ゲスリーマンが組合で副収入をフライングゲット!【下衆リーマン日記】3話

ゲスリーマンが組合で副収入をフライングゲット!【下衆リーマン日記】3話 高収入求人ドカント

温湯(ぬるまゆ)シュウイチの下衆リーマン日記!

温湯(ぬるまゆ)シュウイチの下衆リーマン日記! 高収入求人ドカント 誰もが知ってる某一流会社勤めの金融マン。39歳妻子持ち。
長男は私立小学校に通い、妻は専業主婦で習い事に大忙し…。
そんな順風満帆な人生がひょんなことから600万の借金返済生活へ!
つちかった役職知識をフル活用!カラ交通費に経費水増し、株式投資に副業、ギャンブルetc…
一発逆転高収入を夢に見て、合法ギリギリの小遣い稼ぎに狂う日々…。
嗚呼、来年の8月にはようやく司法書士にお願いした債務整理の返済が終わります。
それまで嫁にはバレませんように(ナムー…。
AGAのハゲ薬をインドから個人輸入し副作用で精力が弱りはじめた、温湯シュウイチのゲスい日常。
【注】読後感悪し

第3話 温湯一筋の光を見つける!の巻

■会社との熱き闘い。チョロまかせ!温湯!!

現在の副収入といえば、会社の業務出張旅費(交通費)を水増しして得ている月額1万円程度…。

交通費はあまり高額にしないのがミソ。
また遠方行った事にして高い交通費を請求するより、近隣を何度も訪問している体裁。コレがgood。

既にご契約をいただいた法人様には、それこそ毎日訪問しているフリ
毎日訪問したからこそ契約になったのだ!
あー素晴らしき美談!オレって営業の鏡だな…っとチョロまかす

ハッ!そんな事より、
家賃、食費、教育費etc…。今や会社からの給料だけでは、借金の返済も一向に進まず…。
家庭と愛人との生活を維持するため、毎月5万円が足りない
という深刻な状況は依然として続いている…。

しかも愛人と京都に行く約束をしちゃった、エヘヘ…。
その資金も稼がないといけない。
嗚呼、オレが女だったらソープに働きに出掛けるのになあ、ブスだけど

ソープ…。そう、ソープランドの領収書を経費で落とそうとしてバレた上司がいたが、
役員から面談で激ツメを喰らい、号泣してハンカチで涙を拭ったらしい。

ハンカチ…。そう、ハンカチといえば、転勤間際に支店の全員40人分の餞別として買ったハンカチを「法人への贈答品」として偽り、経費申請してバレてしまった後輩の斎藤…。

斎藤は即日「ハンカチ王子」というアダ名が付けられ、ソープの上司はいまだに「ウソップ」と呼ばれている。発音的には「うソープ」
もちろん、彼らは完全に出世街道から外れた。

そんな訳でコンプライアンス(法令遵守)が厳しくなり、会社のカネをチョロまかすことがますます困難になってきた。

社内用の備品や正規の贈答品を購入する時など、個人のポイントカードを使ってポイントを貯めていたが、そのカードの使用も当然に禁止となった。
デパート系のポイントはこれまで相当に見返りが多かったが一切禁止。
最近はパソコンでのオンライン会議が主流のため、出張も激減。
飛行機のマイルも貯まらず、本当に参るぅー

さらに、管理職になってからは「残業代」も付かなくなった。
そして労働組合からも自動的に脱退となる。

■温湯、組合の星となる!(嘘)

温湯、組合の星となる!(嘘) 高収入求人ドカント何故ここで労働組合の話しになるかと言うと、組合をやっているとズバリ副収入が入るからだ。
オレはこれまで労働組合の幹部を歴任しており、月1回の職場協議会に参加をしていた。
職場協議会と言うのは、会社の労働環境を良くするために経営者側と組合で話し合いをする場のこと。

ただし、オレは完全に会社の回し者であり、経営者側の「犬」として活動をしていた。
どこの会社でもいる「権利だけ主張してくるうるさい奴」を抑え込むのが主な目的なのである。
そう、オレは強きを助け弱きをくじく労働組合の幹部なわけだ。

