中高年の男性が“ナイトワークで副業”は可能なのか?

中高年の男性が“ナイトワークで副業”は可能なのか?

夫婦の老後資金として、公的年金以外にも『30年で2000万円が必要』とした、金融庁の金融審議会市場ワーキンググループ報告書(2019年6月3日発表)が、連日マスコミで取り上げられ話題になった。

おいおいおい、年金だけだと老後に2000万円も不足する、だと…?
そう不安に駆られた中高年層の方々は多かったのではないか…。

“アベノミクス”の恩恵にあずかることが出来た人々などほんの一握りである。
20年以上続いた“平成不況”で、年功序列の終身雇用制度(無事定年まで勤め上げれば退職金を貰って悠々自適の老後生活ができる)、そんな日本の古き良きシステムはあっさり崩壊した。
むしろ、“経済格差”はより明確化され、給料カットやリストラの嵐が吹き荒れ、貯金どころか食い繋ぐことで精一杯だった中高年の方々も多かったのではないだろうか。

おまけに若年層の人口減少や年金納付率の悪化など、年金システムが崩壊でもした日には、2000万円どころか、いったい幾ら必要になってくるのであろうか…。
まさに“長生きリスク”である。

しかし、現在働いている会社で“昇給”など見込めない。
オッサンがそんなことを要求すれば、却って“肩たたき”されリストラの憂き目にあいかねない。

そこで思い浮かぶのは“副業”の2文字だ。
なにやら、お国も“働き方改革”の一環として推奨しているらしい。
年金が目減りする分を働いて稼げ、と言われているようで気分は悪いが…。

しかし副業といっても、使える時間は“本業”の仕事が終わった夜くらい。
そんな夜間帯に週2~3日でOK、そして出来るだけ高収入…。
そんな都合のいい仕事なんて見つかるんだろうか。

今回はそんな悩みを抱えている中高年の皆さんに、
ナイトワークの高収入な仕事の一つである、キャバクラ業界での副業について紹介したい。

1.キャバクラで中高年男性の副業は可能なのか?

中高年の皆さんの中には“キャバクラで副業”と聞いて首を傾げる人がいるだろう。
自らのキャバクラ体験を元に、店舗で働く男性スタッフは20代・30代の若者達が多かったような…、ましてやバイトで中高年なんて…、そう考える方も多いだろう。

しかし、結論から先に言えば、多くのキャバクラで中高年の副業は可能だ。

その大きな理由は、現在のキャバクラ業界が深刻な“人手不足”の局面に陥っていることである。

これは、近年の株価上昇により大手企業の業績が回復局面に入ったことや、少子化による労働人口の減少で、求人市場が“超売り手市場”化していることにより、求職者、なかでも若者層が待遇や給料の良い仕事を求めていることが原因だと思われる。

キャバクラの仕事は、他の業界と比較しても充分に高給の部類に入るのだが、勤務時間が深夜に及ぶことや、休日の少なさなどから“キツイ”仕事とみなされ、引く手数多の若者層から敬遠される傾向にある。
その結果として、採用年齢の間口が広がったという訳である。

しかしキャバクラ業界で中高年の雇用が広がっているのは、人手不足のせいばかりではなく、中高年が“使える”人材であることも大きい。

というのも、キャバクラ業界で働く若者は社会的な経験(社会人経験)が乏しく、酔客を相手に不用意な発言ひとつでトラブルに発展する可能性もあるため、言葉遣いや挨拶といった初歩的な社会常識から教えなければならないことが多い。
対して、中高年は、仕事経験から社会的な“一般常識”が備わっており、具体的な仕事のやり方さえ教えれば“即戦力”となる。
それが“使える”人材と評価されて、中高年の株が上がっているのである。

またキャバクラ業界において、男性スタッフが女性キャストと“男女関係”を持つ行為は“風紀”と呼ばれ、発覚した場合は厳罰となるのだが、若い男性スタッフは女性キャストと年齢が近いこともあり、一線を越えてしまう場合も多い。
しかし、中高年の場合はそのような危険性が低いため、それも“使える”要因の一つとなっている。
また、落ち着いて仕事に取り組む姿勢など、女性キャストからの受けも良かったりするのだ。

2.中高年男性がキャバクラで副業、その仕事内容は?

