【ナイトワーク】業界用語をドカント編集部が詳しく解説!

ナイトワーク・業界用語集

キャバクラや高級クラブ、スナックやパブ、ホストクラブにボーイズバー等々…、
華やかなナイトワークの世界では、表立ってお客様に聞こえてはいけないワードなどを「隠語」のようにした業界用語がたくさんあります。
意外と奥が深いこれらの言い回し。
今回はドカント編集部が「業界用語集」を作りました!
ナイトワークでお仕事をお考え中の方にはモチロン、夜遊びに行かれる方でも知っておいて損はありませんよ。

■ア行
【R】(あーる)
「reserve」(予約)の頭文字をから『指名』のこと。
【アイスペール】(あいすぺーる)
お酒用の氷を入れてある容器のこと。なおアイス交換はボーイのお仕事。
【朝キャバ】(あさきゃば)
早朝(日の出頃)5時~6時からお昼過ぎ頃まで営業しているキャバクラのこと。
客層は営業を終えた水商売関係の方が多い。
キャバ嬢(キャスト)には早朝出勤手当がついたり、バック率を高めに設定するお店もある。
【アフター】(あふたー)
営業終了後に、お客様と一緒に飲みに行ったり食事に行ったりすること。
お給料にはならないが、お客様から足代(お小遣い)をもらったりすることも…。
【アリバイ会社】(ありばいかいしゃ)
親や知り合いに内緒で働いている場合に、普通の会社で働いている様にアリバイ工作をしてくれる会社。
【アンダー】(あんだー)
18歳未満のこと。
アンダーの人が嘘をついてお店で働こうとするケースも多い。
【痛客】(いたきゃく)
キャストや男性スタッフに対して無理矢理にお酒を飲ませたり 、周りのお客様に迷惑を掛けたり…。
その行動が非常に不愉快で恥ずかしいお客様のこと。
【イベント】(いべんと)
お店での集客企画。キャストのお誕生日や開店記念日、バレンタイン、クリスマス等々…。
【色恋営業】(いろこいえいぎょう)
色営(いろえい)と略すことも。
キャストやホストが、お客様を自分に惚れさせたり、恋愛関係にあると勘違いさせてりして来店を促す営業スタイル。
【裏引き】(うらびき)
お客様をお店に呼ばずに、キャストが直接お金をもらったりすること。
お店に発覚した場合には罰則があることも多い。
【裏オプ】(うらおぷ)
裏オプションの略。主に風俗業界で使われる。
風俗嬢がお店に内緒でお金を取って行うサービスのこと。

【売上スライド制】(うりあげすらいどせい)
売上によって時給金額が変動すること。
ここでいう「売上」とは本指名のお客様が自分に使った金額。新規やフリーの方は対象外となる。
【売掛】(うりかけ)
お客様がツケにした代金を、指名されたキャストが支払うこと。
後日 お客様から回収できないと女の子の負担となってしまう。
ホストクラブなどでは売掛を認めているお店が多い。

【永久指名】(えいきゅうしめい)
一度指名するとそのお店では永久的に指名を変更することが出来ないシステムのこと。
ホストクラブで多いシステムだが、このルールを破ると周りのから総スカンを喰らうことに…。
【枝客】(えだきゃく)
「フリー」で来店されたお客様や、指名で来たお客様の「お連れ様」のこと。
指名客を「幹」として、その連れを「枝」と例えた言い回し。
【エレチュー】(えれちゅー)
エレベーターの中でお客様とキスすること。ホスト用語から由来。
【エノテーク】(えのてーく)
ドン・ペリニョンの黒のこと。「黒ドン」と呼ばれることもある。
お店で頼むと10万円を超えることも…。
【延長料金】(えんちょうりょうきん)
基本料金(1セット60分など)を超えると発生する料金。以後30分ごとや1時間ごとに加算される。
【オープンラスト】(おーぷんらすと)
お客様がお店の開店時間から閉店時間まで滞在して飲み続けること。
またはキャストやスタッフが開店時間から閉店時間まで働くこと。
略して「プンラス」ともいう。
【送り】(おくり)
閉店後、お店専属の送りドライバーや従業員が女の子を自宅まで送り届けること。
【お茶をひく】(おちゃをひく)
出勤したもののお客様を1人も呼べないこと。
江戸時代に、芸者がお座敷のお呼びがかかるのを、お茶をひきながら待っていたことが由来。
毎回お茶をひいている子(お茶っぴき)は、だんだん居心地が悪くなる扱いを受けてしまうことも…。
【オラ営】(おらえい)
オラオラの強引な態度で接客するスタイルのこと。ホスト用語が由来。
■カ行
【ガールズバー】(がーるずばー)
バーテンダーが女性のショットバー。お客様の隣りに座らず、カウンター越しで接客をする。
キャバクラと異なり飲食店に分類され営業時間の制約が少ないことから、
多くのお店は朝5時頃まで営業している。
【乾絞】(かわしぼ)
乾いたおしぼりのこと。主にテーブルを拭いたりなどで使用する。
【キープボトル】(きーぷぼとる)
ハウスボトルよりランクが高いボトルのこと。
キープボトルは一本一本購入する必要がある。5000円前後のものから100万円単位のものまであり、ボトルの残りは次回来店の際にまた飲むことが出来る。
ハウスボトルと違い、キープボトルはキャストも飲む事が出来る。
【客引き】(きゃくひき)
道行く人を依頼者の商売客とするために、任意の路上で誘い寄せること。
売春などの悪質なものは「ポン引き」とも言われる。
平成24年7月1日から「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例
(略称迷惑防止条例」)」の一部が改正されたので、客引きをする事自体が違法である。
【キャバクラ】(きゃばくら)
キャバレーとクラブが融合した形態という意味で、昭和58年頃に誕生した言葉。
時間制で料金が加算されていきます。