美味しいのは、組合からは毎月「役員行動費」として1万7千円支給されること。
その他も総会やら何やらで副収入が結構ある。

会社側からは内々に、組合役員として何の問題もなく任期を満了した暁には出世の道が約束されている。
つまり組合役員は管理職への登竜門となっているのだ。

うちの会社もヨソ様の会社も、今や労働組合なんて完全な「御用組合」で、会社の言いなりである。
経営陣も「会社あっての組合なんだよ、わかるだろ? いくら給料上げろ処遇を上げろ、ベースアップしろって言っても、会社が潰れたら組合自体も無くなるんだぞ…」とニヤリ。oh!大変な問題発言ね…。

しかも昨今はストライキもない。電車もバスも「スト」で止まりました、なんて一切ない。
電車が止まるのは、痴漢した奴が線路を走って逃げたが時くらいなもんだ。

だいたい、痴漢殿!
手の平でいきなり触ったら誰でも怒るでしょ。まずは手の「平」じゃなくて手の「甲」からだって! 電車の揺れに合わせて手の甲からだって!!

話しが脱線してしまった。
私の役目は前述のようにうまいこと組合員を説得し、経営側の思う通りに誘導すること。
だから月一回の職場協議会で私は熱血組合幹部を演じる。

「皆さああん!組合員の幸せのため職場環境のさらなる改善を実現しましょう!」
「私に任せてくださーい!どうでしょうかぁぁぁぁぁ」と気炎を上げる

そんな企みなど一切知らない労働者達が、「オッーー!委員長一任!がんばれぇぇ!」
と賛同の声を上げ素晴らしい一体感が醸成される。

先日、とある労働者が私にこんな質問を投げかけてきた。
「委員長!もし、万が一ですが、今日のこの交渉がうまくいかなかったら、どうなされますか?」

オレは間髪入れず応える。
「戦う前から負けること考えてるバカいるかよッ」
往年のアントニオ猪木の怒号の如く。
危うく張り手がでるトコだったが、この一言に純朴な労働者達は更に燃え上がった!
「委員長!頑張れぇぇぇぇぇ」
協議会はまさに興奮のルツボと化す。
罪悪感など感じたことはない…。

夜は労使間で懇親会を実施。一人3,500円の宴会コースで10名、しめて3万5万円ナリ。
当然翌日には6万円の領収書を提出。
あっと言う間に2万5万円の副収入!
そう、組合経費のチョロまかしは完全な盲点だったのだ…。

ところが、管理職になると組合員ではなくなるので組合は脱退しなければならない。
管理職手当で給料が5千円上がるのはいいのだが「組合副収入」がなくなってしまう。
コレが月に3万5千円程あったから、差し引き毎月3万円弱の損…。
早急に策を講じなければならない。

■アルバイター温湯、爆誕!?

アルバイトはどうか?
勤め人の誰しもが一度は考えるであろう、副業、アルバイト…。
最近ではWワークなどと持てはやされているが、ウチの会社の場合、就業規則に抵触する可能性が強く、バレたらかなりまずい。
またリスクも高いが何より時間的制約がキツイ。

普段通っているパチンコ屋に“ホール掃除人募集”の張り紙があったが、さすがに23時からバンダナ巻いたBBAらと、ドル箱を拭いたり灰皿を片す仕事は嫌ッ!
時給1,500円で25時まで働き1日3千円程度の収入なら他にもっと割の良いバイトがあるはず!
そもそも下衆リーマンはそんな仕事はやんないよぉぉぉだ!

だが借金返済は待ってくれない。いよいよ追い込まれつつある。
そんなある日 、会社のパートタイマーからようやく「活路」を見出すことに。

青木洋子(仮名)は独身の51歳
非正規雇用のパートで勤務。独身で年老いた母と二人暮し。
容姿、服装、髪型…、すべてにおいて清潔感がなく、おまけにいつもノーメイク
お化粧って義務じゃないですよね?肌がカブれるんです」と人事面談で質問をしてきたほどだ。
装飾品らしい物はほとんど身に付けず質素というか地味そのもの。
そしてシミソバカスだらけの肌がより一層彼女を老けて見せていた。

終日黙々と仕事をし、定時になるとパソコンの電源を落とす。
気がついた時にはもうその姿はない。そんな仕事ぶりが見て取れた。

ランチタイムも外食はおろか社員食堂に行くこともなく、
毎日弁当を持参する倹約的な日々を送っているようである。
しかも彼女は自販機の飲み物さえ買わない。節約の為に家から飲み物を作って持参して来ているという。

