【男が働く夜の仕事】ナイトワークの待遇を徹底解説!

【男が働く夜の仕事】ナイトワークの待遇面について

ナイトワークとは、水商売や性風俗業を含んだ総称ですが、一般的にはキャバクラや高級クラブなどの「接待を伴う飲食店」を思い浮かべる方が多いでしょう。
ここでは、夜に働く男の仕事として、主にキャバクラなどの水商売における男性スタッフの待遇面にスポットを当て解説します。

とかく、キャバ嬢など女性を中心に語られることの多いナイトワークですが、男性スタッフの待遇はどのようになっているのでしょうか?


【男が働く夜の仕事】ナイトワークの待遇面について 高収入求人ドカント


■ナイトワーク・キャバクラ男性スタッフの収入

やっぱり気になるのは、ナイトワークに従事する男性スタッフの収入です。
夜の仕事の代表格、キャバクラに勤務するボーイさんの給料はどのくらいなのでしょう。

■アルバイト勤務の場合
時給1,200円~1,500円
日給10,000円~15,000円
■正社員勤務の場合
月給25万円~30万円
このあたりが平均的です。

ナイトワークでは「月収300万円を稼ぐキャバ嬢」などとマスコミが持てはやすように、女性が高収入を得ているのは皆さんもご存知でしょうが、男性でも一般的な昼間の仕事に比べると高収入な給与設定になっています。
また、3ヵ月目で給料がアップしたり、頑張ればすぐにスピード昇給が可能な点もナイトワークの魅力のひとつです。

そして、給料の日払い制度を設けているお店もたくさんあります。
その日のギャラはその日のうちに……これもナイトワークならではのうれさです。

さらに、キャバクラでは給料だけではなく、さまざまな報酬を支給しています。
皆勤手当…欠勤せずに勤務した場合に支給
家族手当…配偶者や子供をもつ社員に支給
家賃手当…住宅費用を補助

他にも、ナイトワークで独特な手当としては、スーツ代手当があります。
やはりキャバクラで働く男性スタッフの制服といえば、パリッとしたスーツになるので、このような手厚い制度が用意されています。
なかには、クリーニング代を支給してくれるお店まであります。
食事手当無料で食事を提供しているお店もあります。


ナイトワーク・キャバクラ男性スタッフの収入 高収入求人ドカント

■社会的信頼が高く、安定したナイトワーク業界へ

ナイトワークというと、「不安定」だとか「社会的信用が低い」などのマイナスイメージを抱いている方も多いでしょう。

ところが、キャバクラやクラブのなかには、20年以上も無借金で健全経営しているお店がたくさんあります。
ちょっとした中小零細企業よりも安定していたり、社会的信用の高いお店も多いです。

複数のお店を経営しているグループ店ですと、一般の企業と同様に社会保険や厚生年金、雇用保険や労災保険が完備されています。

最近では勤務時間や休日も見直され、勤務時間も8時間で残業なし有給休暇も取得できる
このような条件のお店も増えています。

もちろんローンも組めますし、マンションも購入できます
なかには、パソコン関連やビジネス関連の資格取得のために、スタッフへ補助金を支給しているお店もあります。

■ドカントに掲載中のキャバクラ店(横浜で複数店を運営)求人内容を見てみましょう。

終電までの勤務も可能(アルバイト)
・正社員は社会保険に加入
・支度金として“10万円”を支給
ボーナス年4回支給
ワンルームマンション寮完備
※テレビ、布団、カーテン、冷蔵庫、洗濯機など生活必需品は揃ってます
まかない(無料の食事)あり
スーツ代支給、レンタルスーツあり
・年1回慰安旅行あり(希望者のみ)
・全国各種リゾート施設スポーツジムの割引利用が可能

どうでしょうか……
一般企業と同等、いやそれ以上のホワイトな環境ではないでしょうか。

質の高いお店作りには、質の高い男性スタッフが不可欠です。
最近ではこのお店のように、男性スタッフに対して高待遇を提示するお店が急増しています。

■キャバクラ・男性スタッフの職種一覧

キャバクラなどのナイトワークでは、募集している職種が多岐にわたります。
しかし実際には複数の職種を兼任することが多く、お店によって職種の定義が異なる場合もあります。
応募の際はお店に確認してください。

【店長・幹部候補】
お店の責任者として、運営から経営に関する業務全般を担います。
イベント立案や営業計画、男女スタッフのマネジメント、店内オペレーションなど、広い視野を持ってお店全体を指揮します。
【店舗スタッフ】
ボーイや黒服などと呼ばれ、清掃や接客などお店の営業に関わる業務全般に関わります。
フロント、ウェイター、キッチン、バーテンダー、送迎など、いくつかの業務を兼任する場合がほとんどです。
【ホールスタッフ】
店内ホールでの立ち回りが中心の仕事です。
見習いの頃は、清掃やセッティング、簡単な接客などから覚えていきますが、慣れてくると、店内オペレーションやキャストのマネジメントも任されるようになります。
【エスコートスタッフ】
お客様を席へ案内したり、コートや荷物を預かるクローク係を担当します。
ホールスタッフやウェイター、受付スタッフとの兼任がよく見られます。
【受付スタッフ】
お客様をお迎えし、ホールと連携をとって、スムーズに店内へ案内する仕事です。
受付スタッフの印象がお店全体の印象につながるため、お店の顔としての意識が必要です。
また、お客様のお気に入りのキャストや趣味趣向を憶えておくのも大切です。
【キャッシャー】
お店の売上計算や伝票管理などお金の管理を任されます。
会計係としてお客様と接したり、クローク係を兼ねることもあります。
【キッチンスタッフ・バーテンダー】
お客様やキャストのオーダーに応じてフードやドリンクを作る仕事です。
調理は電子レンジを使った簡易的なものがメインです。ホールスタッフやウェイターとの兼任もあります。
【送迎ドライバー】
女性スタッフをお店から家まで送迎する仕事です。
業務時間帯がほとんど深夜なので、何よりも安全第一を心がけないといけません。
ドライバーも他の業務と兼任があります。

■男のナイトワークは他にも…ただしイケメンに限る?

