リーマン温湯・質屋で換金&横流し。副収入ゲット

温湯(ぬるまゆ)シュウイチの下衆リーマン日記!

誰もが知ってる某一流会社勤めの金融マン。39歳妻子持ち。
長男は私立小学校に通い、妻は専業主婦で習い事に大忙し…。
そんな順風満帆な人生がひょんなことから600万の借金返済生活へ!
つちかった役職知識をフル活用!カラ交通費に経費水増し、株式投資に副業、ギャンブルetc…
一発逆転高収入を夢に見て、合法ギリギリの小遣い稼ぎに狂う日々…。
嗚呼、来年の8月にはようやく司法書士にお願いした債務整理の返済が終わります。
それまで嫁にはバレませんように(ナムー…。
AGAのハゲ薬をインドから個人輸入し副作用で精力が弱りはじめた、温湯シュウイチのゲスい日常。
【注】読後感悪し

第7話 温湯、愛と憎しみのボレロ!の巻

■同情するなら、ギガをくれ。

人事部より学生の「採用面接官」の依頼があった。
そのため、毎日会社に缶詰状態で、朝から晩までクソ学生の面接に追われている。
面接官なんてちっとも面白くない。
当然、社内にいる拘束時間も長いので、経費の「ちょろまかし」も出来ない。
肝心な副収入が、全く途絶えてしまっている・・・。

だが、モロモロの支払いは待ってくれない。´д` ;

当然、多忙のため愛人宅にも通えず、悶々とする日々。
仕方なしに、夜な夜な嫁に隠れ、布団でコッソリとXvideosを視聴しまくっていたら、
アッと言う間に速度制限になってしまった。

それからは、帰宅時にマックでエロ動画を落とす日々が続いている。
毎月の借金返済額7万円
とてもじゃないが、追加のギガを購入する余裕はない。

どうしたものかと思い悩んでいると、
最近放置状態にしていた、愛人からラインが来た。

「話しがあるので、明日の夜家に来て。
必ず来て下さい。詳しくはその時に・・・」

何やら切羽詰まった様子。
何事かと用件を聞いても、既読スルー。

まさか?別れ話?
それとも、ちょいちょい財布から千円抜いているのがバレた?

翌日、朝から晩まで採用面接でヘトヘトになりながらも、いそいそと愛人宅へ向かった。

■そこにはいつもと様子が違う、愛人が・・・。

家に入ると、珍しく愛人がオレにコーヒーを淹れてくれる。

ちなみにこのコーヒーメーカーは、オレが取引業者から仕事の見返りでもらった
「バリスタ@ワイロマシーン」である。
水を入れボタンを押すだけで、ドリップ完了という優れモノ。
それにも関わらず、最近では全くコーヒーを出してもらった記憶がない

このところ忙しくて愛人宅にも行ってないのは先にも述べたが、
オレの金銭状態も悪化の一途をたどり、月末に愛人宅の家賃を入れるのが精一杯。
当然、外食やお出掛けデートもなければ、プレゼントすらあげてない。

愛人の子供が寝たのを見計らって、声を押し殺しながらサクッと情事を済ませて帰る関係。
釣った魚に餌をやらない男、甲斐性ナシと見限られたか・・・。

と思っていたが、今日は何やら雰囲気が・・・、違う、ような気が・・・。

■ヒリヒリとした緊張感の中、覚悟をして話しを切り出す。

「話って何?」

そう聞くと愛人はキッと険しい表情になり、
「私、妊娠したから。産むから。覚悟したから」

と目の周りを赤らめ、一気にまくし立てた。
『ンゴッ!』
思わず言葉にならない呻き声が漏れてしまう。

動揺のあまり、恐らくこういった場面では、
一番口に出してはいけないワードを口走ってしまった。

「ハ?誰の子?」

赤らんでいた愛人の顔は瞬時に青ざめ、まさしく般若のごとき面構えに豹変。
「ふざけんじゃないわよ!アンタの子に決まってるでしょ!
たぶん京都の時よ!(前編参照)私、産むから!

『ンゴッ!』
言葉が全く出てこない。
顔には脂汗が滲み、脇汗もベッチョリ。

テーブルに置こうとしたコーヒーカップから、コーヒーが全部ズボンに垂れてしまう。

「それから言っておくけど、私、アンタとは 別れないから!

『ンゴッ!』
一瞬にして、家庭、会社etc・・・。色々な事が目まぐるしく頭を過ぎる。
愛人との遊びの代償は今更ながら大きい。

「アンタ、ヤリ逃げ?散々 私の身体をもてあそんで、
ヤバそうになったら急に音信不通になって、バックレるの?

