風俗・キャバクラ・ホストクラブ。男のナイトワークのオススメは?後編

■オススメのナイトワーク②キャバクラ 男性スタッフ

【キャバクラ・男性スタッフの仕事内容】
●お客様の案内や接客
●開店及び閉店作業(店内清掃)
●ウエイター業務
●女性キャストの出勤管理、接客指導、ケア
●備品の確認や発注
●付け回し

女性キャストをどのお客様に接客させるかを決める業務
●イベント・キャンペーンなど企画立案
女性キャスト・男性スタッフの求人業務

「これまた仕事内容が多岐に渡ってますね、大変そうだ…」
「いやいや、風俗店のスタッフと同じように企画の立案や面接、“付け回し”の仕事は“幹部補佐”以上の管理職の仕事じゃ。 それにな…お客の案内や応対、いわゆる“接客”は高級店になればなるほど、その“技術”が問われることになるんじゃが、それを磨くことは誰しもが今後の人生に必ずプラスになるからのぅ。いい勉強なるはずじゃ」

「なるほど、接客技術はどんな仕事をしていても必要とされますからね~」

■キャバクラ男性スタッフの給料や待遇

サンチェは再びパソコンを操作し、横浜にある某キャバクラ店の男性求人情報を表示させた。

【キャバクラ・店舗スタッフの求人情報】横浜の某キャバクラ店の例
■給料
[正社員]店舗スタッフ:月給30万円~
[正社員]幹部候補:月給45万円~
[アルバイト]店舗スタッフ:時給1,250円~
インセンティブ(歩合)・各種手当あり
店長は月給60万円以上+インセンティブ・手当
■待遇
日払いあり・社会保険あり・有給制度あり・個室寮完備・食事付き・交通費支給
■勤務時間・休日
[正社員]16時~翌2時(営業時間は翌1時迄)、週休1日
[アルバイト]シフト制
朝キャバ・昼キャバの部もあり
■資格
未経験大歓迎、異業種からの転職大歓迎、学歴不問

「こちらは正社員で月給30万円スタート。こうしてみると風俗店と同じような感じですね」
「そうじゃな、キャバクラでも店長になれば年収1千万円は充分可能じゃ」

「そして、そこまでの道のりも?」
「それも風俗店と同様、男子スタッフの回転率が高いからしっかり勤めればどんどん出世するわい」

「なるほど、キャバクラ業界も出世は早いと。 待遇も“社会保険”“有給制度”、“個室寮完備”となかなかの高待遇ですね…。あっ!」
「ん、どうしたんじゃ?」

「しかも“食事付き”、これは地味にデカいんじゃないっすか」
「キャバクラにはキッチンがあるからのぅ…“まかない”(食事)付きの店も多いんじゃ。 確かに地方から体一つで出てきた若者にはピッタリかもしれんな」

「勤務時間は飲み屋さんだから夕方から…夜型の人は向いてますね。このキャバクラは“週休1日”なんだ…」
「勤務時間はやはり夜じゃ。まあ“朝キャバ”“昼キャバ”もあるにはあるがな…。 それとキャバクラは“日曜定休”といったように週に1日、定休日がある店が多いから、正社員はそこが休みになる場合が多いな。 “祝日”も休みになる店も多いしな。ただこの業界もシフト制で“週休2日制”を導入しとる店が増えてきとるのぅ」

「それが時代の流れですかね~」

■オススメのナイトワーク③ホスト

「そして最後は男のナイトワークの“ラスボス”、ホストの仕事じゃな」
「お金持ちの女性にお酒をご馳走されて、気持ち良いコトも出来ちゃう仕事ですよね?」

「違うわっ逆じゃ! ホストが楽しむんじゃなくて女性客を酒とトークで楽しませる仕事じゃ」

【ホストの仕事内容】
●指名客への接客
●ヘルプでの接客

先輩ホストや同僚ホストの指名客への接客
●お客様との同伴・アフター
●開店・閉店業務(店内清掃)

内勤スタッフ(キャバクラ店での黒服やボーイのようなホスト以外のスタッフ)が行うお店もある。

「新人ホストの仕事は“ヘルプ”がメインじゃな」
「入店したばかりじゃ指名客もいないですもんね」

「ただ、このヘルプという仕事も大切なんじゃ。 ヘルプの具体的な仕事は、女性客から指名されたホストがテーブルを離れてる間の“場つなぎ”“盛り上げ役”になることなんじゃが、それを“おざなり”にしているようでは、先輩ホストの覚えも悪くなるし、自分の時に誰も協力してくれなくなるからのぅ」
「その状況はキツイっすね」