男性が働くナイトワークはキャバクラだけではありません。
最近TVやメディアなどで露出が多くなっている、夜の花形業界ホストクラブもその一つです。

ホストクラブで働くためには、「イケメンじゃなきゃ無理でしょ?」とか「お酒が苦手だからNGでしょ?」なんて思っている方も多いでしょう。

ところが意外にも、有名なホストさんにお聞きすると皆さん一様に……
「大切なのは見た目じゃない」
「細やかな気配りができるホストが稼げる」
こう言います。

イケメンだから簡単に稼げる世界ではなく、フツメン(普通な見た目)ホストでもお客様に満足してもらうために努力する姿勢が大切なのでしょう。

男のナイトワークは他にも…ただしイケメンに限る?高収入求人ドカント

■男の夜の花形業界!ホストの待遇とは?

ホストは、女性のお客様にお酒を作ったりおしゃべりをしながら接客する仕事です。

ホストの給料は基本的に完全歩合制になります。
新人ホストは先輩ホストのヘルプなど下積みから入るので、収入は日給5千円~8千円の最低保障給になります。

しかし指名を獲得して人気ホストになると、売上に対して30%~40%などの高率な歩合給があるので、月収100万円を超える超高収入も夢ではありません。

売上以外にもホストクラブにはさまざまな報酬があります。
指名本数新規客数皆勤手当新人賞など、キャバクラで働くキャストと同様に報奨金といった意味合いがあります。

■ホストクラブ独特の待遇
レンタルスーツあり
※ホストはビジネススーツでは勤まりません。“映える”スーツを無料で貸し出し。
寮完備…他のホストと共同住まい
まかない(無料の食事)あり
提携ヘアサロンあり…格安でセットできます
提携撮影スタジオあり…格安で撮影できます
ホスト紹介料…店にホストを紹介した場合に支給

また、見た目も重要なホストの世界では、ホストが整形手術する際に整形手当を支給しているお店もあります。

■アルバイト感覚でホストデビューもアリ!

最近では、ホストクラブも多様化しています。
メンキャバサパーメンズバーなどのカジュアル系ホストクラブも増えています。

派手なスーツでウン百万円のシャンパンタワー!
といったホストクラブばかりではなく、デニムにTシャツ姿で接客するライトなお店も増えています。

もちろん学生がアルバイトで働くことも可能ですので、ライトな感覚で夜の世界へデビューするのもアリです。
また、1日体験入店ができるお店がほとんどですので、そこでホスト業界を少し覗いてみるのもよいかも知れません。


アルバイト感覚でホストデビューもアリ!高収入求人ドカント


■求められる人材とは?面接でのポイント

編集部ではナイトワークの採用担当者にお話しを聞く機会が多々あります。
担当者の皆さんは異口同音、必ずこう言われます。

「年齢や学歴、職歴などは二の次です。とにかくまじめに長く働いてくれる人を求めてます」

ナイトワークの面接では、「まじめさ」と「真剣さ」をアピールしてください。
そのためには、言葉づかいに気をつけて、身だしなみに注意を払いましょう。

採用担当者は短い面接時間で、この二つ(言葉づかいと身だしなみ)に注目しているといっても過言ではありません。

「丁寧な話し方ができる人は、お店のキャストやスタッフ、お客様と円滑なコミュニケーションが取れるので、仕事の評価も得やすくなります」(採用担当者)

ナイトワークの世界では、10代から40代まで幅広い年齢層の男女のスタッフが働いています。
それも年功序列ではなく実力主義の世界ですので、年下の後輩と思ってたら上司だったなんてケースはたくさんあります。
どのような場面でも周囲に注意を払い、きちんとした言葉づかいいができることが最低条件です。

また、身だしなみといっても高い洋服を着る意味ではありません。
清潔感に配慮した身だしなみで面接に挑んでください。
ジャケットがしわだらけ、シャツの首もとが汚れで黒ずんでいる、髪の毛がボサボザ、これでは好印象は持たれません……

また、「無職期間が長いので履歴書を書くのが難しい」と思っている方も多いでしょう。
しかし、ナイトワークの世界は経歴なんて気にしなくても大丈夫です。
ニートだった、リストラされた、ブラック企業から離職した……
実はそんな方々がナイトワーク業界ではたくさん活躍しているのです。

「履歴書は住所と名前、連絡先が事実ならOKです」(採用担当者)

■いざナイトワークの世界へ!求人を探そう

ナイトワークのお店探し……
そうはいってもなんとなく怖いイメージがあったりします……

最近ではぼったくりキャバクラが摘発されるニュースも良く目にしますし、万が一そんなお店に面接に行ってしまったら……なんて考えると身が引けてしまいます。

一握りの悪質店のためにナイトワーク全体が怪しい業界と思われがちですが、ドカントでは掲載する店舗へスタッフが直接訪問し、お店のシステムや許可証のチェックを制度化して、悪質店を徹底的に排除しています。