【キャバレー】(きゃばれー)
舞台のあるレストランやナイトクラブのこと。
1960年代から1970年代ごろに日本で流行した接待飲食店。
【強制指名日】(きょうせいしめいび)
月に何日か「強制指名日」というのが設定されている。
その指定された日に指名を取れなかったりするとペナルティ(罰金)が発生する場合もある。
【クラブ】(くらぶ)
基本的にはキャバクラと一緒だが、高級感のある所を指す場合が多い。
【黒服】(くろふく)
お店の男性従業員のこと。ボーイ、ウェイターとも呼ばれる。キャストとの恋愛は厳禁である。
【黒文字】(くろもじ)
爪楊枝(つまようじ)のこと。
黒文字という木で作られた高級な楊枝のことを「黒文字」と呼ぶことに由来。
「つまようじ」と言うと「妻用事」と家庭の事を思い出させてしまい、お客様が家に帰ってしまうのを防ぐため、水商売全般で古くから使われる隠語である。
【源氏名】(げんじな・げんじめい)
お店で使用する本名とは異なる名前のこと。
【ゲスタン】(げすたん)
お客様が飲むグラスのこと。ゲストタンブラーの略称。
キャストが飲む際に使うグラスは「キャスタン」(キャストタンブラー)と言われる。
■さ行
【ショーパブ】(しょーぱぶ)
キャバクラと同じくお酒を提供しながら、ダンスや歌のショータイムを設けているお店のこと。
ショーは完成度の高い本格的ものから学生の文化祭程度のものまでお店によって様々である。
【場内指名】(じょうないしめい)
お客様が入店前からお店の女の子を指名(本指名)するのではなく、入店後に店内でキャストを指名すること。
指名料は本指名に比べて安価な場合が多い。
【初回荒らし】(しょかいあらし)
主にホストクラブで使われる言葉。初回の安い料金だけを狙って各店を渡り歩くお客様のこと。
【スタンバイ】(すたんばい)
お会計が済んだお客さんが帰る事。 普通は「スタンバイ」とは準備するという意味で使われるが、
水商売では、次のお客さまのために席を譲っていただき準備に入ります、
という意味で「スタンバイ」を使う。
【スナック】(すなっく)
由来は「スナックバー」。軽食(=スナック)を提供するバーの意味となる。
飲食店免許で営業しているお店が多く、基本的にはお客様の隣に座っての接客は出来ない。
【スライド制システム】(すらいどせいしすてむ)
指名の数に応じて、時給や指名時のバック料金が段階的にアップするシステムのこと。
【セクシーキャバクラ】(せくしーきゃばくら)
略称「セクキャバ」。「いちゃキャバ」「オッパブ(おっぱいパブ)」などとも呼ばれる。
下着や水着、シースルーの服装などで接客する、文字通りセクシーさを売りにしたキャバクラ。
「ハッスルタイム」「ダウンタイム」等と言われる接客時間を設けており、お客様との密着度や過激度が高い。