「いや、学生の面接が忙しくて・・・」
「うるさいー!!」
愛人が怒鳴る。

気がつくと正座をしていた。

「徐々に私との関係を終わらせようとしてるみたいだけど、そうは行かないわよ!

「もし、逃げたら、アンタの会社に言うからね!

「お宅の管理職とゲス不倫して、妊娠させられたって!」

「この先、出世も出来ないでしょう。まあ、私の知ったこっちゃないわ!

「とにかく認知してもらうから。養育費、教育費、払って貰うから!」

これは地雷!
完全に苦情客、クレーマーの様相ではありませんか。
ここは一旦、社内マニュアル通り、土下座をしながら一切の反論をせずに、
ひたすら聞く。全身を耳にしてひたすら聞き役に徹する。

「それからね、たぶん妊娠が原因で体調も良くないし、パートも暫く休むから!

「産婦人科に行く費用と、パートの分と合わせて、当面のお金20万用意して!

もうヤ○ザの車にカマ掘ったようなもの言いではないか・・・。

「ゆくゆくは、この家も手狭になるから引っ越しも必要!

オレはひれ伏し、うつむいていた視線をチラッと上げてみた。
愛人は血走った眼で虚空を見つめながら、ウットリと喋り続けている。

「私には上の子もいるから、実家に帰るわけにはいかないし、
お手伝いさんも雇わなければならないじゃない・・・」

おいおい独り言始まっちゃったよ。
と思ったら不謹慎にもクスッとしてしまった。

「聞いてんのかー!!」
いきなり、美顔ローラーが飛んで来た。

いけない、いけない。そうはいっても一流企業の管理職のオレ。
瞬時にお仕事モードに切り替える。

『クレーム対処マニュアル』
とにかく相手の主張を聞き、まずは謝罪し、お客様に解決策の御提示をすること。

①仰せの通りでございます。→後々不利になりそう。
②申し訳ありませんが、全て致しかねます。→刺される。
③私の一存では決めかねますので「社」に戻り一旦検討を。→刺される。
④第三機関入れて争う。→会社や嫁にバレ、全て失う。
⑤無言でダンマリ。

はい、オレは⑤を選択。ダンマリ。

今度はマニュキアとクルクルカーラーが飛んできた。

「とにかく来週までに20万用意して!あー体調悪い!」

愛人はそれだけ言い残し、ベッドの中に入ってしまった。

せめて、妊娠してるなら今宵は生で、とオレもベッドへ続いたが足蹴にされた。

「出てってー!!」

■とぼとぼと愛人宅を出た。完全にお先真っ暗だ。


とにかく、カネを作らないといけない。
てっとり早くカネを作るには・・・。

いくら考えても良い案は浮かばない。
今回は得意の「ちょろまかし」で、間に合うモンじゃない。
もはや質屋で、何かを換金することぐらいしか思い浮かばなかった。

落ち込んでばかりもいられない。金目の物を探すか。

早速帰宅し、とっくにイビキを掻いて寝ている鬼嫁に気付かれぬように、
夜中にこっそり起き上がる。

タンスの奥から嫁のダイヤモンドの結婚指輪を拝借した。
何年もタンスの肥やしになっている。
この指輪、もうあのブン膨れた指には入るまい
それから、オレがまだ景気の良かった時代に買った「オメガ」の時計、
そして同じく「ロレックス」の時計を袋にそっとしまった。

明日は朝から質屋へ向かう。
学生面接はキャンセルするしかない。大切なお客様からクレームが入ったことにしよう。

■質屋で換金。高価だから高値で売れるわけではない。

翌日、まず向かったのは、昭和の匂いが漂う路地裏、個人商店の質屋。
入ると中から、かなりの爺さんが出てきた。
サイズが合っていない、襟ぐりの大きすぎるYシャツ、毛羽だったエンジ色のチョッキ姿。
城南電機の宮路社長に似てる。
何だかすでに後悔。

買取?質草?買取のほうが若干高め。質草は利子を頂戴します。
利子はこの表通り。鑑定は無料」

とにかくぶっきらぼうな説明
こちらがお願いする前から、薄汚れた白い手袋をはめ、既にルーペで鑑定を開始。
しかも質草(時計・ダイヤ)を載せる“お盆”も、うっすら汚れていると来たもんだ。