「ほうじゃろ、ホストというのは“チームワーク”で女性客を盛り上げて、売上を伸ばしていくんじゃ。それが出来ない奴は淘汰されるのがオチなんじゃ」
「女性客だけじゃなくてホスト仲間とのコミュニケーションも大事なんですね」

「ホストのお客さんというと、キャバ嬢や風俗嬢なんかの“キレイどころ”を思い浮かべとるんじゃないか?」
「えっ、テレビとかで紹介されているのってそんな感じですよね」

「もちろん、そんなお客もいるがのぅ…。中には何というか…相当に“個性的な”顔立ちをしている女性とか、極めて“立派な”体格の女性も多くてだな…」
「は、はぁ…」

「まあ、ホストの仕事は君が言ったような、気持ち良かったり楽しかったりするだけの仕事じゃないってことじゃ」

■ホストの給料や待遇

【ホストの求人情報】新宿歌舞伎町の某ホストクラブの例
■給料
日給1万円(新人3ヵ月間)
歩合(売上バック)・指名料・賞金・手当などがプラスされます。
売上バック率は総売上の50%~65%
月給100万円以上可能
■待遇
日払いあり・寮完備(寮費3ヵ月無料)・スーツ無料貸与
■勤務時間・休日
19時~24時(一部営業)・週休1日
■資格
未経験大歓迎、お金を稼ぎたい人大歓迎

「この給与体系は、風俗店やキャバクラのスタッフとはかなり違いますね。新人が3ヵ月は日給1万円、ってどういう意味ですか?」
「それは“最低保証”じゃ。」

「最低保証?」
「最低保証というのは、新人ホストが指名客を取れなくて“売上ゼロ”でも最低限支払われる“保証給”のことじゃ。 ただそれは永久に保証される訳ではなくて期間が決まっているケースがほとんどじゃ。 このお店の場合は最低保証が出るの期間が“3ヵ月間”という事じゃな」

「では、4か月目からはどうなるんですか?」
「保証給はもう出ないから、指名客がいなければ給料が激減することになるのぅ…。まぁ逆に言うと、3ヵ月勤めて1人も指名が取れないというのは、ホストには向いてないとも言えるがのぅ…」

「厳しい世界っすね…」
「厳しいのは確かじゃが、そうならないように近頃では各店ともに“研修制度”を充実させておるんじゃ。 それに売上を立てればドーンと歩合給(売上バック)が貰えるんじゃからの。そういうハイリスク・ハイリターンなところもホストという仕事の魅力なんじゃな」

「なるほど。歩合給ってのはどれくらい貰えるんですか?」

サンチェはパソコンの求人ページをスクロールさせた。
そこには“バック率”の表が掲載されていた。

売上200万円の場合のバック率:52%→歩合給104万円
売上500万円の場合のバック率:60%→歩合給300万円

「このように月の売上額によって、歩合率がスライドしていく計算法じゃ」
「おおお、こりゃあ凄い、まさにハイリスク・ハイリターン!」

「さらに、この金額に“指名獲得賞”などの賞金や手当が付くんじゃ」
「しかし、風俗店やキャバクラの男性スタッフとは給与体系が全然違いますねぇ~」

「ホストはお店の“主役”だからじゃよ」
「えっ、どういうことっすか?」

「風俗店やキャバクラの主役は“女性キャスト”じゃろ。だから男性スタッフは“裏方”に回って店を運営するのが仕事なんじゃ。 ホストクラブでは文字通りホストがお店の主役じゃからのう。 客をいっぱい集めて売上をいっぱい持ってくれば、給料もいっぱい貰えるし、客を集められなければその真逆。 そんな風に仕事内容の違いが給与システムの違いにも反映されているワケじゃな」

「待遇にある“寮費3ヵ月無料”ってマジですか?」
「最低保証の期間中は“寮費無料”ということじゃな。つまりその期間中に売上を立てられるようになってくれ、ということじゃ」

「寮費無料は良いですね。ホントのホントに体一つでOKってことだから」
「ただその代わり、ホストの場合は“個室”の寮じゃなく、“共同生活”の場合が多いんじゃけどな。 まあ、そこで若者同士が切磋琢磨するのもいい経験じゃ」