金欠のオレも見習うべきだが絶対無理。まず嫁が弁当など作らない。

オレは先月、ある飲料メーカーの業者から「営業協力」で社内に自販機を設置してあげた。
(その程度の裁量はオレにもある)当然業者から「見返り」をいただく。
モチロン会社にはナイショで「バリスタマシーン」と「テーマパークのチケット」をもらった。
チケットは即換金

そして業者に言う。「あのさ、マシーンだけ貰っても味見も出来ないじゃない」
即「コーヒー豆」を大量に持ってきた。
スグに愛人宅に持っていき、今や事後必ずそれを飲む…。

■青木洋子、毎日白いヤツを飲みやがる。

青木洋子、毎日白いヤツを飲みやがる。 高収入求人ドカント ある日のこと。
青木洋子は家から持参したペットボトルをカバンにしまおうとしたが、誤って床に落としてしまった。
そのペットボトルはラベルが剥がされ、使い回されているようであった。

何気なく見ると、その中に乳白色の飲み物が入っていた。
一瞬 カルピス?そう思った。まあ糖分補給も大事だよな…。
いちいちパートの動きなど気にしていても始まらない。

翌日、いつものように金儲けはないか?と思案中、
偶然青木洋子がカバンから飲み物を取り出した瞬間を見た。
ん?昨日と同じように乳白色の飲料が…。またカルピスか…、汚ねえなぁ
今度は飲み終えた後すぐカバンにしまった。

次の日はちょっと観察していた。また同じようにカルピスである。
いくらカラダにピース、とは言っても、毎日カルピスを飲んでる51歳も不思議なもんだ…。

その夜、取引先から貰ったチーズケーキを持って愛人宅へ…。
バリスタマシーンでコーヒーを入れさせ、ふと思い出した青木洋子の話をしてみる。
すると愛人が「毎日カルピス?そんな訳ないじゃん。 
粉ミルクダイエットとかじゃないの?でも面白そうだから聞いてみてよ」

ベタで申し訳ないが、その晩オレのカルピスを愛人に飲ませた…。カラダにピース。

■青木洋子、治験を語らう。

翌日、青木洋子に声をかける。
「お疲れ様、今日もいい天気だね」
「あ…はい…」(小声)
「もうご飯は食べたの?」
「はい…」(小声)
「食後のコーヒーでもどう?いつも仕事頑張ってくれてるから(大嘘)
オレは自販機でコーヒーを買おうと財布に手をかける。
「あ、ありがとうございます。私なんて別にデータを打ち込んでいるだけですから…。でも…。お気持ちだけで…」
「コーヒー嫌いだった?甘い飲み物の方がいいかな。だって毎日カルピスだもんね、ハハハ」

しばらくの沈黙…。

そして彼女はゆっくりと口を開き始めた。

「あの、そうじゃないんです…。じ、実は私、しばらくコレ以外飲めないんです…」

さっぱり意味不明。

「あまり口外して欲しくないんですけど、実は今治験の真っ最中なんです。わかりますか?治験」
「治験?治験って、人体実験みたいなやつ?その何やら白い液体で人体実験してるの?」
そう質問をすると彼女ははじめて笑いながら答えた。

「違います。実はこの飲み物は血糖値を穏やかに下げる作用があるトクホなんです」

「へー血糖値を下げるトクホか?それはいいね。普段から血糖値高いの?」

「はい…、やや高めと言われてます。遺伝なんですきっと…。
だけどこの飲料は、もしかしたら血糖値を下げないかもしれないんです。
プラセボってご存知ですか?」

プラセボ??全く知らない。

彼女の説明によると、10人に8人は血糖値を穏やかに下げるトクホを飲んでいる。
あとの2人は全く効果のない飲み物を飲んでいる。
だが飲んでいる皆は中味がトクホか否か誰もそれを知らされていない。
要はプラセボとは偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって
何らかの改善がみられることを言うらしい。ヘェ?、プラセボ効果とかプラシーボ効果とかね。

「それってバイト?」
私が尋ねると彼hositonaru女は言った。
「そうですね。お金が貰えます。ただし正確にはアルバイト代ではなく『負担軽減費』って言うんです」