10分ほど待たされ、宮路が電卓を叩きながら言う。
全部込みで10万!どうする?お兄さん!」

「・・・」唖然(゚o゚;;!!
もちろん、それ以上の説明はない。
素人目に見積もってもそんな安いハズがない。

「ちょっと考えてから、また・・・」?と言うと、

「よし、11万!」
「いや、ちょっと 出直します・・・」と言うと今度は、

「ホナ12万!」
もう、意味がわからねえ。

「13万!これが限界!」
と叫ぶ宮路の声を背に、逃げるように退散。
やはりココは安心の大手の買取店ヘ向かう。

駅前にある「お◯から屋」

さっきとは打って変わり、担当者は若くてさわやかな好青年、スーツにネクタイ姿である。
丁寧かつ優しい口調で質問をしてきた。

「いつ頃どこで、いくら位でお買い求めになりましたか?」
「丁寧に使われていますね」
「グレード感はB ですね」など的を射た会話。

店員は裏に引き返し、パソコンを使い熱心に何かを調べている。
聴いてみると、丁寧に市場の売買実勢状況を見ているとのこと。

需要と供給ですね、高価だからと言って高値で売れる訳じゃありません」
宮路とは大違いの説得力。

お待たせしました、と笑顔でこちらに振り向き買取値を告げる。

まず嫁のダイヤの指輪
「ダイヤは基本1カラットでないと値段がつかないんです。
買値は45万とのことですが、ウチでは3万円です」

さ、さ、3万?」(゚o゚;;は?唖然‥

次にオメガの時計、スピードマスター。
「買値は13万ということでしたが、こちは質草で3万5千円

ロレックスの時計
「買値30万ということでしたが、今回は17万円

「3点の合計で、23万5千円です。
やはりロレックスやルイヴィトンは人気があるので高値で買い取れます」

「来週までに20万用意しろー!」愛人の要求が脳裏をよぎる。

結局、指輪を売るのはやめ、時計2個を質草にして20万円を作った。

ちなみに、ロレックスやルイヴィトン以外だと、
高値で買取されるのは、やはりゴールド「金」とのこと。

あっ、そういえば・・・。
愛人宅にあったカルティエの金ネックレスの事を思い出し、
何気なく質問をしてみる。

「カルティエの金ネックレスは、いくら位で買取できますか?」

担当者は丁寧に言う。
「モノにもよりますが15万から17万円位にはなると思いますよ」

「あと人気の品はやはり、商品券やらチケット類ですね。高値で買い取りますよ」

「チケット?」
ちょうど財布に入っていた、
千葉県浦安市の某有名テーマパークワンデイパスチケットを見せると、
買取価格6,200円と言われたので、即換金。

確かワンデーパスの販売価格は7,400円。
客には6,900円で販売するという。
店としては1枚700円の利ざや。

丁寧にお礼を言い質屋を出る。

■そして、換金した20万を手に愛人宅へ向かった。

「体調はどぉ?」
「別に・・・」
手土産にケーキを持って行ったが、バリスタ@ワイロマシーンが作動する気配はない。

とりあえず用意した現金20万を渡す。
「・・・」
ん?反応が薄い。
どうもさっきから愛人の様子が変だ。

良く見ると顔が赤い。体調でも悪いのか?
いや、顔が赤いだけではない、喋ると酒臭え

よく見たら酎ハイ3本も飲んでいる。しかもストロング系じゃねえか。
妊婦が酒を飲んでええのか!

■ペテン師と詐欺師、だまされてリビエラ。

愛人を問いただすと、
「昨日は、市販の検査薬で反応が出たからアナタに言ったの。
それで今日産婦人科に行って、正式に検査をしたら・・・、
妊娠はしてなかったの・・・

『ンゴッ!』

「良かったね、これで私と別れて、他の女のとこに行けばいいじゃん!

ん?何言ってんだ、コイツ?。

よくよく聞いてみると、
オレが愛人宅に寄り付かなくなったり、金回りが悪くなったのは、
オレに別の女が出来たからではないか?
その女に金を使ってるんじゃないか?
と疑っていたという。

いや・・・、
きっと今回の騒ぎは、オレの気持ちを確かめるための狂言だったのではないか・・・。
「来週までに20万!」と無理難題を押しつけて、
オレがどうするのかを見定めていやがったか・・・。