「勤務時間はキャバクラと同様、飲み屋さんだから夜ですよね。週休は1日か…」
「このお店はホスト業界でいう“1部”営業のお店だからのう。 一応説明しておくと“1部”営業のお店は、営業時間が24時or翌1時までになる。そして“2部”営業のお店は、朝の4時や5時などの“日の出の時間”から営業がスタートするというパターンじゃ。 休日については、多くのお店で週に1日の定休日があるから週休1日、じゃが、お店によってはシフト制でそれ以外に休みが取れたり、アルバイトで週3日勤務OK、といった働き方も可能じゃ」

■男のナイトワークは「未経験者大歓迎」「学歴・職歴不問」

「風俗店、キャバクラ、ホストクラブ。 この3つの仕事のうち相談者さんに最もオススメの仕事はどれなんでしょうか?」
「ウ~ン…それはここまでに挙げたそれぞれの仕事内容や特徴を元に、相談者が決める事じゃ。 ただ、ワシが言えることは、どの仕事も“未経験大歓迎”“学歴や職歴一切関係ナシ”、誰にでも出世や高収入をゲットするチャンスがある仕事ということじゃ。 それぞれ寮完備の求人が多いから、体一つでスグに飛び込めるしのぅ。 あとは自分自身の努力次第、頑張って親を見返してやれ!と、そんな感じかのぅ」

■ご質問・ご相談に対するご回答

【タイトル】
上京中です。初めてのナイトワーク、どんな仕事・職種がいいですか?
お名前:重森ヒサノブ様
年 齢:20歳
住 所:北海道から上京
【回答】
この度ご質問・ご相談頂きました件につきまして、ご回答します。

上京後、初めてのナイトワーク、オススメの職種としては、
①風俗店男性スタッフ
②キャバクラ男性スタッフ
③ホスト

以上の3職種が挙げられます。

【仕事内容について】
①風俗店男性スタッフ
・お客様の受付・接客
・開店及び閉店作業、店内清掃
・ドライバーの管理
・女性キャストの出勤管理、ケア
・店舗ホームページの更新
・備品の確認、発注

②キャバクラ男性スタッフ
・お客様の案内・応対
・ウエイター業務
・開店及び閉店作業、店内清掃
・女性キャストの出勤管理
・女性キャストの指導、ケア
・備品の確認、発注

③ホスト
・指名客の接客
・先輩ホストや同僚ホストの指名客へのヘルプ業務
・お客様との同伴・アフター
・開店・閉店業務、店内清掃

【給料や待遇について】
お店によって異なりますが、下記がモデルケースとなります。

①風俗店男性スタッフ
②キャバクラ男性スタッフ
■給料

[正社員]店舗スタッフ:月給28万円~30万円
[正社員]店長・幹部候補:月給40~50万円~
[アルバイト]店舗スタッフ:時給1,200円~
インセンティブ(歩合)・各種手当あり
店長になれば年収1,000万円以上も可能
■待遇
日払いあり・個室寮完備・社会保険完備・有給制度あり
キャバクラは食事付きのお店もあり

③ホスト
■給料

日給1万円(新人3ヵ月間・最低保証)
歩合給(売上バック)・指名料・賞金・各種手当などがプラスされる。
※最低保証とは、売上がなくても貰える保証給で、多くのお店で期限があります。
(上記の場合は3ヵ月)
■待遇
日払いあり・寮完備(寮費3ヵ月無料)・スーツ無料貸与

こうしてみると、ホストのみ給与システムが異なっていることがわかります。
これは、風俗店・キャバクラは女性キャストが主役で、男性スタッフは裏方的役割なのに対し、ホストは自らが主役となるからです。
そのためお客様を数多く呼んで売上を立てればそれに応じた高収入となり、売上がなければその逆となる、というハイリスク・ハイリターンな給与システムなります。

最後に、今回挙げた3つの仕事は重森様も記されていた通り、どれも未経験者歓迎学歴・職歴不問で募集されているので誰にでもチャンスがあり、努力次第で短期間で高収入をゲットすることも可能な職業です。

また、多くの求人で寮が完備されています。
ホストについては寮費が一定期間無料になるところが多くなっているほどです。
個室寮ではなく共同生活となるケースも多いですが…。
ですから重森様ように体一つで上京された方でも、すぐに仕事を始める事が可能です。
あとは、上記の仕事内容や給与、待遇をご確認の上、ご自身に合った仕事をお選び下さい。

お問い合わせ内容に記されておりました厳しい境遇、お察し致します。
ここで心機一転、人生の逆転ホームランを放ってご両親を見返してやって下さい。

それでは、重森様が理想の転職をされることを願っております。