中高年の男性がキャバクラで副業を行う場合、“ボーイ(黒服)”“送迎ドライバー”のアルバイト、このいずれかを選ぶことになる。

2-1.ボーイ(黒服)の仕事内容

キャバクラのホール業務を行う男性スタッフは“ボーイ”“黒服”と呼ばれ、具体的には以下のような仕事を行う。
・開店業務(店内清掃やテーブルセッティング等)
・お客様の案内、接客
・クローク業務(お客様の荷物預かり、荷物出し)
・ドリンクの作成
・アイスや灰皿の交換、
・閉店業務(店内・テーブルの清掃、グラス洗い等)

これらボーイの仕事は、開店・閉店作業を除いて、基本的にお客様と接する形で行うことがほとんどだ。
よって、言葉遣いや身だしなみに気を遣わなければならない。
ボーイの服装についてはスーツや制服など店舗によって異なるが、いずれせよ、だらしなく見えないように着こなすことが大切である。
こういった面をサラリとこなせるのが中高年の強みなので、しっかりアピールしたい。

2-2.送迎ドライバーの仕事内容


女性キャストを自宅まで車で送り届けるのが、キャバクラの送迎ドライバーの仕事だ。
ナイトワーク関連で送迎ドライバーというと、風俗業種であるデリバリーヘルスにも同様の職種があるが、こちらはホテルや自宅などお客様の元に女性キャストを送迎するのがメインで、その仕事内容は異なる。

キャバクラの送迎ドライバーは、店舗の営業時間終了後に仕事が始まるので、スタートは深夜となる。
よって、“本業”の勤務時間が遅めの方でも仕事をすることが可能で、副業には最適と言える。

送迎ドライバーの仕事に必要なものは、当然のことながら“普通自動車免許”“送迎用の車”だ。
店舗によっては送迎車を用意していることもあるが、車持ち込みのケースが圧倒的に多い。
車の車種については特に問われないが、ワゴンのような多人数を収容できる車を持ち込めると歓迎される。

その具体的な仕事内容は、以下の繰り返しだ。
・店舗周辺の待機場所で待機
・店舗側からの指示のもと、女性キャストたちを送迎する

送迎する往復数は、送迎する人数や送迎先によってまちまちで、一往復で済む場合もあれば、数往復に渡って送迎することもある。
それによって勤務時間も2~3時間、5~6時間と変動する。

送迎ドライバーの仕事で重要なのは、いかに安全かつスムーズに送迎できるかだ。
道に迷ったりすると女性キャストは不機嫌になり、ドライバーとしての評判も下がってしまう。
カーナビだけに頼らず、近道や抜け道も含め、しっかり道を覚えていくようにしたい。

また、送迎中にドライバーがキャストに話かけることはNGとなっている場合が多い。
しかし、時には女性キャストが話かけてくる場合もあり、それをすげなく無視するのも考えもの。
そんな中で一線を越えることなくコミュニケーションを取り、粛々と仕事を進めるのが大人の男というものだろう。

3.“ボーイ”・“送迎ドライバー”の副業、その給料は?

キャバクラで副業をする場合、そこで貰える給料は一体どれくらいのものなのか?

3-1.ボーイ(黒服)の給料

時給1200円~1500円が相場である。
日給に換算すると、例えば、勤務時間が19時~翌2時(7時間)、時給が1300円とすると、
時給1300円×勤務時間7時間→日給9100円
となり、日給1万円に近い。※支払は“日払い”が可能な店舗も多い。
副業としてはなかなかの金額だろう。

3-2.送迎ドライバーの給料

時給ではなく日給である場合がほとんどで、日給6000円~8000円が相場である。
深夜12時などに店舗近くで待機し、1日平均2便程度の送迎をするケースが多い。
※ガソリン代は店舗によって支給される場合とドライバー負担の場合があるので要確認。

金額だけを見ると、送迎ドライバーはボーイよりも給料は低い、と思うかもしれない。
しかし、送迎ドライバーの仕事は日によって“一往復”の送迎のみ、時間にして2~3時間で終わるケースも多いので、時給換算すれば充分に高収入と言えるだろう。

4.まとめ

このようにキャバクラでの副業は、勤務時間が夜から深夜にかけての時間帯のため、日中に本業を持つ中高年の方にとって最適と言える。
また週3日ほどの勤務で、月に10万円前後の高収入も可能だ。
とはいえ、日中に週5~6日働き、夜間も働くとなれば、中高年にとって肉体的・精神的にかなりの負担となるだろう。
それも安定した老後生活を迎えるため。ここが頑張りどころだ。