”を謳った募集案件が多く掲載されています。
その中でも、風俗業界の待遇を語る上で欠かせないのが“寮”の存在です。

■風俗業界では“寮完備”の求人が多い。

男女問わず、貧困に苦しむ人々にとって、風俗業界は最悪の事態から抜け出すための“セーフティネット”の役割を果たしてきたといわれています。
様々な事情で最低限の生活基盤である“衣・食・住”を失った人々を、風俗業界は受け入れてきた歴史があります。

なかでも、人間が安定した生活を送る上で必要不可欠なものは、“住居”です。
しかし、部屋を借りるのにも敷金や礼金といったお金が必要であったり、保証人を用意しなければならなかったりと、困窮者にとっては容易ではありません。

『リストラに遭い、家賃が払えなくなってアパートを追い出されてしまった…』
『今はネットカフェやファストフード店で夜を明かして、日雇い仕事で凌いでいる…』


そんな境遇に追い込まれた方々のニュースを目にすることも多いですが、一般の会社では、“住居がない”(住所不定)の人は、仕事を求めても面接すらしてもらえない現実があります。
しかし、風俗業界では、“働く気概”さえあれば、例え住居を持たない人でも“寮”を提供して雇用をしてきました。

『ウチの店で働いてくれるなら、衣食住の心配はしなくても大丈夫です』

といったところでしょうか。

“即入寮可”(すぐに寮に入れる)などと求人情報に書いてある風俗店もあり、働くその日から寮を利用できる店舗も多いです。
また、“家具家電一式”が完備された寮も多く、まさに“体ひとつ”で仕事を始めることも可能です。

しかし寮というと、一つの部屋で大人数が顔を合わせて共同生活する、いわゆる“タコ部屋”のような光景を想像される方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、風俗店の“寮”とはどのようなものなのか解説したいと思います。

■風俗店の“寮”その実態は?

風俗店の寮は、学生寮や社員寮といった入居者が賃貸契約をするのではなく、お店側が賃貸マンションやアパートを会社名義などで借り上げている場合が一般的です。

『7、8畳ほどのワンルームマンションの一室に二段ベッドが複数置かれ、そこで4、5人程の若者達が共同生活をしている…』

こんな光景を、ホストクラブのスタッフに密着したTVのドキュメント番組で見た方も多いのではないでしょうか。

風俗店の寮でも、このように複数で一つの部屋をシェアするタイプの寮もあります。
この“ルームシェア型”(悪く言えば“タコ部屋”)の寮の場合は、寮費は“無料”、もしくは“1日千円~数千円”といった安価な設定をされているケースが多いです。

もちろん、プライベートが完全に確保された、“一人一部屋ワンルーム型”タイプの寮もあります。
また、2LDKや3DKなど、複数の部屋がある広めの物件の場合は、バス・トイレ・キッチン等は共用スペースとなりますが、部屋の方は一室ごとに個人で利用する場合が多く、プライベートは守られるようになっています。

■寮を利用する際のメリット

寮に入居することによるメリットは数多くあります。

●即入寮可の場合が多く、すぐに住居を確保できる!
前述のように、一般企業が“住所不定”の人間を雇用することはありません。
ですので、普通は仕事を探す前に住む家を見つけることが必要となります。
しかし、そもそもお金がなくて住居を失った人がほとんどなので、敷金や礼金といった“初期費用”を工面することは困難で、その上“無職”の状態で部屋を借りることは“入居審査”でも非常に不利となります。

対して、風俗店では“即入寮可”となっている場合が多く、しかも、お店が物件を借り上げているので“初期費用ゼロ”で入居審査もありません。

●寮費(家賃)が安い!
前述した、ルームシェア型の寮ではなくワンルーム個室型の寮を利用した際は、“寮費”(家賃)を負担することになり、給料から天引きされます。
その金額は、近隣の同等なマンションの家賃に比べて、“格安”な場合がほとんどです。
エリアや物件によって寮費もまちまちですが、都内ですと“3~5万円”といったところが一般的です。

都内の風俗店は、新宿や池袋、渋谷などの繁華街に多いので、その周辺のマンション家賃も高額になります。
ワンルームマンションの相場は、“7~10万円”といった金額になります。
およそ相場の“半額程度”で住居を確保できることになります。

しかも、昨今の人手不足といった状況もあり、お店によっては求職者を惹きつけるために“寮費無料”の特典を設けているケースも増えています。

●家具・家電が完備、水道や光熱費が無料のケースも!
風俗店の寮には、TVや冷蔵庫、洗濯機などの“家具家電”や、ベッドなどの“寝具”まで用意されている場合が多いので、入寮したその日から快適な生活を営むことが出来ます。
また、“水道代”“光熱費”をお店側が負担するケースが多く、入寮者の金銭的負担が軽減されます。

●職場が近い!
お店へ出勤がしやすいように、寮は職場の近くにある場合が多く、通勤に“時間”“交通費”がかからないのも寮を利用する際のメリットの一つです。
しかも、職場は繁華街に多いことから、寮もその周辺の飲食店や人気ショップが立ち並ぶエリアにある場合が多く非常に便利です。

■寮を利用する際のデメリット

寮生活にはメリットが多い反面、デメリットもあります。

●寮によっては共同生活になる場合も…。
ワンルーム個室型の寮だと問題はありませんが、ルームシェア型の場合は、部屋内でのブライベートは守られるものの、キッチンやリビングなどの共用スペースで上司や同僚と顔を合わせることになります。

そこでの人間関係、特に気の合わない人間がその中に含まれている場合、大きな“精神的負担”(ストレス)となる可能性があります。

●勤務日数に前提条件を付けられるケースも…。
面接の際に入寮を希望すると、入寮にあたって“月に○日以上勤務”“1日に○時間以上勤務”といった勤務条件が提示される場合があります。

とはいえ、風俗店も現在では“週休2日制”“8時間労働制”など労働環境の改善が進んでいますので、条件的に問題があるケースは少なくなっていますが、このような条件を提示された場合は、自らのキャパシティーと相談の上で判断しましょう。

■まとめ

風俗店で働くスタッフの待遇、その最大の特徴でもある“寮”を利用するにあたっては、メリットとデメリットそれぞれあります。
しかし、比較すればメリットの方が大きいことは明白でしょう。
風俗店の給料は他業界と比較しても高収入ですので、経済的に負担の軽くなる寮に入って仕事をすれば、自ら部屋を借りる資金はすぐに貯まるでしょう。

新たに生活を立ち上げていくためのワンステップとして、寮を活用するのは非常に有効であると言えます。