何が認知だ、養育費だ、引っ越しだ、お手伝いさんだ!
怒りで目の前が真っ赤になったが、
これでコイツがキレるとヤベえ奴だと思い知った。

怒鳴り散らしたいところだったが、ここはグッと我慢。
とりあえず、心にも無い甘い言葉をかけて愛人を抱く。

■だが、今回ばかりはお仕置きが必要だ。

事後、ご機嫌な愛人とピロートーク。
「そういえばさ、取引先の古物商がブランド物を売るから
使わない貴金属とかあったら、高値で買取りするっていってたよ」

「へー」

「オレ、オメガ売るんだけど 、何か売りたい物ある?」

「特になーい。ヴィトンは使ってるし。私、貴金属に興味ないからー」

「そういえば、カルティエのネックレスなかった?アレどうした?」

「あー、アレは前の会社の社長が誕生日にくれたのよ。興味ないから、そのまま」

「じゃあ、売れば?そんなの持ってても仕方ないし、オレが高値で売ってやるよ」

「たいして値がつかないでしょ?」

「じゃあ 明日、とりあえず質屋に鑑定に行ってみるか。
その店の近くに、美味しい寿司屋があるから食べに行こうや」

愛人は更に機嫌を良くした。
水色の錠剤をガリッと噛み、もう1回戦突入。(≧∇≦)

翌日、二人で宮路のジジイがいる質屋へ行く。
宮路はカルティエのネックレスを、汚ねえお盆に載せ、ルーペで鑑定。

「はい、お待たせ3万!」
まさに想定内の回答。このジジイ完全に足元見ている。

「3万3千円!」
と叫ぶ宮路を背に、白目でお礼を言って店を出る。

愛人は得意げな顔でオレに言う。
「ホラ、言ったじゃん、そんな値段なんだよ~」

まさに需要と供給。フフ。

「それよかお寿司行こうよ~」何も知らない愛人は上機嫌である。

『これは投資だ』と自分に言い聞かせ、久々に回らない寿司屋で豪華に食事を奢る。
そして、奴のカルティエを預かることに成功

その条件はただ一つ。
3万円以上の値がつくなら売ってもOK(≧∇≦)・・・ウヒャ

■翌日オレは、時計を預けたマトモな質屋「お○から屋」へ。

買取希望のカルティエの金ネックレスは、予想通りの値がつく。
査定価格17万円。迷わず売る。

愛人に「昨日の質屋より1万円も高く売れたよ!」と4万円渡す
「すご~い♪」驚嘆しつつ大喜びしている。

そして、オレの利益は13万円!

今回のお仕置きはこの位にしておいてやる。

■「例のチケット欲しいんだけど、20枚位…」

オレに、千葉県浦安市の某有名テーマパークのチケットをくれた、某金融マンに連絡を入れた。

「え?20枚?ちょっと多いですね。アレあくまでも贈答品なんですよ。
あまり大々的にはしないで下さいね~」

「大丈夫だよ。今後毎月10枚位なら融通できる?」

「それくらいなら大丈夫です。その代わりまたお客さんの紹介、お願いしますね」

と、言う事で毎月10枚のチケットを融通してもらえることになった。

チケットは彼の会社の社内斡旋価格で1枚5,400円
当然原価で譲り受け、これを6,200円で換金ショップに持ち込む。
1枚あたり800円の利益となる。
今回は20枚なので、アッという間に16,000円の利益になった。

そして今後、毎月10枚横流しするので8,000円の副収入が決定!
今のオレにはデカい金額だ。

ウハウハしていたら、学生時代の後輩から電話がかかってきた。
「お久しぶりです、ようやく退院できました。ご迷惑かけて申し訳ありませんでした」

退院?聞くと、暫く入院していたらしい。
「いやあ、先輩から紹介してもらって、保険に入ってて良かったですよ。
かえってプラスになりました!」

え?ちょっと待って?
プラスって何?
その話し教えくれない?
ナニそれ?
ウルトラCやないかーい!
俺のふんりゅう!(五話参照)どころじゃないぞっ!(≧∇≦)

次回、温湯人生初の計画入院!
痛いが合法的に大金転がりこんできました。

今回の温湯のリスクとリターン 真似しちゃダメ、絶対!

質屋に質草
質屋に行くなら大手がオススメ!
因みに質草はダイヤなどの宝石類は全くダメ。
ヴィトンかロレックスあたりが高値!
男にヴィトンを貢がせて、即質屋に売っ払うキャバ嬢の
気持ちが分かる。
あくまでも需要と供給!要らないモノは売る。
チケット横流し
リスク→少数ならほぼノーリスク。
リターン→1枚800円の利益。ネットで売ったら管理番号から
足が付く模様。
あくまでも街中のチケットショップへ。
愛人契約
リスク →刑事罰はないが、会社にバレたら社会的地位を失い、嫁にバレたら物理的に生命を失う恐れあり。
リターン→プライスレス?ただし「妊娠」には気をつけて!
「狂言」にもね♪

温湯、ここまでの借金総額5,500,000円也!