バイナリーオプションでダマされた!【SNSに潜む“高収入”の罠】

バイナリーオプションでダマされた!【SNSに潜む“高収入”の罠】 男性高収入求人ドカント

■ここは都心の繁華街。とある雑居ビルで営業するBAR

この日は夜に入ってかなり強い雨が降ったこともあってか、通行人の数よりも客引きの方が多い有様で、このBARにも人影はなかった。

「なんだよマスター?お客ゼロ”かよ。今日は早めに店仕舞いして飲みに行こうか?」
私がそう声を掛けると、マスターは無言で店の奥の方を顎で差した。

ん?そちらに目を向けると、カウンターの端の席に一人の男が座っていた。
その客はカウンターに頭を抱えて突っ伏していてピクリとも動かない

私はマスターに「なにあれ?」と声に出さずに口パクで訊いた。

するとマスターは顔をしかめながら囁いた。
「ほらアイツだよ、デリヘルのドライバーやってるトモヤだよ。 普段は明るい奴なんだけどさぁ」

私はもう一度その客を眺めた。
ああ、あの若者か…酔っ払ってバカ話をした記憶しかないが、明るく屈託のない笑顔が印象的だったトモヤだ。
それがどうしてこんな暗い顔を?私がそう思っていると、マスターがまた私の耳元で囁いた。

「それがさあ、“FX”っていうの? 俺はよく分からねぇんだけど、何かそういうので“詐欺”にあったみたいでさ…。そんな愚痴を延々と話すからコッチも面倒臭くなって聞き流してたら、ああなっちゃったんだよ…」

「FX?FXってアレだろ、“外国為替の取引”だろ。ドルとかユーロとか売買したりして…」

それで詐欺に遭って金を騙し取られたって?
一体どんな手口で騙されたのだろうか?

すると私とマスターのやり取りの気配を察したのか、トモヤがムクリと体を起こした。

「あっ、ライターさ~ん、ちょっと聞いてくださいよぉ~」
そして私を見るや否や、こちらに駆け寄ってきた。

ここは都心の繁華街。とある雑居ビルで営業するBAR 男性高収入求人ドカント

■“バイナリーオプション”なる投資に手を出して…。

「俺、詐欺に遭っちゃったんですよ~!」
「マスターから聞いたよ。FXの詐欺だって?」

「いや、FXじゃないっすよ。俺、FXの仕組みが今でも理解できてないっすから…でも近いのかな…。 “バイナリーオプション”っていう投資を見つけたんですよね…」
「バイナリーオプション?」

あいにく私は歓楽街周辺をフィールドとするライターである。
したがって、風俗やキャバクラ業界、夜の住人達に関する知識は人並み以上にあるのだが、投資などに関する知識は、恥ずかしながら持ち合わせていない。
なので、“バイナリーオプション”とはどのような投資なのかを尋ねると、トモヤはしどろもどろになりながら答えてくれた、のだが…。

「えっと、丁か半か、を選ぶみたいな感じで…。それで当たったら投資した金額が2倍近くになる…みたいな」

んー、これでは何が何だか全く要領を得ない。
仕方なくスマホを取り出して調べてみる。

■“バイナリーオプション”とは…。

バイナリーオプションは、外国通貨取引の一種で、取引開始時の為替レートが、1分・5分・10分・2時間後といった、取引期間に応じた判定時間に上がっているか(HIGH)下がっているか(LOW)を予想するもので、当たれば投資金額が1.7倍~1.9倍となり、外れれば投資金額が没収となる。
例えば、1ドル=100円の時点で取引を開始して、HIGHと予想して判定時間に1ドル101円になっていれば当たり、1ドル=99円になっていれば外れとなる。

こうやって文字で記すと難しく感じるかもしれないが、要は、“上がるか下がるか”をを当てるだけ。 確かに“丁半博打”に似ていると言えなくもない。

実際にギャンブル性が高いことが問題視されて、日本国内では2013年に公的規制が入って、従来の単純な“HIGH&LOW”よりも複雑なシステムとなり、短期間の取引期間の廃止(2時間以上)、1日あたりの取引数の制限も行われた。
しかし、これはあくまでも日本国内の規制で、多くのユーザーは従来のギャンブル性を求めて、国内で無登録の海外業者で取引を続けている。しかし、これら無登録海外業者との取引にはトラブルが多く、金融庁がそのような無登録海外業者とは取引を行わないように注意喚起を行っている。