【セット料金】(せっとりょうきん)
時間毎の決まった料金のこと。入店の時間帯によっても異なる場合が多い。
通常、開店直後のセット料金が一番安いケースが多いが深夜のセット料金を安くするお店もある。
税金・チャージ料・指名料など、全てセット料金に含まれるお店から各々別個なお店まで様々。
■た行
【体験入店】(たいけんにゅうてん)
女性キャストやホスト、ボーイなどの男子スタッフが実際に働く前に、仮入店として働いてみることが出来る仕組み。
通常、支給額も多く給料も日払いで受け取れる。
略して「体入」(たいにゅう)。
【体入荒らし】(たいにゅうあらし)
お試しで働く事ができる体験入店を、お店に入店する気もなくお小遣い稼ぎとして複数店舗で利用するキャストやホストのこと。
【ダウンタイム】(だうんたいむ)
女の子と話をしていた状態から、爆音と共に照明が暗転(ダウン)し、女の子がお客様の上にまたがりお触り可能な状態になること。
例えば、30分に一度など定期的な時間と共にこの時間が訪れる。
ダウンタイムの内容は、キスや上半身へのお触りから下半身のお触りまでお店によって様々。
類義語「ハッスルタイム」
【TAX】(たっくす)
税金やサービス料の事。TAXはお店によってパーセンテージが異なる。8%とは限らない。
【チャンスボトル】(ちゃんすぼとる)
お客様がキープしているボトルの残りが少なく、もう少しで空きそうなボトルのことを指す。
【チェンジ】(ちぇんじ)
席についたキャストやホストが好みでなかったり、気に入らなかったりした場合、他のキャストに替わって貰うシステムのこと。
【チャージ】(ちゃーじ)
入店後、席についただけで発生するサービス料のこと。
例えば、チャージが10%だとした場合、セット料金と飲み物代で10,000円だったとすると
チャージは1,000円となり、総額11,000円となる。これにTAXが加わる場合はそちらも別途となる。
【付け回し】(つけまわし)
テーブルのお客様に対し、接客するキャストを席につかせたり、離席させたりすること。
付け回し次第でお店の繁盛度合いが変わるので大事な仕事となる。

【冷絞】(つめしぼ)
冷たいおしぼりのこと。主にお客様が使用する。
【テーブルダンス】(てーぶるだんす)
ハッスルダンスやセクシーダンスとほぼ同じ意味。
類義語:「ハッスル」・「セクシーダンス」
【店泊】(てんぱく)
何らかの理由でキャストやホスト、男性スタッフがお店に寝泊りすること。
【店カラ】(てんから)
店内にお客様が誰も居ない状態のこと。
類義語「ノーゲス」
【当欠】(とうけつ)
キャストやホストが出勤予定と異なり、突然当日欠勤すること。
当欠の場合、ほとんどが罰則・罰金の対象となる。
【同伴】(どうはん)
キャストやホストと営業時間開始前に店外で会い、お客様と一緒に出勤すること。
通常、食事や買い物などが多く、お客様にとってはデート気分を味わえることが魅力。
同伴料という同伴した場合に支払うシステムを設けている店もあり、
指名やドリンクなどと同じくお店の成績に関係する。
反意語:アフター
【飛ぶ】(とぶ)
キャストやホスト、また男性スタッフなどが突然お店を辞めてしまうこと。
予約していたお客様が来ないことを指す場合もある。
■な行
【ナンバークラス】(なんばーくらす)
お店で1か月毎に売上げ順がNo.1、No,2、No,3、No,4…と決まるが、
ナンバークラスとは、基本的にNo,1、No2、No,3までのことをいう。
お店の顔ともいえる売れっ子のこと。
【ニュークラブ】(にゅーくらぶ)
地域によって様々な意味合いで使われているが、
札幌ススキノでは一般的に「キャバクラ」と呼ばれるお店は
「セクキャバ」(セクシー系の飲み屋)を指すのに対し、
一般的なキャバクラを「ニュークラブ」と呼んでいる。
【ニールダウン】(にーるだうん)
片膝を地面につけ、目線をお客様より下げること。
ボーイがお客様に最初のシステムを説明する際や会計時、テーブルにお酒を置く時などに行う。
【ノーゲス】(のーげす)
「no guest」の略で店内にお客様が誰も居ない状態のこと。
類義語「店カラ」
【飲み席】(のみせき)
キャストとお話しするよりも、一気(イッキ)飲みなどが多く、お酒をたくさん飲まされるテーブルのこと。
■は行
【ハウスボトル】(はうすぼとる)
料金のかからない飲み放題のボトルのこと。
ウィスキーや焼酎がほとんど。キャストやホストはハウスボトルを飲む事を禁止されている。
略語「ハウス」
【箱】(はこ)
お店自体やお店のフロアのこと。
【ハッスル】(はっする)
セクキャバ・ハッスルパブなどで使われる言葉。
女の子が下着姿や上半身裸でお客様の上にまたがり、抱き合った状態でダンスなどをする。
類義語「セクシーダンス」「テーブルダンス」
【ハッスルタイム】(はっするたいむ)
セクキャバ・ハッスルパブなどで、文字通りハッスルする時間。
女の子にチップを渡す必要がある場合から、セット料金にハッスルタイム料金が含まれている場合までお店により様々。
類義語「ダウンタイム」
【ハッスルパブ】(はっするぱぶ)
ランジェリーパブと同じような形態のお店。
ハッスルタイムを設けており、ランパブより過激度が高い様です。
類義語:「セクシーキャバ」「セクキャバ」「モミパブ」「エクストリームパブ」
【パブ】(ぱぶ)
基本的にはキャバクラと同じ様なお店。
キャバクラよりも安価な場合が多く、チャージ料を除き飲んだり食べた分だけ料金がかかる場合が多い。
類義語「キャバクラ」
【visitor】(ビジター)
お店でボトルをキープしていないお客様のこと。または初めて来たお客様のこと。
反意語「member」
【ピンドン】(ぴんどん)
シャンパンの王様、ドンペリニヨン。その中でも最高級なピンクのドンペリニヨン。その通称。
【風紀】(ふうき)
女性キャストとお店の男性スタッフ(ボーイ)が男女関係を持ってしまうこと。
ほとんどのお店で絶対禁止になっていて、発覚すると多額の罰金が科せられる事がある。
【フリー】(ふりー)
女の子やホストを指名せずに飲むお客様のこと。
【ボーイズバー】(ぼーいずばー)
限りなくホストクラブと近い形態だが、金額的にホストクラブより安価で
カウンター主体での接客となる。また、男性客が来店する場合も多い。
類義語「メンズパブ(メンパブ)」「ホストスナック」
【ホストクラブ】(ほすとくらぶ)
男性従業員(ホスト)が女性客の隣に座って接待をする社交飲酒店のこと。
類義語「ホストラウンジ」「サパークラブ」

