風俗店の面接ノウハウ!男性スタッフに採用される人と採用されない人の違い。

風俗店の面接ノウハウ!男性スタッフに採用される人と採用されない人の違いについて

■風俗店で働くために…

未経験の方でも大歓迎! 
年齢不問! 
学歴や経歴なども関係なし!

これらのキャッチフレーズは、風俗店の男性スタッフの募集で必ず目にします。

一般企業では学歴や年齢、中途採用の場合は職歴などが重要視されますが、風俗業界では応募条件のハードルが低く、学歴や年齢、職歴不問で募集されている店舗がほとんどです。
そのため中卒の店長さんや元銀行マンのドライバーさん、50代の新人スタッフさん等々、色んな方々がいます…。

確かに風俗業界では男性スタッフの募集について、“来る者を拒まず”といった側面もあります。
ですので、風俗店だったら『誰でも採用されるんじゃないの?』
こう思っている人も多いのではないでしょうか。

ところが、近年では大手の風俗店グループや高級店などは“法人運営”され、一般企業並みの基準で面接などの採用活動を行っている会社も増えています。

風俗店に応募する側も、それ相応の面接対策を立てて挑まなければ“不採用”の憂き目に遭ってしまうかも知れません。
風俗業界だからといって甘く考えるのはやめましょう。

そこで今回は、都内で複数店舗の出張型ヘルス(デリヘル)を運営している会社の幹部スタッフ、久本さん(39歳)に、実情を聞きながら、採用される人と不採用になってしまう人の“違い”について具体的にレポートをします。

1.求人への応募…応募の時から選考は始まっている!

実際に風俗店で働くためには、まずは求人募集を行っているお店へ“応募”をすることから始まります。
面接の前段階であるこの時からお店側のチェックは始まっているのです。

【風俗店の求人に応募をする方法】
・電話での応募
・メールや求人サイトのフォームからの応募
・LINEでの応募

1-1.現役幹部スタッフへ“応募”について質問

――最近ではLINEで応募する人も増えていますか?
「多いです。 LINEは若い人達にとっては身近なツールですし、気軽に応募できますから」

――電話で応募するよりメールの方が良いとかってありますか?
「いえ、どちらかと言うと風俗店の場合は“電話応募”の方が良いと思います。 一番話しが早いですしメールやLINEですと、どうしても“女性からの”応募を優先してしまうので、折り返しが遅れてしまうこともあります」

――お店側もお客様や女の子への対応が大事ですからね。
「お客様や女性にはスピーディーに対応しなければならないので…。 また、こちらからメールで返信する前に別の方から応募の電話が入ったら、そちらの男性を優先してしまいます。 男性スタッフの募集には、やる気や積極性も感じられますから直接電話をして欲しいって部分もあります」

――応募の際に気を付けることはありますか?
「電話では“言葉遣い”です。 そんなに丁寧に話す必要はないですが、いきなり『面接したいんすけど~』なんてのはダメですね(笑)。 メールの応募で多いのは『返信はメールにして下さい』って書いてあるのにメールエラーでこちらからの返事が受信できない設定になっているとか…。 後は延々に質問が続く方も疲れます…」

――そりゃダメですね、×(バツ)ですよ。
「LINE応募も同じです。 いきなり『日払いできますか?』とか来ますから(笑)。 それでこちらから『日払いは5千円まで可能です』と返事をすると、『OK』っていうスタンプが来るという…」

――スタンプ!それで採用されると思っているのでしょうか…。
「残念ながらそんな方はウチの場合“応募者リスト”に“C”(要注意)マークが付いてしまいます…」

1-2.応募の際に気を付けること

応募電話の対応でお店側がチェックしているのは、ズバリ“マナーをわきまえているか”です。
電話・メール・LINE、いずれの場合も、まずは自分の“名前を言う”こと。
友達や家族と話しているのではありません。
社会人として、いや、人として“最低限のマナー”は守りましょう。

【電話をする前の準備】
・求人広告など電話をする店舗の情報が分かるもの
・面接前に電話で聞いておきたい用件をまとめたもの

電話中に慌てないために、これらを準備してスムーズに話しを進めましょう。

また、お店が忙しい時間帯(開店直後や夜19時以降の時間帯)の電話応募は避けた方がいいでしょう。
店舗の営業時間にもよりますが、13時~18時頃に掛けるのがベターです。
当然ですが、非通知で電話をするのは印象が悪いので気を付けましょう。
そして、車などの雑音がうるさい屋外や、ガヤガヤと周りがうるさい場所から電話をするのも失礼です。

1-3.応募の会話例

「お忙しいところ失礼します。本日は『ドカント』を見て電話いたしました。 
私●●●と申しますが、採用ご担当者様はいらっしゃいますか?」

まず名前、連絡した理由を伝え、面接が可能であるかの確認をする。

「面接をお願いしたいのですが、可能な日程はございますか?」

そして大切なのは、面接時に必要なモノを確認すること。

「面接の際に必要なものはございますか?」

履歴書(職務経歴書が必要な場合もある)や、身分証明書(写真付きの証明書を指定される場合もある)など指定されたモノは必ず面接に持参すること。
また、筆記用具は指定されなくても持参するのが常識です。