「バイナリーオプションってこんな感じ?」
トモヤは何度も頷きながら「そうっす、そうっす」と繰り返した。

しかし、こんなトモヤがどうして、バイナリーオプションなるものの存在を知ったのだろうか。
言っちゃ悪いが、パチンコや競馬、インターネットカジノとかならともかく、“外国通貨取引”“投資”なんて、この若者にはまったく縁遠いキーワードに思えるのだが…。
私がその経緯について問うと、トモヤは肩を落としながら語り始めた。

“バイナリーオプション”とは…。 男性高収入求人ドカント

■トモヤの証言① 高収入な副業を探していると…。

俺、デリヘルのドライバーの仕事してるんですよ。
えっ?仕事に身が入ってないから詐欺になんか遭うんだって?
いやいや、バイトですけど仕事はマジメにやってますよ。

でもね、デリヘルのドライバーって、女の子をホテルやお客の家に送り届けてから、プレイが終わって出てくるまで、近所で待機することが多いんですよ。 その待機時間は休憩が出来るっていうか、はっきり言ってヒマなんですよね。 その時間も時給は発生してるんで仕事をしてることに変わりはないんですすけど…。

待機時間の過ごし方は人それぞれですよ。 音楽を聴いたりゲームをしたり、みんな思い思いに過ごしてるんですけど、俺の場合はスマホで“SNS”っすね。 最近は“インスタ”(Instagram)にハマってるんで、友達の投稿をチェックしたり「#〇〇〇〇」とかで気になる事について検索して時間を潰してたんですよ。

はぁ?よくハッシュタグなんか知ってたなって?俺もそれぐらい知ってますよ!
ある日、このままドライバー稼業を続けてていいのかなぁ…もうちょっと稼ぎたいなぁ…とかそんな感じで、インスタで「#仕事」「#求人」「#高収入」とか、そんなキーワードでチェックしてたんだけど…その流れで「#副業」って検索した時に見つけちゃったんですよ…。

『バイナリーオプション30分で10万円稼げた!』
『仕事も辞めて、今はバイオプの稼ぎだけで生活してるwww』
『私たちと一緒にバイナリーで“億り人”になりましょう!』

そんな投稿がいっぱいあって…。
インスタの画像も、若い奴らが海外高級ホテル豪華なレストランでメシ喰ってたり、すごい高級時計ブランド品持ってたりして…メッチャ“セレブ”なんすよ!

それで興味を持ってネットで色々調べてみたんですよ。
そしたら、“HIGH”と“LOW”を選ぶだけのシンプルな勝負で…しかも10分とか…下手するともっと短い時間で勝敗が決するっていうんですよ。

これには惹かれましたね…というのも俺って元々ギャンブルが嫌いじゃなくて、パチンコとかよく行ってたんすけど、さすがに待機中に車を放り出してパチンコ屋に行く訳にもいかないじゃないですか。
それがバイオプなら“車の中でギャンブル”が出来るんですから。

その後に規制が厳しくなって、この数分で結果が出る“短時間の取引”が可能なのは、国内で登録されていない“海外業者”だけになっちゃったんですよね…。

国内業者の場合は、最短の取引でも“2時間”なんです。
でもこれだと、デリヘルのお客さんが2時間以上のロングコースを選んでくれないと待機中に勝敗が決まらないんすよ(笑)。

トモヤの証言① 高収入な副業を探していると…。 男性高収入求人ドカント

■“ビギナーズラック”で最初は勝っていたが…。

バイナリーオプションの勝負はどうなったのかって?
う~ん…ギャンブルって最初は勝てるんですよ、ビギナーズラックですね。
最初は勝ってたんですけど、すぐに負けが込んできて…最大で50万円くらい負けてたかな。
こりゃヤバいなーと思いながらもズルズルと続けていたら、一時、30万円くらい戻ってきたんですよ。それでもまだマイナス20万円なんですけど…。

でも『この辺が潮時だろう…高い勉強代だった』と思い直して、その30万円を手元に戻そうと業者に“出金申請”をしたんですよ。

その後、業者から「健康保険証やクレジットカードのコピーを送れ」というメールが来て、首を傾げながらも言われた通りにして出金を待ってたんです。
それでも全然出金されなくて、サポート窓口にメールしても一切返信なし。
これはいよいよおかしいと思ってネットで業者を調べてみたら、同じような被害が多数報告されていて…。
個人情報も引っ張られちゃってるし、ヤバイヤバイって思いながらも手をこまねいていたら、間もなくそのサイトが閉鎖になって…。
消費者センターにも電話したんですが、「それは国内で無登録の業者ですよね」という話になっちゃって相手にもされませんでした…。
もう頭の中が真っ白になりましたよ…。