【ボッタクリ】(ぼったくり)
お客様に料金を知らせずに、または、安い料金であると誤認させ、
支払いの際に法外な料金をお客に請求する手口のこと。
略語「ボッタ」
【本指名】(ほんしめい)
女の子やホストを指名した上で入店すること。
これらの指名はポイントや評価に直接繋がる為、キャストやホストにとってはとても重要で喜ばれる。
略語「ホンシ」
【ポン引き】(ぽんびき)
路上などで、巧妙な話術と手口で通行人の男性をボッタクリ店へ案内する悪徳案内人のこと。
「呼び込み」とは異なる。
■ま行
【マイナス営業】(まいなすえいぎょう)
キャバクラでは1人のお客様に対して、1人の女の子が接客する、マンツーマンが基本スタイルだが、女の子が足りずに、2人のお客様に対して1人のキャストで接客するような、女の子の足りない営業状態を指す。
【枕営業】(まくらえいぎょう)
キャバ嬢やホストがアフターや同伴等をはじめとした時間の中でお客様とHをすることで指名数を増やしていく営業方法。
【ミックスバー】(みっくすばー)
ゲイバーやレズビアンバーなどと違って、セクシャリティに関係なく誰でも入れるバーのこと。
お店のスタッフはゲイやオカマ、ニューハーフ、レズビアン、男の娘や女装子など多種多様なキャラクターが多い。
【member】(メンバー)
お店でボトルをキープしているお客様のこと。
メンバーになっていると基本料金が安く設定されている、など特典がある場合が多い。
反意語「visitor」
【モミパブ】(もみぱぶ)
セクキャバやランパブの進化形のお店。お触りOKの内容がより一層強化されている。
類義語「セクシーキャバ」「セクキャバ」「ハッスルパブ」「エクストリームパブ」
■や行
【呼び込み】(よびこみ)
店頭などで合法的に通行人の男性をお店に案内する事。
■ら・わ行
【ラウンジ】(らうんじ)
クラブ(接待飲食店)とスナック(飲食店)の中間、またはスナックを高級にした雰囲気のお店。
【ラスソン】(らすそん)
ラストソングの略で、営業時間終了間際にかけられる音楽やBGMのこと。
ホストクラブではその日の指名№1や売上№1のホストが歌を唄ったりするお店も多い。
【ラッキー】(らっきー)
付け回しを担当する男性スタッフの呼び名。
【ランジェリーパブ】(らんじぇりーぱぶ)
女の子が下着姿で接客するお店のこと。ランパブと略して呼ばれることが多い。
お触りについてはOKのお店とNGのお店がる。