「19時までの早番勤務は可能でしょうか?」

面接をする前に“どうしても確認したいこと”“譲れない勤務条件”などについては、事前に聞くほうがお互いのために良いでしょう。
だからといって、矢継ぎ早に質問をするのは印象が悪くなります。
質問は1~2つに絞りましょう。

「お忙しい中ありがとうございました。 失礼いたします」

最後はお礼を述べ、相手が電話を切ったことを確認してから切ります。

※メール応募の場合に注意すること!
まずは自分のメールの“受信設定”をチェックして下さい。
お店からの返信は、必ずしも応募受付のアドレスだとは限りません。
採用担当者が携帯メールで受信をして、後ほどパソコンから返信をするケースなども多いのです。
パソコンからのメールを受信制限している方は事前に解除しておきましょう。

また、お店からのメール返信が無い場合もあります。
その際には直接電話をして確認してみましょう。
採用担当者が女の子の応募や面接などに追われて、後回しになっているケースも多いです。

「○月○日の××時頃にメールをしました○○と申します」

このように電話をすれば問題ありません。

2.面接の前に…事前に準備をすること!

このように、店舗への応募を経て面接の日程が決まり、そしていよいよ“面接日”を迎えることになります。
面接当日に慌てないために、しっかりと事前に準備をしておきましょう。

【面接の前に準備をすること】
・面接場所の事前確認
・必要な持ち物(履歴書や筆記用具など)
・服装や身だしなみのチェック

2-1.現役幹部スタッフへ“面接の準備”について質問

――面接の前段階で確認しておいた方が良いことはありますか?
「お店や事務所など面接を行う場所を確認して下さい。 求人サイトやホームページに地図や住所が出ていますので、Googleマップなどで道順のチェックもして欲しいです」

――時間厳守は当然、面接に遅刻するとか絶対にNGですね。
「それが遅刻する人は結構多いんです! 面接時間を過ぎてから電話が来て『道が分かりません』って…。 道順くらいはホームページでも公開していますから、事前に調べておきましょうよってね…」

――面接前からかなりのマイナスポイントですね。
「普通の企業でも同じですけど、社会人としてまず最初のルールは“時間厳守”です。 最悪、電車の遅延などで遅刻をしてしまう場合は、指定時間の“10分前”までには遅れる旨を先方に連絡しなければいけません」

――面接時の服装や身だしなみの準備というと?
「ウチの会社では“スーツ着用”など面接時の服装について規定は厳しくはありません。 襟付きのワイシャツを着用してジャケットに綿パンでも問題ありません。 ただ、スーツにネクタイ着用が無難だと思います」

――これも社会人として常識のある身だしなみということですね。
「たまにTシャツやジャージみたいな格好で来る人や、ピアスとかアクセサリーを付けて来る人もいますけど(笑)」

――コンビニに行くスタイルですね…。
「やっぱり男性も女性も第一印象が大事です。高価な服を着てくる必要は全くないですが、ジャケットがシワだらけだったり、シャツの袖口が汚れていたり…とかはマイナスですね。 とにかく“清潔感”がある身だしなみで面接に臨んで欲しいです」

2-2.事前準備で気をつけること

●必要な持ち物の確認
応募の際に聞いておいた面接時に必要な書類を揃えておきましょう。
履歴書はもちろんですが、お店によっては“職務経歴書”や“写真付き身分証明書”が必要な場合もあります。
当日に「忘れました」では通用しません。事前に用意しておきましょう。

また、履歴書や職務経歴書などは、当日に急いで書き上げると経歴を間違えるなどのミスをしてしまうので、面接の前日までにはしっかりと書類を仕上げておきましょう。

●服装や身だしなみ
風俗店だから適当な格好でも大丈夫だろう、と甘く考えている人もいるかも知れませんが、服装や身だしなみについても面接官から“常識の有無”をチェックされています。

あなたが面接官になったらどう考えるでしょうか?
金色に染めた頭髪、伸びたヒゲ、ジャージ姿、デニムにスニーカー…。
そんな格好で面接に来る方とスーツを着用している方、どちらを採用したいと思うでしょうか。
面接を不真面目に受ける人が、真面目に仕事をするわけがありません。

当然、スーツ着用が望ましいですが、どうしてもスーツの準備が出来ない場合は、ジャケットに襟付きのワイシャツ、綿のパンツやスラックス、革靴といった装いを準備して下さい。

ポイントは“清潔感”です。
風俗店の仕事は、お客様や女の子と接する職業です。
男性にも女性にも嫌悪感を持たれない清潔感のある身だしなみを心掛けましょう。
また体臭や口臭などのエチケットマナーにも気を付けましょう。かといって香水がきついのもNGです。

3.いざ面接へ!…面接で聞かれることを想定しよう

そしていよいよ面接が始まります。
どんな職業でも面接の中で必ず聞かれることがあります。
当然、風俗店の面接でも同じ質問がなされます。最低でも以下の3つは押さえておきましょう。

【面接で聞かれること】
・志望動機
・前職について(退職した理由)
・自己PR

また、面接官はその会話の中で何を探っているのでしょうか?