■高額な“アフィリエイト報酬”を支払う海外の業者

私はトモヤの話に時々ツッコミを入れながら、そこに出てくるキーワード“海外業者・規制・出金” etc…、をスマホに入力してネットで情報を集めてみた。
するとおぼろ気ではあるが次のような実態が浮かび上がってきた。

まずトモヤも指摘していたように、海外のバイナリー業者(国内無登録)は、短時間の取引が可能なため、国内業者よりも人気が高いという。

また、海外業者はアフィリエイトの成果報酬が、1口座開設につき“3~4万円”と非常に高額なケースが多い。
そして、その報酬を狙ったアフィリエイター達が、インスタやTwitterなどのSNSやブログを駆使して、海外業者のバイナリーオプションが、いかに短時間で儲かるか、またそのバイナリー業者がいかにペイアウト率(勝った時に投資金額がいくらになるかの倍率)が良くて、使い勝手のいい業者であるか等を力説して、トモヤのような投資の“素人”達を誘導しているのだ。

しかし、海外業者の中には、元々詐欺を画策する悪徳業者や、資金繰りの悪化で潰れる業者も多く、運悪くトモヤはそんな業者に引っ掛かった…と。

それを伝えると、トモヤは憤慨しながら言った。
「じゃあ、そのアフィリエイターってヤツらは『バイナリーオプションは月に何十万も稼げる』って言いながら、実際には俺みたいな何も知らないヤツを海外業者に紹介することで、月に何十万も稼いでいたんですね」

まあ、その通りであろう。
例えば、1口座開設(1人登録)させて3万円の成果報酬を支払う海外業者に10人登録させれば、それだけで何のリスクもなく30万円の収入を得ることが出来るということだ。

「でも海外のバイナリー業者がすべて悪徳な訳ではないし、アフィリエイターにしても、自分が紹介している業者がすべて悪徳と分かっている訳でもないだろうから、そこを恨んでもしょうがないよね…」

そして私はさらに指摘した。
「バイナリー業者のアフィリエイト報酬が異様に高いのは、“それだけ支払っても儲かるから”、イコール “登録した人間がそれだけ損をするから”だろうね。 確かに50万円のマイナスは痛いけど、“世の中にはそんな美味しい話はない”と気が付けただけ良かったじゃん…な?」

するとトモヤはさらに肩をすぼめて、ポツリと言った。
「話はそこで終わらないんスよ…」

高額な“アフィリエイト報酬”を支払う海外の業者 男性高収入求人ドカント

■トモヤの証言② 今度は失敗しないと思いながらも…。

バイナリーオプションで50万円を失って、もう懲り懲りだったんですけど、日が経つにつれて悔しさが募ってきて…何とかその金を取り返したくなってきたんです。
それに最後は30万円くらい勝っていて挽回をしてたんで…。 まあ結局、出金が出来なかったんですけど…。

えっ?バカじゃないかって?ああ、バカっすよ、それは認めますよ。 でもね、今度は慎重に動きましたよ。

前回は業者選びで失敗をしたんで、今度は“海外バイナリー比較サイト”を、目を皿のようにして見比べましたね。
とにかく、“出金がすぐに可能”であることが明記されていて、なおかつ実績のありそうな業者を探しました。
そこを間違いなければ、あとはもう自分が勝つだけじゃないですか!

なんですか?その冷めた目は?それでどうなったのかって?
それが、しばらく経っているうちに、すっかりツキが逃げちゃったみたいで…アッという間に30万円以上も負けちゃって…。

で?とうとう観念してバイナリーオプションから卒業したのかって?
それが…。

■そして“勝率90%”の“最強ツール”に辿り着く!

ここまで、すでに80万円以上のマイナスですよ!
もうすっかりケツに火が付いちゃって、今度はインスタで「#バイナリー 必勝」とか、ワラにも縋る思いで調べましたね…。
そうしたら、ある投稿を見つけちゃったんですよ。

『バイナリーオプション勝率90%の“最強のツール”を伝授します!』

そして“勝率90%”の“最強ツール”に辿り着く! 男性高収入求人ドカント


ちょっ、あ、呆れてないで下さい。一応最後まで話を聞いてもらっていいっすか?
まあ、確かに、インスタの投稿なのに『詳しくはこちらへ』と、何故かLINEのIDが記載されていて…。
今になって考えると怪し過ぎるんですけど…その時はホントにテンパッてまして…。