負担軽減費!
軽い実験台になることで体に負担がかかるかもしれない。
だからアルバイト代ではなく負担を軽減する費用ということなのだ。

さらに「治験は人体実験ではありませんよ。 お薬を飲んでもらうこともありますけれどほとんどジェネリックです」

「ジェネリックわかりますか?後発医薬品です。 成分が同じなのに特許が切れているので安く手に入る薬なんです」
彼女の説明は明快だった。

「ちなみにいくらもらえるの?
オレは興味津々なのを気取られないように気持ちを抑えながら聞いた。

3万円です。どちらかと言うと健康食品の類なんで安いんです

3万だと!これだっ!!胸が踊った。

■進め温湯、治験の道を!!

進め温湯、治験の道を!! 高収入求人ドカントシレッとした顔で青木洋子にお礼を言い、すぐに「法人挨拶に出かけてくる」と出発。
すぐにマックの無料WiFiで「治験サイト」を検索
先月節約のためWiFiを解約したので、今やマックがオレの根城と化している。

最初に目に付いた「生活向上◯◯」というサイトに登録をする。

先程の彼女の説明でほぼ内容は合っていた。
ただその会員数の多さに驚く。案外ポピュラーなのかもしれない。
怖かったのは注意文の中に「万が一体調不良や薬による被害があった場合は、適切な処置が受けられます」と書いてあることだった。
しかしその多くは動物実験を済ませ「最終段階として人体での効果を測るものだから安心」との記載。
「実験の大半はすでに認可の取れているジェネリック医薬品であるから安心ですよ」
と言っていた青木洋子の言葉が頭をよぎる…。
あんなに気味が悪かった青木洋子が、今や菩薩に思えるから不思議だ。

登録が終了すると自分に合う案件を検索して申し込みをする画面に進んだ。

検索すると驚きの連続であった。
まず治験は「健康食品」「医薬品」の両方から選択が出来る。
また「健康な人」「持病のある人」で条件が大きく異なってくる。

例えば「悪性新生物(がん)に罹患したことのある人募集」 こういう案件まで幅広くラインナップがあり、更に「入院」「通院」の2つから選択出来るのが大きな特徴と言える。

入院「1週間連続」や「7泊× 2回」「3泊1回」など…。
さすがに入院型は拘束時間が長いせいか負担軽減費が高い。
1週間の入院で13万円以上はザラだった。
入院の治験期間中は、ご飯食べ放題、インターネット見放題、漫画読み放題、快適な環境etc…と楽しそうだが、
1日2回の血液検査、外泊禁止、運動禁止と制約も多く窮屈な感じも否めない。

さすがにオレの場合だと入院するのは難しいので、「通院タイプ」で特に「土日中心の通院型」に目的を絞って検索を開始した。

ヒットしてきたのが「花粉症の人集まれ!」
「花粉症のお薬テープを背中に貼り、その症状が緩和するかどうか1か月間、お薬の有効性を図るデータを測定します」とのこと。
花粉症ではなかったが、テープを背中に貼るぐらいだったらいいだろう。

すぐに返信画面が来て早速来週の土曜日に都内の病院に行くことになった。

所要時間は2時間。まずは説明会と事前検査。
この段階で3千円のお金の支給有。印鑑を必ず持参しろとのことだった
交通費と時間をかけ3千円では割に合わないが、本試験まで進むと1回の通院で1万円もらえる。
それを毎週、合計4回で4万円の収入!
ここは頑張るしかないと思った。家族には土曜出勤と言ってスーツを着て出かける。

待ってろよ、治験!

今回の温湯のリスクとリターン 真似しちゃダメ、絶対!

組合幹部収入
リターン→毎月3万5千円程の安定した収入をGet!
リスク →会社側経営陣の手先として適当に活動し、組合のカネを水増し請求しているのがバレたら労働者から「袋だたき」じゃ済まないわん♪怖ッ。しかも横領、詐欺。
愛人契約(継続中)
リターン→プライスレス?
リスク →刑事罰はないが、会社にバレたら社会的地位を失い、嫁にバレたら物理的に生命を失う恐れあり。
今回の温湯のリスクとリターン 真似しちゃダメ、絶対! 高収入求人ドカント

温湯、ここまでの借金総額5,300,000円也!