3-1.現役幹部スタッフへ“面接”について質問

――風俗店の面接で、一般企業と違う点は何かありますか?
「風俗業界の場合、面接での会話はある程度“正直に”話していただいて問題ないと思います。 借金問題や家庭の事情など、男性も女性も風俗で働こうとする方は色んな事情を抱えているケースも多いですからね。 働いていただく前にそういった事情があれば共有しておきたいです」

――“志望動機”について、これはどの会社の面接でも聞かれます。
「志望動機も、一般企業では印象が悪いですが、『お金を稼ぎたい』といった正直なモチベーションでも問題ないと思います」

――なるほど、『御社のサービスは使い勝手が良く…』とか言っても変ですからね(笑)。
「ただ、嘘を吐かない姿勢は大事ですが、『時給が高くて日払いだから…』『寮にすぐ入りたくて…』『女の子が好きだから…』とか、あまりに正直過ぎてもダメですけどね(笑)。 その志望動機の中で、何か“やる気”を感じさせる目標を提示できると良いですね」

――やる気を感じさせるとは?
「『お金を稼ぎたい』という志望動機なら、なぜお金を稼ぎたいのか?という部分です。 『マンションを買いたい』とか『将来独立をしたい』でも良いです。 一般企業ではNGでしょうが、風俗業界はOKです」

――前職にいても、退職した理由と共に必ず聞かれますね。
「前職についてはアルバイトでも何でも良いんです。その経歴によって合否が左右することはありません。 むしろ退職した理由の方をチェックしています」

――仕事を辞めた理由でどんな点に注目するんですか?
「ひとつは“ウチの会社で長く働いてくれる人なのか?”、もうひとつは“ウチも同じ理由ですぐ辞めないか?”を確認します。 ですから、辞めた理由を聞いて『給料が安いから…』『休みがないから…』『残業が多いから…』『上司とソリが合わないから…』等々、単純な悪口ばかりの人は敬遠されます」

――ここでも何かプラスアルファを?
「そうですね、“給料が安い”と言いたいなら『実績や成果で評価される仕事がしたい』、“上司と合わない”のなら『年功序列がない会社で力を発揮したい』とか、ポジティブな“転職理由”に結びつけて答えられたらGoodですね」

――面接を上手にこなす“コツ”ってありますか?
「本当に基本的なことなのですが、まずは面接官の話をきちんと“聞く”ことです」

――えっ!話しを聞かない人っているんですか?
「結構います(笑)。 こちらの質問の途中で喰い気味に答える人とか、延々と自己アピールをされる方とか…。 やはり採用する側からするとマイナスイメージを持たれますね」

――自己アピールしたつもりが逆効果だと…。
「後は、相手の目を見てハキハキと明るく話す。 これだけで全然違います!」

3-2.面接で気をつけること

風俗業界のスタッフ採用の場面では、履歴書や職務経歴書などの書面上の事柄よりも、面接での会話に重点を置いている会社が多いです。
言い換えれば、学歴や経歴などよりも応募者の“人柄”を重視している傾向にあります。

面接官が限られた時間の中でチェックしたいことはこの2つです。

・会社(店舗)で活躍できそうな人か?
・会社(店舗)で長く働いてくれる人か?

この2つを探るために面接官は応募者へ質問をしているのです。
ですから、この質問意図を理解して答えられれば高評価につながります。

“志望動機”からは、応募者の“やる気”がチェックされます。
“退職した理由”からは、会社をすぐに辞めずに根気強く長く働いてくれる人なのか、を見られます。
『○○が嫌だから』という退職理由ではなく『○○をやりたいから辞めた』という前向きな回答ができると印象は良くなります。

“この仕事で成長したい”といったポジティブな姿勢や、“将来の目標”をアピールできれば、ウチの店舗で長く活躍してくれる人材だと高評価を得られます。

また、面接は“対話”ですので、面接官の話をきちんと聞くことを心掛けて下さい。
面接官の質問の途中で話し出す、質問された内容とは違う話しを延々と続ける…、といった相手の話を聞けない人は、“協調性”“コミュニケーション力”に疑問を抱かれてしまいます。
相手の目を見て話しを聞き、自分が話す際には姿勢良くハキハキと回答しましょう。

自己PRも過去の実績を延々と述べるのではなく、面接官から聞かれたポイントを的確に答えるようにしましょう。
詳細に自己アピールをしたい場合は、履歴書とは別に“職務経歴書”を作成すると面接での会話も弾み好印象を持たれます。