そしてLINEでやり取りをしたら、その最強ツールの購入代金は40万円、だと…。
メチャクチャ迷いましたけど、『このソフトで多くの方々が負け分を取り返しました』とか、痛いところを突いてくるし、ソフトを使って実際に“勝っている様子”を動画で公開していたり、俺もすっかりその気になっちゃって、40万円、耳を揃えて入金しちゃってました。

その後どうなったかって?
晴れて最強ツールをダウンロードして、そのツールが指示する通りに「HIGH」「LOW」と、死に物狂いで勝負しましたよ!
しかし、これが全然当たらない!!
まだ自分の勘でやってた時の方が当たっていたぐらいで、瞬く間に30万円が溶けました…。

「話が違うじゃねえか!」と、文句の一つでも言ってやろうかと思ったら、すでにそのLINEアカウントは削除されていて“ドロン”状態。後の祭りです…。
そこで資金も尽きて、俺のバイナリーオプションは強制終了しました…。

■結局、トモヤの詐欺被害総額は?

トモヤがバイナリーオプションでいくら損をしたのか計算してみた。

まず、最初の悪質業者からの出金がなかった時点で、マイナス50万円
その後、性懲りもなく別の業者で勝負して、マイナス30万円
そして、最強ツールの購入代金が、マイナス40万円
その最強ツールで勝負して、マイナス30万円
トータルすると、なんと150万円のマイナスではないか!

これは勉強代にしても高すぎる。どこかで我に返ることは出来なかったのか。
しかし、トモヤように“最強ツール”なるソフトだったり、勝つためのノウハウが入った“必勝USB”だったりと、商材は様々だが同じような詐欺被害に遭っている人はかなり多いようである。

「インスタにLINEのIDを載せているのは、インスタの投稿で、そういった商材購入やセミナーなんかに勧誘したら、アカウントが凍結される可能性があるからみたいだね。 だからLINEに飛ばして直接勧誘のトークをするんだね」

「トモヤみたいにダマされた人達が、今度は同じような手法で、インスタに豪華なセレブ風写真をアップして、新しいカモを集めるようになるケースも多いって…。 そして最強ツールを買わせたり、アフィリエイターになったり、カモをダマす側に回る人も多いみたい…」

「もう止めて下さい…」

トモヤはそう言って深く溜息をついた。

結局、トモヤの詐欺被害総額は? 男性高収入求人ドカント

■これぞケガの功名か!?

「さすがにバイナリーオプションは懲りた?」

「はい、もう“HIGH&LOW”は懲り懲りっす…。給料もほとんど注ぎ込んで、なけなしの貯金もすべて吹っ飛んじゃいましたから…これからはしっかり仕事をしてマイナス分を埋めていきますよ」

「それがいいよ。これも今後の人生のための勉強代だと思って、気を取り直して頑張りなよ」

そう励ますと、トモヤは気を取り直したように笑いながら言った。
「でもバイオプの経験も、少しは今後の役に立ちそうなんすよね」

「どういうこと?」

「バイオプにハマり始めてからずっと、軍資金を稼ぐためにドライバーのバイトをギッチリとシフトに入って頑張ってたんですよ。まあ頑張ってるっつっても、待機時間はずっと“HIGH&LOW三昧”だったんですけど(笑)。 そしたら、なんも知らない店長が、俺の仕事ぶりを認めてくれて『正社員になって幹部候補を目指せ』って言ってくれてるんですよ」

「ははー、それはケガの功名だね。 デリヘルの幹部スタッフになったら150万円なんてスグ取り返せるだろ」

私がそう言うと、いつの間にか我々の前に立っていたマスターも声を掛けた。
「おう、頑張れや!幹部になったら遊びに行くから、いいオンナ付けてくれよ~」

こうしてトモヤは散々愚痴を吐き出して少しは気が楽になったのか、最後は仕事に対する前向きな姿勢を見せて帰っていった。

マスターが溜息をつきながら言う。
「しかしネット社会って便利だけど怖いねー、見ず知らずの奴から金を巻き上げられるんだもんなー」

「だよね、マスターも変な出会い系アプリなんかに手を出して“美人局”に遭わないように気を付けなよ」

「・・・」

他愛もない冗談のつもりでそう言ったのだが、マスターは無言でプイと顔を背け、店の片付けを始めてしまった。
こりゃ何か心当たりでもあったか…。

まあ、それはいいとして、確かにネット社会は便利だ。
しかし反面、その手軽さが仇となって顔も見たこともない相手から大金を盗み取られることもある。
今日の時点では、私はトモヤを憐れむ立場だったが、明日は私が周到な落とし穴にハマるかもしれないのだ。
くわばら、くわばら。
私はスマホをポケットに仕舞い、残った酒を飲み干した。